映画「最後の博徒」

最後の博徒最後の博徒
松方弘樹                 千葉真一、峰岸徹、三島ゆり子、成田三樹夫
最後の博徒最後の博徒
岡田奈々                       三島ゆり子

今回は山下耕作監督1985年製作「最後の博徒」をピックアップする。
仁義なき戦いシリーズ」開始から12年後に作られた本作の舞台も広島だが、”仁義ある任侠”もあったというノスタルジックな内容で拍子抜けした。東映任侠映画を支えて来た俳優陣が総出演するのは良いのだが、アクションやガンファイトシーンも少なく、迫力に乏しい内容だった。本作は鶴田浩二さんの遺作となった作品でもある。

最後の博徒最後の博徒
成田三樹夫                   千葉真一、松方弘樹
最後の博徒最後の博徒
鶴田浩二                        梅宮辰夫 

【ストリー】
昭和52年4月13日、北陸最大の組織で北陸の帝王と呼ばれた川名組・川名勇組長(柳田真宏)が越前三国で殺害された。福井県警はその日のうちに刺客4人を逮捕。さらに殺人教唆の黒幕として、荒谷政之(松方弘樹)を逮捕した。荒谷には懲役20年の判決が下りた。荒谷は少年時代から呉の素人賭場に出入り、石岡博(梅宮辰夫)の子分となる。そこで博徒の行儀作法を学んだ。一年後には若中に成長した彼に目をかけてくれたのは兄費分の大松義寛(江夏豊)である。昭和21年8月、大松は愚連隊を叩き潰した。その中には後の大原組組長大原勝(泉谷しげる)がおり、彼は後に呉一帯をしきる山辰信男(成田三樹夫)と親交があった。石岡は大松を怒った。朝鮮戦争勃発直前、新興の運送業者山辰は勢力を伸ばし、山辰組を拡大していく。そんな時、呉駅近くで博徒のいざこざが起り、山辰組の若い者に突然現われた加納良三(千葉真一)が助っ人をした。山辰は警察に捕まった加納を見込んで5万円の保釈金を積み子分にした。だが加納は刑務所内で大松と兄弟分の盃を交わしていた。荒谷と加納もすぐ親しくなった。昭和24年9月、加納は石岡を撃つ。だが命までは取れず刑務所入りとなった。この事件が山辰の命令と知った荒谷は単身山辰の命を狙うが、彼をかばうために出て来て命を落してしまったのは大松だった。この抗争は、山辰が加納を破門にするという条件を加え、広島の大親分清島春信(萬屋錦之介)の仲介で手打ちとなる。荒谷は山辰を狙って逮捕される。昭和27年6月、大原によって石岡が刺殺された。この仇は荒谷の若い者杉本(清水健太郎)が打ったが、山辰はのうのうと毎日を送っていた。荒谷はいつかは山辰を殺ると決心した。そんな荒谷に脅えて、山辰は刑務所内にまで刺客を送り込んできた。だが、荒谷の命はなかなか取れなかった。昭和34年2月、荒谷は出所。彼は神戸の神岡組の三代目、田城一正(丹波哲郎)の最高幹部の菅田組組長菅田猛雄(鶴田浩二)と兄弟分の盃を交わした。その頃、山辰は呉を一本化、共栄会という組織を作り、初代会長におさまっていた。昭和45年9月、加納の出所の時が来た。加納と荒谷は手を握り合い、打倒山辰をめざす。そんな二人の前に清島が現われ、山辰を引退させるから、彼から手を引いてくれと言うのだった。加納は足を洗い、荒谷は幼な馴染の道代(岡田奈々)を妻にして、大阪で一匹狼としての組を組織した。昭和50年9月、菅田組内の川名組と浅井組が戦争に突入。菅田は神岡組から絶縁状を送られてしまう。そんな時、荒谷のところに川名殺害の殺人教唆の逮捕状がきた。彼は菅田に最後の言葉を送った。菅田と神岡組三代目は和解した。昭和59年9月、最高裁は荒谷の原判決を破棄した。

最後の博徒最後の博徒
丹波哲郎                         峰岸徹
最後の博徒最後の博徒
萬屋錦之介                     松方弘樹、江夏豊

題名:最後の博徒
監督:山下耕作
企画:藤映像コーポレーション
製作総指揮:俊藤浩滋、高岩淡
製作:佐藤雅夫、厨子稔雄
原作:正延哲士「最後の博徒 波谷守之の半生」
脚本:村尾昭
撮影:鈴木達夫
照明:渡辺喜和
録音:芝氏章
整音:荒川輝彦
美術:井川徳道
装置:梶谷信男
装飾:窪田治
背景:西村三郎
衣裳:森譲、豊中健
美粧・結髪:東和美粧
擬斗:上野隆三
配役:葛原隆康
記録:石田照
編集:玉木濬夫
音楽:伊部晴美 主題歌:松下奈生「叱られた子のように」
進行主任:野口忠志
助監督:俵坂昭康
演技事務:村田五郎
和楽:中元敏生
舞踊指導:藤間紋蔵
方言指導:国一朗太、司祐介、宮川珠季
宣伝:寺西国光、小田和治、吉富三久良、佐藤一也
製作宣伝:丸国艦
スチール:飯塚文正
出演:松方弘樹、鶴田浩二、丹波哲郎、千葉真一、梅宮辰夫、萬屋錦之介、成田三樹夫、品川隆二、岡田奈々、待田京介、江夏豊、泉谷しげる、清水健太郎、木之元亮、誠直也、ガッツ石松、三島ゆり子、峰岸徹、日高澄子、森次晃嗣、苅谷俊介、岡崎二朗、丹波義隆、岩本多代、下川辰平、柳田真宏、小松方正(ナレーター)
1985年日本・東映/ビスタサイズ・カラー125分35mmフィルム
最後の博徒 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

最後の博徒最後の博徒
苅谷俊介、森次晃嗣                  最後の博徒

映画「カポネ大いに泣く」


「カポネ大いに泣く」萩原健一

萩原健一                         沢田研二

今回は鈴木清順監督1985年製作「カポネ大いに泣く」をピックアップする。
本作は、全編の8割を占めるアメリカ・サンフランシスコのシーンを全て国内撮影、主に横浜で撮影した鈴木清順監督第45作になる。主演は、惜しくも2019年3月26日に急逝した萩原健一さん。サンフランシスコの見立てには無理があるものの、美術センスは素晴らしい作品である。


「カポネ大いに泣く」田中裕子

田中裕子                        加藤治子

【ストリー】
昭和初期、芸者の小染(田中裕子)は、旅回りの役者の順之助、のちの桃中軒海右衛門(萩原健一)と出会い、深い仲になる。小染は、昔、旦那の目を盗んで浮気をしたことがバレ、背中に蛸の刺青を彫られてしまった。順之助は浪花節語りの桃中軒雲右衛門(柄本明)に憧れ、一座を逃げ出したのだ。小染の旦那が監獄から出ることになり、一方、一座も順之助を連れ戻しに来たので、二人はサンフランシスコに逃げた。浪花節で日本人移民を慰問するという気宇壮大な出発だったが、口入れ屋にだまされ、有り金は底をつき、小染のアクセサリーも賭博で取られ、小染は女郎に、海右衛門は乞食になる。そんな時、二人は大西鉄五郎(沢田研二)<通称ガン鉄>と出会う。ガン鉄は横浜ハウスに巣喰う快男児で、街頭で狼花節をうなる海右衛門を見かねて、高級ナイトクラブに連れていさ、浪花節は通用しないと、新しいショーを見せた。そこで踊っていたダンサーのリリアン(ローリー・ベリス)が和服の海右衛門をサムライ!と一目惚れしてしまう。その頃のサンフランシスコは中国人、日本人など様々な人種が入り乱れる欲望の街で、シカゴのギャング、カポネ(チャック・ウィルソン)も西部進出を狙い、弟のフランク・カポネ(ランディ・レイス)を派遣して来た。フランクはサンフランシスコの密造酒を独占しようとし、一方、ガン鉄、海右衛門、小染たちも、つくり酒屋の息子だった海右衛門に“シスコ正宗”を作らせて対抗する。三人はシカゴに行ったりするが、だんだんと追いつめられていく。そんな中で、小染は自動車事故で死んでしまう。さらにガン鉄もフグを食べて中毒死。海右衛門はリリアンに介錯させ切腹するのだった。


「カポネ大いに泣く」田中裕子

樹木希林、柄本明                      梅宮辰夫、萩原健一

チャック・ウィルソン                    萩原健一、田中裕子

題名:カポネ大いに泣く
監督:鈴木清順
企画:奥山和由、C.C.J
製作:櫻井五郎
原作:梶山季之「カポネ大いに泣く」
脚本:大和屋竺、木村威夫、鈴木岬一
撮影:藤沢順一、高田昭
照明:大西美津男
特機:NK特機
録音:福島信雅
音効:酒井三郎
美術:木村威夫
装飾:安田彰一
大道具:佐藤信昭
衣裳:坂下英明、佐藤貞子
結髪:中村さき
美粧:中村恭子
化粧:山口和子、竹島綾子
ヘアー・メイク:高原宏
ボディ・メイク:小林照子
擬斗:岡田勝
カースタント:高橋義浩、前川広一
特殊効果:芳賀真人
記録:内田絢子
編集:鈴木晄 ネガ編集:荒川鎮雄
フィルム:富士フィルム(報映産業)
撮影機材:日本映樹
照明機材:日本照明
現像:東洋現像所
音楽:井上尭之
プロデューサー:中村賢一
アシスタントプロデューサー:莟宣次
コウ・プロデューサー:内田誠、三上祥一、森田亜男
プロダクションマネージャー:今井博彦
製作主任:高橋文雄
製作進行:福島聰司、山川元
助監督:高橋正治
監督助手:渡辺孝好、中井俊夫、滝坂裕二、藤嘉行
撮影助手:栢野直樹、佐藤和人、有田勝美
照明助手:鈴木豊、落合文雄、松島五也、奥村誠、鈴木喜三郎
録音助手:斎藤道夫、小高勲、阿部茂
美術補佐:丸山裕司、池田育代
装飾補佐:松下照夫、桜井陽一、嵩村裕司、藤木光次
編集補佐:村山勇二
企画協力:角川春樹事務所
製作事務:吉田弘美
演技事務:碓井義徳
制作作宣伝:大久保信雄
撮影スタジオ:にっかつ撮影所
浪曲監修:芝清之 浪曲指導:東家菊燕
三味線指導:東家栄子
河内音頭指導:目崎明美
方言指導:大原穣子、東隆明
英語通訳:松原由利子、ロイド・ハント
キャスティング・コーディネーター:アット・ワーク
ロケ協力:横浜ドリームランド、日光ウエスタン村、他
スチール:金田正
出演:萩原健一、沢田研二、田中裕子、チャック・ウィルソン、ローリー・ベリス、柄本明、平田満、加藤治子、樹木希林、梅宮辰夫、峰岸徹、牧伸二、苅谷俊介、常田富士男、ランディ・レイス、高倉美貴、たこ八郎、阿藤海、ベンガル
1985年日本・ケイエンタープライズ/ビスタサイズ・カラー130分35mmフィルム
カポネ大いに泣く -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


「カポネ大いに泣く」萩原健一

峰岸徹                       カポネ大いに泣く

映画「夜の診察室」


「夜の診察室」松坂慶子

松坂慶子                      峰岸隆之介(峰岸徹)

今回は帯盛迪彦監督1971年製作「夜の診察室」をピックアップする。
1942年から1971年まで存在した大映(大日本映画製作株式会社)末期の作品である。大映倒産後、徳間書店が2003年まで映画事業を引き継いだ。その後事業は角川映画に譲渡され、角川大映映画と称して現在に至っている。本作は、撮影所が映画を制作したプログラム・ピクチャー終焉を象徴する様な作品で、裸体描写はない。一方、日活は1971年からロマン・ポルノ制作で路線変更し、1988年まで作り続けた。

※ 日活ロマン・ポルノは、1971年11月にスタートし「団地妻 昼下りの情事(白川和子主演)」と「色暦大奥秘話(小川節子主演)」が第1作であった。


「夜の診察室」松坂慶子

真山知子                            高橋昌也、長谷川待子

【ストリー】
商品化されたセックスが氾濫する今日、人々は楽しみよりも苦しみを、喜びよりも悩みをもたらされる。この様な人人のために、あるマンションの一室に医学博士麻生周造(高橋昌也)が経営する性相談室がある。梢(松坂慶子)は大学で心理学を専攻している一方、その父の手伝いをしている女の子である。今日もまた、柳田民代(真山知子)が訪ねてきた。父が留守なため、梢は民代の話を聞いた。民代は夫の浩司(早川雄三)が性不能者であることをぶちまけ、その原因は、以前は住んでいた狭い家に妹と同居していたのに比べ、新しい広い家に移った今、二人では刺激が無さすぎるためと考え、浩司の従弟である自称ポルノ作家榊達郎(峰岸隆之介)に代役を頼んだり、いろいろ手段を用いるが矢張り駄目であったことなどを語った。翌日、麻生は気落ちした民代を慰めながら話を聞いている内、新しい家が原因だとわかり、今の寝室を元通りにするように薦めた。その夜は、柳田夫婦にとって素晴らしい夜であった。民代の電話を受けている間、中沢ルミコ(後藤ルミ)が入ってきた。ルミコの夫和彦(富川徹夫)は非常に嫉妬深く、眠る前には夫婦を手錠でつなぎ、昼間は二時間おきに電話するという非常識極まる男である。和彦の上司である殿村(藤村有弘)は、梢から中沢夫婦の問題を知らされ、和彦を麻生の所へ連れてきた。和彦は麻生に短小の悩みを話すが、それは和彦の思い違いであることがわかる。かくして、中沢夫婦にも素晴らしい二度目の新婚一夜がやってくる。数日後、梢は民代を観察している時知り合った榊と合い、性相談をしにくるいろいろな患者のことを自分自身のことの様に話したが、未経険者の耳学問とからかわれ、腹を立てた。そして榊を心理試験にかけるが、意外にも彼が選んだ写真は清潔なものばかりだった。梢は、真の愛情にうえている榊の心を知った。翌日、榊は、麻生が梢の父親だとも知らずに診察室にやってきて、死んだ妹を愛し、理想化していたため他の女性を愛せなかったが、初めて妹に似た人を愛したと告白し、それについてアドバイスを受けて帰っていった。その話を父から聞いた梢は、榊の後を追い、彼の胸に飛び込んでいった。


夜の診察室」松坂慶子

早川雄三                         藤村有弘

題名:夜の診察室
監督:帯盛迪彦
企画:林万夫
脚本:長谷川公之
撮影:中川芳久
照明:上原正一
録音:高橋温生
美術:山口煕
編集:中静達治
音楽:伊部晴美
現像:東京現像所
製作主任:井上信彦
助監督:伊藤昌洋
スチール:柳沢英雄
出演:松坂慶子、峰岸隆之介(峰岸徹)、高橋昌也、真山知子、藤村有弘、長谷川待子、小野川公三郎、早川雄三、小峯美栄子、富川徹夫、後藤ルミ
1971年日本・大映東京撮影所/シネスコサイズ・カラー88分35mmフィルム
夜の診察室 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


松坂慶子、高橋昌也            松坂慶子、峰岸隆之介(峰岸徹)

夜の診察室

1 2 3 4