映画「喜劇 女は度胸」


「喜劇 女は度胸」倍賞美津子、河原崎建三

倍賞美津子                       河原崎建三

今回は森崎東監督1969年製作「喜劇 女は度胸」をピックアップする。
本作は森崎東監督のデビュー作であり、倍賞美津子さんの第一回主演作品になる。次の監督作品は、翌年に渥美清さん主演の人気シリーズ第2作「男はつらいよ・フーテンの寅」になる。世界観がまるで違う両作品だが、家族に対するシリアスなモチーフは、喜劇を前置きする必要はないと思った。


渥美清、花沢徳衛                          清川虹子

【ストリー】
桃山学(河原崎建三)は自動車修理工で、夜間大学の受験勉強に励んでいる。というのも、父泰三(花沢徳衛)は怠け者だし、母ツネ(清川虹子)は働く以外は生きる術を知らないし、ダンプカーの運転手をやっている兄勉吉(渥美清)は衝動的な若さを爆発させる動物のように思えたからだった。学はこんな人間の集った桃山家を「家庭」だとは思わなかった。彼は白い柵に囲まれた小さな芝生の庭のある「家庭」を夢みている。そんな学が恋をした。彼女の名前は白川愛子(倍賞美津子)、学は愛子にゲーテの詩集を贈り、二人で別の世界を築いてゆこうと心に決めた。そんなある日、勉吉が見覚えのある詩集を持って帰って来た。勉吉は酒くさい息で「あんないい子がコールガールやってんのかな……」と囁いた。学の疑惑に苦しめられる毎日が始まった。学は連れ込み旅館で問題の女に逢った。その子は愛子ではなかったが、友達からあの本を借りたという。学はホッとしたものの、恋人の仲間にこんな女がいるかと思うと気が狂わんばかりだった。学の苦しみを見て泰三は愛子の友人笑子(沖山秀子)に会った。この一件より勉吉は泰三と大喧嘩し、学も笑子とつき合っている愛子と絶交してしまった。それからというもの、泰三も勉吉も学でさえも寝るため以外には家に戻らなくなった。そんなある日、愛子と笑子が訪ねて来た。愛子は学と、笑子は勉吉とよりを戻しにやって来たのだ。二人を迎え入れたツネは、いつになく優しく「うちの倅と結婚してくれないかね……」と頼むのだった。


沖山秀子                    花沢徳衛、渥美清、久里千春、清川虹子

題名:喜劇 女は度胸
監督:森崎東
製作:上村力
原案:山田洋次
脚本:大西信行、森崎東
撮影:高羽哲夫
照明:青木好文
録音:田中俊夫
調音:松本隆司
美術:熊井正雄
装置:関根安重
編集:浦岡敬一
音楽:山本直純 主題歌:倍賞美津子「恋の芽ばえ」
現像:東洋現像所
製作主任:馬道昭三
監督助手:大嶺俊順
進行:池田義徳
スチール:長谷川宗平
出演:倍賞美津子、河原崎建三、清川虹子、渥美清、沖山秀子、花沢徳衛、有島一郎(東宝・特出)、佐藤蛾次郎、春川ますみ、久里千春、中川香奈、大橋壮多
1969年日本・松竹大船撮影所/シネスコサイズ・カラー90分35mmフィルム
喜劇・女は度胸 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


「喜劇 女は度胸」河原崎建三、倍賞美津子

清川虹子、花沢徳衛                     倍賞美津子、河原崎建三


京浜急行電鉄デハ230形 (空港線)

映画「ラーメン大使」


フランキー堺                      船越英二

今回は島耕二監督1967年製作「ラーメン大使」をピックアップする。
本作は、東宝専属俳優だったフランキー堺さんが、1958年から1969年まで制作された”駅前シリーズ(全24作)”の「喜劇 駅前満貫(監督:佐伯幸三)」と「喜劇 駅前学園(監督:井上和男)」の間に大映で制作された人情喜劇である。同年の他作品と比べて、感覚が古いなという印象だった。


渚まゆみ                        高毬子

【ストリー】
大小さまざまな船が停泊している横浜港に着いた貨物船で中国服を着た男が日本にやってきた。王さん(フランキー堺)である。古びた頭陀袋を堤げて、感慨無量の面持ちである。28年前、中国で極貧の生活を送っていた王さんは、一兵卒の山川(星ひかる)という日本人にお金を借り、今、その恩返しをしようと日本にきたのである。しかし、山川という名前だけでは探しようがない。王さんはクリーニング店の六さん(三角八郎)や長島巡査(船越英二)の世話で「万来軒」に住み込み、根気よく山川さんを探すことにした。たちまち王さんは人気者になってしまった。たどたどしい日本語も人気の原因だったが、何よりも王さんのチャーシューメンがおいしかったからである。そんな間に、訪ねてみた山川さんがとんだ人違いだったりしたが、ある日、ひょんなことから100万円を盗んだドロ棒を捕えたことから、王さんは全国に紹介されることになった。ところが、ニュースを聞いて現われたのは、山川組の親分で、王さんに金を貸したという。しかし、この親分は戦争中、刑務所に入っていたことが分った。その他、王さんの善意を利用しようとする人が次々に現われて、彼は弱ってしまった。しかも旅券の期限が迫っていた。万来軒のおしげ婆さんや六さんも奔走してくれたが、なかなか本物の山川さんには会えなかった。ところが、ある日、たったひとつの手掛りをもとに訪ねてみると、王さんの前に現われた老人こそは、探し求める山川さんたった。山川さんは実は、23円50銭を王さんに貸したのである。二人は再会を喜び、やがて、王さんの帰国の日には、六さんや長島巡査も駆けつけ、王さんは満足そうな笑顔を浮べて故国へ帰っていった。


春川ますみ                     若水ヤエ子

題名:ラーメン大使
監督:島耕二
企画:藤井浩明
原作:花登筐
脚本:舟橋和郎、花登筐
撮影:渡辺徹
照明:泉正蔵
録音:三枝康徐
美術:高橋康一
記録:沓掛恒一
編集:鈴木東陽
音楽:大森盛太郎
現像:東京現像所
製作主任:真鍋義彦
助監督:遠藤重行
スチール:沓掛恒一
出演:フランキー堺、船越英二、渚まゆみ、高毬子、春川ますみ、若水ヤエ子、人見きよし、星ひかる、中村是好、市村俊幸、丸井太郎、三角八郎
1967年日本・大映/シネスコサイズ・カラー83分35mmフィルム
ラーメン大使 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


フランキー堺、船越英二              ラーメン大使

映画「座頭市鉄火旅」

座頭市鉄火旅座頭市鉄火旅
勝新太郎                           藤村志保

今回は安田公義監督1966年製作「座頭市鉄火旅」をピックアップする。
1967年1月3日に公開された本作は、“座頭市”シリーズ”第15作目になる。仕込み杖を巡る逆転劇が、秀悦な演出でテンポ良く展開される秀作である。

座頭市シリーズ

座頭市鉄火旅座頭市鉄火旅
春川ますみ                    勝新太郎、東野英治郎

【ストリー】
行方定めぬ旅の途中、座頭市(勝新太郎)は偶然、何者かに斬られた足利の親分庄太郎の最期を看取り、旅芸人の一行と共に足利にやってきた。庄太郎亡きあと、県の岩五郎(遠藤辰雄)の暴虐に足利の人は難渋していたが、市は岩五郎の賭場に現われ、イカサマの裏をかいて大金をせしめた。ただでは帰さぬと追う子分を見事な居合で斬った市は、居合わせた鍛冶屋の仙造(東野英治郎)の世話になることにした。元刀工の仙造は市の刀が師匠の作であること、そして刀の寿命が尽きていることを告げた。市は愕然とした。自分の命を守ってきた仕込みが、すでに折れかかっているというからだ。これを機会に堅気になれという仙造の勧めどおり、市は旅篭下野屋で働くことになった。そこには庄太郎の息子清吉(青山良彦)と姉のお志津(藤村志保)がいたが、実はお志津は仙造の実の娘で、庄太郎の養女だったのである。そのお志津に好色な関八州見廻役桑山(須賀不二男)が目をつけ、お志津の望みである庄太郎一家の再興を餌に近づいてきた。一方、仙造は一世一代の名刀を作ることを悲願に、20年ぶりに鋼を鍛えていたが、桑山はそれにも目をつけ、岩五郎に密かに狙わせていた。ある日、岩五郎の子分は仙造を殺し刀を奪っていってしまった。そのうえ、庄太郎一家を再興されては困る岩五郎は、清吉をも殺してしまった。しかも、お志津は桑山の許に連れていかれた。市は仙造の家に預けてあった仕込みを手にすると、桑山の屋敷に駈けつけ、桑山を斬ってお志津を救い出したが、その時、仙造が殺される前に、新刀を市の仕込みにすり替えていたのを知った。市は亡き仙造の心に感謝し、待ち受けるやくざ共を斬りまくり、岩五郎をも斬った。翌朝、誰にも告げずに、再び旅に発った市の手には、新刀の仕込みが握られていたのである。

座頭市鉄火旅座頭市鉄火旅
藤田まこと                       水前寺清子 

題名:座頭市鉄火旅
監督:安田公義
企画:久保寺生郎
原作:子母沢寛
脚本:笠原良三
撮影:武田千吉郎
照明:古谷賢次
録音:大角正夫
美術:西岡善信
擬斗:宮内昌平
編集:谷口登司夫
音楽:斎藤一郎
現像:東洋現像所
製作主任:西沢鋭治
助監督:宮嶋八蔵
スチール:大谷栄一
出演:勝新太郎、藤村志保、青山良彦、藤田まこと、水前寺清子、東野英治郎、春川ますみ、遠藤辰雄、須賀不二男、明星雅子、山下洵一郎、五味龍太郎
1966年日本・大映京都撮影所/シネスコサイズ・カラー92分35mmフィルム
座頭市鉄火旅 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

座頭市鉄火旅座頭市鉄火旅
春川ますみ、勝新太郎                    座頭市鉄火旅 

1 2 3 7