映画「愛のきずな」


藤田まこと                                 園まり

今回は坪島孝監督1969年製作「愛のきずな」をピックアップする。
本作は松本清張氏原作「たづたづし」を映画化したものだが、私にとって歌手のイメージが強かった園まりさんが、貞淑な人妻とコケティッシュな喫茶店のホステスを演じ分け、所作・佇まい・仕草などで魔性を見事に醸し出している。原作の脚色も良いのではないかと思う。


原知佐子                                 佐藤允

【ストリー】
東西観光の総務課長代理鈴木良平(藤田まこと)は、専務(山茶花究)の娘(原知佐子)と結婚し、皆から羨まれていた。だが、父親の権威をかさにきる妻との生活は、良平にとって愉快なものではなかった。ある雨の夕べ、良平は清純な娘雪子(園まり)と知合った。やがて二人に愛が芽生え夢のような数ヵ月が過ぎた。だから、良平が雪子に服役中の夫(佐藤允)がいると囁かれた時ショックは大きかった。雪子は、夫が出所したら、良平との関係を話し離婚すると言った。だが、小心な良平は、その時から強迫観念に襲われるようになった。雪子が離婚話を夫にしたら、必ず凶暴な彼女の夫は自分を刺しに来る。そう信ずる良平は、雪子に離婚を諦めるよう説得するのに、懸命だった。だが、雪子の良平に対する愛は変らなかった。良平は雪子を信州に誘って殺した。ところが、皮肉なことに良平は新たな恐怖にさいなまれはじめた。雪子のはめていたオパールの指輪を抜取ることを忘れたのだ。東西観光に雪子の夫が現われたのは、それから数日後だった。良平は、公金を横領して逃げている社員を自分とすり変えて難を逃れた。それから数日、良平は再び緊張した。自社のコマーシャル映画に雪子が映っていたからだった。良平が信州に尋ねた雪子は喫茶店に勤めていた。雪子は、突然の衝撃で失神したものの、死んだのではなかった。だが、雪子はその時のショックで過去の一切を失っていた。良平は雪子を東京に連れ帰り、再び恋仲となった。しかし、自分がまた事件の渦中に入り、死への運命を辿っていることを良平は知らなかった。


園まり                            藤田まこと

題名:愛のきずな
監督:坪島孝
製作:渡辺晋、五明忠人
原作:松本清張「たづたづし」
脚本:小川英、坪島孝
撮影:内海正治
照明:高島利雄
美術:育野重一
録音:指田漸
整音:杉崎喬 (目黒スタジオ)
編集:武田うめ
音楽:広瀬健次郎 主題歌:園まり「ひとりにしないで」
現像:東洋現像所 合成:三瓶一信
製作担当者:篠田啓助
助監督:松本正志
スチール:橋山直己
出演:藤田まこと、園まり、原知佐子、佐藤允、山茶花究、上田吉二郎、左とん平、千石規子
1969年日本・渡辺プロダクション+東宝/シネスコサイズ・カラー98分35mmフィルム
愛のきずな -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


藤田まこと、佐藤允                        園まり

中央本線 181系 特急あずさ号 (1966年~1975年まで同系列で運行)