映画「夜の診察室」


「夜の診察室」松坂慶子

松坂慶子                      峰岸隆之介(峰岸徹)

今回は帯盛迪彦監督1971年製作「夜の診察室」をピックアップする。
1942年から1971年まで存在した大映(大日本映画製作株式会社)末期の作品である。大映倒産後、徳間書店が2003年まで映画事業を引き継いだ。その後事業は角川映画に譲渡され、角川大映映画と称して現在に至っている。本作は、撮影所が映画を制作したプログラム・ピクチャー終焉を象徴する様な作品で、裸体描写はない。一方、日活は1971年からロマン・ポルノ制作で路線変更し、1988年まで作り続けた。

※ 日活ロマン・ポルノは、1971年11月にスタートし「団地妻 昼下りの情事(白川和子主演)」と「色暦大奥秘話(小川節子主演)」が第1作であった。


「夜の診察室」松坂慶子

真山知子                            高橋昌也、長谷川待子

【ストリー】
商品化されたセックスが氾濫する今日、人々は楽しみよりも苦しみを、喜びよりも悩みをもたらされる。この様な人人のために、あるマンションの一室に医学博士麻生周造(高橋昌也)が経営する性相談室がある。梢(松坂慶子)は大学で心理学を専攻している一方、その父の手伝いをしている女の子である。今日もまた、柳田民代(真山知子)が訪ねてきた。父が留守なため、梢は民代の話を聞いた。民代は夫の浩司(早川雄三)が性不能者であることをぶちまけ、その原因は、以前は住んでいた狭い家に妹と同居していたのに比べ、新しい広い家に移った今、二人では刺激が無さすぎるためと考え、浩司の従弟である自称ポルノ作家榊達郎(峰岸隆之介)に代役を頼んだり、いろいろ手段を用いるが矢張り駄目であったことなどを語った。翌日、麻生は気落ちした民代を慰めながら話を聞いている内、新しい家が原因だとわかり、今の寝室を元通りにするように薦めた。その夜は、柳田夫婦にとって素晴らしい夜であった。民代の電話を受けている間、中沢ルミコ(後藤ルミ)が入ってきた。ルミコの夫和彦(富川徹夫)は非常に嫉妬深く、眠る前には夫婦を手錠でつなぎ、昼間は二時間おきに電話するという非常識極まる男である。和彦の上司である殿村(藤村有弘)は、梢から中沢夫婦の問題を知らされ、和彦を麻生の所へ連れてきた。和彦は麻生に短小の悩みを話すが、それは和彦の思い違いであることがわかる。かくして、中沢夫婦にも素晴らしい二度目の新婚一夜がやってくる。数日後、梢は民代を観察している時知り合った榊と合い、性相談をしにくるいろいろな患者のことを自分自身のことの様に話したが、未経険者の耳学問とからかわれ、腹を立てた。そして榊を心理試験にかけるが、意外にも彼が選んだ写真は清潔なものばかりだった。梢は、真の愛情にうえている榊の心を知った。翌日、榊は、麻生が梢の父親だとも知らずに診察室にやってきて、死んだ妹を愛し、理想化していたため他の女性を愛せなかったが、初めて妹に似た人を愛したと告白し、それについてアドバイスを受けて帰っていった。その話を父から聞いた梢は、榊の後を追い、彼の胸に飛び込んでいった。


夜の診察室」松坂慶子

早川雄三                         藤村有弘

題名:夜の診察室
監督:帯盛迪彦
企画:林万夫
脚本:長谷川公之
撮影:中川芳久
照明:上原正一
録音:高橋温生
美術:山口煕
編集:中静達治
音楽:伊部晴美
現像:東京現像所
製作主任:井上信彦
助監督:伊藤昌洋
スチール:柳沢英雄
出演:松坂慶子、峰岸隆之介(峰岸徹)、高橋昌也、真山知子、藤村有弘、長谷川待子、小野川公三郎、早川雄三、小峯美栄子、富川徹夫、後藤ルミ
1971年日本・大映東京撮影所/シネスコサイズ・カラー88分35mmフィルム
夜の診察室 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


松坂慶子、高橋昌也            松坂慶子、峰岸隆之介(峰岸徹)

夜の診察室

映画「悪名一代」


勝新太郎                        田宮二郎

今回は安田公義監督1967年製作「悪名一代」をピックアップする。
本作は、勝新太郎さんと 田宮二郎さんのコンビが冴える”悪名シリーズ”の第13作になる。素手で相手を倒す事をモットーとする朝吉が、遂にドスを使ってしまったという”悪名シリーズ”の異色作になる。

悪名シリーズ


長門勇                              森光子


森光子、上田吉二郎、勝山まゆみ              浜田ゆう子

【ストリー】
行先も定めずふらりと山陰線の汽車に乗った朝吉(勝新太郎)は、渡り仲居のお澄(森光子)に初恋の男と間違われた。朝吉は人の善いお澄に勧められるままに、彼女の勤める旅館に泊った。ところがそこには、近くアメリカから帰国する伯母から三億円の遺産を相続することになっているという蔦江(浜田ゆう子)が軟禁されていた。見張りは女高校生環(勝山まゆみ)で、彼女の父はかつて朝吉に悪事をあばかれた沖縄の源八(上田吉二郎)だった。源八は朝吉に、3億円に目をつけた二代目シルクハット(長門勇)が蔦江を無理に妾にしたので助け出したのだと語ったが、朝吉は蔦江を奪って、シルクハットの家へ乗り込んだ。意外にも、そこには清次(田宮二郎)がシルクハットの妹お美津(坪内ミキ子)を女房にして住んでいた。朝吉はシルクハットを詰問したが、とても一筋縄でいく男ではなく、様子を見るため、当分の間居候することにした。一方、1年前、刃物を使って親分の朝吉に怒鳴られ、姿を消した清次は、朝吉の怒りを解こうと懸命だった。その頃、源八は3億を山分けすることにして新興やくざのお十夜一家にこの話を持ち込んだ。やがて、盆踊りの太鼓が鳴り出した日、蔦江の伯母お菊(本間文子)が帰ってきた。蔦江を押さえているシルクハット、お菊を抱き込もうする源八とお十夜一家。小さな町にやくざの策略と陰謀が入乱れた。その有様を静観していた朝吉だったが、清次がだまし討ちにあって重傷を負い、しかもお美津までが斬り殺されるに及んで立ち上った。お十夜一家に、乗り込み、初めてドスを手にして暴れ回った。その朝吉にお十夜(小池朝雄)は倒され、助け出されたお菊は蔦江と涙ながらの対面をするのだった。一方、シルクハットは妹のお美津の死にショックを受け、3億円を諦めた。朝吉はこうしてすべてが終った後、ひとり自首するために出ていくのだった。


坪内ミキ子                      勝新太郎

題名:悪名一代
監督:安田公義
企画:奥田久司
原作:今東光
脚本:依田義賢
撮影:牧浦地志
照明:古谷賢次
録音:大角正夫
美術:加藤茂
擬斗:楠本栄一
編集:谷口登司夫
音楽:鏑木創
現像:東洋現像所
製作主任:村井昭彦
助監督:宮嶋八蔵
スチール:大谷栄一
出演:勝新太郎、田宮二郎、森光子、長門勇、浜田ゆう子、坪内ミキ子、勝山まゆみ、上田吉二郎、小池朝雄、本間文子、早川雄三、北城寿太郎、毛利郁子
1967年日本・大映京都撮影所/シネスコサイズ・カラー89分35mmフィルム
悪名一代 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


山陰本線C57蒸機

映画「桜の樹の下で」


岩下志麻                       津川雅彦

今回は鷹森立一監督1989年製作「桜の樹の下で」をピックアップする。
本作は渡辺淳一氏原作の同名小説を映画化したもので、桜の樹の下に始まり、桜の樹の下で思いもよらぬ結末を迎える激しくも哀しい親子丼ぶりの物語。七瀬なつみさんのデビュー作であり、岩下志麻さんの妖艶さは美しかった。東映は「ひとひらの雪(1985年/監督:根岸吉太郎)」「化身(1986年)」「別れぬ理由(1987年/監督:降旗康男)」「失楽園(1997年)」などの渡辺淳一氏原作を映画化している。


七瀬なつみ

【ストリー】
京都にある老舗の料亭「たつむら」の女将・菊乃(岩下志麻)は、40半ばながらその美貌は歳を感じさせなかった。夫(寺田農)とは別居状態で娘の涼子(七瀬なつみ)と二人暮らし、時おり東京の出版社社長・遊佐恭平(津川雅彦)と大人の恋愛を楽しんでいる。「たつむら」の東京支店オープンの準備が進められ、大学を卒業した涼子は菊乃の許で見習いを始めた。春、京都の桜を見に来た遊佐を涼子か案内し、今度よその桜を見に連れていってほしいと頼んだ。東京支店の準備も大詰めとなり菊乃は遊佐と東京・三田のマンションを見に行った。暗闇の中で二人は愛し合い、菊乃は早く東京の人になりたいと思った。5月、涼子は遊佐にせがんで、二人は秋田へ飛び、角館の桜を見に行った。その晩、遊佐と涼子はホテルで結ばれた。それから涼子の様子が変わり、遊佐も菊乃を避けるようになった。東京支店の披露パーティーで菊乃は、遊佐と涼子が仲睦まじく手を握っているのを見て二人の仲を悟った。菊乃は母としてではなく女の意地から東京の店を涼子に任せ、遊佐に監視役を頼んだ。涼子は一人前の女となり、やがて遊佐の子を妊娠した。菊乃は京都で店を切り盛りしながら一人悩んでいた。そして菊乃は上京した際にマンションから飛び降り自殺を遂げた。その日、涼子は流産し、たぶん母が子供を連れていったのだと思った。涼子は桜の樹の下には屍体が埋められており、狂い咲きするのだという伝説を思い出し、遊佐と別れる決意をするのだった。


寺田農                      二谷英明、津川雅彦

十朱幸代                    野坂昭如、津川雅彦、岩下志麻

題名:桜の樹の下で
監督:鷹森立一
企画:三堀篤
製作:瀬戸恒雄
原作:渡辺淳一
脚本:那須真知子
撮影:林淳一郎
照明:山口利雄
特機:加藤勝
録音:柿沼紀彦 リーレコ:岡村昭治
音効:原尚
美術:今保太郎
装置:浜中一文
装飾:平井浩一
背景:松下潔
スタイリスト:村井緑
きものデザイン:小泉清子
衣裳:増田和子
美粧:常盤ひとし、福田高広
振付:葉油脂もと枝
記録:今井文子
編集:西東清明 ネガ編集:橋場惠
音楽:小六禮次郎
現像:東映化学
進行主任:竹山昌利
製作進行:内山雅博、木次谷良助
演技事務:福岡康裕
助監督:長谷川計二
監督助手:井上隆、佐伯英二
撮影助手:井上明夫、上林秀樹、中川克也、斉藤博
照明助手:稲葉好治、三浦英治、石川末八、白井将成、三上日出志
特機助手:小野崎良雄、森田祐輔
録音助手:佐原聡、人見章久
音効助手:須田良三
美術助手:福澤勝広、室岡秀信
装飾助手:肥沼和男、永野洋 セット付:浅田稔彦
編集助手:高橋信之
スチール:加藤光男
出演:岩下志麻、七瀬なつみ、津川雅彦、十朱幸代、寺田農、山口果林、久保菜穂子、二谷英明、早川雄三、志喜屋文、山本緑、野坂昭如
1989年日本・東映東京撮影所/ビスタサイズ・カラー110分35mmフィルム
桜の樹の下で -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


岩下志麻                         桜の樹の下で

1 2 3