映画「赤い蕾と白い花」


吉永小百合

吉永小百合                     浜田光夫

今回は西河克己監督1962年製作「赤い蕾と白い花」をピックアップする。
本作は、石坂洋次郎氏の原作「寒い朝」を映画化したもので、1959年に松竹製作で「若い素顔(監督:大庭秀雄/主演:桑野みゆき)」に続いて2度目の映画化となるが、高峰三枝子さんが、同じ岩淵真知子役で演じている。本作のロケは、東京都大田区田園調布、羽田空港、世田谷区二子玉川などで行っている。


高峰三枝子                     金子信雄

【ストリー】
三輪重夫(浜田光夫)と岩淵とみ子(吉永小百合)は高校三年仲の良いクラスメイトである。重夫は小さい時に母親を亡くし、とみ子は父親を亡くして母親に育てられた。似たような境遇が、二人を一層親密にさせた。彼等には片親の子にあり勝ちな暗い影はみじんもなかった。或る日、とみ子の母親真知子(高峰三枝子)が風邪をひいて寝こんだ。とみ子は三輪医院に電話した。それから毎日、重夫の父貞一(金子信雄)が真知子の診察に来た。重夫ととみ子は、父と母がそれぞれ仲良くつきあっていけるようにいろいろと気を使った。そんな頃、とみ子の祖母おかね(北林谷栄)が上京して来た。真知子は貞一と語らっておかねを羽田空港へ連れてゆき、遊覧飛行機に乗せた。その時、真知子が捻挫したため、貞一が彼女を抱いているところを、真知子が校長をしているドレス・センターの生徒達が写真に撮った。その写真は家に送られて来た。ちょうど、重夫ととみ子が試験勉強をしている時だったので、とみ子はその写真をみた。スカートから白い足を露わに貞一に抱かれている写真なのでとみ子は、「汚らしいわ!」と言うと泣き出した。とみ子は親たちへのレジスタンスのために家出を決意した。重夫も不承不承同意した。重夫は、とみ子一人に家出させるのは危険と思ったのだ。真知子は二人の書き置きをみて仰天した。真知子は早速貞一の家にかけつけた。ちょうど、そこに旅館“柳家”のお内儀(武智豊子)から電話がかかってきた。お内儀が三輪医院の患者で、偶然重夫の顔を見知っていたのであった。貞一と真知子がかつけると、二人は一室で寝ていた。部屋の隅と隅にフトンが敷かれ、真中には机が置かれてあった。安心した貞一と真知子も“柳家”で一泊することにした。翌朝、重夫、とみ子の二人は旅館に近い堤防で自然に抱きあうのだった。


武智豊子                       北林谷栄

金子信雄                       左卜全

題名:赤い蕾と白い花
監督:西河克己
企画:坂上静翁
原作:石坂洋次郎「寒い朝」
脚本:池田一朗
撮影:岩佐一泉
照明:安藤真之助
録音:中村敏夫
美術:佐谷三平
記録:新関良子
編集:鈴木暁
音楽:池田正義
現像:東洋現像所
製作主任:二反田実
助監督:白鳥信一
色彩計測:小栗準之助
スチール:斎藤誠一
出演:吉永小百合、浜田光夫、高峰三枝子、金子信雄、北林谷栄、左卜全、武智豊子
1962年日本・日活/シネスコサイズ・カラー80分35mmフィルム
赤い蕾と白い花 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


高峰三枝子、金子信雄              吉永小百合、浜田光夫

映画「駅前旅館」


森繁久彌                         淡島千景、伴淳三郎

今回は豊田四郎監督1958年製作「駅前旅館」をピックアップする。
“駅前シリーズ”は、1958年から1969年まで東京映画で制作された喜劇である。
レギュラー陣はほぼ変わらず25作品が作られた。

【東京映画・駅前シリーズ】
1958年「駅前旅館」
1961年「喜劇 駅前団地」「喜劇 駅前弁当」
1962年「喜劇 駅前温泉」「喜劇 駅前飯店」
1963年「喜劇 駅前茶釜」
1964年「喜劇 駅前女将」「喜劇 駅前怪談」「喜劇 駅前音頭」「喜劇 駅前天神」
1965年「喜劇 駅前医院」「喜劇 駅前金融」「喜劇 駅前大学」
1966年「喜劇 駅前弁天」「喜劇 駅前漫画」「喜劇 駅前番頭」「喜劇 駅前競馬」
1967年「喜劇 駅前満貫」「喜劇 駅前学園」「喜劇 駅前探検」「喜劇 駅前百年」
1968年「喜劇 駅前開運」「喜劇 駅前火山」
1969年「喜劇 駅前桟橋」


フランキー堺                              淡島千景

【ストリー】
“私、駅前の柊元(くきもと)旅館の番頭でございます”生野次平(森繁久彌)は30年の経験をもつ「お帳場様」である。上野界隈も昔とはずい分変ったものだ。柊元旅館は今日も修学旅行の団体客でごったがえしている。馴染みの旅行社の添乗員・小山(フランキー堺)が忙しく中学生をさばく。次平は山田紡績の社長一行のなかの女客に二の腕をつねられた。その女客は女中のお京(三井美奈)に伝言を残すと発っていった。次平には気の合った番頭仲間が四人いた。そのうちの高沢(伴淳三郎)に尻尾をつかまれ、今度の慰安旅行の幹事にされた。その役は艶聞を立てた者に振りあてられることになっていたのだ。馴染みの飲み屋・辰巳屋のお辰(淡島千景)のところで行先を江の島と決めた。夏の江の島には全国から番頭たちが客引の腕をみがきにくる。昔、ここで次平や高沢は芸を張り合ったものだ。次平は彼をつねった女のことをやっと思い出した。於菊(淡路恵子)--江の島時代の旅館の豆女中だった。間もなく、例の山田紡績の女工たちの団体がやってきた。於菊が保健係の先生と共に引卒していた。次平は席を設けて於菊と会ったが、“旅の恥はかきすてというような気持……”といった於菊の言葉が彼のカンにさわった。社長の妾で工場の寮長に納って満足気な女の手前勝手だ。“お前、宿へ帰んなよ”彼には昔流の意地があった。--下級旅館の強引な客引・カッパの連中が格元に泊った女学生三人を怪我させた。次平は主人から怒鳴られ、小山は自分の客から怪我人が出てクサった。次平は一計を案じ、上野駅前浄化運動を始め、カッパ連中を締め出す看板を一帯にめぐらした。本部は辰巳屋に置いた。カッパ連は次平を出せと柊元に押しかけた。因っているお内儀を助けようと、次平は暇乞いの口上を述べたが、主人(森川信)がそれを利用し、本当に彼をクビにした。彼はさっと最後の客引きの手際を見せるとそのままを消した。その夜、小山もお京を連れて柊元を出、大阪を目指した。次平は追ってきたお辰と一緒に日光行の二等車に収っていた。住み慣れた上野の火がのろのろと二人の目前を動いていった。


森繁久彌、三井美奈                         淡島千景、森繁久彌

題名:駅前旅館
監督:豊田四郎
製作:佐藤一郎
原作:井伏鱒二
脚本:八住利雄
撮影:安本淳
照明:石川緑郎
美術:松山崇
録音:渡会伸
編集:岩下廣一
音楽:団伊玖磨
現像:東洋現像所
製作主任:大久保欣四郎
製作補:金原文雄
助監督:廣沢栄
スチール:山崎淳
出演:森繁久彌、伴淳三郎、フランキー堺、淡島千景、淡路恵子、三井美奈、草笛光子、山茶花究、森川信、藤木悠、都家かつ江、若水ヤエ子、左卜全、多々良純、藤村有弘
1958年日本・東京映画/東宝スコープ(シネスコサイズ)・カラー109分35mmフィルム
喜劇 駅前旅館 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


駅前旅館                            淡島千景、森繁久彌

映画「喜劇 初詣列車」


渥美清                                 佐久間良子

今回は瀬川昌治監督1967年製作「喜劇 初詣列車」をピックアップする。
本作は、東映が1967年に東宝や松竹の喜劇映画に対抗し、国鉄の全面協力で製作した喜劇列車シリーズの第3作(最終作)だ。翌年からスタートする松竹の「男はつらいよシリーズ」の渥美清さんが、寅さんを演じる前に撮られたシリーズである。尚、前作は「喜劇 急行列車」「喜劇 団体列車」である。


城野ゆき                             楠トシエ、中村玉緒

川崎敬三                              小松政夫、渥美清

【ストリー】
国鉄の車掌の新作(渥美清)は、妻幸江(中村玉緒)と、平凡だが幸せな毎日を送っていた。ある日、列車の中で幼な馴染みの美和子(佐久間良子)と会った新作は、何故か沈みがちな彼女を元気づけた。幼い頃から新作の憧れの的だった美和子は、新潟地震で父母を失い、芸者になりながら、行方不明になった弟の研吉(小松政夫)を探しているということだった。新作はそんな美和子のために、何かと相談相手になってやるのだった。ところが、事情を知らない幸江は、そんな新作を見て、浮気をしているのではないかと疑い出したのである。新作はそれに構わず、研吉を探すために四方八方を駆けずり回った。彼は、研吉とは恋仲で、行方知れずになった研吉を探している房子(城野ゆき)と会った。房子の言葉から、研吉が平凡な生活に愛想をつかしてフーテンになったらしいと知った新作は、前衛芸術家の溜り場、ソープランド、深夜スナックなどを探し歩いた。ある日、彼はついにフーテン姿の研吉を探しあてた。根の正直な新作は、フーテンの心理は理解出来なかったが、ともかくも普通の平凡な生活にこそ、本当の幸せがあるのだと熱心に説き、はては自らフーテン姿になって、研吉の心を理解しようと努めるのだった。一方、幸江は新作が女にもてるはずはない、と思いながらも、やはり心おだやかではなく、新作の弟夏男(川崎敬三)に頼んで、夫の行状を調べてもらったりした。そんな時、研吉を連れた新作が、フーテンの飲むクスリを飲み、フラフラになって家に帰ってきた。新作の姿に驚いた幸江は、気が狂ったのではないかと泣いたり、医者を呼んだり、大騒ぎを演じた。そこへ新作から、研吉発見の知らせを受け取った美和子がやってきた。美和子から事情を聞いた幸江は、すっかり今までの誤解をといた。研吉も、新作の尽力で鉄道弘済会に勤めることが決った。やがて正月が来た。春に式を挙げることに決った研吉と房子を伴ない、新作夫婦はお伊勢参りに出発した。ちょうど彼らの乗った新幹線の列車の窓からは、二見ケ浦から昇る新年の太陽が望まれた。


若水ヤエ子、西村晃                     左卜全、渥美清

題名:喜劇 初詣列車
監督:瀬川昌治
企画:秋田亨、加茂秀男
製作:大川博
脚本:舟橋和郎
撮影:西川庄衛
照明:元持秀雄
録音:井上賢三
美術:北川弘
編集:祖田富美夫
音楽:河辺公一
フィルム:富士フィルム
現像:東映化学
進行主任:伊藤源郎
助監督:高桑信
スチール:丸川忠士
出演:渥美清、中村玉緒、佐久間良子、川崎敬三、小松政夫、城野ゆき、楠トシエ、西村晃、財津一郎、若水ヤエ子、財津一郎、左卜全
1967年日本・東映/シネスコサイズ・カラー91分35mmフィルム
喜劇 初詣列車 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


城野ゆき、小松政夫                          国鉄165系電車

1 2 3 8