映画「若大将対青大将」


「若大将対青大将」酒井和歌子

加山雄三                        酒井和歌子

「若大将対青大将」吉沢京子

大矢茂                        吉沢京子

今回は岩内克己監督1970年製作「若大将対青大将」をピックアップする。
本作は、1971年1月9日に公開された若大将シリーズの第17作になる。
同時上映は「初めての旅(監督:森谷司郎 出演:岡田裕介、二谷英明)」であった。

本作をもって若大将は、加山雄三さんから大矢茂さんに”若大将”をバトンタッチされる内容だが、次作で実現されなかった。
翌1971年は、撮影所システムと言われる日本映画制作各社の旧来の制作システムが急激に衰退を迎えていた時期であり、各社一本立て興行に移行、1953年から続いた五社協定が崩壊し、12月には大映が倒産した。日活では”ロマンポルノ”を11月からスタートさせ、1988年まで制作し続けた。こうした状況で、若大将シリーズの次作は、1975年になり、草刈正雄さん主演の3代目若大将で「がんばれ!若大将(監督:小谷承靖)」が制作されたという経緯がある。


田中邦衛                       高松しげお

【ストリー】
8年がかりでやっと京南大学を卒業した青大将こと石山新次郎(田中邦衛)の卒業祝いが、後輩のモータークラブ員の太田茂夫(大矢茂)の提案で、茂夫の母春江(三条美紀)の経営するドライブ・イン「ピット」の店内で開かれた。モータークラブ元キャプテン田沼雄一(加山雄三)と茂夫のクラスメートの令子(森るみ子)、悦子(早坂八千代)たちが駈けつけ、青大将も感激のあまりオイオイ泣きだした。それからほど近い、ある日、新次郎の父親、石山剛造(松村達雄)の経営する石山商事株式会社の営業部に勤務する雄一のもとへ、新入社員として新次郎が配属されてきた。新次郎は出社第一日目にして、さっそく美人タイピストの節子(酒井和歌子)に一目惚れ、猛アタックを開始した。しかし同僚の富士子(太田淑子)から節子と雄一が相思相愛の仲だと知らされ、大ショックを受けた。新次郎は何とか節子を手に入れようと策略をめぐらし、たまたま、父の剛造から、英語の達者な若手を営業部からニューヨーク支店へ送るということを聞き、雄一を推薦。恋仇の転勤をまんまと成功させた。雄一は日本を留守の間、茂夫に、新次郎の手から節子を守ることを託すと、アメリカへ飛び立っていった。学期末、茂夫たちのモータークラブでは、グランプリにそなえて、鈴鹿サーキットで合宿練習をすることになった。新次郎はそのすきに節子に接近しようとするが、茂夫のために失敗する。新次郎はたびたびの邪魔に破れかぶれとなり、茂夫と恋人の圭子(吉沢京子)の仲をぶちこわしにかかった。サーキットにやってきた圭子は、新次郎から節子と茂夫の仲をほのめかされ、怒って東京に帰ってしまい、アメリカからバイヤーを案内して日本にやってきた雄一と節子の仲も新次郎にぶちこわされかかってしまう。こうしてグランプリ当日がきた。今は茂夫からことの真相を知らされた節子、そして雄一から茂夫の気持を聞いた圭子は、雄一と茂夫のいる鈴鹿サーキットヘ駆けつけた。スタートにつまづき、苦戦をしいられている茂夫を心配そうにピットで見守る雄一たち。だがレースは後半になって、圭子の姿を目にした茂夫はたちまちラスト付近から次々と他の車を追い抜いていった。遂に茂夫は先頭に立ってゴールイン。晴れてグランプリ・レースに優勝した。


松村達雄                        千石規子

三条美紀                        大矢茂

題名:若大将対青大将
監督:岩内克己
製作:藤本真澄、安武龍
脚本:田波靖男
撮影:原一民
照明:小島真二
特機:田中豊夫、加賀見正友
録音:吉岡昇
整音:東宝録音センター
美術:薩谷和夫
装置:蜷川修治
小道具:秋元和男、高津幸一、永山勝美
電飾:山口清
衣裳:後藤信義
美粧:高橋勝巳
結髪:上田美穂子
擬斗:宇仁貫三
記録:木村靖子
編集:岩下広一
音楽:萩原哲晶 主題歌:大矢茂「「アダムとイブのように」」
現像:東京現像所 合成:三瓶一信
製作担当:村上久之
製作進行:大門正雄
演技事務:小倉斉
助監督:吉松安弘
監督助手:岡田文亮、中野俊一
撮影助手:上田正治、古山正、五十畑幸勇、山田健一
照明助手:清水博、友成富男、畑日出夫、大場明、後藤一男、高瀬昇、小池文夫、矢吹圭司
美術助手:大竹久彌、鈴木儀雄
録音助手:林頴四郎、池田昇、近田進、佐藤祐史
編集助手:砂原泰子、船沢昌介
製作宣伝:鹿野英男
スチール:中尾孝
出演:加山雄三、大矢茂、田中邦衛、酒井和歌子、吉沢京子、松村達雄、三条美紀、太田淑子、千石規子、南利明、人見明、高松しげお、江戸家猫八、森るみ子、早坂八千代
1970年日本・東宝/東宝スコープ(シネスコサイズ)・カラー83分35mmフィルム
若大将対青大将 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


酒井和歌子、加山雄三                若大将対青大将

映画「ブラボー!若大将」



加山雄三                         酒井和歌子

今回は岩内克己監督1969年製作「ブラボー!若大将」をピックアップする。
本作は、1970年1月1日に公開された若大将シリーズの第15作になる。制作会社は東京映画である。
シリーズ最後の海外ロケが グアム島で行われた本作は、今までのシリーズ・テンプレートを外し、理不尽な失恋や会社組織に若大将が悩むという設定が新鮮だった。

【東京映画】
1952年(昭和27年)に東宝の関係会社として設立、東宝が配給した映画「駅前シリーズ」「クレージー・キャッツ」等のコメディ映画を製作し、東京映画撮影所を稼働させた。東宝は、東西両撮影所制を敷いた大映や東映、松竹(1965年京都撮影所閉鎖)と異なり、戦前期に京都撮影所を閉鎖して砧撮影所(東京都世田谷区)に製作を原則一元化していたが、傘下の東京映画と宝塚映画は、別に撮影所を持ち、盛期にはそれぞれ年間10本程度の作品を供給し続けている。監督と俳優は東宝から供給されたが、技術スタッフは独自の機構を備えてそれぞれのカラーを発揮した。東京映画は、撮影所なのに皆ネクタイを締めている、と活動屋たちを驚かせ初期の東宝撮影所の社風を戦後まで引き継いだ紳士集団であったと言われる。1983年(昭和58年)8月25日に株式会社東京映画新社に改名し、梅浦洋一社長在籍時の2004年9月1日に東宝に合併して消滅した。(ウィキペディア参照)
※撮影所は小田急線千歳船橋駅から10分のところにあり、第二ステージは成城消防署前にあった。(筆者)


高橋紀子                       田中邦衛、柏木由紀子

【ストリー】
三矢物産の営業部に勤務する田沼雄一(加山雄三)は、親友の青大将こと石山新次郎(田中邦衛)が専務をしている東西デパートと取引きのコネをつけた。そんなある日、雄一は、熊井鉄工の熊井(熊倉一雄)から、住宅用鉄材の売り込みを受けた。雄一は、“住宅に関する企画案”を提出し、岩崎部長(松村達雄)が賛成し、雄一は案の実現に猛ハッスル。ところが数日後、企画案が突然没になった。というのも、三矢物産は、熊井鉄工を無視して、裏面で大手の鉄工会社と事業提携を進めていたのだった。会社の道義に欠けるやり方に怒った雄一は、辞表を叩きつけ、単身グアムへ飛んだ。休暇で島に来た、節子(酒井和歌子)、チヨコ(坂倉春江)、玉江(松村幸子)や、商用で来た石山と事業提携で同行した西岡(藤岡琢也)と再会した。雄一と節子の間に恋が芽生えた。やがて帰国した雄一は、家業のすき焼き屋“田能久”の仕事に精を出したが、義弟の江口(江原達怡)の失敗の責任を負って家を出た。湾岸の荷下ろしやトラック運送などのバイトで生計を立てていた雄一は、バイト先のガソリンスタンドで偶然熊井と再会し、熊井鉄工に入社した。熊井の資金難を助けるべく、銀行家へ嫁いだ百合子(高橋紀子)に融資を頼んだ。その夜融資の成功を祝い踊る雄一と百合子を節子が見つけてしまう。二人の中を誤解する節子。一方、住宅事業が進展しない三矢物産は熊井鉄工と合弁会社をつくり、雄一は社長に就任した。休暇をとった雄一は再びグアムを訪れる。一足先に支店進出のため島を訪れた石山と節子と合流。そして誤解のとけた節子の明るい笑顔が、たくましい雄一のかたわらにあった。


菱見百合子(ひし美ゆり子)               熊倉一雄

加山雄三、藤岡琢也、松村達雄             松村達雄

題名:ブラボー!若大将
監督:岩内克己
製作:藤本真澄、大森幹彦、安武龍
脚本:田波靖男
撮影:中井朝一
照明:榊原康介
特機:三沢一義
録音:原島俊男
整音:西尾孝
美術:竹中和雄
装置:松原浩、中村洋文
小道具:阿部継、佐藤淑光、広島徳幸
装飾:佐々木庄次
結髪:渡辺キミ
衣裳:武藤芳史、柳生悦子(デザイン)
編集:広瀬千鶴
音楽:広瀬健次郎 主題歌:加山雄三「恋のコンパス」「淋しい二人」 「世界のどこかで」 「その訳はいえない」
現像:東京現像所
製作担当:島田武治、今井馨
製作進行:黒岩竜彦
助監督:瀬川淑
監督助手:鈴木一男、森康憲、福田元彦
撮影助手:平林茂明、安西清、山内峰治、鈴木義勝
照明助手:須藤実、塚田寿生、牛渡教孝、川島棋雄、釜田一、大野治夫、柿沼貞司
録音助手:高場豊、千葉富士雄、会田紀栄
美術助手:栗原信雄、薩谷和夫、国府田俊夫、堀川正巳
水中撮影:市原康至、宝田武久、五十畑幸勇、楠章治
スチール:中尾孝
演技事務:丹野弘章
音楽事務:西尾嘉十
製作宣伝:川島孝一
協力:パン・アメリカン航空
出演:加山雄三、酒井和歌子、高橋紀子、田中邦衛、江原達怡、菱見百合子(ひし美ゆり子)、大矢茂、有島一郎、飯田蝶子、中真千子、柏木由紀子、藤岡琢也、松村達雄、熊倉一雄、坂倉春江、松村幸子、山田はるみ、小鹿敦、田島義文
1969年日本・東京映画/東宝スコープ(シネスコサイズ)・カラー89分35mmフィルム
ブラボー!若大将 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


田中邦衛、藤岡琢也                  加山雄三、大矢茂

江原達怡、加山雄三                  ブラボー!若大将

映画「リオの若大将」

「リオの若大将」星由里子
リオの若大将リオの若大将
加山雄三                          星由里子

今回は岩内克己監督1968年製作「リオの若大将」をピックアップする。
若大将シリーズ第12弾の本作は、若大将がフェンシング競技に参戦する。1961年に「大学の若大将」でスタートした本シリーズの大学生編最終作になり、次作「フレッシュマン若大将」より社会人編になる。本作のリオデジャネイロ・ロケは、スケジュールの関係で、加山雄三さん・中尾ミエさん・田中邦衛さん・ランチャーズは渡航しているが、星由里子さんのリオでの登場シーンは、すべて日本国内で撮影されたそうだ。封切り時の併映は「年ごろ(監督:出目昌伸 出演:内藤洋子、黒沢年男)」であった。

リオの若大将リオの若大将
中尾ミエ                         田中邦衛

【ストリー】
京南大学の若大将田沼雄一(加山雄三)は、恩師平山博士(宮口精二)の助手としてリオ・デ・ジャネイロの造船所に招待され、ご機嫌な毎日を送っていた。その上リオ滞在最後の晩、技師長、谷村(北沢彪)に案内された日本料理店で押田澄子(星由里子)に出会った。澄子は東京極東観光の営業部員で、在留邦人に日本旅行のPRに来ていた。そして接待中の客が急病で倒れた時、それを救ってくれた雄一に好意をもつようになった。東京に帰った雄一は、谷村の娘江美子(中尾ミエ)に谷村から預った手紙を届けた。江美子は清明女子大に在学中で、大学バンド合戦を前に闘志を燃やしていた。二人は負けた方が食事をおごる約束をした。だが、雄一のバンドは青大将の演奏ミスで江美子のバンドに敗退。声援にかけつけた澄子を前に、江美子と約束のデートに出かけなければならなかった。夏休み、雄一は平山教授の代理で再びリオに行くことになった。ところが機内で、父親のもとに帰る江美子とバッタリ。雄一に気のある江美子は、豪華な観光旅行に招待した。コパカバーナの浜辺にやって来た二人は、そこでランチャーズの面々に出会ってビックリ仰天。青大将(田中邦衛)が演奏旅行と称し、連中を連れてきていたからだった。無一文のランチャーズ。雄一はリオのクラブでアルバイトをはじめた。そこで澄子と再会したか、ハレンチな青大将の横やりが入って、二人のデートもむちゃくちゃ。心と心は結ばれながら、雄一には江美子、澄子には現地の有力者宇野の孫一郎(久保明)と別のカップルが出来上ってしまった。ある日、雄一に造船会社から就職試験の合格通知が届いた。「田能久」の跡とりが店をつがないと父親の久太郎(有島一郎)は烈火のごとく怒ったが、おばあちゃん(飯田蝶子)が雄一の肩をもちその場はおさまった。雄一の学生生活最後の試合のフェンシング大会が近づいてきた。雄一は邪念をはらうため豪海和尚(今東光)の寺にこもり修業、見事優勝の栄誉に輝いた。やがて卒業式がやってきた。そこには、田能久の婿養子を決意した江口(江原達怡)、それに澄子から愛をうちあけられた雄一の晴れやかな顔があった。

リオの若大将リオの若大将
加山雄三、江原達怡                 有島一郎、飯田蝶子、中真千子

題名:リオの若大将
監督:岩内克己
製作:藤本真澄、大森幹彦
脚本:田波靖男
撮影:斎藤孝雄
照明:石井長四郎
録音:伴利也
整音:下永尚
美術:村木忍
小道具:杉本茂
結髪:藤本美穂子
記録:梶山弘子
編集:小川信夫
音楽:服部克久 主題歌:加山雄三「ある日渚に」「シェリー」中尾ミエ「恋のさだめ」「シェリー」
現像:東京現像所 合成:松田博
製作担当:根津博
製作進行:森知貴秀
演技事務:吉竹悠一
助監督:高橋薫明
監督助手:大森健次郎、河崎義祐
撮影助手:市原康至、松尾民夫
照明助手:羽田昭三
録音助手:小川恵正
美術助手:櫻木晶
小道具助手:秋元和男、武富光弘
宣伝:白井泰二
協力:パンアメリカン航空、石川島播磨重工業
スチール:秦大三
出演:加山雄三、星由里子、中尾ミエ、田中邦衛、有島一郎、飯田蝶子、江原達怡、中真千子、久保明、藤木悠、宮口精二、浦島千歌子、松原光子、小林夕岐子、北沢彪、中村伸郎、左卜全、内田裕也、今東光
1968年日本・東宝/東宝スコープ(シネスコサイズ)・カラー104分35mmフィルム
リオの若大将 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

リオの若大将リオの若大将
久保明、星由里子              飯田蝶子、左卜全、加山雄三
リオの若大将リオの若大将
北沢彪                           内田裕也
リオの若大将リオの若大将
今東光                         加山雄三、星由里子
リオの若大将リオの若大将
加山雄三                      加山雄三、星由里子

リオの若大将

1 2