映画「新・悪名」



勝新太郎                                                                田宮二郎

今回は森一生監督1962年製作「新・悪名」をピックアップする。
全15作が製作された勝新太郎さんと 田宮二郎さんのコンビが冴える”悪名シリーズ”の第3作になる。東映とは違うティストの任侠映画は、生まれ故郷の河内を追われた着流しヤクザ八尾の朝吉(勝新太郎)と、その弟分でハンチング帽にスカジャン、話の節々に英語を挟みインテリぶるチンピラの清次(田宮二郎)とが、彼らの放浪先、出所先で暗躍するヤクザ、偽善者、権力者を成敗する。

悪名シリーズ


万里昌代                                                      勝新太郎、浜田ゆう子

中村玉緒

【ストリー】
復員してきた朝吉(勝新太郎)は一変した日本の姿に呆然となった。河内では彼は戦死したことになっていて、女房のお絹(中村玉緒)は再婚していた。がっかりの朝吉は、死んだモートルの貞の女房お照(藤原礼子)を訪ねた。お照は大阪の闇市で大福餅を売っていた。自分の身代りとなった貞を思って朝吉は四国に貞の生家を訪れ、うらぶれはてた老母ふく(武智豊子)を伴って家へ帰って来た。貞に代って孝行しようというのである。或る夜、村で朝吉の歓迎宴が開かれた。それに参加した月枝(浜田ゆう子)は進駐軍に暴行され姿を消した。月枝は朝吉の幼友達弥吉の妹で、弥吉は戦死していた。朝吉は月枝を探しに大阪へおふくを伴って出かけた。月枝は釜ケ崎でパンパンになっていた。その元締は、清次(田宮二郎)という男で、情婦お雪(万里昌代)が采配を振っていた。この清次は死んだ貞の弟であったが、そのガメツさかげんに朝吉も手を焼いた。朝吉はしかたなく、昔のヤクザ気質をまるだしに月枝を清次の手から取り返した。月枝は忽ち朝吉に惚れてしまった。清次は外国人のボス金子(沢村宗之助)から、闇市の土地の権利を買いとろうと金を貯めていた。だが、金子は大淀組の勝(須賀不二男)と組んで闇市を乗っ取ろうとしていて、清次のことなど眼中になかった。勝と金子はヤクザを使って闇市の強制立退きを図りはじめた。だまされたと知った清次は、二連銃をもって殴り込むが逆に監禁されてしまった。これを知った朝吉は大淀組へ単身のりこんだ。手榴弾をとり出す朝吉をみて、勝と金子はあおくなった。話はついた。闇市は保障され清次は朝吉によって救い出された。清次は朝吉の乾分となったが、それは貞そっくりの姿だった。


勝新太郎、藤原礼子                                     武智豊子、勝新太郎、藤原礼子

新・悪名                                                      浜田ゆう子、勝新太郎

題名:新・悪名
監督:森一生
企画:財前定生
原作:今東光
脚本:依田義賢
撮影:今井ひろし
照明:岡本健一
録音:林土太郎
音効:倉島暢
美術:西岡善信
装置:林米松
擬斗:宮内昌平
編集:谷口孝司
音楽:斎藤一郎
現像:東洋現像所
製作主任:小沢宏
助監督:井上昭
スチール:三浦康寛
出演:勝新太郎、田宮二郎、中村玉緒、万里昌代、浜田ゆう子、藤原礼子、須賀不二男、沢村宗之助、武智豊子、小松みどり
1962年日本・大映京都撮影所/シネスコサイズ・カラー99分35mmフィルム
新・悪名 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


「新・悪名」スタジオ撮影現場(列車)

「新・悪名」オープンセット撮影現場

「新・悪名」ロケ撮影現場

森一生監督