映画「男はつらいよ お帰り 寅さん」

男はつらいよ お帰り 寅さん男はつらいよ お帰り 寅さん
吉岡秀隆                        後藤久美子

2019年12月27日に全国公開された山田洋次監督「男はつらいよ お帰り 寅さん」をTOHOシネマズ府中スクリーン8で30日に観て来た。本作はいわゆる総集編ではなく、満男(吉岡秀隆)と家族、初恋の人だったイズミ(後藤久美子)の現在形の中に寅次郎(渥美清)を思い起こすという内容だ。寅次郎(渥美清)の出演シーンは過去の48作からの4Kスキャンであり、無理な設定をせずに吟味して繋がれているのに好感が持てた。実写もデジタルシネマで撮影されている事と相まってトーンの統一が図られている。(少々Yが残ってたが)館内はシニア層の観客が圧倒的だったが、何故か渥美清さんが出てくるだけで笑いが起きる。今も寅次郎は映画の中で生き続けているなと実感した。

作品リスト

男はつらいよ お帰り 寅さん男はつらいよ お帰り 寅さん
美保純、倍賞千恵子、桜田ひより、佐藤蛾次郎       吉岡秀隆、後藤久美子、倍賞千恵子、前田吟

【ストリー】
小説家になる夢が叶った満男(吉岡秀隆)は、亡くなった妻の七回忌の法要で久しぶりに葛飾にある実家を訪れる。親戚がかつて営んでいた団子屋「くるまや」はカフェに生まれ変わっていたが、家族や親戚は昔と変わらず、満男は法事のあと、彼らとの会話に花を咲かせるなかで伯父・寅次郎(渥美清)との日々を思い出す。そんなある日、書店で新作のサイン会を行う満男の前に、初恋の相手イズミ(後藤久美子)が姿を現す。

男はつらいよ お帰り 寅さん男はつらいよ お帰り 寅さん
後藤久美子、吉岡秀隆、浅丘ルリ子           池脇千鶴、吉岡秀隆

題名:男はつらいよ お帰り 寅さん
監督:山田洋次
製作:深澤宏
原作:山田洋次
脚本:山田洋次、朝原雄三
撮影:近森眞史
照明:土山正人
録音:岸田和美
美術:倉田智子、吉澤祥子
美術監修:出川三男
音楽:山本直純、山本純ノ介
オープニング主題歌:桑田佳祐 主題歌:渥美清
編集:石井巌 、 石島一秀
撮影機材:アリフレックス アレクサ
現像・4Kスキャン:東京現像所
出演:渥美清、倍賞千恵子、前田吟、吉岡秀隆、後藤久美子、桜田ひより、夏木マリ、浅丘ルリ子、美保純、佐藤蛾次郎、池脇千鶴、笹野高史、橋爪功、小林稔侍、濱田マリ、竹山隆範
2019年日本・松竹/シネスコサイズ・カラー115分デジタルシネマ
公式サイト

男はつらいよ お帰り 寅さん男はつらいよ お帰り 寅さん
倍賞千恵子、美保純、桜田ひより              渥美清

映画「男はつらいよ・寅次郎紅の花」


渥美清                        浅丘ルリ子

今回は山田洋次監督1995年製作「男はつらいよ・寅次郎紅の花」をピックアップする。
第48最終作となる本作のロケ地は、兵庫県神戸市長田区菅原市場、岡山県津山市美作滝尾駅、鹿児島県奄美群島加計呂麻島、奄美大島などで行われ、封切り時の観客動員は170万人、配給収入は11億6,000万円だったそうだ。当時のロードショー入場料金は1,800円、併映は「サラリーマン専科(監督:朝原雄三 出演:三宅裕司、田中好子、田中邦衛、裕木奈江、加勢大周)」であった。26年間に48作品が続き、お正月映画の定番だった「男はつらいよ」シリーズは、第49作「男はつらいよ 寅次郎花遍路」を準備する中、渥美清さんが死去した事で本作が最終作となり、阪神淡路大震災の被災地に立つ寅さんの「皆様、本当にご苦労様でした」という言葉が俳優・渥美清さんの最期の台詞となった。後に追憶映画として「虹をつかむ男(1996年)」を西田敏行さん主演と寅さんファミリー総出演で製作され、第2作「虹をつかむ男 南国奮斗篇(1997年)」も作られた。


後藤久美子                    吉岡秀隆、後藤久美子

【ストリー】
柴又のくるまやの面々が、相変わらず連絡も無しで旅の空の寅(渥美清)のことを、今回ばかりは本気で心配していた。それもそのはずで、寅からの最後の連絡は大震災前の神戸からだったのだ。ところが、偶然見ていた”大震災その後-ボランティア元年”というテレビ番組に、寅が村山首相と写っていたからビックリ。さらに神戸で寅に世話になったという被災者まで現れて、一同はとりあえず寅の無事に胸を撫で下ろすのであった。ところが、寅の甥の満男(吉岡秀隆)に大事件が起こる。以前から想いを寄せていた泉(後藤久美子)が突然上京したかと思うと、医者の卵との縁談の相談を持ち掛けてきたのだ。動転した満男は、泉の縁談を祝福するような心にもないことを言ってしまう。泉が名古屋へ戻り、いよいよ岡山へ嫁ぐ日。花婿の兄と新郎新婦を乗せた乗用車の前に、満男の運転する車が立ちはだかり、式をメチャクチャにしてしまうのであった。土地の青年たちに殴られ、警察につきだされた満男は、後悔の念にさいなまれながら、ふらふらと奄美大島へ。そこで一人の美しい女性と出会ったカラッケツの満男は、その女性の世話になるのだが、なんと彼女の家には寅が居候をきめこんでいた。その女性がリリー(浅丘ルリ子)であることを知った満男は、懐かしい話に花を咲かせるのであった。だが、満男のとった行動について話すうち、寅とリリーは意見が対立、次第に二人の仲はギクシャクしてしまう。そんなところへ、満男を追って泉がリリーの家へやって来た。泉に再会を果たした満男は、そこで泉に対する気持ちを告白する。それからしばらくして、寅はリリーを伴って柴又へ里帰り。くるまやをはじめ、町中がその話題に沸き返り、くるまやではその晩楽しい宴が催されるのだった。しかし、リリーが一晩女友達の家に泊まったことが原因で、寅とリリーは喧嘩。突然リリーが帰ると言い出したので、いよいよ兄が落ち着いてくれると思っていたさくら(倍賞千恵子)は大慌てで寅を説得する。しかし寅は言うことをききそうになかった。仕方なく諦めかけたさくらがリリーを送ろうとした時、寅が代わりに送って行くと言い出した。そしてタクシーの中、「どこまで送ってくれるの?」と訪ねるリリーに、寅は「男が女を送るって言った時はな、その女の家の玄関まで届けるんだよ」と答えるのであった。年が明けて新年正月、満男が泉とのデートでいない諏訪家では、博(前田吟)がリリーからの賀状を読んでいる。それによると、寅とリリーはしばらくの同棲の後、やはり喧嘩別れしてしまったらしい。同じ頃、震災後初めての正月を祝う神戸・長田区に姿を現した寅は、地元の人々との再会に顔を綻ばせていた。


浅丘ルリ子、倍賞千恵子       渥美清、前田吟、太宰久雄、倍賞千恵子、三崎千恵子、下條正巳

倍賞千恵子、三崎千恵子                夏木マリ

題名:男はつらいよ・寅次郎紅の花
監督:山田洋次
企画:小林俊一
製作総指揮:中川滋弘
製作:深澤宏
原作:山田洋次
脚本:山田洋次、朝間義隆
撮影:長沼六男、高羽哲夫
照明:野田正博
録音:鈴木功
調音:松本隆司
美術:出川三男
衣裳:本間邦人
編集:石井巌
音楽:山本直純、山本純ノ介 主題歌・唄:渥美清
撮影機材:パナビジョン
フィルム:富士フィルム
現像:東京現像所
製作主任:峰順一
製作進行:副田稔
監督助手:阿部勉
撮影助手:池谷秀行
スチール:金田正
出演:渥美清、浅丘ルリ子、後藤久美子、倍賞千恵子、前田吟、三崎千恵子、太宰久雄、佐藤蛾次郎、下條正巳、吉岡秀隆、田中邦衛、夏木マリ、千石規子、芦屋雁之助、犬塚弘、桜井センリ、宮川大助・花子、関敬六
1995年日本・松竹/シネスコサイズ・カラー110分35mmフィルム
公式サイト
男はつらいよ・寅次郎紅の花 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


宮川大助、渥美清、宮川花子             渥美清、浅丘ルリ子

映画「男はつらいよ・寅次郎の青春」


渥美清、吉岡秀隆                風吹ジュン(マドンナ役)

今回は山田洋次監督1992年製作「男はつらいよ・寅次郎の青春」をピックアップする。
第45作となる本作のロケ地は、宮崎県日南市油津、飫肥、岐阜県益田郡下呂町(現:下呂市)の下呂温泉などで行われ、封切り時の観客動員は207万人、配給収入は14億5,000万円だったそうだ。当時のロードショー入場料金は1,500円、併映は「釣りバカ日誌5(監督:栗山富夫 出演:西田敏行、石田えり、三國連太郎、中本賢、戸川純、笹野高史、谷啓)」であった。御前様役を長年演じた笠智衆さんは、本作公開の3ヶ月後に死去した為に遺作となってしまった。


後藤久美子                倍賞千恵子、佐藤蛾次郎、笠智衆

【ストリー】
秋風の漂う頃、旅から旅のフーテンの寅こと車寅次郎(渥美清)は九州・宮崎のある港町で、“髪結いの亭主”よろしく理髪店の女店主・蝶子(風吹ジュン)のもとに居候することになった。一方、寅の故郷、葛飾・柴又では、東京のレコード店に就職した泉(後藤久美子)が、休み前になると満男(吉岡秀隆)の家に遊びに行き、さながら家族のように過ごしていた。そんな泉は高校時代の親友の結婚式で宮崎に出かけ、偶然、寅に出会う。久しぶりの再会に喜ぶ2人だったが、そこへ蝶子がやって来て、大あわてした寅は足をくじいてしまう。泉から電話でそのことを聞いた満男は、大急ぎで宮崎へ。その慌てようにさくらたちは大騒ぎとなるが、満男が急いだのはもっぱら泉に会いたいからだった。宮崎に着いた彼を迎えに来たのは泉だけでなく、蝶子の弟で漁師の竜介(永瀬正敏)も一緒だった。泉が竜介と仲良くしている様子に満男はふくれるが、竜介にはちゃんと許婚がいることが分かると、とたんに元気を取り戻す。こうして彼らはしばしの楽しい日々を過ごすが、いざ満男と泉が帰るという日、寅も一緒に帰ると言い出し、蝶子は怒ってしまう。蝶子も寅のことが好きになっていたのだった。
久しぶりに柴又に戻ってきた寅が相変わらず社長(太宰久雄)と喧嘩したりしている頃、名古屋で働く泉の母親・礼子(夏木マリ)が入院することになり、泉は東京の勤め先をやめ、名古屋に向かうことを決心する。新幹線のホームまで見送りにいった満男は、離れたくない思いをかみしめ、泉を励まして別れる。そんな満男の成長を見届けながら、寅はまた旅に出るのだった。


吉岡秀隆、渥美清、倍賞千恵子、下條正巳、三崎千恵子          前田吟、三崎千恵子、太宰久雄、倍賞千恵子

題名:男はつらいよ・寅次郎の青春
監督:山田洋次
製作:中川滋弘、島津清、深澤宏
原作:山田洋次
脚本:山田洋次、朝間義隆
撮影:高羽哲夫、花田三史
照明:青木好文
録音:鈴木功
調音:松本隆司
美術:出川三男
編集:石井巌
音楽:山本直純 主題歌・唄:渥美清
撮影機材:パナビジョン
フィルム:富士フィルム
現像:東京現像所
製作主任:峰順一
製作進行:副田稔
助監督:阿部勉
撮影助手:池谷秀行
ステディカム:佐光朗
スチール:金田正
出演:渥美清、風吹ジュン、後藤久美子、倍賞千恵子、前田吟、三崎千恵子、太宰久雄、笠智衆、佐藤蛾次郎、下條正巳、吉岡秀隆、永瀬正敏、夏木マリ、関敬六
1992年日本・松竹/シネスコサイズ・カラー107分35mmフィルム
公式サイト
男はつらいよ・寅次郎の青春 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


永瀬正敏、渥美清                   風吹ジュン

1 2