映画「東京の暴れん坊」


小林旭                        浅丘ルリ子

今回は斎藤武市監督1960年製作「東京の暴れん坊」をピックアップする。
本作は当時共演が多かった小林旭さんと浅丘ルリ子さんの息の合ったマシンガン・トークが見ものだ。さらに銀座の銀座四丁目交差点 服部時計店などや文京区の後楽園球場(現:東京ドーム)、小田原市箱根町芦ノ湖のロケなど時代の貴重な背景にも価値がある様に思う。


小川虎之助、近藤宏

【ストリー】
銀座のキッチン「次郎」の若主人清水次郎(小林旭)は、パリー帰りのフランス料理の名人で、元レスリング選手の美男子である。銭湯松の湯で彼が鼻うたを歌うと、女湯ではバーのマダム、リラ子や他の女たちが大騒ぎである。松の湯の娘秀子(浅丘ルリ子)は次郎の大学の後輩である。彼女の一家は、銭湯を改造して大ソープランドを作ろうとする代議士浅井(三島雅夫)の誘惑をうけていた。浅井の息子隆三(相原巨典)は秀子に求婚していた。キッチン「次郎」に、元総理大臣で政界の黒幕である一本槍鬼左衛門(小川虎之助)がやってきた。新聞記者やお供などが彼を追いかけてきて大騒ぎである。次郎は厳然として彼の非礼をたしなめた。この事件で鬼左衛門はすっかり次郎が気に入ってしまった。翌日ぐれん隊台風くらぶの幹部千吉(近藤宏)と小西(弘松三郎)がが、このことをネタに鬼左衛門をユスリに出かけたが、やってきた次郎に撃退された。キッチン「次郎」は鬼左衛門のきもいりで日本一の料理店に改装された。開店祝いの日、リラ子(中原早苗)が店にかけこんできた。次郎は彼女をめぐる三人の男たちの争いをおさめてやった。ぐれん隊の千吉は次郎の部下になった。ある日、女給のトシ子(千代侑子)が中村清という男にすてられて自殺を計った。次郎はトシ子をなぐさめ、相手の男を探しに行った。ところが意外に中村は子もちで、女房のいる男だった。だが次郎は、中村が実は身代りの男で、実際のトシ子の相手は浅井隆三なのを見破った。次郎は策を用いて、秀子と隆三の結婚式に身代り花嫁としてトシ子を送りこんだ。一本槍老の計いでトシ子は隆三と結ばれた。浅井代議士は台風くらぶの連中を使って「次郎」の店をこわしたが、一本槍老は、再び丈夫な建物を作ってやると笑うのだった。


「東京の暴れん坊」銀座四丁目交差点(1960年)の実景

「東京の暴れん坊」日活撮影所内オープンセット

中原早苗、十朱久雄、小沢昭一、藤村有弘

題名:東京の暴れん坊
監督:斎藤武市
企画:岩井金男
原作:松浦健郎
脚本:石郷岡豪
撮影:高村倉太郎
照明:大西美津男
録音:米津次男
美術:中村公彦
記録:白鳥あかね
編集:近藤光雄
音楽:小杉太一郎 主題歌:小林旭「ノーチサヨン節」「東京かっぽれ」
現像:東洋現像所
製作主任:栗橋正敏
助監督:神代辰巳
色彩計測:幸田守雄
スチール:石川久宜
出演:小林旭、浅丘ルリ子、中原早苗、藤村有弘、近藤宏、小沢昭一、内田良平、小川虎之助、十朱久雄、三島雅夫、野呂圭介、森川信、相原巨典、弘松三郎、千代侑子
1960年日本・日活/シネスコサイズ・カラー79分35mmフィルム
東京の暴れん坊 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


東京の暴れん坊

映画「ギターを持った渡り鳥」

ギターを持った渡り鳥ギターを持った渡り鳥
小林旭                         宍戸錠

今回は斎藤武市監督1959年製作「ギターを持った渡り鳥」をピックアップする。
本作は、無国籍アクションという独自のジャンルを誕生させた小林旭さんの”渡り鳥シリーズ”の第一弾だ。以降1962年まで合計8作が作られた。本作は、函館港、七財橋、旧函館区公会堂、函館市地域交流まちづくりセンター、函館山ロープウェイ、函館山などの函館ロケーションが行われ、ホールを含む室内は日活調布撮影所セットの様だ。

ギターを持った渡り鳥ギターを持った渡り鳥
浅丘ルリ子                    金子信雄、宍戸錠

【ストリー】
港町にギター背中に流れて来た伸次(小林旭)は、喧嘩で危い流しのサブ(野呂圭介)を救ったことから親分の秋津(金子信雄)にひきあわされた。秋津は自分の娯楽センター拡張のため、親切ごかしに金を貸し利子の期限切れを種に暴力的に土地を立退かせていた。伸次の腕力と嚇しはマーケットの住民をふるえあがらせた。秋津は沖合にある小島にもセンターを作る関係上丸庄漁業に伸次を使にたてた。しかし庄司の女房澄子(中原早苗)が秋津の実妹と知るとこの仕事を断った。会った時から伸次に惹かれていた秋津の娘由紀(浅丘ルリ子)は叔母のために手を引いた彼に一層の好意を寄せた。ある日神戸の田口組のジョージ(金子信雄)がヤクの密輸を沖合で取引きするので舟をかりに来た。秋津の用心棒馬場(弘松三郎)は丸庄のあかつき丸を担保にとりあげた。秋津組とジョージは取引きのため沖合に出た。挨拶がわりのダイス遊びで見せた伸次の手さばきに、ジョージは彼とどこかで会ったような感じを持った。そこで厭がる伸次にむりやり拳銃を弾たせた。“判ったお前は神戸市警のデカだ。昔俺の舎弟を殺してサツを首になった奴だ”二人が拳銃を構えた時巡視艇が廻って来た。決闘は明晩までのばされることになった。その夜庄司(木浦佑三)が溺死体となって発見された。サブの口から秋津の仕業と知った伸次は秋津と手を切る決心をした。翌晩再び海に出た。密輸取引きが終り二つの影が向い合った。その瞬間を狙って馬場の拳銃が二人に向って火を吐いた。伸次は海に消えた。ジョージは傷つきながら馬場を倒した。
組のことを知り過ぎた伸次を消し密輸を一人占めしようとする秋津のたくらみであった。秋津の事務所へ伸次は飛び込んでいった。が秋津は拳銃を構えて待っていた。しかし何時の間にか裏口よりやってきたジョージに倒された。パトカーのサイレンが近づいた。ビリヤード場で対峙する二人。二人の拳銃が火を噴く。バシッとジョージの拳銃がフッ飛んだ。負けを認めたジョージを沼田刑事(二本柳寛)が逮捕に来る。別の日、復職を進める沼田に伸次は死んだ女の墓参りに佐渡に向かうと告げる。伸次の旅立ちに由紀たちが見送りに来る。また戻ってくると言って旅立つ伸次だが、由紀はそれが嘘だと判っていた…。

ギターを持った渡り鳥ギターを持った渡り鳥
金子信雄                        小林旭

題名:ギターを持った渡り鳥
監督:斎藤武市
企画:児井英生
原作:小川英
脚本:山崎巖、原健三郎
撮影:高村倉太郎
照明:大西美津男
録音:米津次男
美術:坂口武玄
記録:白鳥あかね
編集:近藤光雄
音楽:小杉太一郎
現像:東洋現像所
製作主任:桜井宏信
監督助手:神代辰巳
色彩計測:幸田守雄
スチール:式田高一
出演:小林旭、浅丘ルリ子、宍戸錠、中原早苗、渡辺美佐子、金子信雄、二本柳寛、白木マリ、野呂圭介、弘松三郎、天草四郎
1959年日本・日活/シネスコサイズ・カラー77分35mmフィルム
ギターを持った渡り鳥-DVD-

本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。
ギターを持った渡り鳥ギターを持った渡り鳥
小林旭、浅丘ルリ子
ギターを持った渡り鳥