映画「最後の博徒」

最後の博徒最後の博徒
松方弘樹                 千葉真一、峰岸徹、三島ゆり子、成田三樹夫
最後の博徒最後の博徒
岡田奈々                       三島ゆり子

今回は山下耕作監督1985年製作「最後の博徒」をピックアップする。
仁義なき戦いシリーズ」開始から12年後に作られた本作の舞台も広島だが、”仁義ある任侠”もあったというノスタルジックな内容で拍子抜けした。東映任侠映画を支えて来た俳優陣が総出演するのは良いのだが、アクションやガンファイトシーンも少なく、迫力に乏しい内容だった。本作は鶴田浩二さんの遺作となった作品でもある。

最後の博徒最後の博徒
成田三樹夫                   千葉真一、松方弘樹
最後の博徒最後の博徒
鶴田浩二                        梅宮辰夫 

【ストリー】
昭和52年4月13日、北陸最大の組織で北陸の帝王と呼ばれた川名組・川名勇組長(柳田真宏)が越前三国で殺害された。福井県警はその日のうちに刺客4人を逮捕。さらに殺人教唆の黒幕として、荒谷政之(松方弘樹)を逮捕した。荒谷には懲役20年の判決が下りた。荒谷は少年時代から呉の素人賭場に出入り、石岡博(梅宮辰夫)の子分となる。そこで博徒の行儀作法を学んだ。一年後には若中に成長した彼に目をかけてくれたのは兄費分の大松義寛(江夏豊)である。昭和21年8月、大松は愚連隊を叩き潰した。その中には後の大原組組長大原勝(泉谷しげる)がおり、彼は後に呉一帯をしきる山辰信男(成田三樹夫)と親交があった。石岡は大松を怒った。朝鮮戦争勃発直前、新興の運送業者山辰は勢力を伸ばし、山辰組を拡大していく。そんな時、呉駅近くで博徒のいざこざが起り、山辰組の若い者に突然現われた加納良三(千葉真一)が助っ人をした。山辰は警察に捕まった加納を見込んで5万円の保釈金を積み子分にした。だが加納は刑務所内で大松と兄弟分の盃を交わしていた。荒谷と加納もすぐ親しくなった。昭和24年9月、加納は石岡を撃つ。だが命までは取れず刑務所入りとなった。この事件が山辰の命令と知った荒谷は単身山辰の命を狙うが、彼をかばうために出て来て命を落してしまったのは大松だった。この抗争は、山辰が加納を破門にするという条件を加え、広島の大親分清島春信(萬屋錦之介)の仲介で手打ちとなる。荒谷は山辰を狙って逮捕される。昭和27年6月、大原によって石岡が刺殺された。この仇は荒谷の若い者杉本(清水健太郎)が打ったが、山辰はのうのうと毎日を送っていた。荒谷はいつかは山辰を殺ると決心した。そんな荒谷に脅えて、山辰は刑務所内にまで刺客を送り込んできた。だが、荒谷の命はなかなか取れなかった。昭和34年2月、荒谷は出所。彼は神戸の神岡組の三代目、田城一正(丹波哲郎)の最高幹部の菅田組組長菅田猛雄(鶴田浩二)と兄弟分の盃を交わした。その頃、山辰は呉を一本化、共栄会という組織を作り、初代会長におさまっていた。昭和45年9月、加納の出所の時が来た。加納と荒谷は手を握り合い、打倒山辰をめざす。そんな二人の前に清島が現われ、山辰を引退させるから、彼から手を引いてくれと言うのだった。加納は足を洗い、荒谷は幼な馴染の道代(岡田奈々)を妻にして、大阪で一匹狼としての組を組織した。昭和50年9月、菅田組内の川名組と浅井組が戦争に突入。菅田は神岡組から絶縁状を送られてしまう。そんな時、荒谷のところに川名殺害の殺人教唆の逮捕状がきた。彼は菅田に最後の言葉を送った。菅田と神岡組三代目は和解した。昭和59年9月、最高裁は荒谷の原判決を破棄した。

最後の博徒最後の博徒
丹波哲郎                         峰岸徹
最後の博徒最後の博徒
萬屋錦之介                     松方弘樹、江夏豊

題名:最後の博徒
監督:山下耕作
企画:藤映像コーポレーション
製作総指揮:俊藤浩滋、高岩淡
製作:佐藤雅夫、厨子稔雄
原作:正延哲士「最後の博徒 波谷守之の半生」
脚本:村尾昭
撮影:鈴木達夫
照明:渡辺喜和
録音:芝氏章
整音:荒川輝彦
美術:井川徳道
装置:梶谷信男
装飾:窪田治
背景:西村三郎
衣裳:森譲、豊中健
美粧・結髪:東和美粧
擬斗:上野隆三
配役:葛原隆康
記録:石田照
編集:玉木濬夫
音楽:伊部晴美 主題歌:松下奈生「叱られた子のように」
進行主任:野口忠志
助監督:俵坂昭康
演技事務:村田五郎
和楽:中元敏生
舞踊指導:藤間紋蔵
方言指導:国一朗太、司祐介、宮川珠季
宣伝:寺西国光、小田和治、吉富三久良、佐藤一也
製作宣伝:丸国艦
スチール:飯塚文正
出演:松方弘樹、鶴田浩二、丹波哲郎、千葉真一、梅宮辰夫、萬屋錦之介、成田三樹夫、品川隆二、岡田奈々、待田京介、江夏豊、泉谷しげる、清水健太郎、木之元亮、誠直也、ガッツ石松、三島ゆり子、峰岸徹、日高澄子、森次晃嗣、苅谷俊介、岡崎二朗、丹波義隆、岩本多代、下川辰平、柳田真宏、小松方正(ナレーター)
1985年日本・東映/ビスタサイズ・カラー125分35mmフィルム
最後の博徒 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

最後の博徒最後の博徒
苅谷俊介、森次晃嗣                  最後の博徒

映画「大いなる旅路」


三國連太郎                 風見章子、三國連太郎、小宮光江

今回は関川秀雄監督1960年製作「大いなる旅路」をピックアップする。
本作は国鉄機関士の青年が、壮年まで家族と共に歩んだ30年を描いた作品だ。当時の東映社長であった大川博氏は、国鉄OBだった事もあり、自ら企画をしたそうだ。その結び付もあって蒸気機関車の脱線シーンは、盛岡鉄道管理局長の立会いで実車を脱線転覆させて撮影を行ったというから凄い。東映は国鉄から、鉄道機関士の真摯な生き方を描く作品であると評価され表彰を受けたが、その後の「新幹線大爆破」で信頼・協力関係を失ったそうだ。


国鉄8620形蒸気機関車の脱線シーン      ※ミニチュアやCGではない実写撮影

【ストリー】
大正末期の北国。吹雪をついて機関車が進む。轟音を発し、なだれを浴びた機関車は断崖に転落した。橋本機関手(河野秋武)の助手をつとめていた岩見浩造(三國連太郎)にとって、この事件は、彼の一生を決定した。列車の安全運転に生涯をかけようというのだ。浩造には佐久間太吉(加藤嘉)という親友がいた。二人は東鉄教習所の試験を受けた。失敗した浩造は、黙々と山間の機関士を務めた。その間、石巻の漁師の娘ゆき子(風見章子)と結婚、長男忠夫(南廣)が出生した。世の中は満洲事変、日支事変、やがて大東亜戦争へと移り変った。家族は次男静夫(高倉健)、三男孝夫(中村賀津雄)、長女咲子(小宮光江)と増えた。父と同じ盛岡機関区に勤務する忠夫は出征した。静夫は東鉄教習所に見事パス。父の運転する列車で東京へ向った。孝夫は予科練に入隊した。その頃、忠夫の戦死公報が入った。咲子は親の反対を押切って、徴用工田辺(長谷部健)と家を出た。浩造とゆき子には心痛が続いた。静夫は太吉の娘芳江(八代万智子)と結ばれ、久しぶりに明るい表情が浩造夫婦に戻った。昭和30年。浩造の機関士生活も30年を教え、髪も雪のように白くなった。田辺に捨てられた咲子も名古屋の製材所で働く神崎(山本麟一)との新生活に再出発した。東京に出たまま行方がわからなかった孝夫が戻って来た。彼はみるかげもなくやつれ、数日後、短い一生を終った。新橋駅長になって帰郷した太吉は、浩造と想い出の岩手山を訪れた。鉄道記念日の日、浩造は国鉄から功績章を受けた。晴れの授賞の日に老妻ゆき子と二人で盛岡を出発した。功績章を胸につけた浩造は、ゆき子と静夫の運転する“こだま”に乗って名古屋に向った。そこには元気な咲子が待っていた。鉄道生活30年、雪と汗と油にまみれた。喜びも悲しみも機関手一筋に生き、鉄路を愛してきた浩造を、故郷の山河は暖く迎えた。そして明日への決意を新たにした。


高倉健                       中村賀津雄

題名:大いなる旅路
監督:関川秀雄
企画:岡田寿之、斎藤安代、加茂秀男
製作:大川博
脚本:新藤兼人
撮影:仲沢半次郎
照明:銀屋謙蔵
録音:廣上庄三
美術:森幹男
編集:長沢嘉樹
音楽:斎藤一郎
製作主任:山下明
助監督:梨岡元
出演:三國連太郎、高倉健、南廣、中村賀津雄、梅宮辰夫、風見章子、加藤嘉、小宮光江、八代万智子、利根はる恵、河野秋武、東野英治郎、日高澄子、山本麟一、長谷部健
1960年日本・東映/シネスコサイズ・モノクロ95分35mmフィルム
大いなる旅路 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

大いなる旅路
八代万智子、加藤嘉                  八代万智子

三國連太郎 (国鉄8620形蒸気機関車を運転)        高倉健 (国鉄151系こだま号を運転)

大いなる旅路」国鉄8620形蒸気機関車

大いなる旅路」国鉄151系こだま号

三國連太郎、風見章子                大いなる旅路

映画「心中天網島」


中村吉右衛門                  岩下志麻(治兵衛の妻おさん)

中村吉右衛門、岩下志麻(遊女小春)             岩下志麻

今回は篠田正浩監督1969年製作「心中天網島」bestをピックアップする。
本作は、篠田監督が松竹から独立してから撮った最初の作品で、ATG(日本アートシアターギルド)の1,000万円映画として2週間の撮影期間で制作されたものだが、内容とクオリティの高さに驚く作品である。300万円の予算超過があったそうだが、劇中に黒子が登場したり、大きな古文字や浮世絵が描かれた壁や床のセットなどのハイセンスな栗津潔さんの美術、全編を通しての斬新な演出・撮影・照明が行われ、大掛かりなセットが組めない低予算映画という事を逆手に取っている。

本作を2019年1月20日に池袋の新文芸坐で行われた特集上映 “デビュー60年 女優・岩下志麻” で、35mmプリントで再び観て来たが、中村吉右衛門さんの歌舞伎で培われた独自の発声とイントネーション、細かい所作の素晴らしさと、母性とモラルの妻おさんと、心中する儚い遊女小春の二役を見事に、違和感なく演じ分けた岩下志麻さんの上質の芝居が、成島東一郎氏のモノクロトーンに冴え映り、完璧なものにしている。本作は1960年代に、日本の優れた才能が結集して作られた作品である事は間違いない。


中村吉右衛門、岩下志麻                   滝田裕介

【ストリー】
大阪天満御前町の紙屋治兵衛(中村吉右衛門)は、女房子供のある身で、曽根崎新地紀伊国屋お抱えの遊女小春(岩下志麻)と深く馴染み、情死のおそれもあった。これを案じた治兵衛の兄粉屋の孫右衛門(滝田裕介)は、武士姿に仮装し、河庄に小春を呼び出した。孫右衛門は、小春に治兵衛と別れるようさとし、その本心を問いただした。小春は治兵衛と死ぬ積りはないと言った。折から、この里を訪れていた治兵衛は二人の話を立聞きし、狂ったように脇差で斬りこんだ。だが、孫右衛門に制せられ、両手を格子に縛られてしまった。そこへ恋敵の太兵衛(小松方正)が通りかかり、さんざん罵り辱しめた。これを聞きつけた孫右衛門は、表に飛びだし太兵衛を懲しめ、治兵衛には仮装を解いて誡めた。治兵衛は目が覚めた思いだった。そして小春からの起請文を投げかえして帰った。数日後、治兵衛は太兵衛が小春を身請けするとの噂を聞いた。悔し涙にくれる治兵衛。これを見た妻のおさん(岩下志麻)は、始めて小春の心変りは自分が手紙で頼んでやったことと打明けた。そして、小春の自害をおそれ、夫をせきたてて身請けの金を用意させようとした。おさんの父五左衛門(加藤嘉)が娘を離別させたのはそんな折だった。それから間もなく、治兵衛は小春と網島の大長寺で心中した。


小松方正                       滝田裕介、河原崎しづ江

題名:心中天網島
監督:篠田正浩
製作:中島正幸、篠田正浩
原作:近松門左衛門
脚本:富岡多恵子、武満徹、篠田正浩 台詞:富岡多恵子
撮影:成島東一郎
照明:奥山保雄、竹田則夫、小林達三
録音:西崎英雄
音効:高井唯夫、鈴木明
美術:栗津潔
装飾:荒川大、神田明良
美粧:高橋祥子
衣装:橋本潔
絵:篠田桃紅
時代考証:林美一
衣装考証:上野芳正
音楽:武満徹
現像:東洋現像所
製作主任:加藤正夫
助監督:中野恵之、小栗康平、小泉眞、元持昌之
撮影助手:杉村博章、坂本善尚、林光夫、三瓶恵造
編集助手:高橋司圭子
撮影スタジオ:日映新社(日本映画新社)
録音スタジオ:アオイスタジオ
協力:京都衣裳、高津小道具店、川口かつら店、東宝舞台
出演:中村吉右衛門、岩下志麻、河原崎しづ江、滝田裕介、小松方正、左時枝、日高澄子、藤原釜足、加藤嘉、浜村純
1969年日本・表現社+ATG/スタンダードサイズ・モノクロ103分35mmフィルム
心中天網島 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


心中天網島

1 2 3