映画「不良番長 口から出まかせ」


山城新伍、安岡力也、梅宮辰夫              菅原文太 

今回は野田幸男監督1970年製作「不良番長 口から出まかせ」をピックアップする。
梅宮辰夫さん主演の不良番長シリーズ第10弾は、1971年の正月映画である。
1970年は不良番長シリーズが5作品も制作された。
本作より梅宮辰夫さんと山城新伍さんのコンビでコメディ要素が増幅され、1971年から”東映ポルノ”をスタートする前哨戦としてのエロ(乳首解禁)が入って来た。この年に大映は倒産し、日活が製作転換(ロマンポルノ)をする事になり、日本映画が壊れ出す転換期だったのかもしれない。

※1971年「温泉みみず芸者」が初めて”東映ポルノ”としてフィチャーされた。


大信田礼子                         山城新伍、上田吉次郎、梅宮辰夫、大信田礼子、ルーキー新一

【ストリー】
太平洋横断をこころみた神坂(梅宮辰夫)以下、バクダン五郎(山城新伍)、ジャブ(ルーキー新一)、アパッチ(安岡力也)等カポネ団の一行は、一路アメリカ大陸をめざし漂流の旅を続けるが、流れついた所が大阪に近いある漁村。がっかりしたのも束の間、この村、男たちが遠洋漁業に出はらって残っているのは海女ばかり、早速村長のお浜(清川虹子)、娘のワカメ(時美沙)から大歓迎をうける。ところが、そこへ大阪の愚連隊でエースの鉄(曽根晴美)を団長とするジャンボ団が乗り込んできた。神坂は巧みに話を持ちだしジャンボ団をなだめにかかった。ジャンボ団と協力体制をひいたカポネ団は、ジャンボ団の本拠地釜ヶ崎に村の娘たちを使ったヌーディストクラブとは名ばかりの売春クラブを開設。たちまち評判を呼び大ウケとなったが、ある日、鉄が誘拐してきた製薬会社社長の娘マリ子(大信田礼子)のことが発端で両グループは再び対立してしまう。そしてジャンボ団は売上金を持ちだして姿を消し、村の娘たちに逃げられ無一文になった神坂らは、社長の父親(永井秀明)に反抗して生きるマリ子の話しから、その製薬会社が麻薬を扱っていると知ってユスリを計画するが、会社のバックについている関西挺身会に睨まれて駄目になってしまった。マリ子のヒントで東京本社でさぐりを入れることにしたカポネ団は元船員の沢田(渡瀬恒彦)をメンバーに加え新宿に帰ってきた。神坂のカンは的中し、街でひろった製薬会社の社員の話から再び麻薬ルートの話をかぎつけ人事部長を脅し、モニター重役として会社のもぐり込みに成功する。社内の噂で、ある病院に監禁されているマリ子の恋人松永(北川恵一)を助けた神坂は、彼から麻薬ルートに関する一通のメモを手にいれ、その核心に迫った。製薬会社会長江藤の出入りする料亭に張り込んだ神坂は、そこで偶然にも江藤を仇とするネリカン時代のダチ公武田(菅原文太)と再会。新たに武田をメンバーに加えたカポネ団は一挙に戦いを挑むが、挺身会の飼い犬となったジャンボ団に唯一の生き証人松永を殺されてしまい、さらにマリ子の父親までが内紛がもとで命を絶った。挺身会にことごとく痛めつけられたカポネ団は、オートバイで挺身会に殴り込んでいった。


ルーキー新一、山城新伍、大信田礼子、梅宮辰夫、安岡力也         ルーキー新一

題名:不良番長 口から出まかせ
監督:野田幸男
企画:吉田達
脚本:山本英明、松本功
撮影:稲田喜一
照明:大野忠三郎
録音:井上賢三
美術:江野慎一
装置:吉田喜義
装飾:田島俊英
擬斗:日尾孝司
記録:勝原繁子
編集:田中修 主題歌:梅宮辰夫「番長シャロック」「ダイナマイト・ロック」
音楽:八木正生
フィルム:富士フィルム
現像:東映化学
進行主任:坂本年文
助監督:三堀篤
スチール:藤井善男
出演:梅宮辰夫、山城新伍、大信田礼子、菅原文太、安岡力也、ルーキー新一、曽根晴美、渡瀬恒彦、内田朝雄、上田吉次郎、玉川良一、園佳也子、清川虹子、悠木千帆(樹木希林)、芦屋小雁、芦屋雁平、宮内洋、団巌、若水ヤエ子、小林千枝、時美沙、永井秀明、北川恵一、小林稔侍
1970年日本・東映東京撮影所/シネスコサイズ・カラー86分35mmフィルム
不良番長 口から出まかせ -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


清川虹子                        曽根晴美 

安岡力也、ルーキー新一、梅宮辰夫、山城新伍       不良番長 口から出まかせ

映画「緋牡丹博徒 二代目襲名」


藤純子

藤純子                      高倉健

今回は小沢茂弘監督1969年製作「緋牡丹博徒 二代目襲名」をピックアップする。
本作は緋牡丹博徒シリーズ全8作の第4作になる。内容は、故郷・熊本へ帰ったお竜さん(藤純子)は、鉄道敷設工事を妨害する宝満一家の悪らつな妨害に屈せず、鉄道施設を完成させて矢野一家・二代目を正式に襲名するというもの。


遠藤辰雄、八代万智子             清川虹子、藤純子

【ストリー】
明治の中頃。父の死後、渡世修行の旅を続けたお竜(藤純子)は、7年ぶりに故郷熊本へ帰った。その時、元矢野一家の飛車角(広瀬義宣)、常(高宮敬二)、新入りの大風呂敷(長門裕之)、それに道後からは、富士松(待田京介)、清吉(大前均)が駈けつけ、お竜の念願だった矢野一家が再興された。折しも、筑豊地方に炭田が開発され、遠賀川流域は活況を呈していた。だが、石炭運搬のために、九州の親分衆が請負いの鉄道敷設工事をはじめると、川船業者の激しい妨害にあい、工事を降りる組が相ついだ。そんな中で、お竜の叔父川辺(嵐寛寿郎)は、仕事の続行をお竜に託し世を去った。しかし、川人足の元締の赤不動の勘蔵(石山健二郎)は、矢野一家にも手荒く迫った。一方、鉄道院では、永久出入りの特典をつけ、完成を急いだ。お竜は、親分衆に励まされ工事完遂に努力したが、宝満一家の荒木田(天津敏)は勘蔵に近づき妨害に出た。だが、勘蔵は狂暴な荒木田のやり口に態度を硬化させ、お竜に工事の協力を申出た。宝満一家は報復手段に出た。お竜が面倒をみている雪江(時美沙)を人質にすると、半次(和崎俊哉)にお竜を殺すよう命じた。半次から訳を聞いたお竜は、サイの目勝負に勝ち雪江を取戻した。それから数日、筑豊鉄道が完成した。そして、お竜の二代目襲名披露が行なわれた。だが、宝満一家は一番列車を転覆させ、手抜き工事を指摘し、現場に向うお竜らを襲った。卑劣な荒木田はやがて、お竜と矢代の活躍に葬られた。


長門裕之

題名:緋牡丹博徒 二代目襲名
監督:小沢茂弘
企画:俊藤浩滋、日下部五朗
原作:火野葦平
脚本:鈴木則文
撮影:吉田貞次
照明:井上孝二
録音:野津裕男
美術:井川徳道
記録:牧野淑子
編集:神田忠男
音楽:木下忠司
フィルム:富士フィルム
現像:東映化学
製作主任:福井良春
監督助手:本田達男
スチール:中山健司
出演:藤純子(富司純子)、高倉健、長門裕之、待田京介、小松方正、八代万智子、嵐寛寿郎、清川虹子、天津敏、遠藤辰雄、時美沙、大前均、石山健二郎、広瀬義宣、高宮敬二
1969年日本・東映/シネスコサイズ・カラー95分35mmフィルム
緋牡丹博徒 二代目襲名 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


藤純子

緋牡丹博徒 二代目襲名