映画「愛のお荷物」

愛のお荷物愛のお荷物
山村聡                        三橋達也

今回は川島雄三監督1955年製作「愛のお荷物」をピックアップする。
本作は、川島雄三監督日活移籍第一弾で戦後ベビーブーム、どんどん増え続ける人口問題に危機を感じる政治家達の無為無策と、一般の人々の無関心に対して、明るく人間味溢れる上品なくすぐりをもって痛烈に衝く、コメディドラマだ。出演は厚生大臣役に「あした来る人」の山村聰さん、その妻で40歳後半で懐妊する役を「洲崎パラダイス 赤信号」の軣夕起子さん、山田五十鈴さん、東野英治郎さん等のベテラン陣に、松竹から日活専属になった三橋達也さんが脇を固めている。

作品リスト

愛のお荷物愛のお荷物
高友子                     山村聡、三橋達也

【ストリー】
江戸時代からの薬種問屋で有名な新木長春丸本舗の当主新木錠三郎(山村聡)は、時の政府の厚生大臣で、野党の人口問題に関する追求を軽くさばいて、「受胎調節相談所設置法案」等の術策で人口の増加を食い止めようと考えていた。ところが彼が議会の厚生委員会で人口軽減に関する大演説を行っている頃、四十八歳になる夫人の蘭子さん(轟夕起子)は妊娠して産婦人科に行っていたのである。そればかりか、新木家の長男錠太郎君(三橋達也)はかねてから秘かに恋愛中だった父の秘書五代冴子(北原三枝)さんから愛のお荷物ができたらしいと打明けられていた。新木氏は政治的考慮と、末娘さくら(高友子)の結婚式が近いとの理由で蘭子夫人に人工流産をすすめようとする。さくらは、そんなゴタゴタで許婚の出羽小路君(フランキー堺)との結婚式が遅れることを何故か困っている様子だったが、実は近づく結婚が待ち切れず出羽小路君との間に愛のお荷物が出来てしまっていたのだ。而も錠太郎は新木家を飛び出して新生活に入ってしまう。その上驚いたことには新木家の御隠居箱根の別荘に住む錠造翁(東野英治郎)までが若い茶飲み友達との間にお荷物ができかねない有様である。折から錠三郎は京都へ遊説に行き、かつての恋人貝田そめ(山田五十鈴)に訪問され、彼女との間に出来た子供の存在を知らされて愕然となる。斯くして新木家の人口は一躍倍以上にはね上ることになった。女中のお照さん(小田切みき)と支配人の山口さん(殿山泰司)との間にも愛の結晶ができたらしい。さくらの結婚式は早められ、錠太郎達の結婚も認められた。そして新木家の御婦人たちは一斉にお芽出たの日を待つばかりとなったが、さて日本の人口問題はどうなるやら--。

愛のお荷物愛のお荷物
小沢昭一                      フランキー堺

題名:愛のお荷物
監督:川島雄三
製作:山本武
脚本:柳沢類寿、川島雄三
撮影:峰重義
照明:森年男
録音:福島信雅
美術:中村公彦
音楽:黛敏郎
製作主任:林本博佳
助監督:今村昌平
出演:三橋達也、山村聡、北原三枝、山田五十鈴、轟夕紀子、高友子、フランキー堺、小沢昭一、笠智衆、東野英治郎、小田切みき、菅井きん、殿山泰司
1955年日本・日活/スタンダードサイズ・モノクロ111分35mmフィルム
愛のお荷物 [DVD]
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

愛のお荷物愛のお荷物
菅井きん                       殿山泰司

映画「お嬢さん社長」

お嬢さん社長お嬢さん社長
美空ひばり                     月丘夢路

今回は川島雄三監督1953年製作「お嬢さん社長」をピックアップする。
本作は、製菓会社の社長が病で倒れた事で孫娘のまどかが社長に就任し、彼女は会社乗っ取りの陰謀があることを知り、浅草界隈の仲間と共に阻止する”というミュージカル的娯楽作品だ。主演に美空ひばりさん(本作当時16歳)を起用した60年以上前の作品になるが、川島雄三監督のテンポは凄く良いのに驚く。
何度も言ったが、日本映画の鈍調傾向は、時代ではなくセンスなのだ。センスのない監督が映画を鈍調にしてしまう。鈍調とは、テンポが悪く、物語をセリフで説明し、画解きを平然と行い、映像で語らない劇映画の事を言う。今でも若手監督の鈍調傾向は多く見られ嫌気が差すが、本作は改めて川島雄三監督の偉大さを知る事になった。新しいだけで良いと言うものは、何一つないのだ。

作品リスト

お嬢さん社長お嬢さん社長
佐田啓二                      大坂志郎

【ストリー】
雷社長の聞えも高い日本一乳菓の小原重三郎(市川小太夫)も持病にはかてず、遂に社長の椅子を孫娘のマドカ(美空ひばり)に一任する。マドカは十六歳の歌がすきな少女、歌劇スターを夢みるせいか、秘書の由美子(月丘夢路)が心配するほど仕事に乗気ではない。彼女は、ふとしたことからK劇場の舞台監督秋山(佐田啓二)と友達になり、彼が住む浅草裏お稲荷横丁の住人たち--広告デザインの研究青年並木敬吾(大坂志郎)やその恋人菊子(小園蓉子)、剽軽な三八(桂小金治)とも知りあう。三人の師匠、幇間の桜川一八(坂本武)はマドカが娘ひとみの少女時代とそっくりなのにびっくりする。それもその筈、マドカはひとみが重三郎の息子と駈落ちして生んだ実の孫なのだった。浅草界隈になじむうち、会社製品のお菓子がパチンコ屋に横流しされていることを発見したマドカは、今度こそ本腰をいれて会社経営の刷新にのりだした。彼女の理想は、良いお菓子をできるだけ沢山の子供たちにわたすことである。そのために悪徳幹部安田専務(多々良純)や三戸宣伝課長(永井達郎)、由美子の父親の貝谷経理部長(有島一郎)などへの監視を怠らなかった。が、彼らもさるもの、マドカが新宣伝部員として入社させた並木敬吾の仕事を、計画ずくでまんまと失敗させ、マドカ社長の面目丸潰れとなった。彼らはさらに日本一乳菓に大きな損害をあたえ、競争相手のパシフィック製菓に乗取らせようとしたが、偶然、謀議の酒席に侍った一八の口からこの奸計がもれ、さらに由美子に熱心に反省をもとめられた貝谷が、一派のすべての旧悪を告白したこともあって、獅子身中の虫はいちはやく摘まみだされた。
一八が祖父であることを知ったマドカの心はいやが上に明かるく、やがてマドカの夢も実現に近かった。
「日本一アワー」がテレビ中継されている劇場では、手に手に日本一キャラメルをもった子供たちを前に、マドカの歌が続けられている。

お嬢さん社長お嬢さん社長
桂小金治

題名:お嬢さん社長
監督:川島雄三
企画:福島通人
製作:久保光三
脚本:富田義朗、柳沢類寿
撮影:西川亨
照明:高下逸男
録音:妹尾芳三郎
美術:梅田千代夫
装飾:守谷筋太郎
衣装:斉藤耐之
編集:斉藤正夫
音楽:万城目正
現像:林竜次
助監督:中平康
出演:美空ひばり、佐田啓二、月丘夢路、大坂志郎、多々良純、桂小金治、市川小太夫[3代目]、坂本武、小園蓉子、有島一郎、永井達郎、江川滝子
1953年日本・松竹/スタンダードサイズ・モノクロ94分35mmフィルム
お嬢さん社長 [DVD]
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

お嬢さん社長お嬢さん社長
佐田啓二、美空ひばり
お嬢さん社長

映画「暖簾 (のれん)」

暖簾 (のれん)暖簾 (のれん)
森繁久彌                                                              山田五十鈴

今回は川島雄三監督1958年製作「暖簾 (のれん)」をピックアップした。
山崎豊子氏の原作を劇化した菊田一夫氏の戯曲を映画化した作品だが、日本映画黄金期の力強さを感じる。大御所映画俳優総出演の中で、主人公の父子を名優森繁久彌さんが一人二役で演じるのには見応えがある。

作品リスト

製作した宝塚映画は、1951年に阪急電鉄が全額を出資して設立された映画会社で前身の宝塚映画製作所の撮影所跡を改修して事業を開始した。東宝争議で製作力が低下した東宝系の一翼として、多くの劇場用映画を製作したが、1968年に劇場用映画製作から撤退した。その後、1983年9月に宝塚映像としてTVビデオドラマ製作等に転じている。

暖簾 (のれん)暖簾 (のれん)
森繁久彌、乙羽信子              森繁久彌、山田五十鈴

【ストリー】
八田吾平が、たった三十五銭をにぎって淡路島から大阪へ飛び出して来たのは十五歳の時のこと。ふとしたことから昆布屋の主人、浪花屋利兵衛に拾われてから十年、吾平は大阪商人の土性骨とド根性をいやというほどたたき込まれた。吾平が二十五歳の時、主人利兵衛から暖簾を分けられた。先輩の番頭をさしおいて。吾平の夢はふくらんだ。丁稚の昔から何くれとなく心をつかってくれるお松と一緒になれると思って。ところが、利兵衛は、吾平を見込んで姪の千代を押しつけて来た。これには吾平も驚いたが、ついに千代と結ばれた。しかし利兵衛が見込んだだけあって千代は立派な嫁であり、吾平も頑張った。昭和九年、すでに吾平も一人前の昆布商人になっていた。ところが、ようやく飛躍しようとする矢先、台風と水害が襲った。しかしこれも千代の助けで、「暖簾は大阪商人の魂だす、これ程確かな抵当はおまへん」という吾平の捨て身の交渉で銀行からの融資がつき、切り抜けた。それから十年、わいの女房が自由にならへんのと同じやとぼやく吾平を尻り目に、戦争はすべてを奪い去った。
敗戦--今は荷受組合の役員としてわずかに昔をしのぶ吾平の前に、もっとも頼みにしていた長男の辰平は再び現われなかった。しかし、思いもかけぬ呑気坊主の次男、孝平の活躍で株式会社浪花屋は再建された。商売のやり方が当世風に華美なのが吾平には気に入らなかった。しかし華々しく浪華屋の店開きがあった日、突然の病魔に倒れた吾平の頬には微笑がただよっていた。あたかも、客を迎えるかのように--。波瀾に富んだ吾平の一生は終った。しかし、暖簾の伝統は強く受けつがれるだろう。

暖簾 (のれん)暖簾 (のれん)
浪花千栄子                      乙羽信子、山田五十鈴

題名:暖簾 (のれん)
監督:川島雄三
製作:滝村和男
原作:山崎豊子
脚本:八住利雄
撮影:岡崎宏三
照明:下村一夫
録音:長岡憲治
美術:小島基司
編集:宮田味津三
音楽:真鍋理一郎
出演:森繁久彌、山田五十鈴、乙羽信子、浪花千栄子、山茶花究、中村鴈治郎、中村メイコ
1958年日本・宝塚映画/シネスコサイズ・モノクロ123分35mmフィルム
暖簾 [DVD]
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

暖簾 (のれん)暖簾 (のれん)
中村メイコ、森繁久彌              森繁久、山田五十鈴

1 2 3 4