映画「夢千代日記」


吉永小百合                       北大路欣也

今回は浦山桐郎監督1985年製作「夢千代日記」をピックアップする。
本作はテレビドラマとして高視聴率を上げた「夢千代日記」」シリーズの完結篇として原作者の早坂暁氏の要望で映画化され浦山桐郎監督の遺作(1985年10月死去、享年55歳)である。浦山桐郎監督と吉永小百合さんの「キューポラのある街」から23年後の作品で、日本を代表する女優の変わらぬ美貌とスピリチュアルな透明感が映し出されて感慨深い。


田中好子                                            左時枝、名取裕子

【ストリー】
山陰の雪深い温泉町、湯村。“はる家”の夢千代こと永井左千子(吉永小百合)は広島で被爆していた。“はる家”は夢千代が母から受け継いだ芸者の置家で、夢千代の面倒を子供の頃から見てくれている渡辺タマエ(風見章子)、気のいい菊奴(樹木希林)、スキー指導員・名村(渡辺裕之)に恋し自殺未遂を起こす紅(田中好子)、好きな木浦(前田吟)のため、彼の妻の替わりに子を宿す兎(名取裕子)、癌で三ヵ月の命だという老画伯・東窓(浜村純)に、束の間の命の灯をともす小夢(斉藤絵里)たちがいる。神戸の大学病院で「あと半年の命」と知らされた夢千代は、帰りの汽車の窓から祈るように両手を合わせて谷底へ落ちて行く女性を見た。同乗していた女剣劇の旅役者の一人、宗方勝(北大路欣也)もそれを見ていたが、彼の姿は消えてしまう。捜査の結果、その女性の駆け落ちの相手、石田が逮捕された。彼の子を身篭った女が邪魔になったのだろうという事だったが、夢千代には自殺としか思えなかった。翌日、旅芝居好きの菊奴の案内で春川一座を尋ねた夢千代は、宗方に本当のことを教えてほしいと嘆願するが、宗方は「見ていません」と冷く答えるのだった。夢千代はタマエから、死んで行くしかない特攻隊員との愛のかたみに母が女手一つで自分を産み落としたことを聞かされ、一度だけ出来た子供を堕したことを悔いた。ある夜、夢千代は春川一座へ出かけ、熱を出して倒れてしまう。そして、宗方に背おわれて“はる家”に戻ってきた。春川一座のチビ玉三郎(白龍光洋)は、母である座長や菊奴の前で宗方の夢千代に対する気持を言いあてる。その時、宗方は菊奴から夢千代の命が長くないことを知らされた。証人として宗方の身元を調べていた藤森刑事(加藤武)は、彼の名がでたらめであることを知る。さらに、15年前、父親を殺して指名手配中であることをつきとめ、夢千代に警告するのだった。宗方は一座から姿を消した。彼を隠岐行のフェリーで見かけたという紅の言葉を頼りに、夢千代は隠岐島へ向った。そして、宗方に愛を告白し、二人は結ばれた。宗方は衰弱した夢千代を“はる家”へ連れ帰る。皆の見守るなか、夢千代は息を引きとり、宗方は藤森によって逮捕されたのだった。


浜村純                                       斉藤絵里

題名:夢千代日記
監督:浦山桐郎
企画:早坂暁
製作:岡田裕介、佐藤雅夫、坂上順、斎藤一重
脚本:早坂暁
撮影:安藤庄平
照明:渡辺喜和
録音:荒川輝彦
美術:井川徳道、佐野義和
装飾:渡辺源三
背景:西村三郎
衣装:森譲、黒木宗幸
美粧・結髪:東和美粧
技斗:上野隆三
振付:藤間勘五郎
記録:森村幸子
編集:玉木濬夫
音楽:松村禎三 和楽:浪花三之介
現像:東映化学
製作主任:長岡功
助監督:鈴木秀雄
スチール:中山健司
出演:吉永小百合、名取裕子、田中好子、樹木希林、北大路欣也、風見章子、小川真由美、河原崎長一郎、斉藤絵里、渡辺裕之、三條美紀、小田かおる、左時枝、横内正、加藤武、前田吟、岸部一徳、白龍光洋
1985年日本・東映京都撮影所/ビスタサイズ・カラー128分35mmフィルム
夢千代日記 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


夢千代日記                                                            吉永小百合

映画「静かな生活」


佐伯日菜子                     渡部篤郎、佐伯日菜子

今回は伊丹十三監督1995年製作「静かな生活」をピックアップする。
本作は、大江健三郎氏の同名原作を映画化したものだが、映画としては、伊丹監督作品で最もつまらないと思った。興行的にも失敗した駄作である。DVDで初見だったが、見終えて「まさか」と思ったぐらい落胆した作品だった。

【伊丹十三監督作品】
1984年「お葬式
1985年「タンポポ
1987年「マルサの女
1988年「マルサの女2
1990年「あげまん
1992年「ミンボーの女
1993年「大病人
1995年「静かな生活
1996年「スーパーの女
1997年「マルタイの女


山崎努                         宮本信子

【ストリー】
絵本作家を目指すマーちゃん(佐伯日菜子)の家族は、作家であるパパ(山崎努)と優しく家族を束ねるママ(柴田美保子)、大学入試を控えた弟のオーちゃん(大森嘉之)、そして音楽の才に恵まれながら障害者である兄のイーヨー(渡部篤郎)の5人。ある年、家の下水を直そうとして失敗したパパは、家長としての威厳がないというプレッシャーに耐え切れず、おりから招かれていたオーストラリアの大学へ講師としてママと出向くことになった。留守を引き受けたマーちゃんは、イーヨーたちの面倒をみるのだが、痴漢事件やポーランド大使への意見運動、イーヨーの作曲した“捨て子”という曲騒動などが起こっててんやわんや。なかでもイーヨーの水泳レッスンにまつわる事件は、忘れ難いものとなってしまう。パパたちの出発後、マーちゃんはイーヨーを連れてプールに通うことになるのだが、そこでパパの昔の知り合いだという新井君(今井雅之)が、イーヨーのコーチを買って出てくれるのであった。新井君の指導は良く、イーヨーの水泳の腕はあがる一方。さらには、イーヨーに彼の大好きなテレビの天気予報のお姉さん(緒川たまき)まで紹介してくれ、彼にすっかり気を許す。ところがパパやパパの友人の団藤さん(岡村喬生)たちから、新井君の暗い過去を聞かされたマーちゃんは、誰もいないところで新井君に会わないよう忠告を受けた。しかし、それが新井君の気に障り、団藤さんが大怪我をさせられたばかりか、純情なマーちゃんまで暴行を受けそうになる。だが、マーちゃんの純潔を汚そうとする新井君にイーヨーが飛びかかり、決して新井君に勝ったわけではないけれど、マーちゃんを守り切るのだった。パパの精神状態も安定した頃、そんな事件の数々を綴ったマーちゃんの絵日記に、イーヨーは「静かな生活」というタイトルをつけるのだった。


結城美栄子、佐伯日菜子                 静かな生活

題名:静かな生活
監督:伊丹十三
製作:玉置泰
原作:大江健三郎
脚本:伊丹十三
撮影:前田米造
照明:加藤松作
特機:落合保雄
録音:小野寺修
音効:斎藤昌利、北田雅也 (東洋音響カモメ) リーレコ:神保小四郎
美術:川口直次
衣裳:岩崎文男
装飾:佐藤結樹 (ポパイアート)、尾関龍生、龍田哲児
小道具:大西桂子
スタイリスト:鈴木智子、豊平ちせ
化粧:梅沢文子
特殊メイク:江川悦子、寺田まゆみ
配役:田中忠雄
擬斗:高瀬将嗣、瀬木一将
操演:白熊栄次 (サプライズ)
記録:松澤一美
編集:鈴木晄
音楽:大江光 音楽プロデューサー:立川直樹
現像:イマジカ タイミング:小椋俊一
撮影機材:三和映材社
フィルム:富士フィルム (報映産業)
プロデューサー:細越省吾、川崎隆
応援撮影:浜田毅
製作担当:岩下真司
製作進行:森太郎、荒木正人
演技事務:穂盛伊佐雄
助監督:中嶋竹彦
監督助手:蝶野博、山口晃ニ、菅原文雄
撮影助手:栗山修司、井上恵一郎、仲村志宏
応援助手:上野彰吾、平康真二、小松高志
照明助手:林信一、田辺浩、大橋陽一郎、永田英則
特機助手:竹内純
録音助手:白取貢、松本昇和
美術助手:山崎秀満、新田隆之、川村泰代
編集助手:普嶋信一
装置組付:福田義昭
水中撮影:日本水中映像
ビデオ撮影:佐藤利明 (TAO)
フードスタイリスト:石森いずみ
スタジオ録音:石井ますみ、大野誠、下野留之
デジタル合成:島村達雄、山崎貴、渋谷紀世子 (白組)・金子俊夫、武坂耕ニ、鈴木等(イマジカ)
グラフィック・デザイン:佐村憲一
マーちゃんの絵:中嶋竹彦
製作デスク:吉川次郎
スタジオ:にっかつ撮影所
出演:山崎努、柴田美保子、渡部篤郎、佐伯日菜子、今井雅之、宮本信子、岡村喬生、左時枝、結城美栄子、緒川たまき、大森嘉之、原ひさ子、阿知波悟美、柳生博
1995年日本・伊丹プロダクション/ビスタサイズ・カラー121分35mmフィルム
静かな生活 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


今井雅之、佐伯日菜子                 静かな生活

映画「大病人」


三國連太郎                       宮本信子

今回は伊丹十三監督1993年製作「大病人」をピックアップする。
本作は、今までの伊丹監督作品と違い、死をテーマにしている。ガンを宣告された俳優が、死を前にしてそれまでを如何に生きていくかを描いている。コメディ要素を入れる事で、死への緊張感に緩急をつけて病名告知や延命治療といった現代医療に疑問を呈しているが、当時の最新CGで臨死体験を描いたシーンは、頂けないと思ったが、冒頭を始めとする映画撮影の現場シーンは、長年映画業界にいらした伊丹監督だけあって、描き方は的確であり無駄がない。

【伊丹十三監督作品】
1984年「お葬式
1985年「タンポポ
1987年「マルサの女
1988年「マルサの女2
1990年「あげまん
1992年「ミンボーの女
1993年「大病人
1995年「静かな生活
1996年「スーパーの女
1997年「マルタイの女
※各作品のリンクは、予約投稿で表示しないページがありますが、後日表示されます。


津川雅彦                  三國連太郎、宮本信子、津川雅彦、木内みどり

【ストリー】
俳優兼映画監督の向井武平(三國連太郎)は、癌で余命いくばくもないオーケストラの指揮者が最後のコンサートに挑むという映画を自ら監督・主演していたが、撮影中に倒れて病院に運ばれる。妻・万里子(宮本信子)の大学時代の友人でもある医師の緒方洪一郎(津川雅彦)が担当医となるが、向井の体はあともって1年という癌に冒されていた。緒方は向井に病名を偽り手術を施すが、暫くすると向井はまた倒れてしまう。映画の共演者であり愛人である神島彩(高瀬春奈)を病室に密かに呼び出し情事を行うなど、何かと問題患者の向井に怒った緒方はつい軽率な発言をしてしまい、向井はショックのあまり自殺を図る。一命を取りとめた向井は緒方に真実を告げてくれと訴え、いがみあっていた二人は協力して死を迎えることになった。向井の映画の最後のクライマックス、彼の指揮するカンタータ『般若心経』のシーンも無事撮り終えた。向井は万里子や緒方、映画のスタッフたちが見守る中、最後の日々を満足して生き、死を迎えられたことを喜びつつ息をひきとるのだった。


高瀬春奈                          左時枝

題名:大病人
監督:伊丹十三
製作:玉置泰
脚本:伊丹十三
撮影:前田米造
照明:矢部一男
特機:落合保雄
録音:小野寺修
音効:渡部健一 (東洋音響カモメ) リーレコ:中村洋
美術:中村州志
装飾:山崎輝、豊島隆、小林聖樹
背景:島倉二千六
小道具:山浦克己、荒井雄樹、松本周子
衣裳:小合恵美子、岩崎文雄、鈴木智子、三浦みち子、石涼啓子
化粧:吉野節子、石川雅代(アートメイク・トキ)
特殊メイク:江川悦子、宗理起也、寺田まゆみ、神田文裕
デジタル合成:島村達雄(白組)、山崎貴(白組)
水中撮影:中村宏治 (日本水中映像)
技斗:高瀬将嗣、森聖二
配役:田中忠雄
記録:石山久美子
編集:鈴木晄 ネガ編集:高橋孝一
音楽:本多俊之 音楽監督:立川直樹
現像:イマジカ タイミング:小椋俊一
撮影機材:パナビジョン(三和映材社)
フィルム:富士フィルム
製作担当:鎌田賢一
製作進行:森太郎、尾崎友康、後藤弘樹
演技事務:城戸史郎
助監督:中嶋竹彦
監督助手:蝶野博、中村隆彦、遠藤秀一郎
撮影助手:栗山修司、石山稔、斎藤圭祐、神村志宏
特機助手:松田弘志
照明助手:赤井淳一、関野高弘、関根謙一、中村和也、加藤耕史、森川知
美術助手:山崎秀満、金勝浩一、深川絵美、新田隆之
録音助手:桜井敬悟、白取真、石井ますみ、大塚学
編集助手:米山幹一
医療指導:三崎晴嘉 医療コーディネーター:竹内廣徳
看護婦指導:長島美和子
指揮指導:鈴木行一 演奏:東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団
合唱:東京混声合唱団 お経:真言宗冨山派不二会
記憶合金の花:渡辺裕子
フード・スタイリスト:石森いずみ
湯気効果:谷口承
ヴイック制作:アデランス
エクゼクティブ・プロデューサー:竹中行雄
コ・エクゼクティブ・プロデューサー:NIDEL SINCLAIR
プロデューサー:細越省吾 製作協力:細越省吾事務所
プロデューサー補:川崎隆
カンタータ般若心経作曲・指揮:黛敏郎
スタジオ:にっかつ撮影所
ロケ協力:東十条病院、倉本記念病院(現:セコメディック病院)、横浜総合病院、東京都立松沢病院
グラフテック・デザイン:佐村憲一
製作デスク:吉川次郎
製作宣伝:早乙女明子、モーションプロ
スチール:瀬古正二、岩崎輝義
出演:三國連太郎、津川雅彦、宮本信子、木内みどり、高瀬春奈、熊谷真実、田中明夫、三谷昇、高橋長英、左時枝、南美希子、清水よし子、渡辺哲、田中明夫、村田雄浩
1993年日本・伊丹フィルムズ/ビスタサイズ・カラー116分35mmフィルム
大病人 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


三國連太郎                  田中明夫、宮本信子、熊谷真実

1 2