映画「風と樹と空と」

「風と樹と空と」
風と樹と空と風と樹と空と
吉永小百合、浜田光夫                                             川地民夫

今回は松尾昭典監督1964年製作「風と樹と空と」をピックアップする。
本作は石坂洋次郎氏の原作を吉永小百合さんと浜田光夫さんのゴールデン・コンビが演ずる青春映画であるが、特に小百合さんが最もキュートに捉えられている作品である。多喜子(吉永小百合)の様な前向きなキャラクターは、石坂文学のヒロインの特徴であり、小百合さんの当時の看板メージでもある。セックスという問題もさりげなくインサートされ、小百合さんの「おちんちん」という台詞に少し興奮する。劇中インサートされる絵は、当時「週刊新潮」の表紙を手掛けていた童画家の谷内六郎氏。その牧歌的な画調は、登場人物たちのローカリズムと屈折を際立たせ効果的であった。

風と樹と空と風と樹と空と
十朱幸代                        加藤治子

【ストリー】
沢田多喜子(吉永小百合)は集団就職の一員として、級友新二郎(浜田光夫)、武雄(和田浩治)、吉夫()、信子(平山こはる)、かね子(大楠道代)らと上京し、安川家のお手伝いさんとなった。その夜、多喜子を迎えた安川家の晩餐は、多喜子の無邪気な明るさで、これまでになく和気あいあいたるものになった。主人儀一郎(永井智雄)、妻弓子(加藤治子)、長男三郎(川地民夫)、長女澄子(槙杏子)、それにばあや(高橋とよ)といった安川家の人々は、この多喜子の明るさを心から喜んだ。そんなある日、一緒に上京した喜子の仲間たちは日比谷公園に集り、各々の仕事や私生活の話に花をさかせた。その日多喜子は吉夫が借りて来た車でドライヴを楽しんだが、途中、信子と武雄が将来を誓い合った仲だったことを知って驚いた。多喜子は武雄に密かな好意をよせていたのであった。一方安川家では長年働いていたばあやがやめて、多喜子は益々忙しくなったがそんな中にも多喜子は、三郎や、澄子の相談相手となって、いっしょに悩み悲しんだ。が、そんな時、多喜子のもとに、武雄と信子の結婚通知が届いた。披露宴は武雄のアパートで、仲間と共に賑やかに行われた。そんな賑いを見ている内、多喜子は、自分が一人ぼっちであることに気ずき、涙をこぼすのだった。そして同じ想いの級友新二郎との心のふれ合いを感じ、感傷にふける多喜子だった。数日後多喜子は新二郎が、帰郷するという手紙を受け、急いで上野駅にかけつけたが汽車は一足違いで出た後だった。多喜子は悲しみに沈んだ。が、翌日、町内大会の野球試合に元気に出場し、バットを振る多喜子の姿があった。晴れた空も、そよぐ風も樹も、そんな多喜子の姿を祝福するかのようにざわめいていた。

風と樹と空と風と樹と空と
和田浩治、吉永小百合、浜田光夫           荒木一郎(デビュー作)

題名:風と樹と空と
監督:松尾昭典
企画:坂上静翁
原作:石坂洋次郎
脚本:三木克巳
撮影:萩原泉
照明:大西美津男
録音:片桐登司美
美術:千葉和彦
挿入絵:谷内六郎
音楽:池田正義 主題歌:吉永小百合「風と樹と空と」
記録:津田ノリ子
編集:井上親弥
現像:東洋現像所
製作主任:栗橋正利
監督助手:千野皓司
色彩計測:内田周作
スチール:目黒祐司
出演:吉永小百合、浜田光夫、川地民夫、田代みどり、十朱幸代、山本陽子、和田浩治、大楠道代、加藤治子、高橋とよ、菅井きん、荒木一郎、槙杏子、中村是好、野呂圭介、河上信夫
1964年日本・日活/シネスコサイズ・カラー86分35mmフィルム

風と樹と空と風と樹と空と
吉永小百合、中村是好、菅井きん           吉永小百合、浜田光夫

映画「愛の化石」


浅丘ルリ子                      高橋悦史

今回は岡本愛彦監督1970年製作「愛の化石」をピックアップする。
本作は、2014年に石原プロモーションの倉庫からネガ原版が発見され、当時の劇場公開以来、TV放送すらされていなかった門外不出の作品が、修復の上でDVD化された。浅丘ルリ子さんが日活との専属契約を解消したのち、石原プロダクションに移籍。そこでテイチクレコードから1969年8月5日にリリースしたシングルレコード「愛の化石」は100万枚を超えるヒット曲となり、同曲をモチーフにして、翌1970年に映画となったのが本作である。


田宮二郎                       渚まゆみ

【ストリー】
ベトナムの取材から帰国した、報道カメラマン日比野(高橋悦史)は、恋人の雑誌記者庄司ジュン子(渚まゆみ)から用意された次の企画、沢由紀(浅丘ルリ子)を撮る仕事に取り組んだ。由紀は今や、ヨーロッパ帰りのテキスタイル・デザイナーとして、繊維メーカー・ロンシャンに専属、各方面から注目を浴びていた。日比野は由紀の背後にはローマにいるかつての恋人碧川とロンシャンの企画部長原田(田宮二郎)がいることを知った。日比野は連日、由紀を追いかけるが、ポーズをとる彼女がいやだった。ある日、由紀は碧川の帰国の報を聞き、八方さがし回るのだが居所すら不明ですっかり憔悴した。さらに、ロンシャンがライバル社に対抗して、外国人デザイナーを起用し、由紀は事実上クビとなった。原田は由紀に碧川を忘れるよう説得、また常務津久井(清水将夫)に彼女の素晴らしさをすすめるのだが、却下された。日比野は、由紀に心惹かれ始めており、一方、傷心の由紀も碧川との思い出を懸命に精算せんと努めた。由紀の愛は日比野に移りつつあったのだ。日比野は次の仕事、ビアフラの取材準備に奔走していた。ジュン子から別かれ話を切り出されたのもその頃だった。由紀は原田からすすめられたパリでの仕事を断わり、日比野のもとへ走った。数日後、単身ビアフラへ飛び立つ日比野を由紀はひとりフィンガーデッキに見送った。


高橋悦史、寺尾聰                 高橋悦史、渚まゆみ

題名:愛の化石
監督:岡本愛彦
製作:川野泰彦
脚本:岡本愛彦、鈴木岬一
撮影:奥村祐治
照明:五十畑憲一
録音:紅谷愃一
美術:山下宏
衣裳:志村雅久、ロンシャン株式会社(浅丘ルリ子)
結髪:石渡潔
編集:渡辺士郎
音楽:三木たかし 主題歌:浅丘ルリ子「愛の化石」
現像:東洋現像所
製作担当:知久秀男
助監督:飯田聰
スチール:井本俊康
出演:浅丘ルリ子、田宮二郎、高橋悦史、渚まゆみ、川地民夫、清水将夫、垂水悟郎、寺尾聰、石原佑利子
1970年日本・石原プロモーション/シネスコサイズ・カラー99分35mmフィルム
愛の化石 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


高橋悦史、浅丘ルリ子

映画「野獣の青春」

野獣の青春野獣の青春
宍戸錠                         渡辺美佐子

今回は鈴木清順監督1963年製作「野獣の青春」をピックアップする。
本作は大藪春彦氏の「人狩り」を映画化したものだが、清順ワールドに置き換えられた作品になっている。カット割りと編集のテンポ、美術セットが良く、鈍調な流れはなく展開する。この時代にこの新鮮な感覚に感激する。

【追記・訃報】
「エースのジョー」の愛称で親しまれ、アクションスターとして日活の黄金期を支えた俳優の宍戸錠(ししど・じょう、本名同じ)さんが2019年1月21日に死去した。86歳。大阪市生まれ。関係者によると、都内の自宅で倒れていたという。あくの強さを出すため豊頬(ほうきょう)手術を受け、膨らんだ頬がトレードマークだった。日大芸術学部在学中の1954年、日活の第1期ニューフェイスに合格。翌55年に「警察日記」で本格デビューし、二枚目スターとして売り出されたが、自ら進んで豊頬手術を受け、敵役として活路を開いた。小林旭主演の「渡り鳥」「流れ者」シリーズや故赤木圭一郎さん主演の「拳銃無頼帖」シリーズに敵役として登場。時に主役を食う人気を博した。70年代になるとテレビにも進出し、「巨泉×前武のゲバゲバ90分」「カリキュラマシーン」「元祖どっきりカメラ」などのバラエティーにも出演。1982~83年にはフジテレビ系「くいしん坊!万才」にレポーターとして出演し、長男で俳優の宍戸開ものちにレポーターを務めた。10年4月に元女優でエッセイストの宍戸游子(ゆうこ)さんががんのため77歳で死去。2013年2月には東京・世田谷区上祖師谷の自宅が全焼する被害に遭うなど、晩年は悲しい出来事が続いた。
最終更新:2020/1/21(火) 16:45 スポニチアネックス

野獣の青春野獣の青春
香月美奈子                       郷鍈治

【ストリー】
連れ込み宿で男と女が死んでいた。男は竹下公一(木島一郎)、現職の刑事だった。数日後、盛り場のチンピラたちをやっつけてまわるカッコいい風来坊が現われた。たちまちジョー(宍戸錠)というその男は野本組の用心棒におさまりのし歩いたから、野本組と睨み合っている三光組の小野寺(信欣三)や武智(郷鍈治)をひどく刺激した。野本組には麻薬につながるコールガールの大がかりな組織があり、それを操る謎の支配者がいるらしい。竹下の四十九日の法事の日、ジョーが未亡人のくみ子(渡辺美佐子)に挨拶しているのを刑事の広川(鈴木瑞穂)は見た。ジョーはもと刑事、ふとしたことから免官されグレてしまったのをなにくれとなくかばったのが同僚竹下だった。その夜、いつものように野本(小林昭二)らと麻薬商柴田(平田大三郎)との取引きがあった。帰途、柴田は武智に売上げの一千万円を強奪された。柴田が刑事時代のジョーを思い出し、たちまちとりおさえられたジョーはむごい拷問に苦しみうめいた。ジョーが三光組に秘密を教えてやったとドロを吐いたから、逆上した野本は武智を射殺させた。すぐに三光組が逆襲して来て凄絶な射ち合いとなった。乾分たちが次々と倒れ、野本の一弾は小野寺の胸を貫いた。血まみれの小野寺は爆弾を積んだ自動車で野本組の真中へ突っ込んだ。建物が人が一瞬のうちに吹っ飛び、硝煙がうすれると動いたのはジョーと野本だ。「竹下を殺ったのは誰だ」野本をしめあげたジョーは絶叫した。息もたえだえの野本の口からもれたのは意外にもくみ子。野本の情婦だった彼女は警察の逆スパイとなって竹下と結婚し、コールガールを牛耳っていた。それがバレそうになったので、麻薬中毒のコールガールと竹下を無理心中させたのだ。竹下の家にのりこんだジョーの眼ははげしい憎悪に燃えていた。

郷鍈治野獣の青春
江角英明                         信欣三
野獣の青春野獣の青春
川地民夫                        金子信雄

題名:野獣の青春
監督:鈴木清順
企画:久保圭之介
原作:大藪春彦「人狩り」
脚本:池田一朗、山崎忠昭
撮影:永塚一栄
照明:大西美津男
特技:金田啓治
録音:中村敏夫
美術:横尾嘉良
擬斗:高瀬将敏
編集:鈴木晄
音楽:奥村一
現像:東洋現像所
製作主任:武藤良夫
助監督:渡辺昇
色彩計測:上田利男 (撮影チーフ助手)
スチール:斎藤誠一
出演:宍戸錠、渡辺美佐子、川地民夫、香月美奈子、江角英明、平田大三郎、郷鍈治、上野山功一、小林昭二、信欣三、金子信雄、鈴木瑞穂、清水将夫、木島一郎
1963年日本・日活/シネスコサイズ・カラー92分35mmフィルム
野獣の青春 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

野獣の青春野獣の青春
小林昭二                        宍戸錠、鈴木瑞穂
野獣の青春野獣の青春
宍戸錠、鈴木瑞穂                  野獣の青春

1 2 3 8