映画「まむしと青大将」


菅原文太                        川地民夫

今回は中島貞夫監督1975年製作「まむしと青大将」をピックアップする。
まむしの兄弟シリース”は、東映京都撮影所で1971年から1975年にかけて9作品が、菅原文太さんと川地民夫さん主演で制作された。本作は最終第9作になる。

【まむしの兄弟シリース】
1971年「懲役太郎 まむしの兄弟」監督:中島貞夫
1971年「まむしの兄弟 お礼参り」監督:本田達男
1972年「まむしの兄弟 懲役十三回」監督:中島貞夫
1972年「まむしの兄弟 傷害恐喝十八犯」監督:中島貞夫
1973年「まむしの兄弟 刑務所暮し四年半」監督:山下耕作
1973年「まむしの兄弟 恐喝三億円」監督:鈴木則文
1974年「まむしの兄弟 二人合わせて30犯」監督:工藤栄一
1974年「極道VSまむし」監督:中島貞夫 主演:若山富三郎 ※コラボ作品
1975年「まむしと青大将」監督:中島貞夫
※各作品のリンクは、予約投稿で表示しないページがありますが、後日表示されます。


「まむしと青大将」緑魔子

荒木一郎                     川谷拓三、佐藤蛾次郎

菅原文太、悠木千帆(樹木希林)、川谷拓三         安部徹、室田日出男、志賀勝

【ストリー】
日本全国の刑務所を寝城としているまむしのゴロ政(菅原文太)が久々にシャバに出て来た。一方、政の弟分・不死身の勝(川地民夫)は、大阪で政神会という一家の親分になっていた。政はすぐにでも勝に会いたかったが、手土産の一つも欲しい。そこで土地の暴力団抗争に眼をつけ、抗争相手の組長殺しを引き受けるが、その組長に200万円で命乞いされる。その金でソープランドに行き刑務所のアカを落した政は、欣一(川谷拓三)というチンピラにマージャンに誘われ、欣一の兄貴分でイカサマ師の健(荒木一郎)らと麻雀に興じるが、たちまちトラの子の200万円を取られてしまった。だが、イカサマを見破った政は、健の持ち金数百万円を無理矢理奪い取った。しかし気のいい政はその金も、麻雀気違いで生活費もスッてしまった電気商の坊本(金子信雄)に泣き落されて全額くれてやった。再び無一文になった政は、一億円を貯め込んでいるという風俗嬢・沙織(緑魔子)に目をつけた。早速、政は彼女を麻雀に誘うが、健ともども負けてしまう。実は沙織もイカサマ師だったのだ。健と沙織の仲が密接になり、二人は近く大阪で行なわれる全日本麻雀大会に出場することにした。一方、政は欣一を連れて大阪の勝を訪ねた。勝は暴力団と抗争を続けながら縄張りを拡大していたが、政神会は、会長・元村(安部徹)が引きいる大阪東邦連合会に面倒をみてもらっているため勝手な行動はできなかった。数日後、政は健と沙織に会ったが、沙織は株の失敗で一億円を失っていた。健は沙織に惚れている政を利用して政に資金調達を頼む。政は勝と組んで東邦連合会から3,000万円を横取りし、政神会は東邦連合会から脱会した。全日本麻雀大会の日、健と沙織は3,000万円を持って出場した。その頃、政と健は東邦連合会に捕われ私刑を受けるが、玄竜会々長・藤山(渡辺文雄)を殺せば勝の命を救けると言われた政は、可愛い弟分のために決意した。その藤山は健、沙織の麻雀の相手で、政がその会場に殴り込んだ時、丁度、健、沙織のイカサマが見破れた瞬間だった。政は藤山から一億円を奪い沙織と逃げだし、その金を手渡した。しかしその直後、沙織が連合会に捕われた。政は勝を連れて、東邦連合会に殴り込んだ……。


坊屋三郎                       三島ゆり子

金子信雄、石井富子                 渡辺文雄

志賀勝、菅原文太                     緑魔子

題名:まむしと青大将
監督:中島貞夫
企画:橋本慶一、佐藤雅夫
脚本:高田宏治
撮影:赤塚滋
照明:北口光三郎
録音:荒川輝彦
美術:吉村晃
装置:温井弘司
装飾:柴田澄臣
背景:西村三郎
美粧・結髪:東和美粧
衣装:岩谷保
擬斗:三好郁夫
記録:梅津泰子
編集:市田勇
音楽:広瀬健次郎
進行主任:長岡功
助監督:篠塚正秀
演技事務:上田義一
麻雀指導:小島武夫
スチール:中山健司
出演:菅原文太、川地民夫、緑魔子、荒木一郎、悠木千帆(樹木希林)、室田日出男、川谷拓三、三島ゆり子、橘麻紀、名和宏、坊屋三郎、潤ますみ、汐路章、佐藤蛾次郎、安部徹、金子信雄、石井富子、渡辺文雄、志賀勝、林彰太郎、成瀬正孝
1975年日本・東映京都撮影所/シネスコサイズ・カラー91分35mmフィルム
まむしと青大将 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


菅原文太、川地民夫

映画「不良番長 口から出まかせ」


山城新伍、安岡力也、梅宮辰夫              菅原文太 

今回は野田幸男監督1970年製作「不良番長 口から出まかせ」をピックアップする。
梅宮辰夫さん主演の不良番長シリーズ第10弾は、1971年の正月映画である。
1970年は不良番長シリーズが5作品も制作された。
本作より梅宮辰夫さんと山城新伍さんのコンビでコメディ要素が増幅され、1971年から”東映ポルノ”をスタートする前哨戦としてのエロ(乳首解禁)が入って来た。この年に大映は倒産し、日活が製作転換(ロマンポルノ)をする事になり、日本映画が壊れ出す転換期だったのかもしれない。

※1971年「温泉みみず芸者」が初めて”東映ポルノ”としてフィチャーされた。


大信田礼子                         山城新伍、上田吉次郎、梅宮辰夫、大信田礼子、ルーキー新一

【ストリー】
太平洋横断をこころみた神坂(梅宮辰夫)以下、バクダン五郎(山城新伍)、ジャブ(ルーキー新一)、アパッチ(安岡力也)等カポネ団の一行は、一路アメリカ大陸をめざし漂流の旅を続けるが、流れついた所が大阪に近いある漁村。がっかりしたのも束の間、この村、男たちが遠洋漁業に出はらって残っているのは海女ばかり、早速村長のお浜(清川虹子)、娘のワカメ(時美沙)から大歓迎をうける。ところが、そこへ大阪の愚連隊でエースの鉄(曽根晴美)を団長とするジャンボ団が乗り込んできた。神坂は巧みに話を持ちだしジャンボ団をなだめにかかった。ジャンボ団と協力体制をひいたカポネ団は、ジャンボ団の本拠地釜ヶ崎に村の娘たちを使ったヌーディストクラブとは名ばかりの売春クラブを開設。たちまち評判を呼び大ウケとなったが、ある日、鉄が誘拐してきた製薬会社社長の娘マリ子(大信田礼子)のことが発端で両グループは再び対立してしまう。そしてジャンボ団は売上金を持ちだして姿を消し、村の娘たちに逃げられ無一文になった神坂らは、社長の父親(永井秀明)に反抗して生きるマリ子の話しから、その製薬会社が麻薬を扱っていると知ってユスリを計画するが、会社のバックについている関西挺身会に睨まれて駄目になってしまった。マリ子のヒントで東京本社でさぐりを入れることにしたカポネ団は元船員の沢田(渡瀬恒彦)をメンバーに加え新宿に帰ってきた。神坂のカンは的中し、街でひろった製薬会社の社員の話から再び麻薬ルートの話をかぎつけ人事部長を脅し、モニター重役として会社のもぐり込みに成功する。社内の噂で、ある病院に監禁されているマリ子の恋人松永(北川恵一)を助けた神坂は、彼から麻薬ルートに関する一通のメモを手にいれ、その核心に迫った。製薬会社会長江藤の出入りする料亭に張り込んだ神坂は、そこで偶然にも江藤を仇とするネリカン時代のダチ公武田(菅原文太)と再会。新たに武田をメンバーに加えたカポネ団は一挙に戦いを挑むが、挺身会の飼い犬となったジャンボ団に唯一の生き証人松永を殺されてしまい、さらにマリ子の父親までが内紛がもとで命を絶った。挺身会にことごとく痛めつけられたカポネ団は、オートバイで挺身会に殴り込んでいった。


ルーキー新一、山城新伍、大信田礼子、梅宮辰夫、安岡力也         ルーキー新一

題名:不良番長 口から出まかせ
監督:野田幸男
企画:吉田達
脚本:山本英明、松本功
撮影:稲田喜一
照明:大野忠三郎
録音:井上賢三
美術:江野慎一
装置:吉田喜義
装飾:田島俊英
擬斗:日尾孝司
記録:勝原繁子
編集:田中修 主題歌:梅宮辰夫「番長シャロック」「ダイナマイト・ロック」
音楽:八木正生
フィルム:富士フィルム
現像:東映化学
進行主任:坂本年文
助監督:三堀篤
スチール:藤井善男
出演:梅宮辰夫、山城新伍、大信田礼子、菅原文太、安岡力也、ルーキー新一、曽根晴美、渡瀬恒彦、内田朝雄、上田吉次郎、玉川良一、園佳也子、清川虹子、悠木千帆(樹木希林)、芦屋小雁、芦屋雁平、宮内洋、団巌、若水ヤエ子、小林千枝、時美沙、永井秀明、北川恵一、小林稔侍
1970年日本・東映東京撮影所/シネスコサイズ・カラー86分35mmフィルム
不良番長 口から出まかせ -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


清川虹子                        曽根晴美 

安岡力也、ルーキー新一、梅宮辰夫、山城新伍       不良番長 口から出まかせ

映画「尼寺マル秘物語」


「尼寺マル秘物語」藤純子

藤純子                       三田佳子、藤純子

今回は中島貞夫監督1968年製作「尼寺マル秘物語」をピックアップする。
本作は「大奥(秘)物語」「続・大奥(秘)物語」に続く第三弾である。「昭和10年頃の京都を舞台にベールに包まれた尼僧たちの夜と昼を、エロチシズムたっぷりに描いた」と言うが、全く描けていない。出演者が豪華であるだけだ。ヌードシーンがないエロチシズムを描いた秀作は、1964年に増村保造監督が製作した「卍(まんじ)」であると思う。


大原麗子                      若山富三郎

【ストリー】
琳光寺には門跡尼の万里小路秀英(三田佳子)をはじめ、恵照尼(荒木雅子)、浄真尼(藤純子)、法順尼(悠木千帆)、そして下女はな(大原麗子)の5人が住んでいた。ある日、秀英は本寺の宗務総長覚全(若山富三郎)に、白蟻に喰い荒された本堂の修理を頼んだ。しかし、覚全はその費用に不満で引受けようとしなかった。秀英はこの一件を、執事として手腕のある浄真尼に任せることにした。浄真尼は本寺と交渉を始めたが、それにつけ込んだ覚全に無理やり手ごめにされてしまった。初めて男を知った浄真尼は、それ以来、本能を抑えようと苦悩しつづけるのだった。そんな時、琳光寺にキク(津川雅彦)という若い男が寺男としてやってきた。彼に心を燃やしたはなは自ら進んでキクの前に身体を投げ出した。はなは、本能を抑えようとする戒律に縛られてはいなかったからだ。浄真尼はそんなはなの態度を羨ましく思い、また、はなが愛しているキクにも好意を感じた。だが、浄真尼はその後も度々、覚全に身体を奪われていたのだ。慣例の儀式の費用、そして、本堂修理の費用は、寺院後援者の寄付に頼らざるを得なくなり、その橋渡しを顔のきく覚全に頼むより仕方なかったのである。覚全はそんな自分の立場を、最大限に利用する男だった。ところが、キクと浄真尼が親しいのを誤解したはなが、多額の寄付をしてくれた長尾の家宝を壊し、責任を浄真尼にかぶせた。はなの企みはすぐにバレたが、浄真尼はこれを機会にこの寺を去る決心を固めた。浄真尼は、覚全が自分の肉体だけを目的に利用していたことや、役職を利用して使い込んでいた多額の金の埋め合せに、琳光寺の宝物を盗ませようとしたことから、激しい憎しみを抱いていた。そして覚全を殺して寺を去ろうと決心したのだった。だが、それを察したキクが、一足先に覚全を殺していた。浄真尼は寺を去って行ったが、彼女の腹には、覚全の子が宿されていた。


津川雅彦                  ミヤコ蝶々、桑原幸子、曽我廼家明蝶

「尼寺マル秘物語」藤純子

「尼寺マル秘物語」大原麗子

題名:尼寺マル秘物語
監督:中島貞夫
企画:岡田茂、翁長孝雄、三村敬三
脚本:西澤裕子
撮影:赤塚滋
照明:和多田弘
録音:荒川輝彦
美術:鈴木孝俊
装置:上田正直
装飾:松原邦四郎
美粧:佐々木義一
結髪:橋本明子
衣装:豊中健
考証:伊藤清子
記録:矢部はつ子
編集:神田忠男
音楽:鏑木創
フィルム:富士フィルム
現像:東映化学
製作主任:福井良春
助監督:牧口雄二
スチール:諸角義雄
出演:藤純子(富司純子)、津川雅彦、大原麗子、三田佳子、若山富三郎、悠木千帆(樹木希林)、荒木雅子、丹阿弥谷津子、沢村貞子、桑原幸子、曽我廼家明蝶、ミヤコ蝶々、芦屋雁之助
1968年日本・東映京都撮影所/シネスコサイズ・カラー89分35mmフィルム
尼寺マル秘物語 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


沢村貞子、丹阿弥谷津子             若山富三郎、芦屋雁之助

「尼寺マル秘物語」三田佳子

1 2