映画「内海の輪」


「内海の輪」岩下志麻

岩下志麻                        中尾彬

今回は斎藤耕一監督1971年製作「内海の輪」をピックアップする。
本作は、松本清張氏の連載小説「黒の様式」から「霧笛の町」を映画化したものだが、スリルもサスペンスもない内容だった。それを期待する訳ではないが、ラストの “男の微妙な心理の変化を美奈子は敏感に感じとった” 岩下志麻さんの演技が秀悦である事以外は、見るところはなく冗長だった。
松竹は、1957年に松本清張氏の原作「顔(監督:大曽根辰保)」を手掛けて以来、数多くの松本清張作品を映画化して来たが、本作は特に面白味がなかった。


「内海の輪」岩下志麻

三國連太郎                       富永美沙子 

【ストリー】
西田美奈子29歳(岩下志麻)。いまは四国松山の呉服の老舗伊予屋の当主慶太郎の妻である。彼女は3ヵ月に1回上京した。半分は商用であり、半分は大学で考古学を専攻し、まもなく助教授の椅子につく江村宗三(中尾彬)との秘かな情事のためであった。宗三は妻の父が考古学の権威で次期学長に擬せられるという人物なので、労せずにエリートコースに乗っていた。彼は5年前の鮮烈な記憶が忘れられなかった。そのころ、美奈子は宗三の長兄寿夫(入川保則)の新妻だった。しかし、寿夫は水商売の女と出来ていて駈け落ち同然に、静岡きっての菓子屋の暖簾を捨てた。二人が同棲している新潟へ迎えに行く美奈子の護衛役に、まだ学生だった宗三が選ばれた。その時、愛情のない夫との訣別を決意していた美奈子は水上温泉で宗三に躰を与えた。彼女は童貞のおののきを示す宗三に、江村家への報復をこめたのかも知れない。それから3年、銀座で再会した二人は自然に求めあうように愛欲を燃え上がらせた。その時から美奈子は3ヵ月に1度上京しすでに男性機能を失っている夫、慶太郎(三國連太郎)の代りに宗三に抱かれるようになった。二人だけの秘密はひっそりと保たれたが、美奈子も宗三もやがてくる破綻を恐れていた。だから二人は愛欲の中にすべてを忘れようとした。やがて宗三の出張で、逢瀬は1ヵ月に短縮された。二人はしめし合わせて、1月の瀬戸内海に遊んだ。しかし、二人は伊丹空港で宗三と同窓の新聞記者長谷(夏八木勲)にバッタリ出会った。ついに二人のエゴイスティックな愛も均衡を失った。長谷は美奈子夫婦とも顔見知りであった。慶太郎にこの不倫が暴露されたら、美奈子はもちろん、宗三の輝ける将来も崩れ去るにちがいなかった。宗三はそんな犠牲を払ってまで、美奈子と心中立てする必要はないと思った。しかし、彼女から逃れることも出来そうになかった。旅の終りに選んだ蓬莱峡は奇岩が群がり立つ断崖の景勝地だった。ここで、美奈子を殺そうと宗三は心に決めた。男の微妙な心理の変化を美奈子は敏感に感じとった。宗三は美奈子を断崖に誘った。そして一突きにしようとしたが一瞬ためらった。「あたしを殺して」と美奈子はうずくまり慟哭した。愛欲の終焉が二人の愛の記憶を華麗に染め、そして消えた。


「内海の輪」岩下志麻

入川保則                     岩下志麻、中尾彬

題名:内海の輪
監督:斎藤耕一
製作:三嶋与四治
原作:松本清張
脚本:山田信夫、宮内婦貴子
撮影:竹村博
照明:中川孝一
録音:小林英男
調音:松本隆司
美術:芳野尹孝
装置:川添善治
装飾:磯崎昇
衣裳:東京衣装
編集:杉原よ志
音楽:服部克久
現像:東洋現像所
制作補:江夏浩一、織田明
製作主任:沼尾鈞
製作進行:玉生久宗
助監督:三村晴彦
スチール:赤井博且
出演:岩下志麻、中尾彬、三國連太郎、入川保則、夏八木勲、富永美沙子、水上竜子、加藤嘉、北城真記子、赤座美代子、滝沢修、高木信夫、高原駿雄
1971年日本・松竹/シネスコサイズ・カラー103分35mmフィルム
内海の輪 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


「内海の輪」岩下志麻

岩下志麻                       内海の輪

映画「津軽じょんがら節」


津軽じょんがら節

「津軽じょんがら節」江波杏子

今回は斎藤耕一監督1973年製作「津軽じょんがら節」をピックアップする。
公開当時、新宿文化アート・シアター・ギルドで観た憶えがある作品で、津軽の荒れ果てた海を描いたトーンが、忘れられない映像として残っている。DVDで見るとテレシネ・キャプチャー映像なので分からないが、フィルムのラチチュードを最大限生かした撮影設計は素晴らしかった。主演は、惜しくも2018年10月に急逝した江波杏子さんが、ヤクザの情婦イサ子を見事に演じている。イサ子役は江波杏子さん以外考えられないと思った。

【追記・訃報】
映画「女賭博師」シリーズの「昇り竜のお銀」などで知られる女優の江波杏子さんが、2018年10月27日に肺気腫(慢性閉塞性肺疾患)の急性増悪のため亡くなったことが11月2日、分かった。76歳だった。所属事務所が公式サイトで明かした。また報道各社にFAXで発表した。
スポーツ報知 2018年11月2日(金) 14:14配信


江波杏子、織田あきら                中川三穂子

西村晃、織田あきら                 江波杏子、佐藤英夫

【ストリー】
津軽の荒れ果てた漁村に、中里イサ子(江波杏子)がヤクザ風の若い男をつれて帰って来た。この村は東京のバーで働いていたイサ子の郷里である。男は岩城徹男(織田あきら)、よその組の幹部を刺したために追われており、イサ子は徹男を匿うためと、出漁中に死んだ父と兄の墓を建てるつもりだったのだ。海辺の小屋で二人の新しい生活が始まったが、徹男にとっては単調な毎日が、やりきれなかった。そんな徹男を、盲目の少女・ユキ(中川三穂子)は慕っていた。やがて生活に行きづまったイサ子は、村の飲屋に働きに出た。村から出ようという徹男に、イサ子は墓を建てるまで、と言い返すのだった。昼間、ユキと遊ぶ徹男は明るかった。そして徹男は、ユキの祖母から、盲目の少女はイタコか瞽女になる、という話を聞いた。イサ子の稼ぎを当てにしている徹男は、村の連中を集めて花札賭博に熱中していた。父の遭難には保険詐欺の疑いがあるとして保険金の支払いを拒否され、貯金通帳を飲屋の同僚に持ち逃げされるなど、イサ子の不運は続いた。しかも、次第に自分から離れていく徹男に不安を感じ、徹男と一緒に村を出ようと決心した。東京からの追手の気配を感じた徹男は、ユキを騙して金儲けをしようという、飲屋の主人・金山(佐藤英夫)の話に乗った。翌日、旅仕度をした徹男は、何も知らないユキを、客のいる飲屋の二階へ連れて行き、イサ子の待つ停留所へ向った。その時、徹男は津軽三味線の音を聞いた。盲目の女旅芸人--瞽女の中にユキを見た。彼は幻想を見たのだ。身をひるがえした徹男は、飲屋へ戻り、ユキを救った。そして、徹男はこの村に留まる決心をしたのだった。そんな徹男を見てイサ子は「あんた、ふる里が見つかって、よかったわね」と咳くと、一人村を去っていった。以来、徹男は海に漁に出て働き、ユキの家に帰っては互いに求めあった。しかし、その幸福な日は長くはつづかなかった。ある夜、徹男は何者かに、ドスで腹をえぐられ、そのまま暗い河口へ落ちて入った……。


津軽じょんがら節

中川三穂子

題名:津軽じょんがら節
監督:斎藤耕一
製作:島田昭彦、多賀祥介
脚本:中島丈博、斎藤耕一
撮影:坂本典隆
照明:水村富雄
録音:杉崎喬
記録:中町真理
編集:大島ともよ
音楽:高橋竹山、若美家五郎、鳴海重光、白川軍八郎、海童道宗祖
現像:東洋現像所
製作主任:馬道昭三
製作進行:川島照満
監督助手:山下稔、永井譲滋
撮影助手:松前次三、榊原勝巳
照明助手:小宮山靖夫
編集助手:川口和子
考証・挿入画:斎藤真
方言指導:富山真沙子
出演:江波杏子、織田あきら、中川三穂子、西村晃、佐藤英夫、寺田農、戸田春子、東恵美子、田中筆子、河村久子、富山真沙子、上村一夫
1973年日本・斎藤耕一プロダクション+ATG/シネスコサイズ・カラー103分35mmフィルム
津軽じょんがら節 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


「津軽じょんがら節」江波杏子

津軽じょんがら節

映画「旅の重さ」

旅の重さ旅の重さ
高橋洋子                       岸田今日子

今回は斎藤耕一監督1972年製作「旅の重さ」をピックアップする。
本作は素九鬼子氏の同名小説を映画化したもので、母親との生活に疲れ四国遍歴の旅に出た十六歳の少女の数奇な体験と冒険をオール・ロケで詩情豊かに描いている。主役オーディションで1位と2位だった高橋洋子さんと秋吉久美子さんのデビュー作だそうだ。私にとって新宿のATGで観た懐かしく微笑ましい作品である。

旅の重さ
三國連太郎                       高橋悦史

【ストリー】
「ママ、びっくりしないで、泣かないで、落着いてね。そう、わたしは旅に出たの。ただの家出じやないの、旅に出たのよ……」。十六歳の少女(高橋洋子)が、貧しい絵かきで男出入りの多い母(岸田今日子)と女ふたりの家庭や、学校生活が憂うつになり、家を飛び出した。四国遍路の白装束で四国をぐるりと廻って太平洋へ向う。宇和島で痴漢に出会い、奇妙なことにご飯をおごってもらう。少女は生まれて初めて、自然の中で太陽と土と水に溶けていく自分を満喫した。足摺岬の近くで、旅芸人・松田国太郎(三國連太郎)一座と出会い、一座に加えてもらった。少女は一座の政子(横山リエ)と仲良くなり、二人でパンツひとつになり海に飛び込んだりして遊ぶ。一座には他に、色男役の吉蔵(園田健二)、竜次(砂塚秀夫)、光子(中川加奈)など少女にとっては初めて知り合った人生経験豊かな人間たちである。やがて、少女は、政子に別れを告げると、政子が不意に少女の乳房を愛撫しだした。初めて経験するレスビアン。政子は、少女の一人旅の心細さを思って慰さめてやるのだった。ふたたび少女は旅をつづける。数日後、風邪をこじらせ道端に倒れてしまった。が、四十すぎの魚の行商人・木村(高橋悦史)に助けられた。木村の家に厄介になり、身体が回復するとともに少女の心には木村に対して、ほのかな思いが芽生えてきた。ある日、木村が博打で警察に放り込まれた。やがて木村が釈放された夜、少女は彼に接吻したが、木村は少女の体まで求めようとはしなかった。少女はみじめな思いで家を飛びだし、泣きながら道を走り、転び、倒れたまま号泣するのだった。思い直して家へ戻る途中、近所の娘加代(秋吉久美子)が自殺したのを知った。「私には加代が自殺した原因がわかるような気がする。私もこの旅に出なければ自殺したかも知れない……」。加代が火葬された日、少女は木村の家へ戻り、夜、静かに抱かれた。不思議な安息感があった。次の日より、少女と木村の夫婦生活が始まった。そして、少女も夫といっしょに行商に出るようになった。「……ママこの生活に私は満足しているの。この生活こそ私の理想だと思っているの。この生活には何はともあれ愛があり、孤独があり、詩があるのよ」。

005旅の重さ
横山リエ                    横山リエ、高橋洋子

題名:旅の重さ
監督:斎藤耕一
製作:上村務
原作:素九鬼子
脚本:石森史郎
撮影:坂本典隆
照明:津吹正
録音:栗田周十郎
整音:松本隆司
美術:芳野尹孝
衣装:松竹衣裳
編集:浜村義康
音楽:吉田拓郎 主題歌:今日までそして明日から
現像:東洋現像所
助監督:吉田剛
スチール:長谷川宗平
出演:高橋洋子、岸田今日子、三國連太郎、横山リエ、砂塚秀夫、高橋悦史、山本紀彦、三谷昇、秋吉久美子、園田健二、中川加奈
1972年日本・松竹/シネスコサイズ・カラー90分35mmフィルム
旅の重さ [DVD]
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

旅の重さ旅の重さ
秋吉久美子                       高橋洋子

1 2