映画「失楽園」


役所広司                      黒木瞳

今回は森田芳光監督1997年製作「失楽園」をピックアップする。
本作は渡辺淳一氏による同名ベストセラーで、閑職に追いやられた中年サラリーマンと、冷めた夫婦関係に体を持て余した人妻が、激しい恋におちて情事を重ねていく姿を描いた性と愛のドラマだ。黒木瞳さんの濡れ場シーンが多く他に残らなかったが、久木文枝役の星野知子さんの芝居は特に素晴らしかった。


役所広司、黒木瞳               役所広司、寺尾聰

【ストリー】
出版社の敏腕編集者だった久木祥一郎(役所広司)は、ある日突然、編集の第一線から閑職の調査室配属を命じられた。そんな久木の前に、彼の友人・衣川(寺尾聰)が勤めるカルチャーセンターで書道の講師をしている松原凛子(黒木瞳)という美しい人妻が現れる。彼女は“楷書の君”と呼ばれているほど折り目正しく淑やかな女性だったが、久木の強引でひたむきな恋の訴えに、やがて彼を受け入れた。そして、週末毎に逢瀬を重ねていくうちに、凛子はいつの間にか性の歓びの底知れない深みに捕われていく。ふたりの関係は次第にエスカレートしていき、凛子の養父が死んだ通夜の晩、久木にせがまれた凛子は、夫や母親の眼を逃れて喪服姿のままホテルで密会した。凛子は罪悪感にさいなまれるが、それはかえってふたりの気持ちを燃え上がらせる。やがて、久木は密かに都内にマンションを借り、凛子との愛の巣を作り上げた。しかし、そうした大胆な行動は隠し通せるものではなく、凛子の夫・晴彦(柴俊夫)は興信所の調査で妻の不貞を知る。晴彦はあえて離婚しないことで凛子を苦しめようとし、一方、久木の妻・文枝(星野知子)は静かに、しかしキッパリと離婚してほしいと要求した。家庭や社会からの孤立が深まっていくなか、それでもふたりは逢うことを止めようとはせず、世間並みの日常が失われていく分だけ、ふたりだけの性と愛の充足は純度を増していく。そんな折、久木の会社に彼の行状を暴く告発文が送られてきた。久木は、それをきっかけに辞職を決意し、文枝との離婚も承諾する。凛子もまた晴彦や実母との縁を切って、久木のもとに走った。「至高の愛の瞬間のまま死ねたら」という凛子の願いに共感するようになった久木は、誰にも告げず、ふたりでこの世を去ろうと決意する。雪深い温泉宿へ向かった久木と凛子は、生命を絞るように激しく求め合ったまま、互いに毒の入ったワインを口にした。後日発見されたふたりの心中死体は、局所が結合したままの愛の絶頂の瞬間の姿であった。


柴俊夫、黒木瞳                  星野知子

題名:失楽園
監督:森田芳光
製作総指揮:角川歴彦
製作:原正人、永井正夫
原作:渡辺淳一
脚本:筒井ともみ
撮影:高瀬比呂志
照明:小野晃
録音:橋本文雄
音効:伊藤進一
美術:小澤秀高
衣装:松井律子
視覚効果:大屋哲男 (マリンポスト)
編集:田中愼二
記録:森永恭子
音楽:大島ミチル 音楽プロデューサー:石川光 音楽録音:伊藤圭一
現像:イマジカ
助監督:杉山泰一
スチール:安保隆
出演:役所広司、黒木瞳、星野知子、柴俊夫、寺尾聰、平泉成、木村佳乃、岩崎加根子、中村敦夫、小坂一也、あがた森魚、石丸謙二郎、原千晶
1997年日本・東映+エースピクチャーズ/ビスタサイズ・カラー119分35mmフィルム
失楽園 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


映画「その男、凶暴につき」


ビートたけし                        白竜

今回は北野武監督1989年製作「その男、凶暴につき」をピックアップする。
本作は当初プロデューサーの奥山和由氏が、深作欣二監督に依頼した企画であり、深作監督が降板した事で、急遽ビートたけしさんが主演・監督をする事に至り、たけしさんは、脚本の書き直しを唯一の条件に引き受け、北野武名義で第1回監督作品を務める事となった。今までのバイオレンス映画と違い、時間の流れ、間の取り方が、秀悦な描き方をしており、その後の北野武監督作品を予感する思いだった。


芦川誠、ビートたけし                  平泉成

吉澤健                         音無美紀子

【ストリー】
一匹狼の刑事・我妻諒介(ビートたけし)は、凶暴なるがゆえに署内から異端視されていた。ある晩、浮浪者を襲った少年の自宅へ押し入り、殴る蹴るの暴行を加えて無理矢理自白させた。暴力には暴力で対抗するのが彼のやり方だった。麻薬売人の柄本(遠藤憲一)が惨殺された事件を追ううち、青年実業家・仁藤(岸部一徳)と殺し屋・清弘(白竜)の存在にたどり着いたが、麻薬を横流ししていたのは、諒介の親友で防犯課係長の岩城(平泉成)だった。やがて岩城も口封じのため、自殺に見せかけて殺されてしまう。若い菊地(芦川誠)は諒介と組むが、いつもハラハラのし通しだった。一方、清弘の仲間たちは知的障害の少女を諒介の妹(川上麻衣子)と知らずシャブ漬けにして輪姦する。諒介は刑事を辞めて、岩城の復讐のために仁藤を撃ち殺した。さらに清弘もアジトで射殺するが、その死体にすがるのは変わり果てた妹・灯の姿だった。諒介は最愛の妹にも引き金をひいたのだった。その時、背後から忍び寄った仁藤の部下・新開(吉澤健)が諒介を射殺、菊地に岩城の代わりをさせて麻薬の密売を引き継ぐことになったのだった。


佐野史郎                    岸部一徳、吉澤健

題名:その男、凶暴につき
監督:北野武
製作総指揮:奥山和由
製作:鍋島壽夫、吉田多喜男、市山尚三
原案:奥山和由
監修:黒井和男
脚本:野沢尚
撮影:佐々木原保志
照明:高屋齋
録音:堀内戦治
音効:帆苅幸雄(東洋音響)
МA:アオイスタジオ リーレコ:岩橋政志
美術:望月正照
装置:福田義昭
装飾:遠藤光男、毛尾喜泰
小道具:中島順子
特殊効果:納富貴久男、唐沢裕一
特殊メイク:原口智生
擬闘:菊地竜志、津川誠(菊地剣友会)
ガンエフェクト:BIGSHOT
カースタント:竹内雅敏(カースタントTAKA)
特殊機械:中村雅敏
美粧:浜田芳恵、博田佳子
配役:吉川威史
記録:中田秀子
編集:神谷信武 ネガ編集:大橋まさみ、錦織朱美
音楽:久米大作 音楽プロデューサー:佐々木麻美子 挿入歌:トレイシー「ガール・ユー・ニード」
現像:東京現像所 タイミング:福島宵行
製作担当:貝原正行
製作主任:黒田晃司
製作進行:中村秀康
進行助手:近藤信二
監督補:天間敏広
助監督:月野木隆
監督助手:加門幾生、宮島英紀、中西健二
撮影助手:図書紀芳、相馬健司、柳田裕男、小柴健二
照明助手:中村裕樹、清水康利、院瀬見昭佳、井上信治、内田浩策、鈴木敦子
録音助手:佐久間猛、石見洋
美術助手:沢路和範
編集助手:西岡容子、井山和彦
車両担当:西垣恵一、三浦了、斎藤重信
撮影スタジオ:にっかつ撮影所
製作協力:森昌行、ライトヴィション
企画協力:末吉博彦
スチール:野上哲夫
出演:ビートたけし、白竜、川上麻衣子、佐野史郎、吉澤健、芦川誠、岸部一徳、平泉成、遠藤憲一、音無美紀子、上田耕一
1989年日本/ビスタサイズ・カラー103分35mmフィルム
その男、凶暴につき -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


ビートたけし、川上麻衣子                ビートたけし

映画「極道の妻たち 最後の戦い」


岩下志麻                        かたせ梨乃

今回は山下耕作監督1990年製作「極道の妻たち 最後の戦い」をピックアップする。
本作は家田荘子氏の原作ルポルタージュをベースにした新しいタイプの任侠映画として、極妻(極道の妻)に焦点を当てたヒットシリーズ第4作で、内容的には第1作に劣るが、見事な嵌り役を魅せた岩下志麻さんの凄みが素晴らしい。本作以降、岩下志麻さん主演で以下の6作品が作られた。

1991年「新極道の妻たち(監督:中島貞夫)」
1993年「新極道の妻たち 覚悟しいや(監督:山下耕作)」
1994年「新極道の妻たち 惚れたら地獄(監督:降旗康男)」
1995年「極道の妻たち 赫い絆(監督:関本郁夫)」
1996年「極道の妻たち 危険な賭け(監督:中島貞夫)」
1998年「極道の妻たち 決着[けじめ](監督:中島貞夫)」


小林稔侍                         中尾彬

津川雅彦                       かたせ梨乃、岩下志麻

【ストリー】
関西地区を牛耳る広域暴力組織の中松組が跡目相続問題で分裂した。5年後、枝分かれをした川越会本部では病床の川越会長(須賀不二男)をはじめ、幹部連中が集まっていた。その中に服役中の瀬上組々長瀬上雅之(小林稔侍)の妻芙有(岩下志麻)の姿もあった。彼女は夫の服役中、気丈の強さで組織の運営を務めているのだ。そんな時、5年前に中松組の銃弾で夫を失った伊勢夏見(かたせ梨乃)という女が残った組員の根津豊(哀川翔)を連れて大阪へやって来る。そしてふとした事件で出会った芙有と夏見は固い友情で結ばれるのだった。亡き夫の復讐に燃える夏見は、瀬上組を中松組と互角に張り合える組織へ拡大しようとする芙有に協力するが、川越会系組長の光石(品川隆二)の裏切りにあい、夏見は乱闘の末光石を射殺しそのまま身を隠してしまう。夏見からの連絡も途絶え、妹分の安否が気にかかった芙有は確たるあてもなく夏見の故郷である美浜へと足を向けた。だがそんな芙有の心配をよそに夏見は仇である中松組々長田所亮次(中尾彬)を射めようとするが、逆に銃弾を浴び息絶えてしまうのだった。それは中松組に丸め込まれた川越会が解散をした直後であった。出所後、中松組におだてあげられていた瀬上は結局自分がただの道化役であったことに気付き、戦争を再開しようとするが、芙有は豊らを連れて組を去って行く。そして夏見の死に決着をつけるべく、芙有は田所を射止めるのだった。


石田ゆり子                        森永奈緒美

哀川翔、石田ゆり子                   中尾彬、岩下志麻

題名:極道の妻たち 最後の戦い
監督:山下耕作
企画:日下部五朗
製作:奈村協、天野和人
原作:家田荘子
脚本:高田宏治
撮影:木村大作
照明:増田悦章
録音:伊藤宏一
整音:荒川輝彦
音効:堀池美夫、栗山日出登
美術:井川徳道
装置:梶谷信男
装飾:極並浩史
背景:西村三郎
衣裳:宮川信男
美粧:田中利男
結髪:山田真左子
擬斗:菅原俊夫
配役:葛原隆康
記録:田中美佐江
編集:市田勇
音楽:津島利章
現像:東映化学
製作主任:長岡功
製作進行:尾崎隆夫
助監督:鈴木秀雄
監督助手:長岡鉦司、石川一郎
演技事務:藤原勝
撮影補佐:信坂利文
撮影助手:田中勇二、松本嘉通、木子尚久、村上喜代美
照明助手:磯野雅宏、三上日出志、魚住俊哉、矢島俊幸、永坂良一、山口晴弘
録音助手:山口勉、近藤義兼
美術助手:今井高瑞、秋好泰海、後藤雄一郎
編集助手:坂口由美、藤田和延
装置助手:平始 装飾助手:宮村敏正、岩花学
衣装助手:中村恵 結髪助手:生長幸子
スタイリスト:市原みちよ、金丸照美
ヘアメイク:小島大誠(岩下志麻)、早藤みちよ(かたせ梨乃)、村上景子(石田ゆり子)
刺青:毛利清二
スチール:中山健司
出演:岩下志麻、かたせ梨乃、小林稔侍、哀川翔、津川雅彦、石田ゆり子、森永奈緒美、中尾彬、西村和彦、曽根晴美、三上真一郎、平泉成、品川隆二、中村美律子、緒形幹太、浜田晃、須賀不二男、野口貴史
1990年日本・東映京都撮影所/ビスタサイズ・カラー116分35mmフィルム
極道の妻たち 最後の戦い -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


岩下志麻                      極道の妻たち 最後の戦い

1 2