映画「喜劇 初詣列車」


渥美清                                 佐久間良子

今回は瀬川昌治監督1967年製作「喜劇 初詣列車」をピックアップする。
本作は、東映が1967年に東宝や松竹の喜劇映画に対抗し、国鉄の全面協力で製作した喜劇列車シリーズの第3作(最終作)だ。翌年からスタートする松竹の「男はつらいよシリーズ」の渥美清さんが、寅さんを演じる前に撮られたシリーズである。尚、前作は「喜劇 急行列車」「喜劇 団体列車」である。


城野ゆき                             楠トシエ、中村玉緒

川崎敬三                              小松政夫、渥美清

【ストリー】
国鉄の車掌の新作(渥美清)は、妻幸江(中村玉緒)と、平凡だが幸せな毎日を送っていた。ある日、列車の中で幼な馴染みの美和子(佐久間良子)と会った新作は、何故か沈みがちな彼女を元気づけた。幼い頃から新作の憧れの的だった美和子は、新潟地震で父母を失い、芸者になりながら、行方不明になった弟の研吉(小松政夫)を探しているということだった。新作はそんな美和子のために、何かと相談相手になってやるのだった。ところが、事情を知らない幸江は、そんな新作を見て、浮気をしているのではないかと疑い出したのである。新作はそれに構わず、研吉を探すために四方八方を駆けずり回った。彼は、研吉とは恋仲で、行方知れずになった研吉を探している房子(城野ゆき)と会った。房子の言葉から、研吉が平凡な生活に愛想をつかしてフーテンになったらしいと知った新作は、前衛芸術家の溜り場、ソープランド、深夜スナックなどを探し歩いた。ある日、彼はついにフーテン姿の研吉を探しあてた。根の正直な新作は、フーテンの心理は理解出来なかったが、ともかくも普通の平凡な生活にこそ、本当の幸せがあるのだと熱心に説き、はては自らフーテン姿になって、研吉の心を理解しようと努めるのだった。一方、幸江は新作が女にもてるはずはない、と思いながらも、やはり心おだやかではなく、新作の弟夏男(川崎敬三)に頼んで、夫の行状を調べてもらったりした。そんな時、研吉を連れた新作が、フーテンの飲むクスリを飲み、フラフラになって家に帰ってきた。新作の姿に驚いた幸江は、気が狂ったのではないかと泣いたり、医者を呼んだり、大騒ぎを演じた。そこへ新作から、研吉発見の知らせを受け取った美和子がやってきた。美和子から事情を聞いた幸江は、すっかり今までの誤解をといた。研吉も、新作の尽力で鉄道弘済会に勤めることが決った。やがて正月が来た。春に式を挙げることに決った研吉と房子を伴ない、新作夫婦はお伊勢参りに出発した。ちょうど彼らの乗った新幹線の列車の窓からは、二見ケ浦から昇る新年の太陽が望まれた。


若水ヤエ子、西村晃                     左卜全、渥美清

題名:喜劇 初詣列車
監督:瀬川昌治
企画:秋田亨、加茂秀男
製作:大川博
脚本:舟橋和郎
撮影:西川庄衛
照明:元持秀雄
録音:井上賢三
美術:北川弘
編集:祖田富美夫
音楽:河辺公一
フィルム:富士フィルム
現像:東映化学
進行主任:伊藤源郎
助監督:高桑信
スチール:丸川忠士
出演:渥美清、中村玉緒、佐久間良子、川崎敬三、小松政夫、城野ゆき、楠トシエ、西村晃、財津一郎、若水ヤエ子、財津一郎、左卜全
1967年日本・東映/シネスコサイズ・カラー91分35mmフィルム
喜劇 初詣列車 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


城野ゆき、小松政夫                          国鉄165系電車

映画「瘋癲老人日記」


「瘋癲老人日記」若尾文子

若尾文子                          山村聰

今回は木村恵吾監督1962年製作「瘋癲(ふうてん)老人日記」をピックアップする。
本作は、谷崎潤一郎氏の原作を映画化したものだが、足部に非常に強い誘惑を覚えるフット・フェティシズムとマゾヒズムを描いた濃密な演出に刺激を受ける。裸体そのものを映す事をしなくても、エロスを表現出来るのは、恐らく若尾文子さんの演技、表情、仕草が天性のものだからこそ成功しているのではないか?


川崎敬三                      東山千栄子、丹阿弥谷津子

【ストリー】
77歳の卯木督助(山村聰)は、軽い脳溢血で寝たり起きたりの日日を送っている。それに今では完全に不能である。が、--不能ニナッタ老人ニモ或ル種ノ性生活ハアルノダ--と思っている。そんな督助の性と食欲だけの楽しみを息子浄吉(川崎敬三)の嫁、颯子(若尾文子)は察している。ある日、老人がベッドでぼんやりしていると、突然浴室の戸が開き、颯子が顔を出した。「アタシ、シャワーノ時ダッテ、ココ閉メタコトナイノヨ」老人を信用しているからか、入って来いというのか、老いぼれの存在なぞ眼中にないのか、なんのためにそんなことを言うのだろう。夜になりシャワーの音がして来た。幸い誰もいない。老人は浴室へにじりよった。「入リタインデショ、早ク入ッテ……」。老人のあぶない足元が水に濡れてすべりそうになる。それでも颯子の足に取りすがる老人。「足ニ接吻スルクライ、オ許シガ出タッテヨサソウナモノダ」「ダメ! アタシソコハ弱イノヨ」--。「アアショウガナイ、ジャア、モ一度、ヒザカラ下ナラ許シテヤル!一度ダケヨ」その接吻の代償に老人は颯子に、従兄の春久(石井竜一)にバスを使わせることを承知させられた。颯子と春久は出来ているのだろうか?……。ある夜、また老人の部屋で颯子と二人になった。やにわに背後から抱きすくめ首筋へ接吻する老人。「オ爺チャン、イヤダッタラ、誰ガソンナコトシロト言ッタノヨ、ネッキングナンテ」いきなり床に手をつき三拝九拝する老人。「ジャ、ナンデモワタシノコトキク?」結局老人は300万もする猫眼石の指輪をせしめられてしまった。秋が来て、冷たい風が吹き始める。京都へ来て老人にひとつのアイデアが生まれた。自分の墓に仏足石を彫ろうというのだ。その足型は、颯子のものでなければならない。宿で老人はいやがる颯子の足の裏に朱墨を塗り、ちょうど魚拓を作るような足型をとった。何度も何度も良いものが出来るまで異常なまでに続けた。晩秋の卯木家でブルトーザーの唸りが騒々しい。庭の一角にプールを作ろうというのだ。それを見つめる老人の若々しい眼。「プール作ッテネ、ソシタラ、アタシ泳グノ見セテアゲル」。老人はたった一つのこの言葉を何度もくりかえしていた。


「瘋癲老人日記」若尾文子

「瘋癲老人日記」山村聰 ※この足は若尾文子さんではなく代役(パーツモデル)である。

題名:瘋癲老人日記
監督:木村恵吾
企画:藤井浩明
製作:永田雅一
原作:谷崎潤一郎
脚本:木村恵吾
撮影:宗川信夫
照明:柴田恒吉
録音:須田武雄
美術:柴田篤二
編集:鈴木東陽
音楽:小川寛興
現像:東京現像所
製作主任:松本賢夫
助監督:阿部志馬
スチール:宮崎忠郎
出演:若尾文子、山村聰、川崎敬三、東山千栄子、村田知栄子、丹阿弥谷津子、倉田マユミ、藤原礼子、石井竜一
1962年日本・大映/シネスコサイズ・カラー98分35mmフィルム
瘋癲老人日記 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


山村聰                       若尾文子、山村聰

映画「宇宙人東京に現わる」

宇宙人東京に現わる
宇宙人東京に現わる
宇宙人東京に現わる宇宙人東京に現わる
苅田とよみ

今回は島耕二監督1955年製作「宇宙人東京に現わる」をピックアップする。
1951年に「カルメン故郷に帰る(製作:松竹/監督:木下惠介/主演:高峰秀子/富士フィルム)」が国産初だが、それから4年後の本作も当時は希少な総天然色映画だ。色彩指導を芸術家・岡本太郎氏が担当し、ヒトデ形の宇宙人”パイラ星人”のキャラクターデザインも岡本氏が手掛けている。また友好的な宇宙人と地球への天体衝突という設定は、ロバート・ワイズ監督が1951年に製作した「地球の静止する日」をインスパイア―したのだろうか。特撮スタッフには後に円谷プロのウルトラシリーズを手掛ける的場徹氏、撮影助手に「日本沈没」の撮影を担当された村井博氏がクレジットされている大映特撮大作だ。

宇宙人東京に現わる宇宙人東京に現わる
川崎敬三、山形勲

【ストリー】
宇宙の中のパイラと呼ばれる星から地球を観測していたパイラ人は、近頃地球上で頻々と起る原子雲を見つけ、自分達がその昔、原子力の破壊力を戦争に使う使わないで苦労したことを思い出した。そして、おろかな地球人に、自分達が如何に原子力を平和的に使ったかを知らせる為に宇宙船に乗り地球に近づいた。そんなことを知らない地球では空飛ぶ円盤が現われたといってさわぎ、東京城北天文台長の小村博士や助手の磯辺徹、小村の従弟で物理学者の松田博士等が怪円盤研究に腐心していた。宇宙船では地球への連絡地を日本と決め、次々とパイラ人の使者を送ったが、その形の奇怪な為に人々は恐れて近づかなかった。業を煮やしたパイラ人はその一人を銀子という名の日本の女に変身させて地球に送った。銀子は松田博士の家に入り込むことに成功した。パイラ人特有の明晰な頭脳を持つ銀子は博士が密かに発見していた、原水爆以上のエネルギーを持つ爆発物ウリュウムの方程式を読みとり、博士に自分の正体を打明けながら、地球上にその研究を発表するのは狂人に刄物だから止めろと注意した。博士は方程式を焼き捨てた。その頃、新天体Rが現われ、地球と衝突する軌道を進みつつあった。世界は驚愕し、R破壊の為に各国の原水爆が一せいに発射された。しかしいずれも不成功であった。某国の手先は松田博士を誘拐し、方程式を書かせようとした。危いところをパイラ人の使者達に救われた博士は、地球上には残さない約束で銀子に方程式を書いて渡した。パイラ人によってウリュウムが作られ、その爆発力でRは消え、地球は救われた。銀子は宇宙船に乗って地球を去って行った。

宇宙人東京に現わる宇宙人東京に現わる
岡本太郎氏デザインのパイラ人

題名:宇宙人東京に現わる
監督:島耕二
企画:中代冨士男
製作:藤井朝太
原案:中島源太郎
脚本:小国英雄
撮影:渡辺公夫
特撮:的場徹、築地米三郎、田中捨一
照明:久保田行一
録音:西井憲一
美術:間野重雄
編集:西井憲一
音楽:大森盛太郎
現像:東洋現像所
色彩指導:岡本太郎
撮影助手:村井博
出演:川崎敬三、苅田とよみ、山形勲、永井ミエ子、志村喬、南部彰三、八木沢敏、見明凡太郎
1955年日本・大映/スタンダードサイズ・カラー87分35mmフィルム
宇宙人東京に現わる [DVD]
2016年7月現在、DVDレンタルはありません。
宇宙人東京に現わる宇宙人東京に現わる
1955年の京王井の頭線高井戸駅
※1984年まで使用されたデハ1900形

1 2 3 4