映画「ずべ公番長 ざんげの値打ちもない」


大信田礼子                      賀川雪絵

今回は山口和彦監督1971年製作「ずべ公番長 ざんげの値打ちもない」をピックアップする。
本作は、大ヒットした北原ミレイさんの「ざんげの値打ちもない」を主題曲に、大信田礼子さん演じる影山リカが暴れる女番長”シリーズ第4作で最終作になる。

【ずべ公番長 シリーズ】
1970年「ずべ公番長 夢は夜ひらく
1970年「ずべ公番長 東京流れ者
1971年「ずべ公番長 はまぐれ数え唄
1971年「ずべ公番長 ざんげの値打ちもない
以上の4本が山口和彦監督、大信田礼子さん主演で作られた”お色気アクション”ものだ。


伴淳三郎                     渡瀬恒彦、中谷一郎

【ストリー】
一年振りで赤城学園から出所したリカ(大信田礼子)は、新宿に戻ってきた。リカは、赤城学園で知りあったみどり(片山由美子)の父村木(伴淳三郎)が経営する自動車修理工場で働くことになった。村木は、みどりと同棲している不良学生浜田(滝俊介)の借金のために、村木の土地と工場乗っ取りを狙う暴力団大矢組から迫害を受けていに。一方、アルサロで働く長子(橘ますみ)、センミツ(集三枝子)、ツナオ(左とん平)や、ラーメン屋で働くおゆき(市地洋子)ら昔の仲間と再会したりカは、マリの消息も知った。マリ(賀川雪絵)は、大矢組の客分だった夫圭一(中谷一郎)が病気になり冷たくあしらわれたためにヌード・スタジオで働いているという。一方、大矢(金子信雄)は、浜田に博奕の借金を背負わせ、その金を村木から出させるように仕向けた。村木の留守に家に忍びこんで、金を持ち出そうとしたみどりをとがめたのはリカだった。浜田の借金の取り立てに失敗した大矢は、みどりを人質にして、土地の権利書との交換を要求してきたが、かって、ヤッパの鉄と異名をとった村木は、単身大矢組に乗り込み、みどりを救出した。だが、大矢も黙ってはいなかった。大矢は、足を洗いたいと申し出た圭一に最後の仕事を命じた。マリのために、故郷に帰って出なおそうと考えていた圭一は、目先の金に目がくらみ村木を刺したが、その圭一も、大矢のために殺された。勘忍袋の緒が切れたリカとみどり、マリ、長子、センミツたちは、圭一の弟竜二(渡瀬恒彦)と大矢組のビルに殴り込んだ。


たこ八郎、大信田礼子             大信田礼子、集三枝子、笠置シヅ子

題名:ずべ公番長 ざんげの値打ちもない
監督:山口和彦
企画:吉峰甲子夫、高村賢治
脚本:宮下教雄、山口和彦
撮影:仲沢半次郎
照明:元持秀雄
録音:長井修堂
美術:藤田博
装置:吉田喜義
装飾:酒井喬ニ
擬斗:日尾孝司
記録:宮本依子
編集:長沢嘉樹
音楽:津島利章 主題歌:北原ミレイ「ざんげの値打ちもない」
現像:東映化学
製作主任:東一盛
助監督:深町秀煕
スチール:藤井善男
出演:大信田礼子、橘ますみ、賀川雪絵、片山由美子、集三枝子、市地洋子、伴淳三郎、左とん平、中谷一郎、渡瀬恒彦、金子信雄、南利明、滝俊介、たこ八郎、笠置シヅ子、大泉滉、北原ミレイ
1971年日本・東映/シネスコサイズ・カラー86分35mmフィルム
ずべ公番長 ざんげの値打ちもない -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


左とん平                       片山由美子

ずべ公番長 ざんげの値打ちもない           北原ミレイ

ずべ公番長 ざんげの値打ちもない

映画「ずべ公番長 はまぐれ数え唄」


大信田礼子                        賀川雪絵

今回は山口和彦監督1971年製作「ずべ公番長 はまぐれ数え唄」をピックアップする。
シリーズ第3作になる。主題歌は主演の大信田礼子さんが歌っている。

【ずべ公番長 シリーズ】
1970年「ずべ公番長 夢は夜ひらく
1970年「ずべ公番長 東京流れ者
1971年「ずべ公番長 はまぐれ数え唄
1971年「ずべ公番長 ざんげの値打ちもない
以上の4本が山口和彦監督、大信田礼子さん主演で作られた”お色気アクション”ものだ。


曽我廼家明蝶                        谷隼人

【ストリー】
関東のズベ公仲間でその名を轟ろかせているリカ(大信田礼子)は、妹分のお雪(市地洋子)を連れて、三度び赤城女子学園に逆戻りした。ところが、学園内は関西ズベ公界の大物で手に負えない暴れ者、河内のお紋(賀川雪絵)が巾をきかせて番長的存在になっていた。リカはお紋と、当然何度か激しく対立するが、決着がつかないまま、一年後、仮退園した。リカとお雪を出迎えたのは、横浜にいるツナオ(左とん平)の使いのヘンリー河村(由利徹)だった。ツナオは、安万寿(三原葉子)と組んでエロ写真を作って生活していたが、横浜を縄張りとする中尾組と、その手先の女愚連隊Z団のために、常にいためつけられていた。そこで、リカを用人棒に迎えたのだった。横浜は、リカの生まれ故郷であり、父親がわりにもなっていた早坂竜之助(曽我廼家明蝶)もスナックを経営して健在だった。早坂はドス竜と怖れられたかつてのヤクザ時代の影はなく、柔和な初老のマスターであった。安万寿の店に落ちついたリカは、そこでズベ公仲間のセンミツ(集三枝子)、夏江(白石恵美子)と再会、Z団に荒らされているゴーゴークラブ「ビートハーバー」の縄張りを取り戻した。一方、中尾組の手先としてZ団なる不良少女グループのリーダーをしていたお紋は、リカの勢力に押され、その成績が落ちた罰として、香港に売りとばされそうになったが、反逆し、団員全員倉庫につながれてしまった。そして中尾(小池朝雄)が、早坂とリカに刺客を放ちリカをかばって胸に銃弾を受けた早坂は死んだ。Z団の団員を逃がし、その時の争いで自らひん死の重傷を負ったお紋は、安万寿の店にたどりつき、リカに後のことを話し息を引きとった。中尾の卑劣な手段に怒ったリカを始めとするズベ公たちは中尾組へオートバイを走らせた。


清川虹子                       三原葉子、左とん平

小池朝雄、曽根晴美                  ずべ公番長 はまぐれ数え唄

題名:ずべ公番長 はまぐれ数え唄
監督:山口和彦
企画:吉峰甲子夫、高村賢治
脚本:宮下教雄、山口和彦
撮影:飯村雅彦
照明:元持秀雄
録音:小松忠之
美術:中村修一郎
装置:松野太三郎
装飾:神谷好孝
擬斗:日尾孝司
記録:山内康代
編集:長沢嘉樹
音楽:津島利章 主題歌:大信田礼子「はまぐれ数え唄」
現像:東映化学
製作主任:東一盛
助監督:深町秀煕
スチール:加藤光男
出演:大信田礼子、谷隼人、賀川雪絵、曽我廼家明蝶、清川虹子、小池朝雄、集三枝子、市地洋子、白石恵美子、三原葉子、曽根晴美、由利徹、左とん平、佐野浅夫、平山美紀
1971年日本・東映/シネスコサイズ・カラー84分35mmフィルム
ずべ公番長 はまぐれ数え唄 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


大信田礼子                    大信田礼子、小池朝雄

映画「最も危険な遊戯」

最も危険な遊戯
「最も危険な遊戯」松田優作
最も危険な遊戯最も危険な遊戯
松田優作

今回は村川透監督1978年製作「最も危険な遊戯」をピックアップする。
松田優作さん主演の遊戯シリーズは、本作の後に「殺人遊戯(1978年)」「処刑遊戯(1979年)」と製作されたがストーリーの繋がりはない。この頃、東映セントラルフィルム制作、松田優作さん主演で「俺達に墓はない(1979年)」「ヨコハマBJブルース(1981年)」と前後して公開された。本作のイカサマ麻雀のシーンで石橋蓮司、内田裕也、柴田恭兵の各氏が出演しているが、よく見ないと分からないトリビアシーンだった。

最も危険な遊戯最も危険な遊戯
松田優作、田坂圭子                   田坂圭子、荒木一郎

【ストリー】
日本の財界の大物達が相次いで誘拐されるという事件が起こるが、犯人が複数である事以外、手がかりは一切つかめない。東日電気社長の南条信隆(入江正徳)も強引に誘拐された。東日電気会長の小日向(内田朝雄)は鳴海昌平(松田優作)を呼び、誘拐された南条社長の救出を依頼する。南条は小日向の娘婿でもあり、謝礼は五千万円という事だった。小日向の話によれば、南条誘拐は単なる身代金めあての事件ではなく、ある巨大なプロジェクトによる東日グループ壊滅の陰謀であるという。折から、防衛庁の第五次国防計画の最新防空警戒システム導入問題で、東日グループと五洋コンツェルンが激しく競い合い、東日グループに受注を要請する事に決定したため、五洋側は政界の黒幕・足立精四郎(見明凡太郎)を抱き込んで反撃に出た。鳴海は居郷の愛人である杏子(田坂圭子)の居所をつきとめ、彼女を連れ出す。杏子から南条が監禁されている精神病院を聞き出し、完全武装して潜入した鳴海は、凄まじい銃撃戦の末、居郷を射殺し、南条を救出したが、桂木(荒木一郎)という射撃の名手に肩を射たれたうえ、南条を射ち殺された。鳴海は再び、小日向から足立精四郎を射殺するよう要請を受ける。足立追跡を始めた鳴海の前に、警視庁特捜部の桂木が立ちはだかった。鳴海は五洋側の背後に思いもよらぬ巨大な敵のいる事を知る。鳴海は高級クラブのママ・綾乃(市地洋子)から足立の潜む寺に案内され、彼を射殺する。警察に包囲されながらも、逃げ切った鳴海がマンションに戻ると、桂木が杏子を人質にして、車で逃亡する。いつしか杏子を愛し始めていた鳴海は追撃のすえ、桂木に憎しみの銃弾を浴びせ、杏子を無事に救出した。数日後、射殺したはずの足立が生存している事を知った鳴海は、再び足立の命を狙って、行動を開始する。足立は替玉を使っていたのだった。綾乃の行動を不審に思った鳴海は、彼女に銃口をつきつけ、想像を絶する敵の勢力に、狐独な挑戦を試みるのだった。

最も危険な遊戯最も危険な遊戯
内田朝雄                     松田優作、草野大悟

題名:最も危険な遊戯
監督:村川透
企画:黒澤満、伊地智啓
脚本:永原秀一
撮影:仙元誠三
照明:渡辺三雄
録音:林鉱一
音効:小島進
美術:小林正義
技斗:十二騎会(高倉英二、松尾悟)
カーアクション:フォーキッカーズS・T(松浦義則、山本由美子)
記録:高橋たつ子
編集:田中修
音楽:大野雄二
現像:東映化学
製作主任:石川好弘
製作補佐:石川好広
助監督:崔洋一
色彩計測:杉村博章
スチール:遠藤努
出演:松田優作、田坂圭子、荒木一郎、内田朝雄、草野大悟、市地洋子、見明凡太朗、名和宏、入江正徳、片桐竜次、苅谷俊介、阿藤快、岡本麗、見明凡太郎、柴田恭平、石橋蓮司、内田裕也
1978年日本・東映セントラル・フィルム+東映芸能ビデオ/シネスコサイズ・カラー89分35mmフィルム
最も危険な遊戯-DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

最も危険な遊戯最も危険な遊戯