映画「動乱」


「動乱 第1部海峡を渡る愛」高倉健、吉永小百合      吉永小百合

永島敏行、小林稔侍                   田村高廣

今回は森谷司郎監督1980年製作「動乱」をピックアップする。
二部構成の本作は、第一部「海峡を渡る愛(48分)」と第二部「雪降り止まず(102分)」でインターバルはない。内容は昭和史の起点となった515事件から226事件までを背景に、寡黙な青年将校とその妻の愛を中心に描いている大作だ。


佐藤慶                      米倉斉加年、高倉健

桜田淳子、にしきのあきら               志村喬

【ストリー】
第一部「海峡を渡る愛」(48分)
昭和7年4月、仙台連隊。宮城啓介大尉(高倉健)が隊長をつとめる中隊の初年兵、溝口(永島敏行)が脱走した。姉の薫(吉永小百合)が貧しさから千円で芸者に売られようとしていたからだ。溝口は捜索隊の上司を殺してしまい、宮城は弁護を申し出るが聞き入れられず、溝口は銃殺刑に処せられた。宮城は父に用立ててもらった千円を香典として渡す。当時、日本は厳しい経済恐慌に包まれ、これを改革すべく、一部の海軍将校と陸軍士官候補生らが決起した。5・15事件である。クーデターは失敗に終り、陸軍内部の皇道派と統制派の対立を激化させた。この影響は仙台にいる宮城にまで及び、部下から脱走兵を出した責任で朝鮮の国境守備隊へ転任を命じられる。そこは、朝鮮ゲリラへ軍需物資の横流しが平然と行なわれる腐敗したところだ。官城は将校をねぎらう宴に招待され、そこで芸者になった薫と再会する。薫を責める宮城。数日後、薫が自殺を図った。宮城は軍の不正を不問にすることで、薬を入手し薫の命を救う。その頃、国内では統制派によって戦争準備が押し進められていた。

第二部「雪降り止まず」(102分)
昭和10年10月、東京。宮城は第一連隊に配属になり、薫と共に居をかまえた。
しかし、二人の間にはまだ男と女の関係はなかった。官城の家には多くの青年将校が訪れ、“建設か破壊か”と熱っぽく語り合っていく。憲兵隊の島謙太郎(米倉斉加年)はそんな宮城家の向いに往みこんで、四六時中、見張りを続けていた。ある日、宮城は恩師であり皇道派の長老格でもある神崎中佐(田村高廣)を薫と伴に訪れた。神崎の家庭の幸せを見て、薫は「私の体は汚れているから抱けないんですか」と宮城につめよる。数日後、宮城が決行を決意していた軍務局長暗殺を神崎が単身で陸軍省におもむき果してしまった。この事件は青年将校たちに“時、来る”の感を持たせ、昭和維新への機運いっきに高まった。官城たちの行動に、心情的には同調しながらも、憲兵という職務から事を事前にふせごうと島は苦悩する。決行の日が決まり、宮城は実家に帰り父に薫のことを頼むと、はじめて彼女を抱くのだった。決行の日が来た。時に昭和11年2月25日。夜半から降りはじめた雪は、男たちの熱い思いと、女たちの哀しい宿命をつつみこんで、止むことなく降り続いていた……。


米倉斉加年                       吉永小百合

題名:動乱
副題:第1部海峡を渡る愛 第2部雪降り止まず
監督:森谷司郎
企画:池田静雄、坂上順、岡田裕介
脚本:山田信夫
撮影:仲沢半次郎
照明:川崎保之丞
録音:広上益弘
音効:原尚
美術:中村州志、今村力
装置:中村文栄
装飾:田島俊英
衣装:河合啓一
美粧:入江荘二
美容:宮島孝子
記録:高津省子
編集:戸田健夫
音楽:多賀英典 主題歌:小椋佳「流れるなら」
現像:東映化学
進行主任:小島吉弘
製作担当:東一盛
助監督:沢井信一郎
演技事務:和田徹
スチール:遠藤努
出演:高倉健、吉永小百合、米倉斉加年、田村高廣、桜田淳子、志村喬、佐藤慶、田中邦衛、にしきのあきら、川津祐介、戸浦六宏、小林稔侍、田中邦衛、小池朝雄、岸田森、日色ともゑ、永島敏行、相馬剛三
1980年日本・東映+シナノ企画/シネスコサイズ・カラー150分35mmフィルム
動乱 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


「動乱 第2部雪降り止まず」

高倉健、吉永小百合

映画「修羅雪姫 怨み恋歌」


「修羅雪姫 怨み恋歌」梶芽衣子

梶芽衣子                          原田芳雄

今回は藤田敏八監督1974年製作「修羅雪姫 怨み恋歌」をピックアップする。
本作は「修羅雪姫」に続く“修羅雪姫”シリーズ二作目になる。修羅雪姫とアナーキストを絡ませた物語は、日露戦争の終結後の明治を時代背景としたおもしろい作品だ。残念ながら梶芽衣子さん主演の“修羅雪姫”シリーズは、本作で終了する。


伊丹十三                        伊丹十三、梶芽衣子

【ストリー】
父母の仇を討ち果した鹿島雪(梶芽衣子)は、兇悪殺人犯として丸山警部(山本麟一)に逮補され、絞首刑の判決が下された。だが、死刑執行の日、鴉(南原宏治)と名乗る男に救出され、菊井精四郎(岸田森)の許へ案内された。菊井は特警の長官で、その組織は「影の軍隊」として恐れられている。菊井は雪の命と引き替えに、アナーキストの徳永乱水(伊丹十三)が持っている一通の手紙とその命を狙うことを命じた。雪は女中に変装し乱水の家に住み込んだが、彼の革命家としての情熱にうたれ、菊井を裏切った。かつて、菊井と大審院検事総長・寺内謙道(安部徹)は、革命主義者たちの交番爆破事件をデッチ上げ、乱水の同志を大量に処刑した。そして、菊井は長官の地位を得、寺内は司法大臣に昇格した。だが乱水には残された復讐の武器があった。菊井たちの密談を記した一通の手紙である……。乱水は脱獄死刑囚・雪をかくまった容疑で逮捕される寸前、手紙を雪に託し、四ツ谷鮫ヶ橋の貧民窟で医者をしている弟の周介(原田芳雄)に渡すことを頼んだ。その周介は、かつて雪が丸山警部に逮捕されたときに出逢い、ほのかな恋の炎を燃やしたゆきずりの男だった。周介をはじめ柴田悠太郎(広瀬昌助)、関口英三(溝口舜亮)、岡田太吉(浜田晃)らは雪の持参した手紙に眼を輝かした。だが、周介は乱水の危機になぜか冷淡な態度だった。現在の乱水の妻・あやと周介は、かつては夫婦だったのだが、周介が日霧戦争で出兵し、帰国した時、乱水とあやは結婚していたのだった。それ以来、周介は、世を捨てて貧民窟に住みついたのだった。数日後、乱水は菊井の拷問の末にペスト菌をうたれて貧民窟に放り出されて死んだ。周介は例の手紙をタネに菊井たちを強請り、貧民を救済することを決意した。だが、菊井は鮫ヶ橋を急襲、周介は乱水のペストが感染し、悪鬼の形相で激闘するが、柴田、関口、岡田は銃弾に倒れていった。手紙を灰にし革命主義者を倒して笑顔を浮べる菊井と寺内--その頭上に、雪の紫紺の蛇の目傘の仕込み刃が怒りに燃え、ひときわ華麗に舞った……。


吉行和子、原田芳雄                  岸田森、安部徹

題名:修羅雪姫 怨み恋歌
監督:藤田敏八
製作:奥田喜久丸
原作:小池一雄、上村一夫
脚本:長田紀生、大原清秀
撮影:鈴木達夫
照明:石井長四郎
録音:神蔵昇
整音:西尾曻
美術:樋口幸男
大道具:山口盛夏(ノンクレジット)
小道具:戸田清(ノンクレジット)
結髪:河原美緒(ノンクレジット)
擬斗:林邦史朗
技術指導:トビー門口
記録:外崎直子
編集:井上治
音楽:広瀬健次郎
現像:東京現像所
製作担当:丹野弘章
助監督:松沢一男、吉富友也
撮影助手:西浦清、佐々木六兵衛、栗田豊通、伊藤昭裕(ノンクレジット)
演技事務:青木君雄
スチール:橋山直己
出演:梶芽衣子、原田芳雄、伊丹十三、吉行和子、岸田森、安部徹、山本麟一、南原宏治、広瀬昌助、溝口舜亮、浜田晃、鈴木瑞穂(ナレーター)
1974年日本・東京映画/シネスコサイズ・カラー89分35mmフィルム
修羅雪姫 怨み恋歌 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


「修羅雪姫 怨み恋歌」梶芽衣子

岸田森                             南原宏治、岸田森、山本麟一

「修羅雪姫 怨み恋歌」

「修羅雪姫 怨み恋歌」

撮影:鈴木達夫氏、監督:藤田敏八氏、梶芽衣子さん

映画「戦国自衛隊」


千葉真一                        61式戦車

今回は斎藤光正監督1979年製作「戦国自衛隊」をピックアップする。
半村良氏のSF同名小説を映画化したもので2005年に「戦国自衛隊1549(監督:手塚昌明 出演:江口洋介)」としてリメイクされている。本作は隊員が無許可離隊を冒す内容が含まれる事から陸上自衛隊の撮影協力が得られず61式戦車は8,000万円の予算をかけレプリカを作り、M3A1装甲車についてはM16対空自走砲の払い下げ品を改造したそうだ。


夏木勲、千葉真一

渡瀬恒彦

【ストリー】
伊庭三尉を隊長とする21名の自衛隊員は、日本海側で行なわれる大演習に参加するために目的地に向かっているとき“時空連続体の歪み”によって400年前の戦国時代にタイム・スリップしてしまった。東海には織田信長が勢力を伸ばし、上杉、武田、浅井、朝倉らが覇を競いあい、京へ出て天下を取ろうと機をうかがっていた時代。成行きから彼等は、のちの上杉謙信となる長尾平三景虎に加担することになり、近代兵器の威力で勝利をもたらした。戦いの中で、伊庭と景虎は心が通じあうなにかを感ずる。隊員のひとり菊池(にしきのあきら)は、恋人和子(岡田奈々)と駈け落ちすることになっていたが戦国時代にスリップ、和子は約束の地で菊池を待ち続けた。三村(中康次)は農家の娘みわ(小野みゆき)に出会い、恋に落ちていく。そんな中で、矢野(渡瀬恒彦)は、自分たちだけで天下を取ろうと、加納や島田を誘って反逆を起こし、魚村を襲い、手あたりしだいに女を犯すが、伊庭(千葉真一)たちの銃撃のはてに殺される。近代兵器を味方につけた景虎(夏八木勲)は、主君小泉越後守(小池朝雄)の卑怯さに我慢がならず、春日山城で斬り殺し、天守閣からヘリコプターにぶら下がって脱出する。そして戦車が春日山城を陥落させた。その勢いで景虎と伊庭は京へ攻め上がろうとする。景虎は浅井・朝倉の連合軍と戦い、伊庭は川中島で武田信玄と戦闘をまじえることになった。「歴史がなんだっていうんだ。俺たちが歴史を書きかえるんだ」と、自衛隊員と2万人の戦いが始まった。戦車、ジープ、ヘリを駆使しての互角の勝負、そして目指す武田信玄(田中浩)の首を取ることにも成功するが、その激しい戦いの中で、伊庭たち隊員も死んでいった。隊員の中で生き残ったのは、農夫となってその時代に生きようと決意した根本(かまやつひろし)だけであった。


薬師丸ひろ子                      竜雷太

題名:戦国自衛隊
監督:斎藤光正
製作総指揮:角川春樹
製作:元村武
原作:半村良
脚本:鎌田敏夫
撮影:伊佐山巌
照明:遠藤克巳
録音:橋本文雄
美術:植田寛、筒井増男
特撮監督:鈴木清
闘技監督:JJサニー千葉(千葉真一)
擬斗:菅原俊夫、斉藤一之
衣装:柳生悦子
記録:堀北昌子
編集:井上親弥
音楽:羽田健太郎 音楽プロデューサー:鈴木清司、高桑忠男
音楽監督:角川春樹 主題歌:松村とおる
監督補佐:戸田康貴
助監督:山下稔
スチール:遠藤功成
出演:千葉真一、夏木勲、渡瀬恒彦、真田広之、江藤潤、岡田奈々、河原崎建三、岸田森、小野みゆき、かまやつひろし、にしきのあきら、宇崎竜童、鈴木ヒロミツ、岸田森、江藤潤、竜雷太、倉石功、三浦洋一、仲谷昇、成田三樹夫、小池朝雄、中康次、薬師丸ひろ子
1979年日本・角川春樹事務所/ビスタサイズ・カラー139分35mmフィルム
戦国自衛隊 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


岡田奈々                      かまやつひろし

小野みゆき                                                               「戦国自衛隊」

1 2 3 4