映画「十階のモスキート」

十階のモスキート
「十階のモスキート」内田裕也
十階のモスキート十階のモスキート
内田裕也                         吉行和子

今回は崔洋一監督1983年製作「十階のモスキート」をピックアップする。
本作は、内田裕也氏が企画・脚本・主演を務め、崔洋一監督のデビュー作である。
内容は、万年係長の交番勤務の警官が、無味乾燥な日々の中、サラ金地獄に陥り、ついに郵便局強盗を実行してしまうといったものだが、すべてが物悲しく映っている。
破滅に向かって進む人物像は、想定内の物語ではあるが「餌食(若松孝二監督1979年)」「水のないプール(若松孝二監督1981年)」そして本作でも内田裕也氏が演じたから成立した固有な作品になっている事は間違いない。全編ロケーション撮影は、千葉県君津市で主に行われたそうだ。

十階のモスキート
「十階のモスキート」中村れい子
十階のモスキート十階のモスキート
中村れい子                        佐藤慶

【ストリー】
男(内田裕也)は万年係長のサエない警察官で、妻のTOSHIE(吉行和子)はそんな男に愛想をつかし、娘のRIE(小泉今日子)を引き取って離婚していた。娘は原宿のロックンロール族に狂い、時々、男に金をせびりに来るが、男は娘にだけは甘い。団地の十階に住み、毎月の慰謝料や養育費もとどこおりがちな男の気晴らしは、スナック・ヒーローで酒を飲むことと、その店の女、KEIKO(中村れい子)とのセックスだ。男はいつも落ちている昇進試験のためにサラ金から借金をしてパソコンを購入する。男は妻への支払い、サラ金への返済で出費がかさみ、競艇に手を出し、さらにサラ金から金を借りるという悪循環が続き、とうとう、返済の催促は交番にまで及んだ。追いつめられた男は、自分の部屋に駆けつけると窓からパソコンを放り投げる。男は、その足で郵便局に押し入り、金を出せと拳銃を乱射する。郵便局の外にはパトカー、TV局やヤジ馬が殺到している。やがて、群集が見守る中、男は同僚の警官にかかえられ、手錠をかけられたまま連れ出されてくるのだった。

十階のモスキート十階のモスキート
小泉今日子                        アン・ルイス
十階のモスキート十階のモスキート
横山やすし                      ビートたけし

題名:十階のモスキート
監督:崔洋一
企画:内田裕也
製作:結城良煕
脚本:内田裕也、崔洋一
撮影:森勝
照明:小山勲
録音:佐藤富士男
音効:坂井三郎
美術:細石照美
装飾:落合亮司、橋本良二
結髪:榊原暁美 (山田かつら)
衣裳:第一衣裳
記録:中川初子
編集:山田真司
音楽:大野克夫 挿入歌:白竜「誰のためでもない」選曲:小野寺修
現像:東洋現像所
製作担当:栗原啓祐
製作進行:小橋孝裕
俳優担当:笹岡幸三郎
助監督:磯村一路
監督助手:平山秀幸、福岡芳穂、増本千尋
撮影助手:喜久村徳章、寺沼範雄、五十嵐英弘
照明助手:金沢正夫、白石宏明、井上英一、関野高弘
美術助手:山田正徳
編集助手:北沢良雄
録音スタジオ:にっかつスタジオセンター
制作協力:内野二郎
車両:富士映画
スチール:中島俊雄
出演:内田裕也、吉行和子、中村れい子、風祭ゆき、宮下順子、小泉今日子、アン・ルイス、佐藤慶、ビートたけし、横山やすし、阿藤海、清水宏、下元史朗、梅津栄、小林稔侍、安岡力也
1983年日本・ニュー・センチュリー・プロデューサーズ/ビスタサイズ・カラー108分35mmフィルム
十階のモスキート -DVD-
2019年6月現在、DVDレンタルはありません。

十階のモスキート十階のモスキート
中村れい子                       風祭ゆき
十階のモスキート十階のモスキート
十階のモスキート

映画「黒いドレスの女」


原田知世                        永島敏行

今回は崔洋一監督1987年製作「黒いドレスの女」最悪作品賞をピックアップする。
本作は北方謙三氏のハードボイルド小説を映画化したものだが、すこぶる退屈した。
これは原作の脚色が悪いのかどうか分からないが、全くおもしろくなかった。
俳優陣が全く生かされていない駄作である。


菅原文太                       藤真利子

【ストリー】
夜明け前の高速道路を朝吹冽子(原田知世)は歩いていた。彼女はBMWに乗ったヤクザっぽい男、アキラ(藤タカシ)に声をかけられる。大井競馬場。田村(永島敏行)と弁護士・山本(時任三郎)が庄司(菅原文太)というヤクザを外国に逃がす相談をしていた。庄司は田村の眼の前で腹を刺されてしまう。刺したのはアキラだった。それを遠巻きから冽子が見ていた。田村の経営するバーに、黒いドレスを着た冽子が現われた。彼女は静岡にいる田村の義理の妹、三井葉子(藤真利子)の知り合いでの店で働きたいと告げる。数日後、田村は冽子の手荷物から拳銃を発見した。それは葉子が冽子に渡したものだった。また、腹の傷が癒えた庄司もバーに転り込んで来、冽子と同居することになった。田村は相棒の立岡(室田日出男)と庄司の逃亡ルートを捜し始め、ルートが決まった日の夜、数人のチンピラが冽子を出せとやって来た。庄司の凄味に圧倒され、彼らは逃げだすが、危険を肌で感じた冽子はバーの二階から姿を消してしまう。冽子は六本木のディスコでアキラと再会した。そして、彼から庄司をどうしても殺らなくてはいけない理由を聞き、逃亡ルートが罠であることを知った。その事を電話で田村に知らせる冽子。葉子の家を訪れた田村は、彼女から冽子が7年前妻を殺したと思われる弁護士、野木原(中村嘉葎雄)に追われていることを聞かされた。また、刑事、大野(成田三樹夫)に呼びとめられ、冽子の義父、英一郎(橋爪功)が不審な死を遂げたことで彼女を追っていると知らされた。逃亡ルートを失った庄司は、暫く葉子の家に匿まわれることになった。彼女は庄司に、英一郎の愛人だったことを告げる。英一郎は野木原に入る金の流れを克明にメモしていた。そのメモの隠し場所を知っているのが冽子だった。田村の前に現われた冽子は、メモを野木原に二億円で売ることにする。メモは冽子が英一郎と暮らしていたマンションにあった。突如、葉子がメモを渡してほしいと冽子から返された拳銃を構える。冽子を追ってベランダに出た彼女は、英一郎を転落死させたことを告白した。怒った庄司が葉子を刺すが、同時に拳銃の弾が彼を射ち抜いていた。翌朝、約束の場所に野木原と彼に金を流していた田村の元同僚、和久田(本間優二)がやって来た。そして、田村と乱闘になるが、田村に呼ばれていた大野たちに逮捕される。田村が振り返ると冽子は2億円と共に姿を消していた。


成田三樹夫                       原田知世、菅原文太、永島敏行

題名:黒いドレスの女
監督:崔洋一
製作総指揮:角川春樹
製作:黒澤満、青木勝彦
原作:北方謙三
脚本:田中陽造
撮影:浜田毅
照明:長田達也
特機:NK特機 平山茂、加藤宏樹
録音:中野俊夫
音効:坂井三郎 リーレコ:杉本潤
美術:今村力、小澤秀高
装置:浜中一文
装飾:坂本享大、片岸雅浩、大庭信正、日高勇治 セット付:貫井健二
衣裳:山田実 スタイリスト:岡田玲子
ヘアー・メイク:中元睦子、松田和子、直江広武
特殊メイク:原口智生 特殊効果:納富貴久生
カー・スタント:TAKA
擬斗:國井正廣
配役:飯塚滋
記録:内田絢子
編集:冨田功
音楽:佐久間正英 音楽プロデューサー:石川光 主題曲:DIP IN THE POOL「Tambourine」
撮影機材:パナビジョン(三和映材社)
照明機材:トライ・アーツ、三和照明
現像:東京現像所
製作主任:杉崎隆行、坂本忠久
製作進行:市山隆治、松田時吉
演技事務:斎藤謙司
助監督:佐藤敏宏
監督助手:北浜雅弘、佐々部清、園田裕司
撮影助手:栢野直樹、田中潤、鍋島淳裕、細井淳一
照明助手:上田成幸、岡尾正行、豊見山明長、安藤和也、桜井雅章、林大樹
録音助手:楠本龍巳、武市英生、細井正次、菅沢直樹
美術助手:首藤千佳子
編集助手:堀口正則、田中慎二
宣伝:桜井弘道、鎌田真二
スチール:目黒祐司
出演:原田知世、永島敏行、菅原文太、藤真利子、成田三樹夫、室田日出男、一色彩子、橋爪功、中村嘉葎雄、時任三郎、本間優二、藤タカシ
1987年日本・角川春樹事務所/ビスタサイズ・カラー100分35mmフィルム
黒いドレスの女 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


藤真利子、永島敏行、菅原文太              黒いドレスの女

映画「友よ、静かに瞑れ」


藤竜也                        倍賞美津子

今回は崔洋一監督1985年製作「友よ、静かに瞑れ」をピックアップする。
本作は北方謙三氏の同名小説を映画化したもので、罠にはまって留置所に入れられた友人を救出すべく行動する男を描いたハードボイルドドラマだ。無国籍な雰囲気だが、全編を名護市辺野古で撮っている。藤竜也さんが渋くてカッコイイに尽きる作品だった。


室田日出男                    常田富士男、藤竜也

【ストリー】
沖縄の小さな港町・多満里。一人の男がホテル“フリーイン”に車を止めた。40歳前後の一見うらぶれた感じのする男・新藤(藤竜也)。彼は旧友・坂口(林隆三)がこの町の再開発を企てている下山建設の社長に刃物で襲いかかって逮捕された、という新聞記事を読んで、はるばるやって来たのだった。フリーインはその坂口が経営するホテルで、彼は下山建設の大規模な買収に応じず、執拗ないやがらせや脅迫にも屈しなかった。その坂口を逮捕したのは下山建設と癒着している徳田刑事(室田日出男)だ。新藤は坂口の一人息子・竜太(六浦誠)と連れだって、坂口にレモンを差し入れた。フリーインは、フロント係・小宮(高柳良一)が坂口の留守をあずかり、それに町のクラブ“KENDO”を経営する坂口の愛人・志摩(倍賞美津子)とそこで働く時枝、静子(中村れい子)、留美(伊藤麻耶)、冴子(JILL)が住みついていた。新藤は事件の真相を探るべく単独で動きだした。まず下山建設の開発部長・高畠(原田芳雄)にジャブを入れる。しかし、ボクサーくずれの高畠は動じる様子もない。次に徳田刑事。小心な徳田は下山建設との癒着を指摘されると、動揺しながらも権力をカサに着て逆に新藤や志摩たちを脅す。事件の真相が分かった。下山の部下たちに拉致された竜太を救出しようと坂口が単身、乗り込んだのだった。竜太が事情を警察に言いさえすれば、坂口は釈放されるのだが、竜太は報復が恐くて言い出せないのだ夜。寝ていた新藤は突然、下山建設のチンピラ・石井に拳銃をつきつけられ、外に連れ出された。その危機を救ったのは意外にも高畠だ。彼は男として、坂口や新藤の心情が理解できるが、立場上、二人と対立しなければならないことに、忸怩たる思いを抱いていた。新藤が必死になって坂口を釈放させようとするのには理由があった。船医の新藤は坂口の命が肺ガンであと数ヵ月だと知っていたのだ。坂口が動けるうちに、今一番したいことをやらせたい--。新藤は徳田と下山建設との癒着の証拠を徳田につきつけて坂口を釈放しようとする。深夜、新藤は下山建設の事務所に行く。高畠が新藤を待ち構えていた。凄絶な死闘の末、新藤は証拠書類を手にした。坂口が釈放された。新藤、竜太が坂口を迎え、その様子を下山をはじめ下山建設の社員たちが見守る。坂口は無言で下山に接近し、突然、ポケットに手を入れた。恐怖におののいた下山は、いきなり拳銃を発射した。崩れ落ちる坂口の手からレモンがころがり落ちた。新藤は目をそむけようとする竜太に、父親の死に様の一部始終を見せつけた。


林隆三                      原田芳雄、藤竜也

題名:友よ、静かに瞑れ
監督:崔洋一
製作総指揮:角川春樹
製作:黒澤満、紫垣達郎
原作:北方謙三
脚本:丸山昇一
撮影:浜田毅
照明:井上幸男
特機:NK特機
録音:北村峰晴
整音:小野寺修
美術:小川富美夫
擬斗:國井正廣
記録:内田絢子
編集:鈴木晄
配役:飯塚滋
音楽:梅林茂
撮影機材:三和映材社
現像:東映化学
助監督:成田裕介
スチール:加藤輝男
出演:藤竜也、倍賞美津子、原田芳雄、宮下順子、中村れい子、室田日出男、林隆三、佐藤慶、高柳良一、六浦誠、伊藤麻耶、JILL
1985年日本・角川春樹事務所・東映セントラルフィルム/ビスタサイズ・カラー103分35mmフィルム
友よ、静かに瞑れ -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


六浦誠、藤竜也

1 2