映画「帰らざる日々」

帰らざる日々帰らざる日々
江藤潤                          水島敏行

今回は藤田敏八監督1978年製作「帰らざる日々」をピックアップする。
本作は、中岡京平氏の第三回城戸賞受賞作「夏の栄光」の映画化したもので、長期間にわたり長野県飯田市でロケーション撮影が行われた。劇中、映画を見るシーンで1971年製作の東映「昭和残侠伝 吼えろ唐獅子」の高倉健さんと池部良さんが出演している。一部とは言え、日活映画で東映映画を見たのは始めてだが、その作品で日活専属俳優だった松原智恵子さんを東映に貸したからだったのだろうか。ちなみに松原智恵子さんは、1971年に日活の一般映画制作中断によりフリーになっている。

帰らざる日々帰らざる日々
浅野真弓                        竹田かほり

【ストリー】
早朝の新宿駅。飯田行き急行に乗りこむ野崎辰雄(永島敏行)の姿があった。父・文雄(草薙幸二郎)の突然の死が作家を志していた辰雄に6年振りの帰郷を促したのである。1972年、夏、辰雄の母、加代(朝丘雪路)は若い女のもとに走った夫、文雄と別居し母一人子一人の生活を送っていた。高校3年だった辰雄は溜り場の喫茶店の真紀子(浅野真弓)に思いをよせていた。そんな辰雄の前に真紀子と親しげな同じ高校の隆三(江藤潤)が現われた。マラソン大会があった日、辰雄は隆三に挑んだが、デッドヒートのすえ、かわされてしまう。数日後、辰雄の気持を知った隆三は、辰雄をからかうが、隆三と真紀子がいとこ同志とも知らず、むきになる辰雄に隆三は次第に好意を持つのである。卒業後、東京に出ようと思う辰雄、学校をやめて競輪学校に入る夢を持つ隆三、そして真紀子の三人は徐々に友情を深めていく。夏休み、盆踊りのあった晩、辰雄と隆三は真紀子が中村(中尾彬)という妻のいる男と交際しており、既に子供を宿していると知らされ、裏切られた気持で夜の街を彷徨い歩くのであった。翌日、二日酔でアルバイトをしていると、隆三が足に大怪我を負ってしまった。競輪への夢も終りである……。飯田に近づくと、辰雄は見送りに来ていた螢子(根岸とし江)が列車に乗っているのを見つけた。それは彼の母に会いたい一心の行為であり結局辰雄は螢子を連れていくことに決める。飯田に着くと、父は、隆三の運転する車で轢死したことを知らされる。隆三も重傷を負っており、昏睡状態の彼を前に、辰雄は6年前の苦い思い出を噛締めるのである。父の葬儀の夜、真紀子が北海道に渡ったことを知らされる。翌朝、かつて隆三と走った道を歯を食い締って走る辰雄と、その後を自転車で追う螢子の姿があった。

帰らざる日々帰らざる日々
根岸とし江                      朝丘雪路、中村敦夫、水島敏行

題名:帰らざる日々
監督:藤田敏八
企画:佐々木志郎、進藤貴美男
製作:岡田裕
原作:中岡京平「夏の栄光」
脚本:藤田敏八、中岡京平
撮影:前田米造
照明:新川真
録音:橋本文雄
美術:渡辺平八郎
擬斗:田畑善彦
編集:井上治
音楽:石川鷹彦 主題歌:アリス「帰らざる日々」
現像:東洋現像所
製作担当:岩見良二
助監督:上垣保朗、根岸吉太郎
色彩計測:鈴木耕一
スチール:井本俊康
出演:江藤潤、水島敏行、浅野真弓、竹田かほり、朝丘雪路、根岸とし江、吉行和子、中尾彬、中村敦夫、草薙幸二郎、加山麗子、丹波義隆、阿部敏郎、矢野宣、日夏たより、小松方正、成瀬正、若杉透、深見博、高品正広、木島一郎、大平忠行、大竹智子、川島めぐ、小見山玉樹、花田圭祐、青木久夫、槙文孝
1978年日本・日活/シネスコサイズ・カラー99分35mmフィルム
帰らざる日々 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

帰らざる日々帰らざる日々
中尾彬、浅野真弓                    加山麗子

映画「玉割り人ゆき」


潤ますみ                                    大下哲矢

今回は牧口雄二監督1975年製作「玉割り人ゆき」「玉割り人ゆき 西の廓夕月楼」をピックアップする。
題名の”玉割り人”とは、廓の娼妓に性技を教える女師匠をいう。原作漫画は、三木孝祐氏の作、松森正氏の画による同名作品を、秋田書店で1974年11月に連載が始まるとすぐに映画化権を東映が買い制作したものだ。主演は「女番長ブルース 牝蜂の逆襲」で映画デビューした潤ますみさん。本作の上映時間が64分と短いのは、三本立てで封切り公開されたプログラムピクチャーである為である。


「玉割り人ゆき」森崎由紀、潤ますみ

「玉割り人ゆき」森崎由紀、潤ますみ

【ストリー】
昭和初年、京都・島原。当時、遊廓に売られて来た未通女に性技の基本を教え、娼妓には特殊な性技を仕込むセックスの師匠がいた。廓では、彼らを称して“玉割り人”と呼んだ。その玉割り人の中でも、ひときわ美しく、性技にたけた、ゆき(潤ますみ)という女がいた。ゆきは廓の女たちに値をつけるのが毎日の仕事だった。ある日、仕事を終えて帰る途中、警官に追われているアナーキストの森(大下哲矢)から拳銃をあずかった。妓楼扇屋の娼妓小園(八木孝子)の足抜きに失敗した大工の六造(川谷拓三)が捕まった。扇屋の主人万吉(北村英三)は二人の仕置きをゆきに一任した。六造は小園に誘惑されて足抜きしたと言いはり、自分の非を認めない。小園は男衆に両足の親指の生爪を剥がされ、六造は一物を斬り落とされた。その夜、ゆきは飲み屋で偶然に森と出会い、拳銃を返した。そして酒を飲んでいるうちに、ゆきの女を捨てた心は森の男らしさに惹かれていった。ある日、扇屋で女中奉公しているはつえ(森崎由紀)は、森と同じアナーキスト仲間で恋人の正夫(奈辺悟)と数日間共に過ごした。やがて仲間がダイナマイトを買う資金三百円が必要となったために、はつえをダシに扇屋に身代金三百円を請求した。扇屋の主人・万吉の命を受けたゆきは、金を持って出かけるが、彼女を待っていたのは森だった。森はゆきをアジトへ連れて行ったが、六造が二人の後を追っていた。ゆきがはつえを連れ帰って間もなく、アジトへ警官が押入った。逃げのびたのは森と正夫だけだったが、腹に弾を受けた正夫も間もなく死んだ。森はゆきが密告したものと思っていたのだが、ゆきと会って、彼女の真摯なまなざしに真実を知った。二人はいつしか体を重ねた。ゆきは女としての歓びに身を悶えるのだった。数日後、身の危険を感じた森はゆきを連れて東京へ旅立った。しかし、二人を追って来た六造が、森の腹にドスを突き刺した。ゆきのつかの間の幸福も終止符を打った……。


川谷拓三                               潤ますみ、八木孝子

潤ますみ、川谷拓三                                                 森崎由紀

森崎由紀                            玉割り人ゆき

題名:玉割り人ゆき
監督:牧口雄二
企画:三村敬三、奈村協
原作:三木孝祐、松森正
脚本:田中陽造
撮影:塩見作治
照明:海地栄
録音:荒川輝彦
美術:園田一佳
装置:吉岡茂一
装飾:西田忠男
衣装:豊中健
美粧・結髪:東和美粧
擬斗:土井淳之祐
記録:石田照
編集:堀池幸三
音楽:渡辺岳夫
製作主任:大岸誠
助監督:野田和男
スチール:諸角義雄
出演:潤ますみ、森崎由紀、大下哲矢、川谷拓三、北村英三、八木孝子、白川みどり、奈辺悟
1975年日本・東映京都撮影所/シネスコサイズ・カラー64分35mmフィルム
玉割り人ゆき -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


玉割り人ゆき 西の廓夕月楼


潤ますみ                                                                             中島葵

今回は牧口雄二監督1975年製作「玉割り人ゆき 西の廓夕月楼」をピックアップする。
低予算の東映ニューポルノである製作費は、前作が500万円、今作が600万円だったそうで、金沢近く
の海岸でロケ2日半、実働12日間で撮影された。最初と最後の橋は物語上では金沢周辺でなくてはならないが、京都木津川流れ橋で撮影されている。


坂口徹、潤ますみ                                                      中島葵、坂口徹

【ストリー】
昭和のはじめ、初夏の頃、ここ北陸の城下町・金沢。玉割り人ゆき(潤ますみ)は、京都の島原から、金沢へと移って来ていた。“玉割り人”とは、遊廓に売られて来た未通女に性技の基本を教え、娼妓に対しては特殊な業を仕込む、セックスの師匠のことである。ある日ゆきは、夕月楼の主人・清次郎(坂口徹)を知った。清次郎は謡曲の神童といわれ、廓の跡継ぎだったにもかかわらず、東京の家元の家に住みついて、能楽界の麒麟児と騒がれていた。ところが、25歳の時に故郷に遊びに帰った時、謡曲師の吉富宗市にいたずら心から謡曲試合を挑み、宗市はみじめにも負けてしまった。宗市は一人娘のお俊(中島葵)を残して自殺、それ以来清次郎は謡を捨てた。清次郎はお俊を一度だけ抱いた。お俊にとって清次郎は忘れられない男となり、新内流しになってからも、清次郎に影のようにつきまとった。ゆきは母の命日に、清次郎が捉えた蝶を放してもらうかわりに彼に抱かれた。清次郎の妹美代(森崎由紀)はゆきに、兄がゆきに惚れたことを告げ、今の自駄落な生活から昔の兄に戻して欲しいと泣きついた。一方、お俊にゆきへの愛を打ち明けた清次郎は、彼女に刃物で腹を刺され、ゆきの家へころがりこんだ。必死に介抱するゆきに清次郎への愛が燃え上がった。美代は兄の仇をとって欲しいと恋人の将校・上原(成瀬正)に頼んだ。上原は部下に命じてお俊を襲わせ輪姦させた。ゆきは足を洗って清次郎と世帯を持とうと決心、清次郎も東京に出て謡の修業に賭けようとした。新入の女郎として廓に出ることになったお俊に、清次郎は別れを告げ、金包みを渡そうとした。お俊は、お金よりも、もう一度だけ抱いて欲しい、と言った。激しく喘ぎ燃えるお俊。そして、別れの盃を二人は同時に呷った。これが二人の最後であった……。清次郎との思い出深い金沢を、ゆきが去ったのは、それから間もなくだった。


中島葵、坂口徹                         中島葵

題名:玉割り人ゆき 西の廓夕月楼
監督:牧口雄二
企画:三村敬三、奈村協
原作:三木孝祐、松森正
脚本:田中陽造
撮影:塩見作治
照明:海地栄
録音:荒川輝彦
美術:竹川輝夫
装置:近藤幸一
装飾:布部栄一
衣装:豊中健
美粧・結髪:東和美粧
記録:森村幸子
編集:神田忠男
音楽:渡辺岳夫
製作主任:俵坂孝宏
助監督:俵坂明康
演技事務:伊駒実麿
スチール:木村武司
出演:潤ますみ、森崎由紀、中島葵、坂口徹、長島隆一、水城マコ、泉ユリ、成瀬正。坂口祐三郎
1975年東映京都撮影所/シネスコサイズ・カラー64分35mmフィルム
玉割り人ゆき 西の廓夕月楼 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

玉割り人ゆき 西の廓夕月楼

映画「地獄の天使 紅い爆音」

地獄の天使 紅い爆音地獄の天使 紅い爆音
入鹿裕子                        内藤やす子

今回は内藤誠監督1977年製作「地獄の天使 紅い爆音」をピックアップする。
本作は、東映でバイオレンスクイーンとして売り出された新人の入鹿裕子さん、歌謡ロック歌手の内藤やす子さん、森下愛子さんのデビュー作である。 “カミソリのヨーコ”を演じる入鹿裕子さんは、本デビュー作を撮り終えると引退してしまったそうだ。主な舞台は横須賀。“カミソリのヨーコ”こと耀子が、彼女の過ちで姿を消した愛した男を探し求めるVシネマの様な物語であった。

地獄の天使 紅い爆音地獄の天使 紅い爆音
舘ひろし                        森下愛子

【ストリー】
耀子(入鹿裕子)は栃木刑務所を出所した。服役中の3年間、耀子は貢(小野進也)のことだけを考えていた。3年前、福生のライブハウスでロック・ギターを弾く貢と、カミソリヨーコという異名でとおっていた耀子は愛し合っていた。その貢が耀子の喧嘩にまきこまれ、ゴールド・フィンガーとまでいわれた左手小指を切りおとされたため、耀子は逆上し、相手を殺してしまった。「人殺し!」と貢は耀子にむかって叫んだ。福生へ戻った耀子は、ライブ・ハウスへ行くが、貢の姿はなかった。友人の朝子(内藤やす子)は横須賀に貢がいるという噂を聞いたと、耀子に告げる。耀子は横須賀に向った。耀子は、旧友の早苗(津和のり子)のバーを尋ね、ホステスとして働き始める。ある日、耀子は小指のない男を見つけ、貢だと思い後を追うが、それは彼ではなく寒河江(舘ひろし)という男だった。寒河江は暴力団の組長を殺し、指名手配されていることを耀子に話す。人を殺した苦しさから逃れようと、寒河江は麻薬常習者となっていた。耀子は寒河江のために薬を求め早苗のバーを尋ねる。しかし、そこにいあわせた黒須(成瀬正)という男に薬を飲まされ、犯されてしまう。数日後、復讐を誓い黒須のマンションに耀子は乗り込むが逆に殺されそうになる。そこえ寒河江が飛び込んで来ると猟銃で黒須を撃ち殺してしまった。二人は翌日、川崎のフェリーで会う約束をして別々にその場を去る。逃げる途中、耀子は偶然貢と再会し、その夜ホテルで二人は求め合った。耀子は寒河江の存在を貢に話す。翌朝、耀子が目覚めると貢の姿はすでになかった。川崎フェリー乗船場へ急ぐ耀子は、そこで、貢が寒河江を刺殺するのを目撃してしまう。貢は、暴力団に雇われ、寒河江を殺す命令をうけていたのだった。皮肉にも耀子は寒河江の猟銃で貢の命を奪わなければならない。その後姿には女の悲しみが漂っていた。

地獄の天使 紅い爆音地獄の天使 紅い爆音
入鹿裕子、小野進也                   津和のり子
地獄の天使 紅い爆音地獄の天使 紅い爆音
フラワーキッズ                      入鹿裕子

題名:地獄の天使 紅い爆音
監督:内藤誠
企画:安斉昭夫、坂上順、橋本新一
脚本:田中陽造、荒井晴彦、内藤誠
撮影:中島芳男
照明:萩原猶義
録音:林鉱一
美術:藤田博
装置:井保国雄
装飾:米沢一弘
美容:宮島孝子
衣裳:内山三七子
擬斗:西本良治郎
記録:山内康代
編集:戸田健夫
音楽:忠治 主題歌:津和のり子「ほれてあられてブルース」挿入歌:内藤やす子「サタディクイーン」「ターゲット」
現像:東映化学
進行主任:松本可則
助監督:馬場昭格
演技事務:石川通生
制作協力:バーニングプロ、チェックメイト
スチール:遠藤努
出演:入鹿裕子、内藤やす子、舘ひろし、成瀬正、森下愛子、津和のり子、小野進也、中田博久、福田勝洋、橋本晴美 忠治、町田政則 、亀山達也、ケイ梅津、城春樹、きくち英一、フラワーキッズ
1977年日本・東映東京撮影所/シネスコサイズ・カラー77分35mmフィルム
地獄の天使 紅い爆音 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

地獄の天使 紅い爆音地獄の天使 紅い爆音
入鹿裕子、舘ひろし                   入鹿裕子

1 2