映画「竜馬暗殺」


中川梨絵、原田芳雄                   石橋蓮司

今回は黒木和雄監督1974年製作「竜馬暗殺」をピックアップする。
本作は、16mmフィルムで撮影され35mmにブローアップして上映された作品である。
白黒フィルムは、EKプラスエックス、ダブルエックスを使用したと思われるが、狙いで増感現像し粗粒子にしている。オリジナルネガから新たに作られたニュープリントをHDVテレシネしたD5テープを基に、DVD用オーサリングでNTSC方式に変換したデジタルぺーカムを使用したそうだ。それをキャプチャーしてデータ化(MPEG圧縮)したのがDVDである。ブローアップにこの工程で、暗部は潰れハイライトは飛んでいる。幕末青春群像の雰囲気は出ているが、35mm上映プリントで観たかった。


桃井かおり                        松田優作

【ストリー】
慶応3年11月13日。氷雨の下、京の街並を走り抜けていく男がいた。海援隊の常宿“酢屋”から“近江屋”の土蔵へ身を移す、坂本竜馬である。新しい時代を求めて、抗争と内紛の絶えなかったこの頃、身の危険を感じての竜馬の逃亡だったが、佐幕派の密偵がこれを見逃すはずがなかった。佐幕派はもちろん、大政奉還後の権力のせめぎあいから、勤皇派からもさえ竜馬は“危険な思想家”として狙われていた。しかし近江屋へ移った竜馬は意外なほど悠然とかまえていた。竜馬はすぐ隣の質屋に囲われている幡と知り合い、急速に接近した。だが、幡の許に通っている男が、新撰組隊士・富田三郎であることは知る由もなかった。そんな竜馬を狙わざるを得ない立場に追い込まれたのは、かつての同志、陸援隊々長・中岡慎太郎である。竜馬への友情を棄てきれない慎太郎は、竜馬を自分以外の男の手にはかけさせない、と決心していた。その慎太郎には近江屋の娘・妙という恋人がいた。妙は竜馬のかつての恋人である。一方、竜馬を狙う薩摩藩士・中村半次郎配下のテロリストで右太という瀬戸内の漁村から出奔した少年がいた。右太は幡の弟であった。十一月十四日。集団舞踏“ええじゃないか”を待つ町人や百姓たちをよそに、竜馬を狙う右太、慎太郎、そして幕府の密偵たち。狙われていることを知りながら慎太郎への友情を棄てきれない竜馬は、慎太郎に会うために女装して“ええじゃないか”の群にまぎれ込んだ。一方、幡は痴話喧嘩のはずみで、富田を殺害していた。その頃、“権力”は慎太郎をも抹殺することを決意していた。十一月十五日。この日、土蔵から近江屋の二階に移った竜馬と慎太郎は、何者かの手にかかって暗殺された。竜馬と慎太郎を殺し、右太をも葬り去ったのは、一体何者だったのか。“竜馬暗殺”を目撃した唯一の証人、幡は、折から叶屋になだれこんだ“ええじゃないか”にまぎれ込んで、二度と姿を現わすことがなかった……。


田村亮                         中川梨絵

題名:竜馬暗殺
監督:黒木和雄
企画:葛井欣士郎、黒田征太郎、富田幹雄
製作:葛井欣士郎、黒田征太郎、富田幹雄、宮川孝至
脚本:清水邦夫、田辺泰志
撮影:田村正毅
照明:上村栄喜
録音:加藤一郎
音効:中村幸雄
美術:山下宏
装飾:金杉正弥
衣裳:福富英治 (京都衣裳)
抜髪:福山善也
結髪:大沢菊枝
殺陣:久世竜
記録:安藤豊子
編集:浅井弘
音楽:松村禎三
撮影機材:三和映材社、記録映材社、青林舎
照明機材:東洋照明、加藤澄弘、C.T.C
現像:東京現像所
助監督:後藤幸一
監督助手:中田新一、李学仁
撮影助手:川上皓市、小林達比古、篠田昇
照明助手:栗田泰冶、淡路俊之、小原輝明
録音助手:矢野勝久
編集助手:鶴淵允寿、松永恒男
製作助手:岩城信行、山口秀矢
美術協力:阿部三郎、新富浩之、村山義博
抜髪助手:山崎邦夫
製作デスク:小松幸子
録音スタジオ:セントラル録音
題字:野坂昭如
協力:映像京都、東放制作、久世七曜会、人力舎
スチール:浅井慎平、佐々木美智子
出演:原田芳雄、松田優作、桃井かおり、石橋蓮司、中川梨絵、山谷初男、外波山文明、平泉征、田中筆子、田村亮、田中春男、粟津號、野呂圭介、川村真樹、天坊準、石井宣一、伴勇太郎、秋元健、西村克己、赤石武生
1974年日本・映画同人社+日本ATG/スタンダードサイズ・モノクロ118分16mmフィルム
竜馬暗殺 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


中川梨絵、原田芳雄、松田優作、石橋蓮司         竜馬暗殺

映画「妖怪百物語」


藤巻潤                      吉田義夫、高田美和

今回は安田公義監督1968年製作「妖怪百物語」をピックアップする。
当時妖怪ブームを巻き起こした作品で、油すまし、ろくろ首、ぬらりひょんなど日本古来の妖怪たちが勢揃いするが、全く怖くない内容だったが、光学合成(オプチカル)処理はレベルが高い。


坪内ミキ子、高田美和                 ルーキー新一

【ストリー】
豪商利右衛門(神田隆)は豊前守(五味龍太郎)や町内の権力者を招き、百物語という怪談の会を催した。これは、怪談がひとつ終るごとに灯をひとつずつ消していくもので、最後の灯が消えたとき妖怪が出ると言われている。そのため、終りには、必ず、つきもの落しのおまじないをすることになっていた。利右衛門は寺社奉行の豊前守と結託して、貸した金のかたに下町の甚兵衛(花布辰男)の長屋を取り壊し、岡場所をつくろうとしていたのだが長屋の人たちの反対にあっていた。そこでこの会を催したのだが、百物語が終っても利右衛門はおまじないもせず、来客に小判の包みを土産にして帰した。異変はすぐに起った。来客はその帰途、“おいてけ堀”の不気味な声におどされ小判はすべて堀の中に吸い込まれていったのだ。一方、忍び込んでいた長屋の浪人安太郎(藤巻潤)は話の終る前に、小判の包みを持ち出して甚兵衛に渡していた。甚兵衛はその金で借金を返したが、利右衛門は甚兵衛を重助に殺させて証文を奮ってしまった。一方、甚兵衛の娘おきく(高田美和)は、好色な豊前守の餌食になりかけていたところを、安太郎に救われた。しかし、長屋は、作業員たちによって取り壊されようとしていた。その時、様々な妖怪が作業員の目にうつり、彼らはおびえて逃げ出してしまった。その知らせに、利右衛門と重助(吉田義夫)は現場に急いだが、甚兵衛を殺した場所から巨大な“大首”が現われ、この妖怪に翻弄されて、二人はお互に相手を刺して死んでしまった。ちょうどその頃、豊前守の家にも妖怪が現われていた。狂ったように妖怪を斬ろうとする豊前守を見ていた安太郎は、寺社奉行の不正の証拠書類をつきつけたが、絶望した豊前守は自害して果てた。安太郎は幕府の目付役だったのだ。


妖怪百物語

題名:妖怪百物語
監督:安田公義
企画:八尋大和
脚本:吉田哲郎
撮影:竹村康和、田中省三
照明:伊藤貞一、美間博
録音:大角正夫
音効:倉嶋暢
美術:西岡善信、加藤茂
造型:八木正夫、エキスプロダクション
線画:ピー・プロダクション
技斗:楠本栄一
特技監督:黒田義之
特撮:森田富士郎
編集:菅沼完二
音楽:渡辺宙明
現像:東洋現像所
製作主任:西沢鋭治
助監督:太田昭和
スチール:小山田輝男
出演:藤巻潤、高田美和、坪内ミキ子、平泉征、ルーキー新一、林家正蔵、吉田義夫、浜村純、神田隆、五味龍太郎、花布辰男
1968年日本・大映京都撮影所/シネスコサイズ・カラー79分35mmフィルム
妖怪百物語 -DVD販売-
妖怪百物語[DMMレンタル]


妖怪百物語                  坪内ミキ子、藤巻潤、高田美和

映画「遊び」

遊び遊び
大門正明、関根恵子                関根恵子、大門正明

今回は増村保造監督1971年製作「遊び」をピックアップする。
本作は増村保造監督の大映での最後の作品であり、起死回生を狙った大映と日活の共同配給機構”ダイニチ映配”が解消となって倒産寸前の状態になり、本作の製作費が廻らず度々撮影が中断されたそうだ。しかしながら、若き日の蟹江敬三さんや平泉成さん、松阪慶子さん、昭和の日本映画を支えてきた名バイプレーヤーである杉山とく子さん、根岸明美さん、内田朝雄さんが出演しているのは貴重だ。

遊び遊び
内田朝雄                    大門正明、蟹江敬三

【ストリー】
町工場で働く、やっと十六歳になった少女(関根恵子)には、寂しい過去があった。数年前、ダンプの運転手をしていた父(内田朝雄)は、人身事故を起こして以来飲んだくれ、借金を残して死んでしまった。後には、造花の内職をするしか能のない母(杉山とく子)と、カリエスで寝たっきりの姉(小峯美栄子)が残され、少女は借金の返済のために、中学を卒業すると働きにだされた。狭苦しい工場の女子寮では、昼間の仕事に疲れながらもわずかな自由な時間を若い男に賭ける女子工員の熱気でむせかえっていたが、少女だけは、陰気だとののしられながらも寮にとじ込もり、給料を家に送り続けていた。ある日、もと工員のヨシ子(甲斐弘子)が、キャバレーのマネジャーを連れて寮にやってきた。
ヨシ子の口から語られるホステスの生活は、ベルトコンベアーに追い廻される工員たちにとっては夢のようであった。数日後、少女はヨシ子を尋ねるため町に出た。電話帳をめくる少女に、背の高い少年(大門正明)が声をかけた。少年は十八歳。父親は、蒸発し、母親(根岸明美)はおでんの屋台をひき、寂しくなると男をくわえこむ、飲んだくれのどうしようもない母親だったが、少年はぐれながらも面倒をみていた。今は、町のチンピラになった少年の最初のスケコマシの相手が少女だったのである。少年は、喫茶店に誘い、映画館に連れ込み、そして、兄貴(蟹江敬三)の指図する通り、連込み宿へと足を運んだ。少年は、少女の素直さに胸を打たれ、薄汚れた一室で兄貴たちに犯され、後はトルコ風呂(ソープランド)に売られていくことを想うと、少年の胸は震え、やくざのこわさを忘れた。少年は、見張りの宿のおやじを鉄びんでぶん殴り、少女を裏口から連れだし、タクシーに乗り込んだ。夜ふけ、二人は川辺の小さなホテルにたどりついた。少女は、生まれて初めてやさしくされ、母のことも、カリエスの姉のことも貧しかった過去もみんな忘れようとした。少年も兄貴を裏切ったこわさを忘れようとした。二人は浴衣を脱ぎ払った。少女の身体は、まぶしく美しかった。少年は、不器用に、少女の裸体を抱いた。翌朝、朝霧の中、二人は葦原を走り廻った。そして川辺に浮かぶ古い水舟を見つけると沖へ沖へと漕ぎだした。ぶくぶくと沈む舟の中で、服を脱ぎ捨てた二人はしっかりと抱き合った。二人の水舟は、キラキラ輝く海へと流されていった。

遊び遊び

題名:遊び
監督:増村保造
企画:藤井浩明
原作:野坂昭如「心中弁天島」
脚本:今子正義、伊藤昌洋、増村保造
撮影:小林節雄
照明:渡辺長治
美術:間野重雄
録音:須田武雄
編集:中静達治
音楽:渡辺岳夫
現像:東京現像所
助監督:崎山周
スチール:大葉博一
出演:関根恵子(高橋惠子)、大門正明、内田朝雄、蟹江敬三、松坂慶子、平泉征、杉山とく子、小峯美栄子、甲斐弘子、根岸明美、高橋由美子
1971年大映東京撮影所/シネスコサイズ・カラー89分35mmフィルム
遊び -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

遊び遊び