映画「まむしの兄弟 お礼参り」


菅原文太                     川地民夫、菅原文太

今回は本田達男監督1971年製作「まむしの兄弟 お礼参り」をピックアップする。
“まむしの兄弟シリース”は、東映京都撮影所で1971年から1975年にかけて9作品が、菅原文太さんと川地民夫さん主演で制作された。本作はシリーズ第2作になる。

【まむしの兄弟シリース】
1971年「懲役太郎 まむしの兄弟」監督:中島貞夫
1971年「まむしの兄弟 お礼参り」監督:本田達男
1972年「まむしの兄弟 懲役十三回」監督:中島貞夫
1972年「まむしの兄弟 傷害恐喝十八犯」監督:中島貞夫
1973年「まむしの兄弟 刑務所暮し四年半」監督:山下耕作
1973年「まむしの兄弟 恐喝三億円」監督:鈴木則文
1974年「まむしの兄弟 二人合わせて30犯」監督:工藤栄一
1974年「極道VSまむし」監督:中島貞夫 主演:若山富三郎 ※コラボ作品
1975年「まむしと青大将」監督:中島貞夫
※各作品のリンクは、予約投稿で表示しないページがありますが、後日表示されます。


安藤昇                         工藤明子

【ストリー】
州本で一家をかまえる父竹之助が、自分の縄張りにレジャーランドを建設しようとする兵頭組の申しでを断わったために暗殺されたことを知った京一(久保明)は、政(菅原文太)と勝(川地民夫)の助けを借て脱走を計るが失敗し殺されてしまう。刑期を終えた政と勝はこれが縁で藤島組にワラジをぬぐことになった。早速二人は兵頭が経営するソープランドに殴り込みをかけ意気揚々と引きあげるが、京一の姉あき(工藤明子)は、素人衆にまで迷惑をかけたと怒り、二人は仕方なく一家を後にする。しかし、あきに未練のある政は、あきの危機を知ると駆けつけて大暴れするが、そこへ、京一の死に水をとった大阪大同会幹部二階堂(安藤昇)が現われ、さしもの兵頭(遠藤辰雄)も引きさがるしかなかった。腹のおさまらないのは政で、二階堂に喰ってかかるが、かなう筈もなかった。焦った兵頭は最後の手段としてあきを人質にした上、二階堂を闇討ちにしてしまった。二階堂の死によって大同会の助っ人が州本に向う。助っ人がくるまで兵頭を叩くことが男を売るチャンスとばかりマシンガンで武装した二人が兵頭組に殴り込みをかけた。二人の活躍はめざましく、ついに兵頭を追いつめ、とどめを刺した。夜明けの太陽が海岸を照らし始めた頃、二人は意気揚々と14回目の懲役に向うのだった。


谷村昌彦                        菅井きん

題名:まむしの兄弟 お礼参り
監督:本田達男
企画:俊藤浩滋、橋本慶一、佐藤雅夫
原案:斯波道男
脚本:高田宏治、鳥居元宏
撮影:赤塚滋
照明:北口光三郎
録音:東城絹児郎
美術:石原昭
装置:稲田源兵衛
装飾:柴田澄臣
美粧・結髪:東和美粧
衣裳:豊中健
擬斗:土井淳之祐
記録:石田照
編集:堀池幸三
音楽:菊池俊輔
進行主任:長岡功
助監督:清水彰
スチール:杉本昭三
出演:菅原文太、川地民夫、安藤昇、工藤明子、久保浩、女屋実和子、三島ゆり子、遠藤辰雄、名和広、谷村昌彦、芦屋小雁、潮健児、広瀬義宣、有川正治、菅井きん、北村英三
1971年日本・東映京都撮影所/シネスコサイズ・カラー89分35mmフィルム
まむしの兄弟 お礼参り -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


工藤明子、名和宏、遠藤辰雄             菅原文太、川地民夫

映画「緋牡丹博徒 二代目襲名」


藤純子

藤純子                      高倉健

今回は小沢茂弘監督1969年製作「緋牡丹博徒 二代目襲名」をピックアップする。
本作は緋牡丹博徒シリーズ全8作の第4作になる。内容は、故郷・熊本へ帰ったお竜さん(藤純子)は、鉄道敷設工事を妨害する宝満一家の悪らつな妨害に屈せず、鉄道施設を完成させて矢野一家・二代目を正式に襲名するというもの。


遠藤辰雄、八代万智子             清川虹子、藤純子

【ストリー】
明治の中頃。父の死後、渡世修行の旅を続けたお竜(藤純子)は、7年ぶりに故郷熊本へ帰った。その時、元矢野一家の飛車角(広瀬義宣)、常(高宮敬二)、新入りの大風呂敷(長門裕之)、それに道後からは、富士松(待田京介)、清吉(大前均)が駈けつけ、お竜の念願だった矢野一家が再興された。折しも、筑豊地方に炭田が開発され、遠賀川流域は活況を呈していた。だが、石炭運搬のために、九州の親分衆が請負いの鉄道敷設工事をはじめると、川船業者の激しい妨害にあい、工事を降りる組が相ついだ。そんな中で、お竜の叔父川辺(嵐寛寿郎)は、仕事の続行をお竜に託し世を去った。しかし、川人足の元締の赤不動の勘蔵(石山健二郎)は、矢野一家にも手荒く迫った。一方、鉄道院では、永久出入りの特典をつけ、完成を急いだ。お竜は、親分衆に励まされ工事完遂に努力したが、宝満一家の荒木田(天津敏)は勘蔵に近づき妨害に出た。だが、勘蔵は狂暴な荒木田のやり口に態度を硬化させ、お竜に工事の協力を申出た。宝満一家は報復手段に出た。お竜が面倒をみている雪江(時美沙)を人質にすると、半次(和崎俊哉)にお竜を殺すよう命じた。半次から訳を聞いたお竜は、サイの目勝負に勝ち雪江を取戻した。それから数日、筑豊鉄道が完成した。そして、お竜の二代目襲名披露が行なわれた。だが、宝満一家は一番列車を転覆させ、手抜き工事を指摘し、現場に向うお竜らを襲った。卑劣な荒木田はやがて、お竜と矢代の活躍に葬られた。


長門裕之

題名:緋牡丹博徒 二代目襲名
監督:小沢茂弘
企画:俊藤浩滋、日下部五朗
原作:火野葦平
脚本:鈴木則文
撮影:吉田貞次
照明:井上孝二
録音:野津裕男
美術:井川徳道
記録:牧野淑子
編集:神田忠男
音楽:木下忠司
フィルム:富士フィルム
現像:東映化学
製作主任:福井良春
監督助手:本田達男
スチール:中山健司
出演:藤純子(富司純子)、高倉健、長門裕之、待田京介、小松方正、八代万智子、嵐寛寿郎、清川虹子、天津敏、遠藤辰雄、時美沙、大前均、石山健二郎、広瀬義宣、高宮敬二
1969年日本・東映/シネスコサイズ・カラー95分35mmフィルム
緋牡丹博徒 二代目襲名 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


藤純子

緋牡丹博徒 二代目襲名

映画「嵐を呼ぶ十八人」

嵐を呼ぶ十八人嵐を呼ぶ十八人
早川保                      香山美子、早川保

今回は吉田喜重監督1963年製作「嵐を呼ぶ十八人」をピックアップする。
本作は吉田監督が松竹大船時代に皆川敏夫氏の原作を脚色し、巨匠成島東一郎氏の撮影と黒澤組の佐野武治氏が照明を担当された作品だ。18人の若者は、一般からの公募されたそうで、ドラマのベースは群像だが、緻密な構成で見事に造船場で働く社外工の青年たちの姿を描いている。従来の群像映画と比較にならないほど質が高い。

作品リスト

嵐を呼ぶ十八人嵐を呼ぶ十八人
殿山泰司、早川保、芦屋雁之助           根岸明美、早川保

【ストリー】
瀬戸内海に面した呉市のY造船所。島崎宗夫(早川保)はK造船所の下請工場、大和田組の社外工であった。或る日、厚生係長村田(殿山泰司)から寮の管理をすれば特別給与も出すと言われた。月給の大半を酒と賭博で使い果す彼にしてみれば渡りに舟だった。十八人の入寮者、彼等は大阪で食いつめタコ師の森山(芦屋雁之助)の手を通して流れ込んで来た札つきの連中であった。花札をひく連中、日出男、やすお、みのる、良夫、あきらや、町の与太者と喧嘩する連中。こうした十八人との共同生活に手を焼く島崎に暖い目を向けるのは飲み屋の娘ノブ(香山美子)と村田の妹で高校の教師をしている久子(根岸明美)だった。やがて、造船所にも夏期手当闘争シーズンが来た。組合員でない彼等社外工の稼ぎ時を労動者の正義窓でボイコットを考えた島崎だが、タンカーの響きに魅いられ、ストで残業が続いた。懐の暖くなった島崎や彼等は夏祭りの夜、打揃って町に出た。ジャズ喫茶に入ったみのる(近藤たかし)と精一(生島孝治)は町の与太者和夫(平尾昌晃)らに殴られ、急を聞いて駈けつけた島崎や日出男(松井英二)に救けられたが、この騒ぎの間にあきら(安川洋一)がノブを暴行した。島崎の怒りは爆発した。あきらは自殺未遂をやり、「わいがやったんや」と嗚咽するのだった。広島へ移ったノブを追った島崎は、ノブの気持を知り結婚する気持になっていた。二人の結婚式の翌日彼等は再び森山の手で北九州へ旅立つことになった。母親が迎えに来た清一を残し、十七人を乗せた汽車が出発するとき、母の手を振り切った清一は「わいも行くでみんなと」と飛び乗った。追おうとする母親をとめた島崎は「ええんや、あれでええんや」列車は呉市を離れて行った……。

嵐を呼ぶ十八人嵐を呼ぶ十八人
生島孝治、浪花千栄子、殿山泰司

題名:嵐を呼ぶ十八人
監督:吉田喜重
製作:荒木正也
原案:皆川敏夫
脚本:吉田喜重
撮影:成島東一郎
照明:佐野武治
録音:奥村泰三
美術:大角純一
衣装:植田光三
編集:太田和夫
音楽:林光
現像:東洋現像所
出演:早川保、香山美子、殿山泰司、平尾昌晃、芦屋雁之助、根岸明美、浪花千栄子、浦辺粂子、松井英二、安川洋一、広瀬義宣、生島孝治
1963年日本・松竹/シネスコサイズ・モノクロ108分35mmフィルム
嵐を呼ぶ十八人 [DVD]
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

嵐を呼ぶ十八人嵐を呼ぶ十八人