映画「愛欲」


三國連太郎                         三田佳子

今回は佐藤純彌監督1966年製作「愛欲」をピックアップする。
本作は、東映が”網走番外地シリーズ“を連作していた1966年に、”東映が送る女性映画”として激しい愛の葛藤を描いた作品である。三國連太郎さんの演技の幅の広さに、今更ながら驚かされる。


佐久間良子                        丹波哲郎

【ストリー】
麻生食品の宣伝課長・江崎哲也(三國連太郎)は、他の広告業界にも、その名をとどろかせる仕事の鬼だ。そんな生活力のたくましい江崎を銀座でも一流のバー“クライス”のマダム奈津子(三田佳子)は愛しぬいていた。が、ある日、江崎は京都に出張中、ふとしたことから、京都清水旅館の女王人、由喜(佐久間良子)に会った。由喜は数年前、夫と死別して以来、旅館の経営に打ちこみ、一人身のさびしさをまぎらわしていた。だから、江崎の男くささに魅かれた由喜は、恥も外聞も忘れて、江崎の胸の中にとびこんでいった。奈津子も女の本能から、由喜の存在を知ると、激しく由喜に嫉妬した。江崎の親友である麻生公輔(丹波哲郎)は、女のために、江崎の仕事が乱れるのを案じて、京都に由喜を訪ねて、江崎と別れてくれとたのんだ。しかし、すでに燃えあがった由喜の女心をしづめることはできなかった。が、このころを境に江崎の仕事ぶりは目に見えておちはじめた。そして、ある日、仕事と情事のジレンマに思い悩み、すっかりしょげかえった江崎を慰める奈津子に、江崎は突然結婚を申しこんだ。奈津子は信じられぬまま、うれし涙にくれた。が、二人の結婚話を聞いて駈けつけてきた由喜が、再び江崎の前に姿を現すと、江崎は婚約披露パーティを投げすてて、由喜と共に東京を離れた。だが、この江崎が会社を留守にした三日の間に、麻生食品のライバル会社は、江崎があたためていた、世界一周旅行の懸賞付新聞広告を出してしまった。責任を感じた江崎は会社を辞めた。むろん江崎にも、一人で十分やっていける自信もあった。が、江崎の事業は失敗した。自分の店を売ってまで、江崎を助けようとした奈津子は、江崎と由喜が愛し合っているのを知ると、服毒自殺を計った。そして、時を同じくして、由喜も江崎と共に心中を計った。だが、発見の早かった奈津子と、体力のある江崎は、命をとりとめた。由喜の墓前で再出発を誓った江崎は、奈津子のすがるような視線をあとに、いずことなく去っていった。


城野ゆき                         愛欲

題名:愛欲
監督:佐藤純彌
企画:俊藤浩滋、吉田達
脚本:森川英太郎、佐藤純彌
撮影:西川庄衛
照明:元持秀雄
録音:内田陽造
美術:北川弘
衣裳考証:上野芳生
衣裳デザイン:河野美智子
衣裳協力:外市株式会社
編集:長沢嘉樹
音楽:佐藤勝
フィルム:富士フィルム
現像:東映化学
進行主任:白浜汎城
助監督:野田幸男
スチール:藤井善男
出演:三國連太郎、佐久間良子、三田佳子、丹波哲郎、江原真二郎、城野ゆき、芦田伸介、小瀬明、岡部正純、都健二、木川哲也、沢彰謙、相馬剛三、小林稔侍
1966年日本・東映/シネスコサイズ・カラー90分35mmフィルム
愛欲 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


三國連太郎、三田佳子                  三國連太郎

映画「温泉みみず芸者」


池玲子                             杉本美樹

今回は鈴木則文監督1971年製作「温泉みみず芸者」をピックアップする。
本作は”温泉芸者シリーズ”全7作の4作目で池玲子さんと杉本美樹さんのデビュー作であり、初めて”東映ポルノ映画”としてフィチャーされた映画である。

1971年は、撮影所システムと言われる日本映画制作各社の旧来の制作システムが急激に衰退を迎えていた時期であり、各社一本立て興行に移行、1953年から続いた五社協定が崩壊し、12月には大映が倒産した。日活では”ロマンポルノ”を11月からスタートさせ、1988年まで制作し続けた。
この”ポルノ”というフレーズは、本作で生まれた造語をパクったものであり、プロデューサーの天尾完次氏が、海外の雑誌のグラビアから”ポルノグラフィ”という言葉を見つけて、”ポルノ”という言葉を日本で初めて使い定着させた。

本作は、日活のロマンポルノ第一作「団地妻 昼下りの情事(主演:白川和子)」の11月公開より早く7月に劇場公開されている。

【東映温泉芸者シリーズ】
1968年「温泉あんま芸者」監督:石井輝男 出演:橘ますみ、三原葉子
1969年「温泉ポン引女中」監督:荒井美三雄 出演:橘ますみ、葵三津子
1970年「温泉こんにゃく芸者」監督:中島貞夫 出演:女屋実和子、松井康子
1971年「温泉みみず芸者 」監督:鈴木則文 出演:池玲子、松井康子、杉本美樹
1972年「温泉スッポン芸者」監督:鈴木則文 出演:杉本美樹、城恵美、女屋実和子
1973年「温泉おさな芸者」監督:鷹森立一 出演:田辺節子、沢リミ子、深田ミミ
1975年「東京ふんどし芸者」監督:野田幸男  出演:堀めぐみ、茜ゆう子、三井マリア
※各作品のリンクは、予約投稿で表示しないページがありますが、後日表示されます。


松井康子、山城新伍                      池玲子、小池朝雄

【ストリー】
伊勢志摩の港町で一杯飲み屋を営む多湖初栄(松井康子)と二人の娘、圭子(池玲子)、幸子(杉本美樹)の母娘は美人として評判がよかった。ところが初栄は生来の淫乱性。抵当に入っている先祖の墓を買い戻すために、100万円を目標に貯めている金まで若いつばめに持ち逃げされる始末。そこで、圭子は仕方なしに、東京のソープランドに働きに出るが、偶然、社長久兵エ(芦屋雁之助)と知り合い50万円もらう。数日後、初栄が伊豆の土肥温泉から“すぐこい”と打電してくる。駈けつけた圭子に、初栄は借金を肩代りしてくれと泣きつく。初栄は、圭子が送った50万円を手にすると性凝りもなく若い男を作り、士肥温泉に遊びにきたが、その金を持ち逃げされてしまったのだ。窮した圭子は、借金返済のために温泉芸者として働くことになり、初栄も女中に雇われることになった。ようやくここでの生活になれた頃、この静かな温泉町の静寂を破って、時ならぬ混乱がまき起こった。無限精流の性豪を名乗る竿師段平(名和宏)、師範代黒竿の段吉(岡部正純)、門弟健(大下哲夫)が、芸者の引き抜きにやってきたのだった。彼らはベットを共にした芸者を意のままに、他の土地に鞍変えさせてしまう温泉場荒しである。政界筋をバックに持つ彼らを追い出す訳にもいかず、町の役人衆も頭を痛めていたが、結局、初栄と圭子、妹の幸子の母娘が、彼らの相手をし、倒さなければならなくなる。勝てば300万円の褒賞金がもらえるとあって、初栄のいきり様は大変なもの。海岸大明神の夜祭りに湧き立つ浜辺の邸宅で、そのセックス試合は開始された。


小池朝雄、池玲子、殿山泰司              女屋実和子

題名:温泉みみず芸者
監督:鈴木則文
企画:岡田茂。天尾完次
原案:久保田正
脚本:掛札昌裕、鈴木則文
撮影:古谷伸
照明:金子凱美
録音:堀場一朗
美術:雨森義允
装置:柴田澄臣
美粧。結髪:東和美粧
衣装:岩逧保
振付:藤間勘眞次
記録:石田照
編集:神田忠男
音楽:鏑木創
フィルム:富士フィルム
現像:東映化学 (ノンクレジット)
進行主任:伊藤彰将
助監督:皆川隆之
スチール:中山健司
出演:池玲子、杉本美樹、女屋実和子、松井康子、葵三津子、小池朝雄、山城新伍、由利徹、名和宏、沢淑子、岡八郎、殿山泰司、川谷拓三、芦屋雁之助、芦屋小雁、岡部正純、大泉滉、団鬼六、田中小実昌、佐藤重臣、小松方正(ナレーション)
1971年日本・東映京都撮影所/シネスコサイズ・カラー85分35mmフィルム
温泉みみず芸者 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


「温泉みみず芸者」池玲子

杉本美樹、池玲子                        温泉みみず芸者

映画「宇宙からのメッセージ」


真田広之                      ビック・モロー

今回は深作欣二監督1978年製作「宇宙からのメッセージ」をピックアップする。
1976年頃に東映では、渡邊亮徳・平山亨・石森章太郎・矢島信男・佐藤肇・高久進などのスタッフを招集して「デビル・マンタ」という怪獣映画を東京撮影所で企画中だったが、1977年夏にアメリカで「スターウォーズ」が大ヒットしており、翌年夏の日本公開を控えてSFブームに沸いていた。東宝は1978年の正月映画として「惑星大戦争(1977年福田純監督)」を製作、東映でも、それまで企画中だった「デビル・マンタ」を却下することで、1978年のゴールデンウィーク映画として本作の制作が決定したそうだ。「新幹線大爆破」同様、本作も当時の東映社長・岡田茂氏の発案による「スターウォーズ」のヒットを受けた便乗企画で、総製作費15億円のうち4億円を特撮に掛け、製作は東映東京撮影所から東映京都撮影所へ変更されたそうだ。


志穂美悦子                    ペギー・リー・ブレナン

【ストリー】
惑星ジルーシアは、太陽系から200万光年の彼方にある平和な星であったが、今は宇宙の侵略者ガバナス人の要塞と化し、ジルーシア人は壊滅の危機にさらされていた。長老キドはこの危機を救う奇蹟の願いをこめた八つのリアべの実を太陽系連邦へ向けて放つとともに、孫娘のエメラリーダに八人の勇者を連れて帰るように命じた。リアべの実は、シロー、アロン、ジャック、メイア、ガルダらの手に渡った。ガバナス皇帝ロクセイアは地球征服をねらい、攻撃を続けた。地球連邦評議会議長アーネスト・ノグチはガルダに調停を依頼する。窮状を知ったシローたちは、リアべ号を完成させ、ジルーシア救出へと向かった。途中、不時着した星で、彼らはガバナス先王の子、ハンス王子と出会う。彼もリアベの実を持っていた。八人の勇者たちとガバナス軍の壮烈な宇宙戦がくりひろげられる。ガバナス要塞を破壊するためには、惑星を粉砕するしか方法はなかった。長老キドを残したまま、ジルーシアは爆音とともに宇宙に散った。その瞬間、リアべの実は宇宙に純白の花をあざやかに咲かせる。故郷をなくしたジルーシア人と、シローたちを乗せた帆船は、新天地を求めて字宙ヘと旅立って行くのだった。


フィリップ・カズノフ                  千葉真一

題名:宇宙からのメッセージ
英題:MESSAGE FROM SPACE
製作:植村伴次郎、渡邊亮徳、高岩淡、平山亨、岡田裕介、サイモン・ツェー、杉本直幸、伊藤彰将
監督:深作欣二
特撮監督:矢島信男
脚本:松田寛夫
撮影:中島徹
照明:若木得二
録音:荒川輝彦
美術:三上陸男
背景:西村三郎
装置:稲田源兵衛
装飾:西田忠男
衣裳:高安彦司
美粧:枦川芳昭
結髪:白鳥里子
擬斗:菅原俊夫
編集:市田勇
音楽:森岡賢一郎
現像:東洋現像所
進行主任:長岡功
製作進行:豊島泉
助監督:俵坂昭康、鈴木秀雄、藤山顕一郎
原案:石ノ森章太郎、野田昌宏、深作欣二、松田寛夫
メカデザイン:石ノ森章太郎、ひおあきら、青柳誠
特殊撮影:高梨昇
操演効果:鈴木昶
特撮美術:大澤哲三
特撮照明:大西美津男
移動効果:小西浩
特殊効果:久米攻
特撮装置:吉岡茂一
特撮製作担当:中村義幸
特撮進行:山本吉応
視覚効果:中野稔 (デン・フィルム・エフェクト)
特撮助監督:松本清孝
キャラクター製作:コスモプロダクション
SF考証:野田昌宏
撮影助手:北坂清、中村正行、北村武士、堀正通
照明助手:渡辺喜和、春田辰雄、千本省剛、広田重治、堀文夫、松本博文、加藤平作
美術助手:森田和雄、高橋章、小川富美夫
装飾助手:布部栄一
録音助手:栗山日出登、堀池美夫
編集助手:玉木濬夫、矢島稔之、荒木健夫、三宅弘
特撮撮影助手:岩城利男、高橋政千
特撮美術助手:園田一佳、松原裕志、寒竹恒雄、木目憲悟、家辺信二、藤田泰男
操演効果助手:白石義明、関山和昭、吉岡健一、佐藤幹雄、芳賀真人、渡部正昭、根岸泉
特撮照明助手:日出明義、小林一哉、高坂俊秀
特殊効果助手:中村信二
スチール:鈴木和生
出演:ビック・モロー、真田広之、志穂美悦子、千葉真一、丹波哲郎、岡部正純、清水イサム、成田三樹夫、天本英世、成瀬正(成瀬正孝)、サンダー杉山、中田博久、小林稔侍、曽根晴美
1978年日本・東映京都撮影所・東北新社/ビスタサイズ・カラー105分35mmフィルム
宇宙からのメッセージ -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


宇宙からのメッセージ

宇宙からのメッセージ