映画「社長洋行記」

社長洋行記

社長洋行記社長洋行記
森繁久彌                  加東大介、三木のり平、小林桂樹
社長洋行記社長洋行記
加東大介                                                               森繁久彌、新珠三千代

今回は杉江敏男監督1962年製作「社長洋行記」「続 社長洋行記」をピックアップした。
“社長”シリーズ第14,15作は、前編・後編に分かれており、シリーズ初の海外ロケ(香港)を行った。高度成長時代のサラリーマンのメンタルが良く出ている内容で、世相が大きく変わった事を痛感する。香港の商社の秘書を演じる尤敏(ゆうみん)は、当時香港映画界で活躍してたスター女優。ラストに三船敏郎さんがカメオ出演している。

社長洋行記社長洋行記
久慈あさみ                    中真千子、江原達怡

【ストリー】
サクランパスという貼り薬で知られる桜堂製薬は、このところ香港を中心とする東南アジアで敵会社椿パスターに押されぎみだった。これは由々しき問題と本田社長(森繁久彌)は原因究明にのりだした。営業部長東海林(加東大介)の話では、国外販売は加藤清商事にまかせきりだという。それなら加藤社長(東野英治郎)に直接談判と、本田はマダム悦子(新珠三千代)のいる香港亭へ彼を招待した。だが相手は、たかがアンマ膏と頭から相手にしない。業を煮やした本田は、自らの手で国外に売り出そうと決心した。随行員は南(小林桂樹)と中山(三木のり平)。初めての洋行に有頂天の中山は、あやしい英語で人をケムにまき、はてはお手盛の送別会を準備する図々しさ。こんな中山をさすがに本田社長ももてあましたが、そんな時、東海林の愛人あぐり(草笛光子)の義兄が、香港で商事会社にいることがわかり、中山のかわりに彼を随行員にした。送別会の当日、そのことを知った中山はションボリうなだれ、一同もホロリとする始末。いよいよ香港出発となり、ジェット機にのり込んだ本田たちは、香港亭の悦子にばったり会った。彼女も香港支店へ行くところだ。香港で、街を歩いていた南は、大学の後輩柳宗之(洪洋)に出会った。柳は妹の秀敏(尤敏)と共に香港を案内してくれたが、南は彼女の美しさに心もそぞろだった。一方、悦子を訪ねて道をまよった本田は、今南と別れたばかりの秀敏に親切に案内され、そのしなやかな柳腰に見とれるばかり。東海林までが、マーケットでみやげを買うのに言葉が通じず困っているところを、通りがかりの秀敏に助けられた。その夜、三人は同じ女性とも知らずめぐり会った香港美人の話でもちっきり。ところが夜中に本田社長は蛇の食べ過ぎでのたうって苦しんだ。明日から売り込みだというのに、肝心の社長は、逃げ出すように香港を立ち去るのだった。

社長洋行記社長洋行記
フランキー堺                   草笛光子、加東大介

題名:社長洋行記
副題:THREE GENTLEMEN FROM TOKYO
監督:杉江敏男
製作:藤本真澄
脚本:笠原良三
撮影:完倉泰一
照明:山口偉治
録音:刀根紀雄
整音:下永尚
音効:西田多門
美術:村木与四郎
記録:米山久江
編集:小畑長蔵
音楽:神津善行
現像:東洋現像所 合成:向山宏
製作担当:井上卓之
製作進行:田代秀雄
演技事務:白石剛敏
助監督:野長瀬三摩地
監督助手:藤井誠之助、松本正志
撮影助手:田島文雄、上田正治、田辺博通
照明助手:佐藤幸次郎、斉藤進
録音助手:中沢与四郎、岩波英昭、橋村栄保、浜崎望生
協力:パン・アメリカン航空
スチール:田中一清
出演:森繁久彌、小林桂樹、三木のり平、加東大介、新珠三千代、藤山陽子、草笛光子、尤敏、フランキー堺、江原達怡、中真千子、久慈あさみ、洪洋、東野英治郎、西条康彦、小沢直好、英百合子
1962年日本・東宝/東宝スコープ(シネスコサイズ)・カラー89分35mmフィルム
社長洋行記 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。
社長洋行記社長洋行記
加東大介、森繁久彌、小林桂樹         森繁久彌、加東大介、小林桂樹

続 社長洋行記

続 社長洋行記続 社長洋行記
森繁久彌                       三木のり平
続 社長洋行記続 社長洋行記
小林桂樹                         三木のり平、小林桂樹

【ストリー】
貼り薬“サクランパス”の海外進出のため、東海林営業部長(加東大介)、南秘書課長(小林桂樹)と共に香港に乗り込んだ桜堂製薬の本田社長(森繁久彌)は、商談半ばで奇病のため日本に引きあげた。残された二人は、食事代も節約して孤軍奮闘するが、仕事はいっこう進まない。業を煮やした社長は、妻の滝子か(久慈あさみ)や娘のめぐみ(中真千子)に年寄り扱いされる腹いせもあって、再び香港にやってくる。前に一度浮気しそこなった香港亭のマダム悦子(新珠三千代)のお色気にフラフラとなってナイトクラブへ行った本田社長は、そこではからずも東海林部長と南課長とハチ合せ。東海林はタカリ専門のインチキ日本人坂田(フランキー堺)にひっかかって、ある商事会社を口説きおとそうと大わらわであり、南は大学の後輩の柳(洪洋)とその妹で一流商社の社長秘書をつとめる秀敏(尤敏)と共に、柳の誕生祝いにここへきていたのである。おかげで本田社長はマダムとつき合うわけに行かず、マダムは怒って帰ってしまい、頼みの坂田はタカリ屋と判って、浮気も仕事もお手上げだ。ところが、秀敏の機転でサクランパスは彼女の動く美麗公司と契約をするチャンスがきた。宗社長(斎藤達雄)は東京で調査の上、正式に代理店契約を結ぶという。喜び勇んで三人が帰国すると、意外にも彼らが香港芸者と浮気したというデマがとんでいるのにビックリ。そのため社長は妻の滝子から、東海林は恋仲の飲み屋のあぐり(草笛光子)から南は相愛の敬子(藤山陽子)からやっつけられた。調べてみると、香港へ行きそこなった中山課長(三木のり平)の仕業らしい。さて、美麓公司から桜堂製薬の実績と経営状態調査に派遣されてきたのは秀敏で、宗社長も続いて来日、両社の提携記念パーティーが椿山荘で催された。彼女の美貌に魂を奪われていた南は、今日こそプロポーズをと思っている。だが彼の前にあらわれた秀敏は、アメリカから香港へ帰る途中の中国青年(三船敏郎)を連れていた。それは秀敏の婚約者であった。

続 社長洋行記続 社長洋行記
尤敏                          藤山陽子

題名:続 社長洋行記
副題:THREE GENTLEMEN FROM TOKYO
監督:杉江敏男
製作:藤本真澄
脚本:笠原良三
撮影:完倉泰一
照明:山口偉治
録音:刀根紀雄
整音:下永尚
音効:西田多門
美術:村木与四郎、村木忍
記録:米山久江
編集:小畑長蔵
音楽:神津善行
現像:東洋現像所 合成:向山宏
製作担当:井上卓之
製作進行:田代秀雄
演技事務:白石剛敏
助監督:野長瀬三摩地
監督助手:藤井誠之助、松本正志
撮影助手:田島文雄、上田正治、田辺博通
照明助手:佐藤幸次郎、斉藤進
録音助手:中沢与四郎、岩波英昭、橋村栄保、浜崎望生
協力:パン・アメリカン航空
スチール:田中一清
出演:森繁久彌、小林桂樹、三木のり平、加東大介、三船敏郎、新珠三千代、藤山陽子、草笛光子、尤敏、フランキー堺、江原達怡、中真千子、久慈あさみ、洪洋、河津清三郎、西条康彦、小沢直好、英百合子、塩沢とき、斎藤達雄
1962年日本・東宝/東宝スコープ(シネスコサイズ)・カラー90分35mmフィルム
続・社長洋行記 -DVD-

続 社長洋行記続 社長洋行記
新珠三千代、森繁久彌                  三船敏郎

映画「風の視線」


園井啓介                        新珠三千代

今回は川頭義郎監督1963年製作「風の視線」をピックアップする。
本作は、松本清張氏原作のメロドラマであるが、冗長な流れで展開する三角関係で終始する。60年代の世相、男女の地位などが明確に反映された背景が現代ではありえず、逆におもしろかった。


岩下志麻                          佐田啓二

【ストリー】
亜矢子(新珠三千代)は夫重隆(山内明)との愛なき結婚にすっかりつかれ果てていた。外国に赴任している夫の留守を、視力を失った母堂總子(毛利菊枝)と暮らしていた。そうした美貌の人妻亜矢子に、新進のカメラマン奈津井(園井啓介)は憧れを持っていた。だが、彼女のすすめるままに千佳子(岩下志麻)と簡単な見合結婚をしてしまった。千佳子は亜矢子の夫重隆に誘惑されて、短かい愛の交渉をもった暗い過去があった。この結婚にはこういった暗い影があった。亜矢子は、夫の留守中に知り合った大新聞の事業部の次長久世(佐田啓二)が、心のよりどころとなりそれが愛にかわっていた。久世は、画期的な企画に敏腕をふるって業界にその名を知られていたし、若い芸術家達に絶大な信頼があった。しかし、彼もまた亜矢子と同じように、愛なき結婚で結ばれた名前だけの妻(奈良岡朋子)と別居した生活を送っていた。そんなところへ、重隆が突然帰国してきた。この帰国は複雑な人間関係に大きな波紋を投げかけた。この帰国を知った千佳子は、荒廃した自分の中に真実の愛を確かめようとして重隆を訪れた。しかし、彼はただ千佳子の身体を求めるだけだった。彼女は現在の生活までも捨てようとした自分の愚かさを知って、奈津井のアパートから姿を消した。一方、久世の妻英子は夫と亜矢子の仲にしっと心をもやし、帰国早々の重隆に中傷した。重隆は亜矢子との離婚を認めず、最後まで彼女を苦しめようと図った。そんな時、重隆は密輸であげられた。亜矢子はこれで夫とは絶対別れられないと決心し、久世を川治温泉に誘って一夜を過ごした。そうした亜矢子の心を知って久世は、みずから進んで、佐渡の支局へ転勤した。そんな頃、荒んだ生活の奈津井のもとに千佳子が帰ってきた。若い二人はお互の愛の傷を見詰め合うことによって、新しい愛の生活に出発しようとする勇気と意志を持ったのだ。一方、英子は東京から佐渡へ渡る気になれず、自分から久世に別れを告げた。そして、獄窓の重隆も亜矢子との離婚に心から同意するようになっていた。亜矢子と久世の結ばれる日は、もう間近なのだ。


岩下志麻、新珠三千代                    山内明

奈良岡朋子                          園井啓介

題名:風の視線
監督:川頭義郎
製作:脇田茂
原作:松本清張
脚本:楠田芳子
撮影:荒野諒一
照明:飯島博
録音:松本隆司
整音:沼上精一
美術:岡田要
装置:佐須角三
装飾:深沢重雄
衣裳:吉田幸七
編集:杉原よ志
音楽:木下忠司
進行主任:峰順一
助監督:中新井和夫
撮影助手:内海収六
照明助手:荒木勝
録音助手:佐藤広文
渉外事務:秦野賢児
スチール:堺謙一
出演:岩下志麻、新珠三千代、園井啓介、佐田啓二、山内明、滝田裕介、奈良岡朋子、加藤嘉、高宮敬二、山内明、毛利菊枝、中村たつ、小林トシ子、松本清張
1963年日本・松竹/シネスコサイズ・モノクロ105分35mmフィルム
風の視線 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


園井啓介、岩下志麻                     風の視線

映画「炎上」


市川雷蔵                     市川雷蔵、中村鴈治郎

今回は市川崑監督1958年製作「炎上」をピックアップする。
本作は三島由紀夫氏の「金閣寺」の映画化で、驟閣という美に憑かれた男を描く異色作だ。市川崑監督は、日活から大映に移籍してから5本目の大映作品となり、市川雷さんにとってデビューから4年目、48本目の初の現代劇主演作である。撮影は巨匠宮川一夫氏、”モノクロ”と”シネスコ”による効果的映像が素晴らしい。

【当ブログで紹介した市川崑監督作品】
1951年「盗まれた恋
1951年「恋人
1956年「処刑の部屋
1957年「
1957年「満員電車
1958年「炎上
1959年「
1959年「野火
1960年「女経」より「物を高く売りつける女」
1961年「黒い十人の女
1962年「破戒


仲代達矢                       新珠三千代

【ストリー】
溝口吾市(市川雷蔵)は、父の遺書を携えて京都の驟閣寺を訪れた。昭和19年の春のことである。彼は父から口癖のように、この世で最も美しいものは驟閣であると教えこまれ、驟閣に信仰に近いまでの憧憬の念を抱いていた。父の親友でこの寺の住職・田山道詮老師(中村鴈治郎)の好意で徒弟として住むことになった。昭和22年、戦争の悪夢から覚めた驟閣には、進駐軍の将兵を始め観光客が押しよせた。静かな信仰の場から、単なる観光地になり下ってしまったのだ。ある日米兵と訪れ戯れる女を、溝口は驟閣の美を汚す者として引ずりおろした。25年、溝口は古谷大学に通うようになり、そこで内翻足を誇示して超然としている戸苅(仲代達矢)を知った。彼は、驟閣の美を批判し老師の私生活を暴露した。溝口の母あき(北林谷栄)は、生活苦から驟閣寺に住みこむことになった。溝口は反対した。父が療養中、母は姦通したことがあるからだ。この汚れた母を、美しい驟閣に近づけることは彼には到底出来なかったのである。口論の挙句、街にさまよい出た溝口は、芸妓を伴った老師に出会った。戸苅の言ったことは、真実であった。彼は小刀とカルモチンを買い、戸苅から金を借りて旅に出た。故郷成生岬の断崖に立ち荒波を見つめる溝口の瞼には、妻に裏切られ淋しく死んでいった父のダビの青白い炎が浮んだ--。挙動不審のため警察に保護され、連れ戻された溝口を迎えた、母と老師の態度は冷かった。彼は、自分に残されているのは、ただ一つのことをすることだけだと思った。溝口はふるえる手で、三たびマッチをすった。白煙がたちのぼり、その中から赤い透明の焔が吹き上った。美しくそそり立つ驟閣が、夜空をこがして炎上する。その美しさに溝口は恍惚とした。--国宝放火犯人として検挙された溝口は、頑として尋問に答えなかった。実施検証で焼跡を訪れた。が、そこに見出したのは無惨な焼跡だけだった。汽車に乗せられた溝口は、便所へ立った、少しの油断を見て、彼は自らの体を車外へ投げ出した--。


北林谷栄、市川雷蔵              市川雷蔵、浦路洋子、仲代達矢

題名:炎上
監督:市川崑
企画:藤井浩明
製作:永田雅一
原作:三島由紀夫「金閣寺」
脚本:和田夏十、長谷部慶治
撮影:宮川一夫
照明:岡本健一
特機:宇野薫
録音:大角正夫
音効:倉嶋暢
美術:西岡善信
装置:梶谷輝雄
装飾:松本春造
背景:太田多三郎
美粧:小林昌典
結髪:石井エミ
記録:中井妙子
編集:西田重雄
音楽:黛敏郎 邦楽:中本利生
製作主任:橋本正嗣
製作進行:鈴鹿俊彦
助監督:田中徳三
撮影助手:田中省三
照明助手:美間博
美術助手:加藤茂
録音助手:近藤正一
演技事務:千賀滝三郎
スチール:西地正満
出演:市川雷蔵、仲代達矢、新珠三千代、中村鴈治郎、浦路洋子、中村玉緒、北林谷栄、信欣三
1958年日本・大映京都撮影所/シネスコサイズ・モノクロ99分35mmフィルム
炎上 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


市川雷蔵                        「炎上」

1 2 3 4