映画「東京暗黒街 竹の家」


東京暗黒街 竹の家(HOUSE OF BANBOO)

ロバート・スタック              シャーリー・ヤマグチ(山口淑子)

今回はサミュエル・フラー監督1955年製作「東京暗黒街 竹の家(HOUSE OF BANBOO)」をピックアップする。本作は東京(浅草松屋の屋上、月島、銀座など)、神奈川(横浜港、鎌倉など)、山梨で、43日間にわたり日本で撮影が行なわれ、室内シーンの多くは、ハリウッドの撮影所に作られた日本家屋などのセットが使われている。
特筆すへきは、富士山をバックに蒸気機関車が走るトップシーン(上画)で、富士山麓電鉄(現・富士急行線)の富士吉田駅と河口湖駅の区間約5kmを、20世紀フォックス社が借り切って撮影したそうだ。
1955年2月7日から9日の午前7時30分から午後4時まで、列車を運休して撮影するという前代未聞の撮影は、戦後10年経った当時、アメリカ政府、軍の圧力と日本政府、外務省、運輸省、山梨県、東京都などの忖度があって実現したものである。
開業時から電化されていた富士山麓電鉄(現・富士急行線)は、蒸気機関車はなく、わざわざ国鉄(現・JR東海)から借りて来たそうだ。
(ウィキペディア参照)


ロバート・ライアン                  ブラッド・デクスター、ロバート・スタック、早川雪洲

【ストリー】
日本の富士山麓で列車ギャング事件が起こり、アメリカ軍の兵器が 奪われ、軍曹が殺される。東京警視庁のキタ警部(早川雪洲)はアメリカ憲兵隊と協力し、ハンスン大尉(ブラッド・デクスター)と共に捜査に乗り出す。数日後、ギャングは東京の工場を襲い、その時傷ついた一味の1人ウェッバーが逃げおくれて死ぬ。ハンスン大尉は男の所持品の中からスパニア(ロバート・スタック)という男の手紙を発見し、その内容から、スパニアがアメリカの刑務所に入っていること、出所したら東京へ来ることなどが判明する。またナゴヤ・マリコ(シャーリー・ヤマグチ)という日本人の女性の写真も発見され、この女はウェッバーと結婚していたのである。東京へ来たスパニアはマリコに会い、ウェッバーが殺されたことを知る。彼はやがてグリフとその親分サンディ(ロバート・ライアン)の組織するギャングの仲間入りをしたが、実はハンスン大尉の頼みでスパイとして一味の行動を探ることになったのである。スパニアとマリコは次第に親しくなり、ギャングが大工場を襲撃した際、自分がスパイであることを告げてハンスン大尉への連絡を頼むようになる。サンディ一味は次に銀行の現金輸送車を襲う計画をたてるがマリコが事前に憲兵隊へ知らせたので失敗に帰し、スパニアがスパイであったことを知る。そこでサンディは計略をつかって彼を警官に射殺させようとするが失敗し、かえってスパニアに殺されてしまう。スパニアはマリコと結ばれる。


シャーリー・ヤマグチ(山口淑子)           ロバート・スタック

題名:HOUSE OF BANBOO
邦題:東京暗黒街 竹の家
監督:サミュエル・フラー
製作:バディ・アドラー
脚本:ハリー・クライナー、サミュエル・フラー
撮影:ジョー・マクドナルド
録音:ジョン・D・スタック、ハリー・M・レオナルド
美術:ライル・R・ウィラー、エディソン・ハー、ウォルター・M・スコット、スチュアート・リース
特殊効果:レイ・ケロッグ
編集:ジェームズ・B・クラーク
音楽:リー・ハーライン、ライオネル・ニューマン
撮影レンズ:Bausch & Komb
現像:デラックスカラー
出演:ロバート・スタック、シャーリー・ヤマグチ(山口淑子)、ロバート・ライアン、キャメロン・ミッチェル、早川雪洲、ブラッド・デクスター、ビフ・エリオット
1955年アメリカ/シネスコサイズ・カラー102分35mmフィルム
東京暗黒街 竹の家 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


シャーリー・ヤマグチ、ロバート・スタック、ロバート・ライアン               浅草松屋の屋上


東京暗黒街 竹の家(HOUSE OF BANBOO)

上のカットは、当時の京浜急行電鉄大師線(小島新田駅~桜本駅)の軌道区間中で川崎市電に譲渡された塩浜駅~桜本駅間と思われる。大師線の現在はルート変更され、軌道区間は川崎市電廃止で存在しない。

映画「東京ジョー」

東京ジョー東京ジョー
ハンフリー・ボガート                  島田テル

今回はスチュアート・ヘイスラー監督1949年製作「東京ジョー(TOKYO JOE)」をピックアップする。
本作は、連合軍占領下の東京を舞台に描いたフィルム・ノワールで、戦後初めてGHQより東京のロケ撮影を許可された作品だ。しかし東京へは、ハンフリー・ボガートが来日した訳ではなく実景のみだった。
本編は、1949年1月4日から2月末までコロンビアピクチャーズのスタジオで撮影され、実景とスクリーンプロセスによる現場合成を行っている。それでも当時の東京を伺える貴重なシーンがいくつもあり、興味深いが、同じ時期に撮られた小津安二郎監督「晩春(1949年)」も銀座などが出て来るが、戦勝国と敗戦国として実景でも捉え方が違った。それぞれの映画の中に歴史が刻まれているなと思った。

余談になるが、現場で「セッシュしろ!」と言うのは、被写体の高さを箱馬などを使って上げる事を言うが、これは俳優の早川雪洲さんが、アメリカ人俳優と背丈を合わせる時にアップルボックス(箱馬)を使った事からの由来だと私は先輩から語源を聞いた事がある。

東京ジョー東京ジョー
フローレンス・マーリー                早川雪洲

【ストリー】
1949年、第二次世界大戦中空軍パイロットとして活躍していたジョー(ハンフリー・ボガート)が8年ぶりに日本へ帰ってきた。彼は、日本とアメリカが戦争に突入する前、東京・銀座一丁目でTokyo Joe’sというレストランを経営していた。旧友のイトー(テル・シマダ)と久々に再会したジョーは、かつての妻トリーナ(フローレンス・マーリー)が占領軍の将校と結婚し、一人娘アニヤ(ローラ・リー・ミッシェル)と共に日本に住んでいると知らされる。トリーナの住居を訪ねてみると、確かに彼女は娘と共に幸せな家庭に納まっていた。イトーからキムラ男爵(早川雪洲)を紹介されたジョーは、実はトリーナが戦争中に反米プロパガンダ放送に加担していたことを知らされる。もし男爵がそれを公にすると、トリーナも戦争犯罪に問われてしまうのだ。彼女を未だに愛していたジョーは、男爵が秘密を守ることを条件に、韓国から日本人戦争犯罪人を脱出させる計画に参加することになってしまう。一方で正義感の強い彼は、秘密裡に男爵の悪事を捜査官に通報した。そんな彼の行為を知ってか知らずか男爵はジョーに、アニヤを誘拐した、娘の命がほしかったら途中で裏切るなど告げる。韓国へ赴き無事任務を果たして日本に戻ってきたジョーと、男爵の仲間は空港で待ち受けていた警官隊に逮捕される。ジョーは警官隊と共に男爵のアジトへ向かい、男爵と対決、傷を負いながらもアニアを助け出すのだった。

東京ジョー東京ジョー

題名:TOKYO JOE
邦題:東京ジョー
監督:スチュアート・ヘイスラー
製作:ロバート・ロード
原作:スティーヴ・フィッシャー
脚本:シリル・ヒューム、バードラム・ミルハウザー
撮影:チャールズ・ロートン・Jr
録音:ロッセル・マルムグレン
美術:ロバート・ピーターソン
編集:ヴァイオラ・ローレンス
音楽:ジョージ・アンシール、モリス・W・ストロフ
助監督:ウィルバー・マックガー
出演:ハンフリー・ボガート、島田テル、早川雪洲、アレクサンダー・ノックス、フローレンス・マーリー、ローラ・リー・ミッシェル
1949年アメリカ/スタンダードサイズ・モノクロ88分35mmフィルム
東京ジョー [DVD]
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

東京ジョー東京ジョー
東京ジョー(TOKYO JOE)