映画「緋牡丹博徒 仁義通します」



藤純子                       菅原文太 

今回は斎藤武市監督1971年製作「緋牡丹博徒 仁義通します」をピックアップする。
緋牡丹博徒シリーズ全8作の最終篇となる本作は、藤純子さんが映画界を引退する為に作られた記念すべき作品になる。ラストで片岡千恵蔵さんがお竜(藤純子)をねぎらうシーンは、お竜とそれを演じた藤純子さんへのねぎらいに見えた。お竜さん永遠に!


松方弘樹                      若山富三郎

【ストリー】
お神楽のおたか(清川虹子)の分家として堂万一家を構える岩木(松方弘樹)のもとに、戦友北橋周平(菅原文太)が訪ねてきた。その頃の大阪は、安治川をはさんで、堂万一家と、伝法町で嘉納竜三(川津清三郎)がしきる伝法一家の二大勢力があり小ぜりあいがたえなかった。岩木の子分藤吉(長門裕之)が賭場に因縁をつけた伝法一家の惣領格千羽一家の子分を斬ったことから、岩木は闇討ちにあいこれを救うため千羽の顔面を斬った北橋は、警察に連行された。おたかはめっきりやつれ病床に伏すが、そんなところにお竜が訪ねてくる。すでに死期を悟ったおたかは、信頼するお竜を証人に、堂万一家三代目を岩木に継がせるよういいのこし波乱に充ちた生涯をとじた。岩木に三代目の座を奪われた松川(待田京介)は伝法一家に走り、嘉納を後見人にたて、岩木、お竜と対決する。一方、ぜがひでも松川を押し立てて堂万一門を掌中に納めようとする嘉納もお竜に喧嘩を売る。負け犬のように酒を浴びる松川を伝法一家からつれ戻そうとした岩木、藤吉、お竜らは千羽一家の不意討ちにあい、傷ついたお竜をかばった岩木はダイナマイトを受けて死んだ。岩木の死を聞いて走りつけた周平そしてお竜の一大事とばかり松山刑務所を出所するや一目散にやってきた四国道後の熊虎親分(若山富三郎)。それぞれの怒りを胸に喧嘩仕度で身を包んだお竜、周平、熊虎の三人は、重々しく守りを固めた伝法一家へと乗り込んでいく。


片岡千恵蔵                      待田京介

題名:緋牡丹博徒 仁義通します
監督:斎藤武市
企画:俊藤浩滋、日下部五朗
脚本:高田宏治
撮影:山岸長樹
照明:増田悦章
録音:野津裕男
美術:富田治郎
装置:稲田源兵衛
装飾:柴田澄巨
美粧・結髪:東和美粧
技斗:上野隆三
記録:牧野淑子
編集:堀池幸三
音楽:小杉太一郎
フィルム:富士フィルム
現像:東映化学
製作主任:渡辺操
助監督:関本郁夫
スチール:木村武司
出演:出演:藤純子(富司純子)、菅原文太、松方弘樹、若山富三郎、長門裕之、待田京介、片岡千恵蔵、清川虹子、名和宏、光川環世、川津清三郎
1971年日本・東映/シネスコサイズ・カラー95分35mmフィルム
緋牡丹博徒 仁義通します -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


藤純子、待田京介、清川虹子            光川環世、藤純子

長門裕之                     松方弘樹、長門裕之

緋牡丹博徒 仁義通します