映画「黒い賭博師 悪魔の左手」


小林旭                    広瀬みさ、横山道代

今回は中平康監督1965年製作「黒い賭博師 悪魔の左手」をピックアップする。
賭博師シリーズ第8弾の本作は、”無国籍色”が強く、パンドラ王国の俳優が全員日本人というのが何とも言えない。リアルタイムで劇場で見てはいないが、パロディを狙ったものなのか大真面目なのか理解に苦しむ。


パンドラ王国の人々

【ストリー】
回教国パンドラ王国の若い国王アブダラ三世(大泉滉)は、野心に燃える賭博大学の技術部長“教授”(二谷英明)にあやつられて、すべてのギャンブルを国営化し、その利益で水爆を買入れ、世界を支配しようとしていた。そして、この計画の第一歩になる日本のギャンブル市場の獲得に邪魔なギャンブラー氷室(小林旭)を亡きものにしようと、氷室に対決させるべく選りすぐった三人のギャンブラーと親衛隊を極秘裡に日本に潜入させた。ところがこの馬鹿気た計画を知り、何とかこれを思いとどまらせようというアブダラ三世の第二王妃チューリップこと春野うらら(広瀬みさ)は、彼等の計画を断念させるために氷室を護ろうと、彼のあとをつきまとった。そんな氷室に盲目のギャンブラー第一号(天坊準)がダイスで勝負を挑んだ。しかし氷室は、巧みに隠された第一号のイカサマを見破り、敗れた第一号は彼をつけていた親衛隊のために殺された。続いて日本の暴力団のボス蒲郡をポーカーで散々の目にあわせた少年第二号(ジュディ・オング)が、一度目はボーリングで、二度目は競艇で氷室に勝負を挑んできたが、これも少年が敗れ、少年は親衛隊に殺された。この間氷室をやぶる科学的データーを記した“ファイル8”を持つうららは、これを取返しに来た教授一味に狙われていた。一方の氷室は、教授につきそわれた第三号ど呼ばれる婆さんと地下室の賭博場で対決していた。婆さん(原泉)の奇策で氷室は負け続けた。
が、その時、氷室を慕う女、時子(横山道代)が回教徒が忌み嫌う豚をもって、とびこんできた。この奇襲に落着きを失った婆さんは、それ以後氷室に敗け続け、勝負は氷室の逆転勝ちとなった。氷室は、この密閉された部屋に爆薬が仕かけてあるのを知り、外にひそませていた彼の子分チョンボ(鈴木ヤスシ)の助けで時子、うららたちと部屋を脱出した。運のつきたのを悟った教授は残り、数分後そのまま部屋は爆破された。この計画の失敗で、アブダラ三世もめざめ、もとの平凡な国王に帰った。大任を果した氷室は、またあてどないギャンブルの旅にでていくのだった。


鈴木やすし                    ジュディ・オング

題名:黒い賭博師 悪魔の左手
監督:中平康
企画:児井英生
製作:亀井欽一
脚本:小川英、山崎忠昭
撮影:山崎善弘
照明:高島正博
録音:神保小四郎
美術:松井敏行
特技:金田啓治
編集:丹治睦夫
音楽:伊部晴美
現像:東洋現像所
製作主任:亀井欽一
助監督:村田啓三
色彩計測:畠中照夫
スチール:浅石靖
出演:小林旭,、二谷英明、鈴木やすし、広瀬みさ、横山道代、二谷英明、浜川智子、山崎忠昭、谷村昌彦、大泉滉、ジュディ・オング、原泉、天坊準、郷英治、神田隆
1965年日本・日活/シネスコサイズ・カラー93分35mmフィルム
黒い賭博師 悪魔の左手 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


横山道代、谷村昌彦                    小林旭、二谷英明

映画「大空に乾杯」

大空に乾杯
吉永小百合

今回は斎藤武市監督1966年製作「大空に乾杯」をピックアップした。
本作は全日空(ANA)全面協力で作られた吉永小百合さん主演の日活青春映画だ。スチュワーデス物語としてのスポコン的側面はほぼ無い内容だが、映画会社が映画を作っていた時代のプログラムピクチャーであり、昭和が描かれている。中でも吉永小百合さんのスッチー姿が可愛いのに癒される。

大空に乾杯大空に乾杯
吉永小百合                      浜田光夫

私は80年代、撮影チーフの時に監督と仕事をさせて戴いたのを思い出した。
斎藤武市監督は松竹大船撮影所に助監督として入社、小津安二郎監督に師事してから1954年にの西河克己監督の勧誘を受け、同期の鈴木清順監督、中平康監督と共に日活に移籍した。1959年「ギターを持った渡り鳥」が大ヒットしてシリーズ化され娯楽映画監督としての地位を確立され1970年にフリーになり、東映とテレビの仕事が中心になって活躍されたが、2011年1月に亡くなっている。謹んでご冥福をお祈りしたい。

大空に乾杯大空に乾杯
十朱幸代                        広瀬みさ
大空に乾杯大空に乾杯
和泉雅子

【ストリー】
スチュワデス滝村ゆり子(吉永小百合)はきびしい二カ月の訓練を経て、やっと処女飛行に飛び立つことになった。そんなゆり子を、滝村家の庭の花壇の手入れに通っていた園芸大学の学生北倉誠(浜田光夫)は自分のオート三輪で羽田空港まで送った。ゆり子が初搭乗した飛行機は、関名俊太郎機長(葉山良二)のボーイング727ジェット機だったが、ゆり子は、同乗のスチュワデス朝子(十朱幸代)や関名の恋人である教官の工藤冴子(広瀬みさ)のおもいやりで、無事大任を成しとげた。それから数日、誠は仕事の合間、ゆり子の父健造(下元勉)に、自分の夢を話した。--自分で広い花畑をもち、その中でオヘソをだして一人で寝たい、というのだ。が、そんな誠の当面の目的は、苦心して育てた、ベコニヤ・ピクタの花を咲かせたいとゆうことだ。ゆり子は、そんな誠の花と対するときの美しい瞳の輝やきに次第に魅かれていった。やがて、ゆり子の二度目の飛行の時がやって来た。そして、やっと仕事になれたゆり子は、この飛行中、酸素欠乏症になった、財界の大立物立花啓佐衛門(清水将夫)の孫である男の子を、とっさの機転で助けた。その後ゆり子は、感謝のしるしにと立花邸に招待された。そしてその席で、立花は息子の啓介をゆり子に紹介した。啓介(平田大三郎)は、すっかりゆり子が好きになり、その後、ナイトクラブにゆり子を誘った。だが、誠を恋するようになっていたゆり子の心は、そこにはなかった。そうしたことがあった数日後、ゆり子は啓介の方からもちこまれた縁談を断った。母の菊子は、残念がったが、父健造は自分の若い経験を娘にまでさせたくないと賛成してくれた。健造は、病院長の地位を得るために、菊子と愛のない結婚をしたのだった。ゆり子はこれを知り、両親に離婚をすすめた。このゆり子のいたいけな心づかいに反省した健造と菊子は、夫婦として再出発することを誓った。やがて誠のベコニヤ・ピクタの花の咲く日がやって来た。朝日に美しく輝き花開いたベコニヤ・ピクタを前に、二人は初めての抱擁を交わしお互いの愛情をたしかめあうのだった。

大空に乾杯大空に乾杯
ボーイング727

題名:大空に乾杯
監督:斎藤武市
企画:高木雅行
原作:若山三郎
脚本:白坂依志夫、中野顕彰
撮影:萩原憲治
照明:大西美津男
録音:古山恒夫
美術:坂口武玄
記録:白鳥あかね
編集:近藤光雄
音楽:小杉太一郎
現像:東洋現像所
助監督:斎藤和三
色彩計測:前田米造
スチール:目黒祐司
出演:吉永小百合、和泉雅子、浜田光夫、十朱幸代、広瀬みさ、小高雄二、花ノ本寿、川地民夫、平田大三郎、椎名伸枝、谷川玲子、原恵子、鈴木俊子、須田喜久代、横田楊子、鏑木はるな、林泰江、中庸子、大谷木洋子、西原泰江、大塚トミエ、加藤ヒロ実、小橋玲子、高木美恵子、高木秀代、小橋玲子、糸賀靖雄、山口吉弘、桂小かん、押見史郎、吉田毅、田村清臣、石岡寿一、テーラー、ペドロ・フェルナンデス、葉山良二、下元勉、佐々木すみ江、清水将夫
1966年日本・日活/シネスコサイズ・カラー96分35mmフィルム
吉永小百合 青春映画 ANA特選DVD-BOX
2016年7月現在、DVDレンタルはありません。

大空に乾杯
大空に乾杯

大空に乾杯
大空に乾杯