映画「俺の空だぜ!若大将」


加山雄三                        酒井和歌子

今回は小谷承靖監督1970年製作「俺の空だぜ!若大将」をピックアップする。
若大将シリーズの第16作は、小谷承靖第一回監督作品、制作会社は東京映画である。スカイダイビングのシーンは、アメリカで降下経験があったという加山雄三さんが行う予定であったが、藤本真澄プロデューサーの厳命で降下場面はすべてスタントを立てたそうだ。ロケーションは、伊豆、箱根、伊豆大島で行われている。また飯田蝶子さんと左卜全さんは、本作が最後のシリーズ出演となり、1952年から東宝の専属契約だった久慈あさみさんは、最後の映画出演(以降はフリーでテレビや舞台での活躍)となった。


田中邦衛                      大矢茂、加山雄三

【ストリー】
若大将、田沼雄一(加山雄三)は東海建設の計画部員。雄一とクラスメートだった青大将、石山新次郎(田中邦衛)は社長の父、剛三(北竜二)の庇護で専務の椅子に坐っているが雄一の家“田能久”の近くにマンションの建設を計画し、着々と土地の買収をはじめている。近所の“梅の湯”の常吉(伴淳三郎)も立ちのきの交渉を受けているが、なかなか首をたてにふらない。住民と会社の板ばさみになり苦況に立つ雄一を見て、常吉の世話になっている塚本節子(酒井和歌子)、敏子(松村幸子)の姉妹は彼に好意を持つようになる。そんな時、雄一は大学の後輩太田茂夫(大矢茂)と綿貫の懇請で母校に新設されたスポーツ・パラシュート・クラブのコーチに就任、発足パーティで大林英子(應蘭芳)と知りあう。一方青大将は節子に一目惚れしてしまった。いよいよ東海建設は“梅の湯”の隣りにマンションの工事を着手する。足場から女湯をのぞきこんでいた青大将は足をすべらせて落下し、常吉の額にケガをさせてしまう。久太郎(有島一郎)は常吉への詫びのしるしに、雄吉を勘当してしまうのだが、雄一はケガをした常吉に対し会社側に誠意ある態度を望むが受けいれられず、怒った雄一は辞表を叩きつけ、会社をとび出した。英子は節子というライバルを除外するため青大将と手を組み青大将と節子を結ばせることによって、自分が雄一と結婚する策略をたて、そして伊豆でゴルフをしている父(上田吉二郎)にあわせるために、雄一を伊豆にさそう。そんな時、青大将は節子を伊豆沖の離れ島に旅行にさそい強引に結婚をせまったが、その最中マムシに噛まれ仰天。急報をうけた青大将の父、剛三は若大将に救助を求めてきた。血清を持ち小型飛行機で島へ飛ぶ雄一と茂夫。茂夫の見事なスカイ・ダイビングで青大将は救われる。すべて誤解もとけた雄一と節子は明るい笑顔で見つめあった。


應蘭芳                      有島一郎、飯田蝶子

久慈あさみ                  菱見百合子(ひし美ゆり子) 

伴淳三郎、田中邦衛、加山雄三              上田吉二郎

題名:俺の空だぜ!若大将
監督:小谷承靖
製作:藤本真澄、安武龍
脚本:田波靖男
撮影:逢沢譲
照明:比留川大助
録音:原島俊男
整音:西尾舞
美術:薩谷和夫
編集:諏訪三千男
音楽:広瀬健次郎 主題歌:加山雄三「美しいビーナス」
現像:東京現像所
製作担当:大久保欣四郎
監督助手:奥村正彦
協力:ジャパン スカイダイビング クラブ
スチール:中山章
出演:加山雄三、酒井和歌子、田中邦衛、大矢茂、江原達怡、有島一郎、飯田蝶子、久慈あさみ、應蘭芳、中真千子、菱見百合子(ひし美ゆり子)、松村幸子、藤木悠、上田吉二郎、左卜全、伴淳三郎、北竜二
1970年日本・東京映画/東宝スコープ(シネスコサイズ)・カラー105分35mmフィルム
俺の空だぜ!若大将 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


左卜全                      加山雄三、酒井和歌子

「俺の空だぜ!若大将」酒井和歌子

舞台になったレストランOAKは、成城通りのバス停「ゴルフ練習場前」にあった。
次回作「若大将対青大将」でも登場する。

現在の成城通りのバス停「ゴルフ練習場前」にOAKはない。世田谷区成城7丁目 Google Mapより

映画「温泉あんま芸者」


吉田輝雄                             三原葉子

今回は石井輝男監督1968年製作「温泉あんま芸者」をピックアップする。
温泉芸者シリーズ第1弾の本作は、新東宝映画を見ている様な顔ぶれだ。
懐かしい”野球拳”も登場するセクシー喜劇作品だ。


橘ますみ                                                  三島ゆり子

【ストリー】
ある温泉町のあんま芸者の置屋“浜中”に富丸(三原葉子)、雛奴(三島ゆり子)、蔦子(賀川雪絵)、玉栄(英美枝)、梅子(應蘭芳)、千代(橘ますみ)などの芸者がいた。それぞれ、ベテラン芸者だったが、千代だけは純情娘で、診療所の婦人科医吉岡(吉田輝雄)を慕っていた。しかし、当の吉岡は千代に見向きもしない。一方、富丸たちはそれぞれの特技を生かして商売していたが、そんなとき、妊娠中の雪子(高倉みゆき)が仲間に加った。ある日、温泉祭りの夜にあんま芸者たちと、犬猿の仲である金太郎(南風夕子)たち温泉芸者がハチあわせ、対抗意識を燃やしてストリップ合戦を始めるなどドンチャン騒ぎになってしまった。しかも、果ては風呂場で素っ裸のまま大乱闘を演じたのである。これでトクをしたのがブルーフィルム屋の武(南道郎)。懸命に大乱闘を8mmカメラに収めたか、芸者たちに発見され、カメラの取りっこになってしまった。この騒ぎの中で雪子は子供を産んだ。雪子の亭主は武だった。翌日、“浜中”では芸者たちの貴重品がなくなり、しかも赤ん坊だけを残して武夫婦の姿はなかった。その赤ん坊が高熱を出していたことから、千代は吉岡のところに連れていった。千代はくみ取り業の社長黒島(芦屋雁之助)の仲介で、市の清掃部長品川(金子信雄)の世話を受けることになっていた。彼女はそこで吉岡の反応を期待したか、吉岡は泰然たるもの、しかも彼には婚約者がいると知って落胆してしまった。そうした時、入院中の赤ん坊が、我が子恋しさに戻った武夫婦に連れ去られた。武たちはセックスコレクション寺の和尚(由利徹)の許に逃げ込んだ。怒った富丸たちと武夫婦の間は険悪になったが、吉岡の取りなしで、何とかその場は収まった。やがて、吉岡は沖縄の無医村に行くことになった。別れの日、ヤケ酒をあおって品川に身を任せた千代も、吉岡を見送った。その千代の姿には純情をかなぐりすて、たくましく生きる意欲に溢れていた。


金子信雄、芦屋雁之助

題名:温泉あんま芸者
監督:石井輝男
企画:岡田茂、天尾完次
脚本:石井輝男、内田弘三
撮影:吉田貞次
照明:北口光三郎
録音:溝口正義
美術:矢田精治
装置:稲田源兵衛
装飾:山田久司
美粧:久斗敏厚
結髪:横田三佳代
衣装:豊中健
振付:藤間勘真次
記録:石田照
編集:神田忠男
音楽:八木正生
フィルム:富士フィルム
現像:東映化学(ノンクレジット)
製作主任:俵坂孝宏
助監督:本田達男
スチール:諸角義雄
出演:吉田輝雄、橘ますみ、三原葉子、三島ゆり子、高倉みゆき、賀川雪絵、應蘭芳、沢淑子、芦屋雁之助、金子信雄、上田吉二郎、由利徹、茶川一郎、南都雄二
1968年日本・東映京都撮影所/シネスコサイズ・カラー89分35mmフィルム
温泉あんま芸者 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


温泉あんま芸者

橘ますみ                             温泉あんま芸者