映画「実録三億円事件 時効成立」


小川真由美                        岡田裕介

今回は石井輝男監督1975年製作「実録三億円事件 時効成立」をピックアップする。
1968年12月10日、昭和を揺るがした三億円事件は、東京都府中市で発生し、未だに真相は闇の中である。本作は “三億円事件”をヒントに架空の犯人像を想定して制作されたが、東映は警察とは別の ”捜査隊” を組織、莫大な資料を集め事件に関わる多くの人物を緻密に描いた意欲作である。犯行現場である府中刑務所裏での撮影は、1975年11月に第六監視塔前で行われたそうだ。
主演の岡田裕介さんは、1970年代には俳優をしていたが、父が岡田茂元東映社長である事もあり、プロデューサーに転向し、2002年に東映社長を経て東映代表取締役グループ会長になっている。

【追記・訃報】
俳優として活躍し、映画プロデューサーとしては多数の映画を送り出してきた東映グループ会長の岡田裕介(おかだ・ゆうすけ、本名剛=つよし)さんが2020年11月18日午後10時58分、急性大動脈解離のため、東京都内の病院で死去した。71歳。京都市出身。通夜・告別式は近親者のみで執り行う。亡くなった岡田会長は1970年、東宝映画「赤頭巾ちゃん気をつけて(森谷司郎監督)」で俳優デビューし、以降テレビドラマ、映画出演を続ける俳優としての顔も持っていた。俳優デビューしたきっかけもスマートな二枚目らしいエピソードが残っている。慶大在学中に京都のクラブで飲んでいるとき、顔が似ている石坂浩二とプロデューサーに間違えられ、スカウトされたという。父親は東映の元会長で名誉会長を務めた岡田茂さん。映画デビューに先駆け、NET(現・テレビ朝日)のテレビドラマ「レモンスカッシュ4対4」で俳優生活に踏み出し、1973年に岡本喜八監督作品に出演。74年には岡本監督からプロデューサーを任され、一方でTBS「グッドバイ・ママ」「Gメン’75」などにも出演。1976年、岡本監督の「吶喊(とっかん)」で主演兼プロデューサーを担った。86年の「火宅の人(深作欣二監督)」では太宰治を演じた。1980年代からは俳優よりプロデューサー業が中心に。吉永小百合主演作を多数手掛け、「天国の駅 HEAVEN STATION(1984年)」、「華の乱(1988年)」、「千年の恋 ひかる源氏物語(2001年)」などのほか、3部作と高い評価を受けた「北の零年(2005年)」、「北のカナリアたち(2012年)」、「北の桜守(2018年)」も送り出し、「北の零年」「北の桜守」は製作総指揮で手腕を発揮した。昨年、東映「麻雀放浪記2020」で出演俳優が麻薬取締法違反で逮捕された際もさまざまな意見が交錯する中、ノーカット公開としたほか、2020年9月、吉永小百合主演の「いのちの停車場(2021年公開予定、成島出監督)」に出演していた伊勢谷友介が大麻取締法違反容疑で逮捕されたが、「作品に罪はない」と撮り直しやカットすることなく、公開する方針を決断するなど、映画人として一徹な面を思わせた。ただ、陣頭指揮を執ってきたこの吉永主演作品の完成を待たずしての急逝となってしまった。
中日スポーツ11月20日(金) 18:29配信


金子信雄                         絵沢萠子

【ストリー】
博奕好きで、女にだらしない西原房夫(岡田裕介)は証券会社の運転手をしていたが、会社の金400万円を横領し、競馬につぎ込んでしまった。だが、横領が会社にバレて警察に突き出されるところを、情婦の向田孝子(小川真由美)がダイヤの指輪と土地を売り、金を返済してくれたので、刑務所行きはまぬがれた。その後、二人は同棲生活を送るが、借金に追われる苦しい状態が続いた。1968年7月、多摩農協に再三の脅迫状が舞い込んでいた。送り主は西原である。この脅迫状は警察をあざむくためのカモフラージュで、彼は1968年12月から三億円強奪の準備を始めていた。そんなある日、西原の態度に不審を覚えた孝子は、彼から日本信託銀行国分寺支店から東芝工場に輸送される3億円の強奪計画を聞かされた。月賦屋に追われる生活に嫌気がさしていた孝子は、西原と行動を共にする決心をした。西原は準備資金にするために、金持ちの未亡人・久住みどり(絵沢萠子)を誘惑し、100万円騙し取った。8月12日、西原はトランジスターメガホンを盗んで以来、白バイ警官衣装等の獲得準備をすすめ、ヤマハスポーツ350RI、1966年型カローラ、1968年型カローラ等を、次々に盗み、12月9日、全ての準備を完了した。1968年12月10日。午前6時に、西原と孝子は日野の自宅を出発。9時21分、府中刑務所裏にさしかかった現金輸送車である黒のセドリックを停止させた西原は、車内に爆弾が仕掛けられていると偽りセドリックに乗って逃亡。そして、国分寺・七重の塔跡で待つ、第2のカローラにジュラルミンのトランクを移し、孝子の運転で山梨県大月市にある西原家の墓地へと向った。途中、ラジオで500円札には通しナンバーがひかえてある、との報道で、500円札は全て処分、残金を墓の下に隠した。その後、西原と孝子は金には手をつけず、以前と全く変りない生活を送っていった。一方、警察の捜査網は拡大していくばかりだったが、葛木刑事(金子信雄)は、その経験とカンで不良退職者のリストを地道に洗っていた。その中に、西原の名も上っていた。1975年9月、西原は府中駅前広場で、久住みどりと会い、100万円を返さなければ警察に訴えると脅される。時効成立間近になって動揺した西原は、金を引き出すべく山梨の墓地に向った。そこには西原の態度に気づいた孝子がいた。西原から事情を聞いた孝子は100万円使うなら全部使うのも同じ、と金を掘り出した。時効まであと40日。葛木刑事は、府中競馬場で、西原がイギリスの名馬ペガサスを2億1,000万円を出資して輸入する、という話を耳にした。葛木は西原に目をつけた。400万円横領事件、住居が日野にある……。時効10日前。西原が他人名儀で所有するマンションがガス爆発を起こした。西原を犯人と断定した葛木は、ガス事故の件を利用して、西原を別件逮捕した。取調べ室で、葛木に訊問される西原だが、黙杏権で何も答えない。時効を数日後にひかえている葛木は、西原の家で500円札を焼いた残りが発見されたとか、ペガサスが死んだとか執拗な訊問を行ない、ついに西原は精神的に衰弱し倒れてしまった。しかし、彼は医務室のベッドの中で「黙否権でいけば絶対に助かる」と言った孝子の言葉を反芻していた。そして、12月10日、西原は証拠不充分でついに釈放された……。


田中邦衛                     実録三億円事件 時効成立

題名:実録三億円事件 時効成立
監督:石井輝男
企画:太田浩児、坂上順
原作:清水一行「時効成立」
脚本:小野竜之助、石井輝男
撮影:出先哲也
照明:川崎保之丞
録音:広上益弘
美術:藤田博
装置:小早川一
装飾:田島俊英
美粧:住吉久良蔵
美容:石川靖江
衣装:河合啓一
記録:勝原繁子
編集:祖田富美夫
音楽:鏑木創
現像:東映化学
進行主任:東一盛
助監督:福湯通夫
演技事務:山田光男
スチール:遠藤努
出演:小川真由美、岡田裕介、金子信雄、田中邦衛、絵沢萠子、浜田ゆう子、田中筆子、松平純子、中田博久、相馬剛三、滝沢双、、田島義文、近藤宏、河合絃司、山田光一、山下則夫、木村修、土山登士幸、横山繁、亀山達也、岡本八郎、山本緑、宗田千枝子、岡久子、松井紀美江、津森正夫、南廣、沢田浩二、清水照夫
1975年日本・東映東京撮影所/シネスコサイズ・カラー89分35mmフィルム
実録三億円事件 時効成立 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


実録三億円事件 時効成立              小川真由美、岡田裕介

映画「玄海つれづれ節」

玄海つれづれ節玄海つれづれ節
吉永小百合                        八代亜紀

今回は出目昌伸監督1985年製作「玄海つれづれ節」をピックアップする。
1986年1月に全国公開された本作は、北九州市若松区を舞台に夫に蒸発された女性が仲間に助けられながら自立していく姿を描いたものだ。内容的には、豪華俳優陣の顔ぶれなのだが、整合性が薄いプロットと展開が冗長なのが面白味をなくしている。
吉永小百合さんのトルコ嬢のシーンは、無理失理入れた感じでサマになってない。小百合様にトルコ嬢役をさせてはいけないのである。一方、八代亜紀さんは軽い濡れ場をこなしながら存在感を醸し出していた。これは大物歌手としての貫禄から出たものであろう。

玄海つれづれ節玄海つれづれ節
風間杜夫                      吉永小百合、樹木希林

【ストリー】
横浜、山岡家の女主人ゆき(吉永小百合)は、旅行鞄一つで邸から追い出されようとしていた。外国商品を扱う商社の三代目社長である夫・駿介(岡田裕介)が事業に失敗。数億円の負債を残して蒸発してしまったのだ。ゆきの前に、ケースワーカーが駿介が外で産ませた子・マサル(岩渕健)を連れて来た。母親が急性の心臓病で亡くなり、駿介を頼って来たという。また、借金取り立て人、緑川月代(八代亜紀)がゆきに近づいてきた。月代の言葉で駿介が九州に行ったことを知ったゆきは、マサルと共に向かった。彼女は生まれ故郷の北九州市若松区バタバタ横丁(神田のれん街)を訪れ、ハナエ(樹木希林)の家に身をよせることになった。テキヤのおもちゃ職人で同級生の竹田一平(風間杜夫)は、未だにゆきを慕い続けており、駿介探しを手伝うことになる。ある日、ゆきの前にサラ金の取り立て人が現われ、彼女をソープランドに売りとばしてしまう。だが、竹田の助けを借りて逃亡に成功。マサルの預金通帳を見つけたゆきは、それで借金の一部を返済した。ゆきの耳に、近くの銀映館という映画館の話が入ってくる。士地の顔役、松藤(三船敏郎)が、古い建物を壊し近代的なスーパーマーケットを建てるために、子会社のサラ金を使って立ち退き工作をやっているが、往年の夢をもう一度と願う銀映館の経営者、南條京太郎(伏見扇太郎)が応じないというのだ。ゆきは月代を映画プロデューサーに仕立て上げ、念願の時代劇を製作するということで南條から銀映館の権利書をだまし取る。そして、その権利書を持って松藤のもとに向かう。そのことを知った竹田は激怒。半分やけっぱちで月代と同棲を始める。そんな時、ゆきは夫の駿介と出会う。駿介は借金で蒸発したのではなく、人に頼られて働きバチのように働くことに嫌気がさして、逃げ出したのだと告白した。そして、今は福岡の大峯病院の理事長である俊江(草笛光子)の庇護を受けているという。ショックを受けたゆきが得たものは、バタバタ横丁の人々の人情と、竹田と月代の友情であった。ゆきは松藤と南條に全てを打ち明け、銀映館の権利書は無事、南條のもとへ戻った。しかし、映画づくりに夢破れた南條は、町の人々に映画の前売券を買ってもらい、一日だけの満員の映画館でかつて自分が主演した時代劇を上映する。翌日、南條は銀映館の土地を大峯に売り渡し、姿を消した。ゆきは大峯俊江に会いに行く。俊江は駿介と正式に離婚することと、マサルを引き渡すことを条件に土地の権利書を渡すという。マサルと別れることはつらかったが、ゆきは離婚届けに判を押した。土地は暫く何もしないという約束で、松藤のものとなった。だが、翌日から工事が始まる。騙されたと知ったゆきは、松藤に掛け合うが出張とかで会わせてもらえない。ゆきを心配した竹田は、松藤のしきる賭場へ乗り込むが、八百長がばれ、腕を切られるか、家の権利書を渡すかと迫られる。月代と共に駆けつけたゆきは、自分の体を張って、バタバタ横丁を守った。

玄海つれづれ節玄海つれづれ節
三船敏郎                        岡田裕介 

題名:玄海つれづれ節
監督:出目昌伸
企画:岡田裕介、坂上順、和田徹
原作:吉田兼好「徒然草 第38段」
脚本:笠原和夫、下飯坂菊馬、兵頭剛(岡田裕介)
撮影:飯村雅彦
照明:川崎保之丞
記録:久保田民子
録音:林鉱一
音効:原尚
美術:中村州志
装置:開米慶四郎
装飾:若松孝市
背景:植田義明
美粧:井上守
美容:宮島孝子
衣裳:福崎精吾
擬斗:清水照夫
振付:一の宮はじめ
編集:西東清明
音楽:星勝 主題曲:マーク・ゴールデンバーグ
現像:東映化学
進行主任:高井義典
助監督:吉崎元、長谷川計二
演技事務:宮下博
製作事務:山田光男
音楽事務:新井明美
方言指導:竜まさと
九州ロケコーディネーター:前田秀一郎
製作協力:柳弥寿子 衣装協力:加藤悦子、宇野喜子
ヘアーデザイン:佐藤満
スチール:渋谷典子
出演:吉永小百合、八代亜紀、風間杜夫、樹木希林、草笛光子、三船敏郎、伏見扇太郎、今福将雄、野村昭子、山谷初男、深江章喜、山田吾一、南利明、岡本信人、仲谷昇、木内みどり、岡田裕介、岩渕健
1985年日本・東映東京撮影所/ビスタサイズ・カラー135分35mmフィルム
玄海つれづれ節 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

玄海つれづれ節玄海つれづれ節
草笛光子                        木内みどり
玄海つれづれ節
「玄海つれづれ節」風間杜夫、吉永小百合
玄海つれづれ節玄海つれづれ節
八代亜紀、風間杜夫                   八代亜紀、風間杜夫
玄海つれづれ節玄海つれづれ節
玄海つれづれ節                   若戸大橋

映画「火宅の人」

火宅の人火宅の人
緒形拳                        原田美枝子
火宅の人火宅の人
いしだあゆみ                     松坂慶子

今回は深作欣二監督1986年製作「火宅の人」をピックアップする。
本作は、檀一雄氏原作の同名小説を映画化したもので、妻と5人の子を持ちながら、新劇女優を愛人にして、通俗小説を量産しながら放浪を続けた自由奔放な作者自身の生き方を曝け出す事によって、倫理や因襲、思惑の中で生きる現代人に、人間とは何ものかと問いかける内容だ。煩悩に身を焦がし、不安の絶えないさまを火災にあった家にたとえて「火宅」という。桂一雄の母親を演じている檀ふみさんは、檀一雄氏の実娘である。

火宅の人
檀ふみ                       緒形拳、真田広之、岡田裕介

【ストリー】
作家、桂一雄(緒形拳)は、最初の妻リツ子に死なれ、後妻としてヨリ子(いしだあゆみ)をもらった。ヨリ子は腹ちがいの一郎(利根川龍二)をはじめ、次郎(一柳信之)、弥太(大熊敏志)、フミ子(米沢由香)、サト子(岡村真美)と5人の子供を育ててきた。1956年夏、一雄は新劇女優、矢島恵子(原田美枝子)と事をおこした。8年前の秋、彼女が知人の紹介状を持って訪ねて来て以来、その率直さに心魅かれていたのだ。恵子はその後、一雄の忙しい時に原稿の清書を手伝ったりしていた。26年に「長恨歌」で直木賞を受けた一雄は、受賞の喜びよりも恵子の嬉しげな笑顔の方が、心に残る。だが、指一本触れたことがなかった。そんな時、一雄の身辺に凶事が重なった。一昨年の夏は、奥秩父で落石に遭い助骨3本を骨折。昨年の夏は、次郎が日本脳炎にかかり、言葉も手足も麻痺してしまう。そして今年の夏。一雄は太宰治の文学碑の除幕式に参列するための青森行に、恵子を誘ってしまった。ヨリ子は次郎の事があってから、怪しげな宗教の力にすがるようになっていた。一雄はある局面に向って走り出した。40年前、一雄の母(檀ふみ)は、神経衰弱の父(石橋蓮司)と幼い妹二人を残して、年下の大学生と駆けおちしたのである。青森から帰った一雄から、全てを打ち明けられたヨリ子は、翌日家出した。一週間すぎても連絡はない。一雄は若々しい恵子との情事のとりこになっていった。ある嵐の夜、ヨリ子は一生、次郎と子供たちのために生きる覚悟を決めたと戻ってきた。入れ替わりに一雄は家を出、浅草の小さなアパートで恵子と新しい生活をはじめる。一郎がそのアパートに空巣に入るという騒ぎ、恵子が某怪人物に溺愛されているとの噂に、嫉妬に狂った一雄が京都公演中におしかける事件などの後、恵子が妊娠した。堕胎を決意した彼女は、一雄に同行を求めるが、彼にはそんな時間の余裕はなかった。その夜、二人は派手な喧嘩をした。逃げるように東京を離れた一雄は、五島列島行の連絡船にとび乗った。彼はそこで、京都で怪我をした時に介抱してくれた女性、葉子(松坂慶子)に再会した。義父(山谷初男)に犯された暗い過去を持つ彼女は、10年ぶりに里帰りしたのだ。葉子は、あてのない一雄の旅の道連れとなったが、クリスマスの夜、求婚されていた華僑への返事を、これ以上のばせないと一人で旅立って行った。東京へ戻り、久々に正月を家族と過ごすことになった一雄のもとに、次郎の死が知らされる。次郎の葬儀の日、恵子から一雄の荷物が届けられた。

火宅の人
「火宅の人」緒形拳、原田美枝子
火宅の人
「火宅の人」緒形拳、原田美枝子
火宅の人
「火宅の人」緒形拳、松坂慶子
火宅の人火宅の人
原田美枝子、緒形拳                  いしだあゆみ、緒形拳

題名:火宅の人
監督:深作欣二
企画:高岩淡、佐藤雅夫
製作:豊島泉、中山正久
原作:檀一雄
脚本:神波史男、深作欣二
撮影:木村大作
照明:増田悦章
録音:平井清重
整音:荒川輝彦
美術:佐野義和
装置:稲田源兵衛、井筒恒雄
装飾:渡辺源三、山本重治、大西功
背景:西村三郎
衣裳:森譲、山崎武、古賀博隆
美粧:名執愛次郎
結髪:山田真左子
ヘアーメイク:福田高広(アートメイクトキ)
衣裳コーディネイト:加藤悦子
擬斗:菅原俊夫
配役:葛原隆康
記録:田中美佐江
編集:市田勇
音楽:井上尭之 音楽プロデューサー:高桑忠男 主題歌:嵯峨美子「火宅の人」
撮影機材:パナビジョン(三和映材社)
現像:東映化学、イマジカ
進行主任:長岡功
製作進行:天野和人
演技事務:寺内文夫
製作宣伝:丸国艦
助監督:藤原敏之
監督助手:長岡鉦司、鈴木清
撮影助手:信坂利文、山下弘之、田中勇二、清久素延
照明助手:伊藤昭、沢田敏夫、田畑功、花村浩、佐藤才輔、鹿野克己
美術助手:小林勝美、秋好泰海
録音助手:木村益夫、四方裕幸
編集助手:荒木健夫、小磯真佐美
方言指導:大矢敬典、徳永まゆみ
企画協力:檀太郎
スチール:大木茂
出演:緒形拳、いしだあゆみ、原田美枝子、松坂慶子、檀ふみ、真田広之、岡田裕介、石橋蓮司、蟹江敬三、山谷初男、宮内順子、荒井注、下元勉、井川比佐志、下絛アトム、相馬剛三、利根川龍二、一柳信之、大熊敏志、米沢由香、岡村真美
1986年日本・東映京都撮影所/ビスタサイズ・カラー132分35mmフィルム
火宅の人 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

火宅の人火宅の人
原田美枝子、緒形拳                 火宅の人

1 2