映画「座頭市関所破り」

座頭市関所破り座頭市関所破り
勝新太郎                        平幹二朗
座頭市関所破り座頭市関所破り
高田美和                        滝瑛子

今回は安田公義監督1964年製作「座頭市関所破り」をピックアップする。
本作は、“座頭市”シリーズ”第9作目になる。座頭市が旅先で知り合う庶民との交流を深めながら、悪党を成敗していくというテンプレートを基本に、座頭市の幼い頃のエピソードが明かされ、父親らしいアル中の老人儀十(伊井友三郎)との交流も描かれ、そこが良かった。残念なのは、回り込みクレーンカットで撮影部の影が入っていた。

座頭市シリーズ

座頭市関所破り座頭市関所破り
高田美和、毛利郁子、勝新太郎             毛利郁子、高田美和

【ストリー】
座頭市(勝新太郎)は幼い頃の思い出を忘れかね、今は見えぬ目ながら初日の出を拝もうと妙義山に急いでいた。途中ふとしたことから新助(千波丈太郎)と名乗る旅人から手紙をことづかり、笠間の宿の旅籠、むさしやの女中お仙(滝瑛子)に届けた。市はそこで行方知れずの父を訪ねる、お咲(高田美和)に会った。一方土地の親分甚兵衛(上田吉二郎)は芸人たちの足元を見て、ショバ代を四分六で寄こせと難題を吹きかけてきた。宿の芸人達は怒ったが、代官、加島(河野秋武)と結びついた二足わらじにはどうすることもできなかった。そんなある夜、むさしやに新助が舞いもどった。新助は、代官甚兵衛の命令で、江戸へ強訴したお咲の父を殺した。しかし代官に通じてあるという甚兵衛との約束は被られ、追手におわれて宿に逃げこんだのだった。しかし非情な甚兵衛は、そんな新助をめった斬りにした。ふとしたことからこれを立ち聞した市も何も知らないお咲に真相を打明ける勇気はなかった。そんなある日、市は、甚兵衛の様子をさぐりに、その賭場へ行き得意の居合斬りでイカサマを見破り、甚兵衛、代官加島らのど胆を抜いた。だが居合せた加島の用心棒沖(平幹二朗)は、そんな市の殺気を見抜いていた。市は甚兵衛に狙れているお咲の身を案じて、居酒屋で会った父の思影をやどす老人儀十(伊井友三郎)にあづけた。しかし儀十は酒欲しさにお咲を甚兵衛に売った。代官役宅に閉じ込められたお咲を救い出すために、市は単身関所に向った。怒りにふるえる座頭市必殺の剣は、代官加島、甚兵衛らをなぎたおし、無事お咲を救出した。初日の出を迎えた、太陽が市の孤影を赤々と染めだしていた。

座頭市関所破り座頭市関所破り
滝瑛子、千波丈太郎                                上田吉二郎

題名:座頭市関所破り
監督:安田公義
企画:浅井昭三郎
原作:子母沢寛
脚本:浅井昭三郎
撮影:本多省三
照明:加藤博也
録音:長岡栄
音効:倉島暢
美術:加藤茂
装置:木村重雄
編集:山田弘
音楽:小杉太一郎
現像:東洋現像所
製作主任:今村喬
助監督:渡辺実
スチール:三浦康寛
出演:勝新太郎、高田美和、滝瑛子、平幹二朗、河野秋武、伊井友三郎、水原浩一、上田吉二郎、千波丈太郎、富田仲次郎、毛利郁子、寺島雄作、中田ダイマル・ラケット、木村玄、千石泰三
1964年日本・大映京都撮影所/シネスコサイズ・カラー86分35mmフィルム
座頭市関所破り -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

座頭市関所破り座頭市関所破り
中田ダイマル・ラケット                伊井友三郎
座頭市関所破り座頭市関所破り
高田美和、勝新太郎                座頭市関所破り

映画「帝都物語」

帝都物語
嶋田久作
帝都物語帝都物語
勝新太郎                      石田純一

今回は実相寺昭雄監督1988年製作「帝都物語」をピックアップする。
本作は90年代CG全盛前のバブル絶頂期に、製作費18億円を投入した大作で、実相寺監督とコダイを中心とした撮影技術陣が遺憾なく実力を発揮した作品であり、当時コダイ・グループの末席にいた私にとって尊敬する先輩たちの集大成=実相寺ワールドを見せて戴いたという思いがある。本作は富士フィルムを使用し、レンズはBNCマウントのCineoVisionで撮影された事はエンドタイトルからも分かる。スタッフも知人が多く参加しているので語り尽くせないが、本作クランクアップ後に油谷監督、特技監督の大木淳吉氏と特撮怪獣映画(劇場非公開)の撮影を担当させて戴いたのを思い出す。

※CineoVisionについては「地獄の黙示録」でエピソードがあります。
※コダイ・グループは中堀正夫氏を中心に撮影部・照明部の事務所です。(現在は代々木上原)
[追記・訃報]
本作で特殊美術を担当された池谷仙克氏が2016年10月25日(享年76歳)に亡くなられた。
撮影現場では勿論の事、株式会社コダイ代表でもある事から私が事務所を間借りした時にお世話になった。また本作に出演された俳優の平幹二朗氏は2016年10月23日(享年82歳)に亡くなられた。謹んでご冥福をお祈りします。

帝都物語
原田美枝子
帝都物語帝都物語
平幹二朗                        西村晃

【ストリー】
明治45年。実業家・渋沢栄一(勝新太郎)は土御門家の陰陽師・平井保昌(平幹二朗)や物理学者・寺田寅彦(寺泉憲)らに協力を求め、ある計画を進めていた。それは「東京改造計画」といい、帝都・東京を軍事的にだけでなく霊的にも守護しようとするものだった。しかし、謎の魔人・加藤保憲(嶋田久作)がその計画の前に立ちふさがっていた。加藤は1000年前関東に独立国を築こうとして失敗し、謀反人として討伐された平将門の霊を呼び醒まし、東京を壊滅させようと企んでいた。そして加藤は将門の末裔・辰宮由佳理(姿晴香)を霊媒として選んだ。平井や文豪・幸田露伴(高橋幸治)の努力により加藤の企みは潰えたかに見えたが、由佳里の胎内には恐るべきサイキック・パワーを秘めた生命が宿っていた。加藤との闘いに敗れた平井は大正12年9月1日を帝都壊滅の日と予言し、明治天皇崩御の日、自刃する。大正12年9月1日。大地震は起こったが幸田は死闘の末、加藤に傷を負わせた。結局、将門の怨霊は目醒めず、帝都破壊は不完全に終わった。そして東京は渋沢らの手により急速に復興していった。昭和2年。日本初の地下鉄道が開通しようとしていたが、加藤の放った魔物が妨害していた。寺田はその解決策として西村真琴(西村晃)が作った日本で最初のロボット“学天則”を利用。加藤は力を回復し再び帝都破壊を企むが、新たな宿敵が現われた。将門の命を受け、由佳里の兄・辰宮洋一郎(石田純一)へ嫁いで来た目方恵子(原田美枝子)である。加藤は由佳里に産ませた雪子(山本清美)を銀座の雑踏で誘拐し、将門の霊を呼び戻そうとする。しかし、実は雪子は加藤の子ではなく洋一郎と由佳里の間に産まれた子だった。洋一郎は自らの霊力で将門の霊を封じ、恵子はサイキック・パワーで加藤と死闘を繰りひろげた。春。銀座では“帝都復興式典”が開かれ、賑わっている。花見客のあふれる神田明神では易者姿の泉鏡花(坂東玉三郎)が加藤に似た軍服姿の男を見つけドキッとするが、人ごみにまぎれて行った。

帝都物語

上の写真は、昭島市の昭和の森で総工費3億円と45日間を費やして、銀座4丁目交差点から新橋方面の街並みを150メートル3,000坪を再現し、銀座通りを走る市電も2,000万円を使って製造して走行させ、延べ3,000人のエキストラを動かしたそうだ。

帝都物語帝都物語
佐野史郎                         宍戸錠
帝都物語
帝都物語
帝都物語帝都物語
坂東玉三郎                       桂三枝

題名:帝都物語
監督:実相寺昭雄
企画:村井美登、宇田川和雅、花田良知
製作:堤康二
原作:荒俣宏
脚本:林海象
撮影:中堀正夫
照明:牛場賢二
特機:石井健、秋山勲
録音:瀬川徹夫
美術監督:木村威夫
特殊美術:池谷仙克
美術:内田欣哉
特技監督:大木淳吉
アニメーター:真賀里文子
特殊メイク:原口智生
衣装:川崎健二
装飾:安田彰一
記録:宍倉徳子
編集:浦岡敬一、ネガ編集:南とめ
音楽:石井眞木
製作総指揮:一瀬隆重
アソシエイト・プロデューサー:和田康作
プロデューサー:飯泉征吉
ビジュアルプロデューサー:久里耕介
コンセプチャル・デザイナー:H・R・ギーガー
特美デザイナー:大澤哲三
イメージ・デザイン:椋尾篁
衣裳デザイン:合田瀧秀
助監督:服部光則、油谷誠至
セカンドユニット・撮影:宮島正弘、小林裕
セカンドユニット・照明:熊谷茂
特殊効果:菅野幸光
視覚効果:中野稔
オプチカル:宮重道久
オプチカル合成:デン・フィルムエフェクト
現像:イマジカ
撮影機材:シネオカメラ
照明機材:三和照明
マネージメント:太田啓子(コダイ・グループ)
製作協力:ウイズ、大王製紙 企画協力:西洋環境開発
スチール:原田大三郎
出演:勝新太郎、嶋田久作、原田美枝子、石田純一、平幹二朗、坂東玉三郎、姿晴香、佐野史郎、いとうせいこう、寺田農、峰岸徹、中村嘉葎雄、宍戸錠、井川比佐志、島田正吾、大滝秀治、西村晃、桂三枝、寺泉憲、高橋幸治、山本清美
1988年日本・EXE/ビスタサイズ・カラー135分35mmフィルム
実相寺昭雄監督公式サイト
帝都物語-DVD-
2017年1月現在、DVDレンタルはありません。

帝都物語帝都物語
いとうせいこう                    姿晴香
帝都物語帝都物語
帝都物語
帝都物語帝都物語

映画「誘拐報道」

誘拐報道誘拐報道
萩原健一                     小柳ルミ子

今回は伊藤俊也監督1982年製作「誘拐報道」をピックアップする。
本作は、1980年に発生した宝塚市学童誘拐事件を描いた読売新聞大阪本社社会部編の同名ドキュメンタリーを基に作られた。
伊藤俊也監督は、小柳ルミ子さんのヒロイン役に固執し、渡辺プロダクションに何度も直訴したそうだが、拘束期間の長い映画には出させられないと断られた。そこで萩原健一さんが小柳さんを説得し、渡辺プロダクションも折れてようやくクランクインが決定した経緯があったそうだ。出演者の豪華な顔ぶれを見ても分かるが、大作である。故にシークェンスが多く散漫な印象を残し、冗長な流れに観る者の緊張が途切れるサスペンスだった。

【追記・訃報】
ドラマ「太陽にほえろ!」「傷だらけの天使」「前略おふくろ様」など数々の作品で知られる俳優で、グループサウンズ「ザ・テンプターズ」のボーカルも務めた萩原健一(はぎわら・けんいち、本名・敬三=けいぞう)さんが2019年3月26日午前10時30分、GIST(消化管間質腫瘍)のため都内の病院で死去したことが28日、分かった。68歳。埼玉県出身。所属事務所が発表した。「ショーケン」の愛称で親しまれ、一時代を築いた。
2019年3/28(木) 22:07配信 スポニチアネックス

誘拐報道誘拐報道
小柳ルミ子、萩原健一              秋吉久美子、岡本富士太
誘拐報道誘拐報道
秋吉久美子、岡本富士太               三波伸介

【ストリー】
豊中市の私立学園一年生の三田村英之(和田求由)が、下校途中に誘拐された。県警本部の発表で、犯人が英之少年の父で小児科医の三田村昇(岡本富士太)に三千万円の身代金を要求していることが分かった。各新聞社に“報道協定”の要請があり、子供の生命がかかっているため、各社は受けざるを得なかった。三田村家には遠藤警部(伊東四朗)以下六名の警察官が入り込み、昇や妻の緋沙子(秋吉久美子)と共に電話を待った。武庫川の川原に緋沙子が一人で来るようにとの電話があった。川原には英之の学帽とランドセルが置かれてあった。山岳地帯を貫いて、日本海側へ向かう高速自動車道。早朝の不甲峠を一台のムスタングが通過していく。数刻後、そのムスタングからサングラスの男が降り、公衆電話ボックスに向かった。ダイヤルをまわした先は三田村家。男は今日中に金をそろえるように指示して受話器を置いた。この知らせに大阪読売本社は色めきたった。「協定を結んだ以上、取材・報道は自粛するが、協定解除に向けて取材の準備はおこたりなく!」檄をとばす吉本編集局長(永井智雄)。同じ頃、日本海を見下す断崖の上から、犯人が布団袋に入れた子供を投げすてようとするが、密漁者たちがいるために失敗。その足で犯人=古屋数男(萩原健一)は老母のいる実家へ寄る。そこへ数男の妻・芳江(小柳ルミ子)から電話がかかってきた。芳江は喫茶店をだましとられた数男を助けようと造花工場で働いているのだ。気が弱いくせに見栄っばりな数男は娘の香織(高橋かおり)を私立学園に通わせていた。その香織と英之は同じクラスで仲良しだったのだ。実家を出た数男は再び英之を殺そうとするが、袋の中から「オシッコ!」と訴える英之に小用をさせているうちに殺意はしぼんでいった。途中で財布を落とし、持ち金も無くなった数男は、三田村家に電話を入れ、取り引き場所として宝塚市内の喫茶店を指示。捜査本部はあわただしく動き、記者たちも店を張り込んだ。危険を感じた数男は店に近づかなかった。風邪気味だった英之が悪寒を訴えた。このままでは英之が死んでしまう。焦る数男は、最後の指示を三田村家に伝えた。箕面市のレストランだ。三田村夫婦は警察に張り込まぬように哀願し、レストランの前で待った。しかし、数男は路上に張り込んだ刑事たちの姿を見つけた。万事休すだ。子供が死んでしまう。もう身代金は取れない……。翌朝、路上に停車して呆然としている数男が逮捕された。トランクの中の英之は無事だった。

誘拐報道誘拐報道
平幹二朗                     菅原文太

題名:誘拐報道
監督:伊藤俊也
企画:天尾完次、高井牧人
製作:高岩淡、後藤達彦
プロデューサー:松尾守、瀬戸恒雄
脚本:松田寛夫
撮影:姫田真佐久
照明:山口利雄
録音:林鉱一
音効:原尚
美術:今村力
装置:開米慶四郎
装飾:金田孝夫
美粧:井上守
美容:宮島孝子
衣装:内山三七子
記録:山内康代
編集:戸田健夫
音楽:菊池俊輔
現像:東映化学
進行主任:小島吉弘
助監督:森光正
スチール:加藤勝男
出演:萩原健一、小柳ルミ子、秋吉久美子、岡本富士太、和田求由、宅麻伸、三波伸介、伊東四朗、なべおさみ、丹波哲郎、菅原文太、平幹二朗、大和田伸也、中尾彬、池波志乃、平幹二朗、藤谷美和子、高沢順子、松尾嘉代、湯原昌幸、永井智雄、小倉一郎、藤巻潤、宮内洋、高橋かおり
1982年モントリオール世界映画祭審査員賞
1982年日本・東映+日本テレビ放送網/ビスタサイズ・カラー134分35mmフィルム
誘拐報道 [DVD]
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

誘拐報道誘拐報道
伊東四朗                    萩原健一

1 2