映画「サンダカン八番娼館 望郷」


「サンダカン八番娼館 望郷」栗原小巻

栗原小巻                        田中絹代

今回は熊井啓監督1974年製作「サンダカン八番娼館 望郷」をピックアップする。
本作は、ボルネオの島へと売春の出稼ぎに渡った“からゆきさん”と呼ばれる日本人少女たちの、悲惨な実態を描き、事実の持つ圧倒的な説得力に感嘆する。本作が遺作となった日本映画を代表する女優、田中絹代さんが渾身の演技を魅せてくれる。


高橋洋子                        浜田光夫

【ストリー】
女性史研究家・三谷圭子(栗原小巻)は、今、ボルネオの北端にあるサンダカン市の近代的な街に感慨を込めて佇んでいる。ここは、その昔、からゆきさんが住んでいた娼館の跡であり、サキ(高橋洋子)が現在もそこにいるような錯覚すら覚えるのだった……。圭子とサキの出会いは3年程前になる。からゆきさんの実態を調べていた圭子は、天草を訪ねた時、身なりの貧しい小柄な老婆と偶然めぐりあった。それがサキ(田中絹代)であった。圭子は、サキがからゆきさんであった、との確信を強め、また、サキの優しい人柄にひきつけられ、波瀾に富んだであろう過去を聞き出すために、サキとの共同生活を始めた。やがて、サキはその重い口を徐々に開いて、その過去を語り出した……。サキの父は彼女が4歳の時に世を去り、母は父の兄と再婚した。サキが12歳の時、サンダカンで娼館を経営する太郎造(小沢栄太郎)はサキに外国行きをすすめ、前金300円を渡した。サキはその金を兄・矢須吉(浜田光夫)に送金し、人手に渡った畑を買い戻して幸福な生活をするように願い、村の仲間、ハナ(中川陽子)、ユキヨ(梅沢昌代)と共にサンダカンへと発った。当時のサンダカンは、英領北ボルネオにおける最大の港町で、日本人の経営する娼館が九軒あり、一番館、二番館と名づけられており、太郎造の店は八番館であった。八番館に着いて一年後、サキは客を取るように言い渡された。借金はいつの間にか2,000円にふくれあがり、13歳のサキにその借金の重みがズッシリとのしかかり、地獄のような生活が始った。だが、そんな生活の中にもサキは、ゴム園で働いている竹内秀夫(田中健)との間に芽生えた愛を大切に育てていった。そしてある日、太郎造が急死し、女将のモト(神保共子)はサキたち4人を余三郎(梅野泰靖)に売り渡した。余三郎はサキたちをプノンペンへ連れて行こうとするが、新しく八番館の主人となったおキクの尽力で、サキとフミだけはサンダカンにとどまることになった。おキク(水の江滝子)が主人となってからは、八番館は今までと違って天国のようだった。そして秀夫との愛に酔いしれたサキだったが、ある日突然、秀夫はゴム園の娘との結婚を告げ、サキに別れを告げた。サキの初恋は砂上の楼閣のように、もろくも崩れ去った。数年を経て、おキクはひょっこり現われた余三郎との口論の最中倒れた。おキクはサンダカンで死んだ日本人を弔うために共同墓地を作っていた。おキクを葬ったサキは帰国したが、母は既に死に、兄の矢須吉もサキが外国帰りということで外聞を気にして避けるようになっていた。天草はサキにとって、もはや故郷ではなくなっていた。その後渡満したサキは結婚、男の子を生んだ。だが戦争は夫も財産も奪った。やがて帰国したサキは、息子と京都で暮すが、彼が20歳を過ぎた頃、サキ一人で天草へ帰された。結婚するにはからゆきさんの母親が邪魔になるのだろう……。圭子とサキの生活は3週間続いた。だが、村人は二人への疑惑を燃え上がらせた。圭子がサキの実態を書けば村の醜聞が知れ渡るからだ。圭子は取材を断念するとともに、自らの素姓を明かしてサキに詫びた。だが、サキは圭子を慰め、温い愛情で勇気づけるのだった……。そして今、圭子はジャングルの中でおキクや秀夫の墓を発見した。望郷にかりたてられて死んでいった日本人たち。だが、それらの墓は、祖国・日本に背を向けて立てられていた……。


浜田光夫、高橋洋子               栗原小巻、中谷一郎

題名:サンダカン八番娼館 望郷
監督:熊井啓
製作:佐藤正之、椎野英之
原作:山崎朋子「サンダカン八番娼館- 底辺女性史序章」
脚本:廣澤栄、熊井啓
撮影:金宇満司
照明:椎葉昇
録音:太田六敏
美術:木村威夫
音楽:伊福部昭
編集:中静達治
現像:東洋現像所
製作担当:内山甲子郎
監督補:宮川孝至
助監督:相澤徹
スチール:岩井隆志
出演:栗原小巻、田中絹代、高橋洋子、浜田光夫、中谷一郎、水の江滝子、田中健、岩崎加根子、水原英子、小沢栄太郎、砂塚秀夫、岸輝子、山谷初男、梅野泰靖、菅井きん、藤堂陽子、柳川由紀子、中川陽子、梅沢昌代、神保共子、牧よし子
1974年日本・俳優座映画放送+東宝/スタンダードサイズ・カラー121分35mmフィルム
第25回ベルリン国際映画祭主演女優賞受賞(田中絹代)
サンダカン八番娼館 望郷 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


水の江滝子                       小沢栄太郎

山谷初男                        田中健

栗原小巻、田中絹代                 菅井きん、高橋洋子

映画「飼育」


三國連太郎                          小山明子

今回は大島渚監督1961年製作「飼育」をピックアップする。
本作は、大島渚監督が松竹を退社し初めて町場で制作した作品である。
本作公開の3か月前に倒産した新東宝を分社化して同年9月1日に設立され、わずか6本を配給して活動を停止した大宝株式会社の設立第3作であった。ジョン・カサヴェテス監督が1959年に制作したデビュー作「アメリカの影」に出演したヒュー・ハードが、墜落したB29の搭乗員を演じている。

作品リスト


ヒュー・ハード                          三原葉子

【ストリー】
昭和20の初夏。或る山村へ米軍の飛行機が落ちた。百姓達の山狩りで黒人兵(ヒュー・ハード)が捕まった。黒人兵は両足首に猪罠の鉄鎖をはめられ、地主鷹野一正(三國連太郎)の穴倉へ閉じこめられた。県庁の指令があるまで百姓達は、輪番制で黒人兵を飼うことになった。こんな頃に、鷹野の姪の幹子(大島瑛子)がこの村に疎開して来た。地主の一正は、豚のように貪欲で好色な男だ。息子の嫁の久子(中村雅子)とも関係を結び、疎開もんの弘子(小山明子)にも野心を持っていた。村の少年達はクロンボが珍らしくてしょうがない。いつも倉にやって来ては黒人兵をみつめている。少年達と黒人兵はいつしか親しさを持つようになっていった。そこへ、余一(加藤嘉)の息子次郎(石堂淑朗)が召集令をうけて村に帰って来た。出征祝いの酒盛りの夜、次郎は暴力で幹子(大島瑛子)を犯した。そして、翌日次郎は逃亡した。兄が非国民となって、弟の八郎(入住寿男)は怒った。幹子のせいだ。幹子を責めた八郎は、皆に取押さえられて鷹野家の松に吊された。クロンボが八郎を慰めるように歌をうたった。八郎はクロンボも憎かった。こいつのために村中が狂ってしまったのだ。縄を切った八郎は、ナタを持ってクロンボに飛びかかった。その時、そばにいた桃子(上原以津子)は突き飛ばされて崖下に転落、そして死んだ。伝松(山茶花究)の息子が戦死したという公報が入った。みんなあのクロンボが厄病神なのだ。村の総意は、クロンボをぶち殺してしまえということになった。そうと知った少年達は、クロンボを逃がそうと図った。だが、飛びこんで来た一正が、ナタでクロンボを殺してしまった。それから数日して、書記(戸浦六宏)が慌ててみんなに発表した。戦争が終ったのだ。みんなはあおくなった。もし進駐軍に知れたら。一正の発案でなにも起らなかったことにした。みんななにも見ないしなにもしなかったのだ。そのかための酒盛りの晩、次郎がかえって来た。もし発かくしたら、次郎が犯人ということで……。ところが次郎は書記と争ってあやまって死んでしまった。その火葬の火をバックに秋祭りの相談が行われた。何ごともなかったように。それはあたかも戦争そのものがなかったようでさえあった。その炎をじっとみつめている八郎の目には無限の悲しみと、怒りがこみあげていた。……大人たちは忘れ去ったとしても、この少年には戦争は決して消し去ることのできない心のキズであった。


中村雅子                                三國連太郎

題名:飼育
監督:大島渚
製作:田島三郎、中島正幸
原作:大江健三郎「飼育」
脚本:田村孟
撮影:舎川芳次
照明:菱沼誉吉
録音:岡崎三千雄
音効:角田陽次郎
美術:平田逸郎
振付:西野晧三
編集:宮森みゆり
音楽:真鍋理一郎
製作主任:岸田秀男
助監督:柳田博美
製作協力:佐野博
脚本協力:松本俊夫、石堂淑朗、東松照明
三頸獅子舞指導:別所神社子連中
デザイン:粟津潔
スチール:武智俊郎
出演:三國連太郎、小山明子、三原葉子、ヒュー・ハード、中村雅子、岸輝子、沢村貞子、山茶花究、浜村純、大島瑛子、加藤嘉、戸浦六宏、小松方正、石堂淑朗、入住寿男
1961年日本・パレスフィルムプロダクション+大宝/シネスコサイズ・モノクロ105分35mmフィルム
飼育 -DVD-
2018年12月現在、DVDレンタルはありません。


飼育

映画「にっぽんぱらだいす」

にっぽんぱらだいすにっぽんぱらだいす
香山美子                       加東大介

今回は前田陽一監督1964年製作「にっぽんぱらだいす」をピックアップする。
本作は、終戦直後から1958年の売春防止法発効までの遊郭を舞台に、主人公・光子(香山美子さん)と逞しく生きる女達を優しく爽やかに描いたものだが、とても丁寧な構成と展開で作られており、1945年当時の風俗を伺い知る事が出来る作品だ。ヌードシーンやセックスシーンは全く無いが、赤線の女達は充分に表現されている。溝口健二監督1956年の遺作「赤線地帯」とは違うティストで捉えた本作も良い作品だと思う。

【前田陽一監督プロフィール】
1958年4月に松竹大船撮影所に入社。吉田喜重監督、渋谷実監督に師事し、29歳の時に本作で監督デビュー。以降、喜劇映画を中心に手掛けた。
【前田陽一監督作品】
1964年「にっぽん・ぱらだいす
1965年「ちんころ海女っこ」
1966年「スチャラカ社員」
1968年「進め!ジャガーズ 敵前上陸」
1970年「喜劇 右むけェ左!」
1970年「喜劇 冠婚葬祭入門」
1970年「喜劇 あゝ軍歌」
1971年「起きて転んでまた起きて」
1971年「喜劇 命のお値段」
1971年「喜劇 猪突猛進せよ!!」
1972年「虹をわたって」
1972年「喜劇 男の子守唄」
1973年「喜劇 日本列島震度0」
1975年「三億円をつかまえろ」
1976年「喜劇 大誘拐」
1977年「坊っちゃん」
1979年「神様のくれた赤ん坊
1980年「土佐の一本釣り」
1983年「喜劇 家族同盟」
1987年「Let’s豪徳寺!」
1999年「新・唐獅子株式会社」
※1998年5月没。享年63歳。
※「新・唐獅子株式会社」は南部英夫・長濱英孝両監督が引継ぎ、無事完成・公開された。

にっぽんぱらだいすにっぽんぱらだいす
長門裕之

【ストリー】
昭和20年、アメリカをはじめとする連合軍が日本に進駐して来た。国家は、国民外交の円滑な発展を計る、という名目で、R・A・A(特殊慰安施設協会)を開設した。桜原という赤線地帯の業者、蔵本大典(加東大介)も、疎開させておいた店の女達を連れ戻し、R・A・Aで働かせていた。そんな女達の中に、まだお下げ髪の処女、光子(香山美子)もいた。然し、このR・A・Aも性病の蔓延を防ぐというG・H・Qの指令で閉鎖された。蔵本は、自分の店の女達を連れて、再び桜原に帰り、妓夫太郎の六助(柳沢真一)や女達と廓を復興し「日ノ丸楼」と名付けた。そんな時、蔵本の一人息子希典(長門裕之)が復員してきた。が、そんな父の商売を嫌って家出した。
昭和28年、世間は落着きを取戻し、赤線桜原も繁栄の一途をたどり、「日ノ丸楼」も「ハレム」と名を改めた。ハレムの馴染客で、ニワカ成金の紀ノ国屋(益田喜頓)は、その財力で光子を水揚げすると共に、老妻(浦辺粂子)の了解を得て、妾においた。そんなある日、ハレムに、卒論「日本売春史」作成のため“夜の女”の生活を体験したい、という女子大生楠千恵子(加賀まりこ)がとびこんできた。
千恵子のものおじしない発言は、女達の間に新風を巻き起した。昭和三十一年五月「売春防止法」が成立。蔵本はそのショックで世をさった。家出をしていた息子希典(長門裕之)は、そんな父の姿をみて、妻の反対を押切り、「ハレム」の後を継いだ。希典は女達のために大巾な待遇の改善をした。そんなとき、親族の反対で家を追い出された光子が舞いもどった。再び店にたった光子は、純情な学生柴田(勝呂誉)を知りしだいに心をひかれていった--。
昭和33年3月売春防止法が発効され、女たちはミス・ソープに転身していった。桜原の灯が永遠に消されたその夜、光子は毒をあおった。

にっぽんぱらだいすにっぽんぱらだいす
加賀まりこ                     香山美子

題名:にっぽんぱらだいす
監督:前田陽一
製作:佐々木孟
脚本:前田陽一
撮影:竹村博
照明:中田達治
録音:大村三郎
美術:森田郷平
編集:寺田昭光
音楽:山本直純
助監督:三村晴彦
スチール:長谷川宗平
出演:香山美子、長門裕之、加東大介、加賀まりこ、ホキ徳田、勝呂誉、益田喜頓、浦辺粂子、柳沢真一、中村雅子、岸輝子、上田吉二郎、菅井一郎、 長門勇、早川保、菅原文太、菅原通済
1964年日本・松竹/シネスコサイズ・モノクロ93分35mmフィルム
にっぽんぱらだいす [DVD]
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

にっぽんぱらだいすにっぽんぱらだいす
浦辺粂子、益田喜頓                 菅原文太
にっぽんぱらだいすにっぽんぱらだいす
ホキ徳田                      勝呂誉
にっぽんぱらだいすにっぽんぱらだいす
長門勇

1 2