映画「花くらべ狸道中」


市川雷蔵、勝新太郎                 若尾文子

今回は田中徳三監督1961年製作「花くらべ狸道中」をピックアップする。
本作は、「初春狸御殿(1959年)」に続いて市川雷蔵、勝新太郎、若尾文子トリオで送るオペレッタ「狸御殿もの」のバリエーション作品で、突っ込みどころ満載の和風ミュージカル作品である。ステージが狭いのか、ホリゾントが近すぎて遠近の美しさが出てないのが残念。内容も現代のセンスとテンポを期待する訳ではないが、夢の希釈されたメルヘンだ。エンディングの大映の新進女優によるレビューシーンはお宝だそうだ。


中田康子                     花くらべ狸道中

【ストリー】
狸の国の大王選挙で、江戸文福党の放った刺客、党主文福の娘きぬた(中田康子)と腹心茂十(宮坊太郎)らの刃に重傷を負った阿波徳島党の首領文左衛門(葛木香一)に代って雷吉(市川雷蔵)と新助(勝新太郎)が江戸へ行くことに決った。雷吉の恋人たより(若尾文子)は貧しいが純情娘、雷吉の身を案じて木の実の首かざりを餞別に贈った。雷吉に好意を持つ主人の娘しのぶ(近藤美恵子)はそれをみてがっかりする。雷吉、新助は弥次郎兵衛、喜多八になりすまし阿波を出発した。京は三条、池田屋へ宿をとった二人を見出したきぬたは、仇っぽい旅絵師お伝に化けて酒と女に甘い喜多八をグラマーで悩殺、あわや一命も危いところへ弥次郎の化身の街によって救われた。無一文で京を逃げだした二人は、桑名の賭場で弥次郎が賽に化けたため喜多八の勝ち放し、ゴキゲンなところへ現われたお伝がそれを喋ったため賭場は大騒動。弥次郎とはぐれた喜多八は、お伝や茂十の術策に俵につめられ川に投げこまれた。弥次郎も文福党一味に襲われるが、たよりのくれた首飾りが危険信号を発して、危いところを免れ、またそれによって喜多八を救った。その頃、雷吉恋しさにたよりは彼を追って江戸へ旅立った。それを知ったしのぶも江戸へ。重なる失敗に文福党は、大挙して箱根で網を張った。そこで展開された虚々実々の化けくらべでは、弥次喜多コンビの化け勝ちとなって難関を突破した。次の宿で祝盃をあげる二人にたよりがたずねて来たが、喜多八はお伝と思って追い返した。一人のたよりを捕えた文福党はそれをおとりに弥次喜多を捕まえてしまった。それをみて、たよりは泣き出した。そして、その涙は真珠の玉となって流れ弥次喜多をしばる縄は切れてしまった。さすがのお伝もたよりの美しい心に負けて牢の鍵をあけてやるのだった。いよいよ狸御殿で大王選挙が行われようとした時、現われた弥次喜多が激しい乱闘の末、文福(見明凡太朗)をとりおさえるが、彼らの罪を許し、これからは仲良くやっていこうと手をさしのべた。折から、徳島より傷いえた文左衛門が到着、大王の地位は彼に決定した。今や平和に戻った狸御殿では賑やかな狸祭りが始まっていた。


楠トシエ                      五月みどり

題名:花くらべ狸道中
監督:田中徳三
企画:辻久一
製作:武田一義
脚本:八尋不二
撮影:本多省三
照明:加藤博也
録音:海原幸夫
音効:倉嶋暢
美術:内藤昭
装置:林米松
技斗:宮内昌平
編集:菅沼完二
音楽:浜口庫之助
現像:東洋現像所
製作主任:橋本正嗣
助監督:土井茂
色彩計測:白波瀬直治
スチール:藤岡輝夫
出演:市川雷蔵、勝新太郎、若尾文子、中田康子、近藤美恵子、五月みどり、楠トシエ、浦路洋子、宮川和子、小林勝彦、赤坂小梅、宮坊太郎、葛木香一、見明凡太朗
1961年日本・大映京都撮影所/シネスコサイズ・カラー79分35mmフィルム
花くらべ狸道中 -DVD-
2019年12月現在、DVDレンタルはありません。


花くらべ狸道中

映画「妖僧」


「妖僧」市川雷蔵

市川雷蔵                              藤由紀子

今回は衣笠貞之助監督1963年製作「妖僧」をピックアップする。
本作は、女帝を守り風雲を呼ぶ不死身の怪僧を描いた平安時代劇だが、公金横領に権力闘争という現代に通ずる腐敗政治をストリーのベースにしている。衣笠貞之助監督を始め巨匠を輩出した大映映画は、美術セットや照明、森田富士郎氏の特撮など目を見張るカットは数多くあるが、ストリーが陳腐だった。


「妖僧」万里昌代

万里昌代                                近藤美恵子

【ストリー】
厳しい山嶽仏教の修業に百人のうちで唯一人堪えた、行道(市川雷蔵)は、恐るべき魔力を秘めた法力を獲得した。山を下りた行道はその法力を駆使して、病人を治し、やがて、その噂は宮廷に迄およんだ。類まれな美貌の女帝(藤由紀子)が幼時から不自由であった御足が、とみに悪化してきたというのだ。ひそかに招かれた行道は如意輪の秘法をもって遂に御足の痛みを取り去った。喜びの女帝は行道を重宝にし、忌憚のない言葉に耳を傾けた。政権を欲しいままにする太政大臣・藤原良勝(城健三朗)に反感を抱く左大臣・藤原清川(小沢栄太郎)、右大臣・藤原光成(稲葉義男)、大蔵卿犬養(島田竜三)らは、行道の勢力に力を得、良勝が金銭を私している事を行道に告げた。この事実を知った良勝は、女帝の耳に達するのを恐れ、行道に刺客をさしむけた。しかし行道の恐るべき法力は、体を貫く刃に一滴の血も流さなかった。追いつめられた良勝は、かねてから不平をかこつ市原の皇子(成田純一郎)と語らい反逆の兵を挙げた。法術で事を知った行道は、女帝を守るために永久に留まろうと決意、頭を剃り、見違えるような美僧の姿となり名を道鏡と改めた。道鏡の魔力と朝廷側の反撃が功を奏し、良勝の軍は敗走した。女帝の信任をあつくした道鏡は、権力に近づき、女人を愛し、僧の戒律を破った苦悩に悩みつづけた。新に大政大臣に藤原清川が、大政大臣禅師に道鏡が任じられた。女帝の愛寵を深くした道鏡は、天皇の位と同等の法王の位を与えられた。嫉妬に狂った清川は秘かに道鏡を狙った。折も折、女帝は病に犯され必死に如意輪の秘法を念じる道鏡の法力もむなしく、女帝は絶命した。なきながらにとりすがる道鏡の背後から、清川の放った刺客が襲った。かつては、刃も通じなかった道鏡の胸も、今や法力はなく女帝の手を握ったまま崩れた憎の姿があるのみだった。


小沢栄太郎                             城健三朗(若山富三郎)

題名:妖僧
監督:衣笠貞之助
企画:原田光夫
製作:永田雅一
原案:八尋不二
脚本:衣笠貞之助、相良準
撮影:今井ひろし
特撮:黒田義之、森田富士郎、美間博
照明:加藤博也
録音:大谷巖、加藤茂
音効:倉島暢
美術:柴田篤二
装置:山本佐一郎
衣装考証:上野芳生
擬斗:宮内昌平
編集:菅沼完二
音楽:伊福部昭
製作主任:田辺満
助監督:黒田義之
スチール:小牧照
出演:市川雷蔵、藤由紀子、万里昌代、近藤美恵子、片岡彦三郎、小沢栄太郎、城健三朗(若山富三郎)、小林勝彦、小林勝彦、丹羽又三郎、中条静夫
1963年日本・大映京都撮影所/シネスコサイズ・モノクロ118分35mmフィルム
妖僧 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


妖僧

映画「炎上」


市川雷蔵                     市川雷蔵、中村鴈治郎

今回は市川崑監督1958年製作「炎上」をピックアップする。
本作は三島由紀夫氏の「金閣寺」の映画化で、驟閣という美に憑かれた男を描く異色作だ。市川崑監督は、日活から大映に移籍してから5本目の大映作品となり、市川雷さんにとってデビューから4年目、48本目の初の現代劇主演作である。撮影は巨匠宮川一夫氏、”モノクロ”と”シネスコ”による効果的映像が素晴らしい。

【当ブログで紹介した市川崑監督作品】
1951年「盗まれた恋
1951年「恋人
1956年「処刑の部屋
1957年「
1957年「満員電車
1958年「炎上
1959年「
1959年「野火
1960年「女経」より「物を高く売りつける女」
1961年「黒い十人の女
1962年「破戒


仲代達矢                       新珠三千代

【ストリー】
溝口吾市(市川雷蔵)は、父の遺書を携えて京都の驟閣寺を訪れた。昭和19年の春のことである。彼は父から口癖のように、この世で最も美しいものは驟閣であると教えこまれ、驟閣に信仰に近いまでの憧憬の念を抱いていた。父の親友でこの寺の住職・田山道詮老師(中村鴈治郎)の好意で徒弟として住むことになった。昭和22年、戦争の悪夢から覚めた驟閣には、進駐軍の将兵を始め観光客が押しよせた。静かな信仰の場から、単なる観光地になり下ってしまったのだ。ある日米兵と訪れ戯れる女を、溝口は驟閣の美を汚す者として引ずりおろした。25年、溝口は古谷大学に通うようになり、そこで内翻足を誇示して超然としている戸苅(仲代達矢)を知った。彼は、驟閣の美を批判し老師の私生活を暴露した。溝口の母あき(北林谷栄)は、生活苦から驟閣寺に住みこむことになった。溝口は反対した。父が療養中、母は姦通したことがあるからだ。この汚れた母を、美しい驟閣に近づけることは彼には到底出来なかったのである。口論の挙句、街にさまよい出た溝口は、芸妓を伴った老師に出会った。戸苅の言ったことは、真実であった。彼は小刀とカルモチンを買い、戸苅から金を借りて旅に出た。故郷成生岬の断崖に立ち荒波を見つめる溝口の瞼には、妻に裏切られ淋しく死んでいった父のダビの青白い炎が浮んだ--。挙動不審のため警察に保護され、連れ戻された溝口を迎えた、母と老師の態度は冷かった。彼は、自分に残されているのは、ただ一つのことをすることだけだと思った。溝口はふるえる手で、三たびマッチをすった。白煙がたちのぼり、その中から赤い透明の焔が吹き上った。美しくそそり立つ驟閣が、夜空をこがして炎上する。その美しさに溝口は恍惚とした。--国宝放火犯人として検挙された溝口は、頑として尋問に答えなかった。実施検証で焼跡を訪れた。が、そこに見出したのは無惨な焼跡だけだった。汽車に乗せられた溝口は、便所へ立った、少しの油断を見て、彼は自らの体を車外へ投げ出した--。


北林谷栄、市川雷蔵              市川雷蔵、浦路洋子、仲代達矢

題名:炎上
監督:市川崑
企画:藤井浩明
製作:永田雅一
原作:三島由紀夫「金閣寺」
脚本:和田夏十、長谷部慶治
撮影:宮川一夫
照明:岡本健一
特機:宇野薫
録音:大角正夫
音効:倉嶋暢
美術:西岡善信
装置:梶谷輝雄
装飾:松本春造
背景:太田多三郎
美粧:小林昌典
結髪:石井エミ
記録:中井妙子
編集:西田重雄
音楽:黛敏郎 邦楽:中本利生
製作主任:橋本正嗣
製作進行:鈴鹿俊彦
助監督:田中徳三
撮影助手:田中省三
照明助手:美間博
美術助手:加藤茂
録音助手:近藤正一
演技事務:千賀滝三郎
スチール:西地正満
出演:市川雷蔵、仲代達矢、新珠三千代、中村鴈治郎、浦路洋子、中村玉緒、北林谷栄、信欣三
1958年日本・大映京都撮影所/シネスコサイズ・モノクロ99分35mmフィルム
炎上 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


市川雷蔵                        「炎上」

1 2 3