映画「座頭市喧嘩旅」

座頭市喧嘩旅座頭市喧嘩旅
勝新太郎                     勝新太郎、藤村志保

今回は安田公義監督1963年製作「座頭市喧嘩旅」をピックアップする。
本作は“座頭市”シリーズ”第5作目になる。豪商の娘お美津(藤村志保)を助けて江戸に送る事になった座頭市がヤクザの抗争に巻き込まれるといった内容だが、悪名シリーズでモートルの貞の女房役を演じている藤原礼子さんの悪女ぶりが良かった。勝新太郎さんの殺陣は鋭く迫力があり、“座頭市”シリーズ”の魅力でもある。

座頭市シリーズ

座頭市喧嘩旅座頭市喧嘩旅
藤原礼子                     勝新太郎、藤村志保

【ストリー】
今では、やくざ仲間に勇名をはせる座頭市(勝新太郎)は、一人旅の途中、堂山支家の喜助(越川一)という男に呼びとめられ、近く持ち上る下妻一家との喧嘩に手を貸してくれと懇願された。これを見ていたのが、喧嘩相手の下妻一家の助っ人を探していた岬の甚五郎(島田竜三)という男であった。三人の浪人に、座頭市と喜助を斬るように、さしむけたが、喜助の惨殺に怒った市の、居合斬りにあい、甚五郎は情婦お久(藤原礼子)と共にその場を逃れた。再びあてのない旅に出た座頭市は、そこで、お屋敷勤めをするお美津(藤村志保)を、武士の手から救った。お美津は手篭めにしようとした若殿に抵抗し怪我をさせたことで、追われていたのだ。が、仕込杖をもち無気味な按摩やくざの姿は、美しいお美津にとって気味悪い存在であった。ある旅篭に泊った時のこと、今は夫婦同然の甚五郎とお久が、このお美津に目をつけ、宿賃稼ぎに、お美津をおかみにさし出そうと企んだが、目あき以上にカンのよい座頭市に気づかれ、失敗に終った。お美津の心の中に、酷いが誠意をつくしてくれる座頭市への信頼感が高まっていった。翌日、お美津を追う藩士を得意の居合い斬りで倒した座頭市は、追う者もいなくなったお美津を好人物の老人夫婦に託して別れをつげた。思慕を隠そうともせず、「一緒に連れていって」とたのむお美津を、片輪者の宿命を負った座頭市は、全て甘い夢とふりきって去っていった。跡をつけていた甚五郎は時機到来とお美津をさらって藤兵衛(沢村宗之助)の所へと連れこんだ。一方座頭市は、堂山一家にワラジをぬぎ、喧嘩の矢面に立つことになった。当日、静りかえった宿場に向いあった、下妻一家と堂山一家。とその一瞬、座頭市のすぐ側で“市さん”と呼ぶお美津の嘆声が! わが耳を疑う座頭市に、せせら笑いながら取引を持ちかける甚五郎の声が非情に響いた。

座頭市喧嘩旅座頭市喧嘩旅
勝新太郎「座頭市喧嘩旅」

題名:座頭市喧嘩旅
監督:安田公義
企画:久保寺生郎
原作:子母沢寛
脚本:犬塚稔
撮影:本多省三
照明:美間博
録音:長岡栄
音効:倉島暢
美術:西岡善信
装置:林米松
擬斗:宮内昌平
編集:菅沼完二
音楽:伊福部昭
現像:東洋現像所
製作主任:村上忠男
助監督:西沢鋭治
色彩技術:梶谷俊男
スチール:西地正満
出演:勝新太郎、藤村志保、島田竜三、藤原礼子、中村豊、吉田義夫、沢村宗之助、丹羽又三郎、水原浩一、杉山昌三九、寺島貢、寺島雄作、堀北幸夫、木村玄、越川一
1963年日本・大映京都撮影所/シネスコサイズ・カラー87分35mmフィルム
座頭市喧嘩旅 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

座頭市喧嘩旅座頭市喧嘩旅
座頭市喧嘩旅                      勝新太郎

映画「座頭市物語」


「座頭市物語」勝新太郎

勝新太郎                       天知茂

今回は三隅研次監督1962年製作「座頭市物語」をピックアップする。
本作は、座頭市シリーズ(全26作)の記念すべき第一作になる。原作は子母沢寛の随筆集「ふところ手帖」に収録された短編「座頭市物語」で前年から続く「悪名」シリーズと共に勝新太郎を大スターに押し上げた作品である。

座頭市シリーズ


万里昌代                                                        万里昌代、勝新太郎

【ストリー】
下総飯岡の貸元助五郎の所へ草鞋を脱いだ異風なやくざは、坊主で盲目で人呼んで座頭市(勝新太郎)。ツボ振りでも居合抜きでも目明きの及ばぬ市の腕を見込んだ助五郎(柳永二郎)は、彼を客分扱いにし乾分蓼吉(南道郎)を世話係につけた。やくざ嫌いでやくざの飯を食う市は、釣で逢った病身の浪人平手造酒(天知茂)と心をふれ合う思いをしたが、その造酒は助五郎とは犬猿の仲の笹川親分の食客となった。助五郎は新興勢力の笹川一家を叩き潰す機会を狙っているが、その時は市と造酒の面白い勝負が見られると乾分たちにうそぶいた。その頃、身投げしたか落されたか蓼吉の女お咲(淡波圭子)が水死体となって溜池に浮かんだ。何気なくそこを訪れた市は再び造酒と逢い、その夜二人は酒をくみかわした。お互いに相手の剣に興味を持ったが、やくざの喧嘩に巻込まれて斬り合うのは御免だと笑い合った。この時造酒を訪れた笹川の繁造(島田竜三)は、市が飯岡の客分と知り乾分(中村豊)に市を斬るよう命じた。帰り途、市を襲った乾分は市の刀に一たまりもなかった。市の腕前に驚いた繁造は、造酒に喧嘩の助勢を頼んだが造酒は頭から断った。一方、市は昨夜の答礼に酒を贈ろうと思い蓼吉にその使いを頼んだが、代りに行った弟分の猪助は間もなく無惨な死体となって飯岡の鉄火場で発見された。笹川は、この機会を利用して喧嘩を売る決意をしたがそんな時、造酒が血を吐いて倒れてしまった。それを知った助五郎は好機到来とばかり喧嘩支度にかかった。笹川の繁造は、飯岡勢を笹川宿場の迷路へさそい込み座頭市は鉄砲でうちとる策略を立てた。それを知った病床の造酒は鉄砲をうつことだけはやめてくれ、その代り自分が働くと繁造に頼むのだった。そこへ造酒を訪ねた市は、彼が友情のため死を決して喧嘩に加わったことを知った。笹川の作戦は功を奏し飯岡方は苦戦に陥った。血をはきながら斬りまくる造酒。その行手には座頭市が立っていた。ついに二人の宿命的な対決の時が来たのであった。座頭市の剣に造酒は倒れた。そしてこれに勢いづいた飯岡勢が勝利することとなった。市は造酒の弔いを寺の小僧に頼む。そして仕込み杖も一緒に埋めさせるのだった。市を慕うおたね(万里昌代)は川沿いの道で彼を待っていたが、市は裏道を独り下総を去っていくのだった。


座頭市物語                      勝新太郎

題名:座頭市物語
監督:三隅研次
企画:久保寺生郎
原作:子母沢寛
脚本:犬塚稔
撮影:牧浦地志
照明:加藤博也
録音:大谷巖
美術:内藤昭
装置:梶谷和男
擬斗:宮内昌平
編集:菅沼完二
音楽:伊福部昭
邦楽:中本敏生
製作主任:田辺満
助監督:国原俊明
スチール:松浦康雄
出演:勝新太郎、万里昌代、天知茂、島田竜三、三田村元、南道郎、柳永二郎、島田竜三、中村豊、淡波圭子、毛利郁子、真城千都世
1962年日本・大映京都撮影所/シネスコサイズ・モノクロ96分35mmフィルム
座頭市物語 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


座頭市物語

勝新太郎、天知茂                             座頭市物語

映画「大魔神」


高田美和                       藤巻潤

今回は安田公義監督1966年製作「大魔神」をピックアップする。
大映京都撮影所で製作された大魔神は、本作と「大魔神怒る」「大魔神逆襲」の三作がある。
「座頭市シリーズ」「眠狂四郎シリーズ」などで手腕を発揮した安田公義監督と大映京都のスタッフは、長年築いた時代劇セットのノウハウをつぎ込み、見応えのある建物のミニチュアを制作し、魔神の背丈に合わせて瓦の各個の大きさまで1/2.5の縮尺したした上で、フィルムの速度も2.5倍(60コマ/秒)に統一したそうだ。クランク・インは1966年2月3日、クランク・アップは4月10日、テスト撮影を入れれば3か月かけて撮影が行われたそうだ。特筆すべきは、撮影の森田富士郎氏が本編と特撮を担当されている事だ。これは他の特撮映画ではない事である。

※大映京都撮影所は、1927年に日活太秦撮影所として開業し、1942年に戦時統合で大映京都撮影所となった。1971年大映倒産後、1974年に徳間書店傘下になることで再建したが、1986年4月には完全に閉鎖され跡地は住宅地となった。


青山良彦

【ストリー】
時は戦国、丹波のある山里の城下に恐ろしい魔神の伝説があった。この魔神は武神によって山奥の岩壁に封じこまれていたが時々暴れ出ようと、地響きをたてて人心を脅かし、領民は魔神封じの祭をして、平和を祈った。その祭の夜、城内に家老大舘左馬之助一味の諜反が起り、城主花房忠清夫妻は討たれ、遺児忠文(青山良彦)と小笹(高田美和)の二人は近臣猿丸小源太(藤巻潤)とともに魔神封じの巫女信夫の手引きで、武神像の傍らの洞窟で成長をとげた。その間勢力を増した左馬之助(五味龍太郎)は重税をかけ、領民の恨みをかった。城増築の大工事の作業員にまぎれた花房の遺臣たちは、連絡のため山を降りた左馬之助の腹臣犬上軍十郎に捕えられた。危難を知った忠文は山を降りたが、またも軍十郎の罠に陥り、取り押えられた。忠文らの安否を気使う信夫は、左馬之助を訪ね、山の神の怒りの恐ろしさを伝え、彼の暴虐なふるまいを戒めた。しかし左馬之助はかえって、山の神像をこわし、花房残党と領民の結びつきを切ると放言し反対する信夫を斬殺、軍十郎に神像破壊の厳命を下した。山に残された小笹と百姓茂助の子竹坊は、忠文、小源太らが明朝処刑されるのを聞き、信夫が亡くなったのを知った。神像破壊にいらだつ軍十郎は、タガネを神像の額に打込んだ。傷口から鮮血が落ちたと見るや、稲妻、雷鳴、地割れが起り、軍十郎は物凄い地割れの中にのみこまれた。小笹らは兄たちの命を気づかい必死に武神像に祈り続け自分の命にかえてもと大滝へ身を投げようとした瞬間、大地は震動して、神像は巨大な魔神の姿となって現われた。城下で大あばれにあばれた魔神は、忠文と小源太の処刑台を紛砕し、左馬之助は魔神の額にささったタガネで城門の柱に釘付けされ息絶えた。さらに村里へ向って猛威をふるいはじめた魔神に、小笹は静まってくれるよう、清い涙を落した。すると魔神の怒りの相は消え、大音響とともに土砂となってその場に崩れた。魔神は小笹の涙で消えたのだ。

題名:大魔神
企画:奥田久司
製作:永田雅一
監督:安田公義
特撮監督:黒田義之
脚本:吉田哲郎
撮影:森田富士郎 (本編・特撮)
照明:美間博
録音:林土太郎
音効:倉嶋暢
美術:内藤昭
技斗:楠本栄一
編集:山田弘
音楽:伊福部昭
現像:東洋現像所 合成:田中貞造
製作主任:田辺満
助監督:西沢鋭治
スチール:藤岡輝夫、小山田輝男
出演:高田美和、青山良彦、藤巻潤、五味龍太郎、島田竜三、遠藤辰雄、伊達三郎、出口静宏
1966年日本・大映京都撮影所/シネスコサイズ・カラー83分35mmフィルム
大魔神 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

1 2