映画「悪名太鼓」

悪名太鼓悪名太鼓
勝新太郎                        田宮二郎

今回は森一生監督1964年製作「悪名太鼓」をピックアップする。
全15作が製作された勝新太郎さんと 田宮二郎さんのコンビが冴える”悪名シリーズ”の第9作になる。
前作「悪名一番」に続いて出張篇となる本作は、清次が九州の狼王会に太鼓を貸出し、その貸し賃で、八尾の祭りを盛り上げようという事から始まる。ところが、九州から清次が死んだとの電報が届く。驚いた朝吉は九州に駆け付けるが、葬儀に行ってみると死んだのは別人。ここから密輸絡みの物語が展開するという内容だ。ゲストに歌手の田端義夫さんが出演している。

悪名シリーズ

悪名太鼓悪名太鼓
朝丘雪路                     浜田ゆう子、勝新太郎

【ストリー】
河内の夏祭りの資金を手に入れるため、清次(田宮二郎)が朝吉(勝新太郎)の大事にしていた太鼓を売ったことに気づいたのは、清次が太鼓と共に九州の狼王会のもとに出発した直後だった。すぐ後を追った朝吉がトラックの上で清次ととっ組みあいをする内に、狼王会の若者の匕首が、太鼓の皮を破ってしまった。そのうえ、朝吉はトラックから落ちて、太鼓はとうとう九州へ運ばれた。憤懣やるかたない朝吉のもとへ、「セイジコロサレタ」の電報が届くや、胸のうちは、逆上して、朝吉は関門トンネルを越えた。花輪に囲まれた清次の告別式。だが、祭壇の写真は、清次とは別人の顔。朝吉の名前を聞くなり、姿を消した喪服に真珠をつけた女。奇妙な雰囲気の葬式に、一きわ大きな花輪は、清次が太鼓を貸した相手“狼王会菊沢”の名前であった。死んだ清次という男の女房宏子(朝丘雪路)から、朝吉は、宏子の夫は密入国人で、菊沢(見明凡太朗)から清次の戸籍を買うと、香港ルートの密輸グループに誘われたが、断わったために殺されたと聞かされた。一方、清次は、太鼓の胴に5億円の密輸品をつめて、関西ルートに流すと聞かされて驚愕したものの、戸籍を失った今、菊沢の言う通り動くより仕方がなく、宏子を連れ出す手助けをする中に、朝吉と出逢った。宏子の息子で養護施設にいるタカシを、誘拐しようとした菊沢は、朝吉の出現で失敗した。朝吉は、菊沢の影の女で、告別式に居た真珠の女、紅杏子(浜田ゆう子)から、菊沢の片棒をかつぐよう誘われたが、断わった。一方、菊沢に朝吉を狙うよう命令された清次は、拳銃で殺したかのように見せかけると、朝吉を海に逃がした。丁度香港のボスを迎えて、菊沢がはる宴会の席上にかけつけた朝吉と清次の奮闘で5億円の札束は無事保護され、悪党は一人残らず逮捕された。数日後、朝吉の叩く太鼓の音が、晴ればれと響いていった。

悪名太鼓悪名太鼓
芦屋雁之助、芦屋小雁                 若松和子

題名:悪名太鼓
監督:森一生
企画:財前定生
原作:今東光
脚本:藤本義一
撮影:今井ひろし
照明:伊藤貞一
録音:林土太郎
音効:倉島暢
美術:太田誠一
装置:川口隆
擬斗:宮内昌平
編集:谷口登司夫
音楽:斎藤一郎
現像:東洋現像所
製作主任:田辺満
助監督:大洲斉
スチール:三浦康寛
出演:新太郎、田宮二郎、朝丘雪路、若松和子、浜田ゆう子、芦屋雁之助、芦屋小雁、田端義夫、島田竜三、杉田康、見明凡太朗
1964年日本・大映京都撮影所/シネスコサイズ・カラー85分35mmフィルム
悪名太鼓 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

悪名太鼓悪名太鼓
勝新太郎                      田端義夫
悪名太鼓悪名太鼓
勝新太郎、田宮二郎                  悪名太鼓

映画「座頭市 血煙り街道」

座頭市 血煙り街道座頭市 血煙り街道
勝新太郎                      近衛十四郎

今回は三隅研次監督1967年製作「座頭市 血煙り街道」をピックアップした。
座頭市シリーズ第17作の本作は、勝新太郎さんとサイレント時代からの時代劇スター近衛十四郎さんの殺陣シーンが壮絶である。これは剣術の心得がない役者には出来ない大立ち回りだ。

座頭市シリーズ

座頭市 血煙り街道座頭市 血煙り街道
座頭市 血煙り街道
座頭市 血煙り街道座頭市 血煙り街道
朝丘雪路                      中尾ミエ

【ストリー】
市(勝新太郎)が最初に多十郎(近衛十四郎)と会ったのは、五人のやくざに襲われた時だ。一瞬の居合斬りでやくざを倒した市を、多十郎が見ていたのだ。ある旅篭で、市は病死したおみね(磯村みどり)から、良太(斎藤信也)を預かった。おみねは夫庄吉(伊藤孝雄)を尋ねての旅の途中、病で倒れてしまったのだった。市は良太と共に前原にいるという庄吉を尋ねて、再び旅をつづけた。途中、旅芸人一座のともえ(朝丘雪路)と知り合った市は、一座が万造一家に無理難題をふっかけられた時、再び多十郎と会った。多十郎は万造一家に峰打ちをくらわせ、ともえの難儀を救ったのだった。やがて前原に着いた市は、庄吉が働いていたという窯焼きの太兵衛を訪ねたが、庄吉の行方は知れなかった。太兵衛の娘おみつ(高田美和)は、そんな市をいたわり、良太の面倒を見てくれた。ある日、代官手附の鳥越(小沢栄太郎)の肩をもんだ市は、鳥越の口から庄吉の名を聞いた。鳥越は土地のやくざ権造(小池朝雄)と組んで、御禁制の金粉、銀粉を使った絵皿を、腕のいい下絵描きの庄吉を軟禁して描かせていたのだった。鳥越の帰りを待伏せた市は、庄吉の居所を聞き出そうとしたが、その時現われた多十郎が鳥越を斬った。多十郎は、鳥越たちの悪事を探るため、前原に来た公儀の隠密だったのだ。一方、万事が公儀に露見したと悟った権造は、良太とおみつを人質にして高飛びの仕度にかかった。市は、権造一家に乗り込み、得意の居合いで、彼ら一味を倒した。しかし、市が庄吉や良太、おみつを救い出した時、多十郎が現われ、役目として、悪事を手伝った庄吉を斬ると言った。市は良太のために庄吉を斬らせたくはなく、多十郎と剣を交えた。その時、多十郎の同僚が庄吉を斬ろうとし、それを市は刀を横手に投げて倒した。素手になった市を多十郎は斬れなかった。多十郎はただ一言、負けたと言い残すと、折りから降り出した雪の中を足早やに去っていった。

座頭市 血煙り街道座頭市 血煙り街道
斎藤信也、伊藤孝雄、高田美和             小池朝雄

題名:座頭市 血煙り街道
監督:三隅研次
企画:久保寺生郎
原作:子母沢寛
脚本:笠原良三
撮影:牧浦地志
照明:山下礼二郎
録音:大谷巖
美術:下石坂成典
殺陣:宮内昌平
編集 :谷口登司夫
音楽:伊福部昭
現像:東洋現像所
製作主任:西沢鋭治
助監督:友枝稔議
スチール:大谷栄一
出演:勝新太郎、近衛十四郎、高田美和、朝丘雪路、中尾ミエ、坪内ミキ子、伊藤孝雄、小池朝雄、小沢栄太郎、なべおさみ、伊藤孝雄、磯村みどり、斎藤信也
1967年日本・大映京都撮影所/シネスコサイズ・富士カラー86分35mmフィルム
座頭市 血煙り街道-DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

座頭市 血煙り街道座頭市 血煙り街道
「座頭市 血煙り街道」勝新太郎

映画「男はつらいよ・花も嵐も寅次郎」


渥美清                       田中裕子(マドンナ役)

今回は山田洋次監督1982年製作「男はつらいよ・花も嵐も寅次郎」をピックアップする。
第30作となる本作のロケ地は、大分県杵築、湯平温泉、アフリカンサファリ、鉄輪温泉、由布院、志高湖、臼杵、千葉県谷津遊園(既に閉園)などで行われ、封切り時の観客動員は228万2,000人、配給収入は15億5,000万円だったそうだ。当時のロードショー入場料金は1,500円、併映は「次郎長青春篇 つっぱり清水港(監督:前田陽一 出演:中村雅俊、佐藤浩市、原田大二郎、平田満、明石家さんま、島田紳介)」であった。


沢田研二                    渥美清、田中裕子、児島美ゆき

馬渕晴子、田中裕子                 内田朝雄、渥美清

【ストリー】
大分は湯平温泉でバイをする寅(渥美清)は、馴染みの湯平荘に宿をとった。夜、寅と宿の親父、勝三(内田朝雄)が酒を飲んでいると、そこへ、ひとりの青年が現れた。三郎(沢田研二)というその青年は、かつて、この宿で女中をしていた女性の息子で、その母がひと月ほど前に病死し、遺骨を埋めにこの地にやって来たという。勝三は美しい三郎の母親を覚えており、彼の親孝行に感心した寅は、さっそく昔の知り合いを集め、供養をしてやる。同じ宿に泊り合わせていた、東京のデパートに勤めている旅行中の螢子(田中裕子)とゆかり(児島美ゆき)という二人の娘も、寅はその席に座らせてしまう。翌日、二人の娘と見物をしていた寅は、車で東京に帰ろうとしていた三郎と出会い、その日は四人でドライブをすることになった。そして夜、二人の娘と別れるときになって、三郎は螢子に付き合って欲しいと言う。突然のことで、螢子はとまどうようにフェリーに乗り込んだ。車で東京に帰った寅と三郎はヘ卜ヘトになって柴又に辿り着く。とらやの家族の団らんは、母と二人で育った三郎にはとてもうらやましく思えた。そして、三郎は自分の思いを螢子に伝えてほしいと寅に頼んで帰っていった。一方、螢子も、寅との楽しい会話が忘れられず、とらやを訪ねた。その日、寅は留守だったが、数日後、二人は一緒に酒を飲んだ。寅は三郎の気持ちを螢子に伝える。親のすすめる見合いを断った螢子だが、三郎は二枚目すぎると乗り気ではない。寅の報告にガックリする三郎。そこで寅は、螢子をとらやに招待し、彼女には知らせずに三郎も呼んだ。ぎこちない二人だが、その日からデートをするようになった。その頃、螢子の両親は、見合の相手の家族が螢子の素行を興信所で調べてもらった結果、彼女が特定の男性と交際していると教えられていた。螢子は両親に、その男性について問いつめられ、涙をためてとらやに向った。螢子は寅に「動物園の飼育係をする三郎は、チンパンジーのことしか話さず、大事なことにふれようとしない」と話す。螢子は三郎が好きだが彼の煮えきらない態度に、今後の関係に迷っていた。寅はそんな螢子に、好きだから余計に、思っていることが言えないんだと説得する。さくら(倍賞千恵子)にも励まされ、螢子は、とらやの帰路、三郎の本心を聞こうと決意、彼の勤め先を訪ねた。話があるという螢子に、三郎も話したいことがあると、観覧車に誘った。まず三郎が「チンパンジーがなつかなくなった。愛情がなくなったことを感じるのだろうが、それは君と知り合ってからだ……、結婚してほしい」と話した。もう螢子は何も話すことはなかった。結婚することを決めたという螢子の電話を聞くと、寅は、これからやって来るという二人は待たずに旅に出るのだった。


倍賞千恵子、朝丘雪路        渥美清、前田吟、三崎千恵子、倍賞千恵子、下條正巳、吉岡秀隆

渥美清、沢田研二                  佐藤蛾次郎、笠智衆

題名:男はつらいよ・花も嵐も寅次郎
監督:山田洋次
企画:小林俊一
製作:島津清、佐生哲雄
原作:山田洋次
脚本:山田洋次、朝間義隆
撮影:高羽哲夫
照明:青木好文
録音:鈴木功
調音:松本隆司
美術:出川三男
編集:石井巌
音楽:山本直純 主題歌・唄:渥美清
撮影機材:パナビジョン
フィルム:富士フィルム
現像:東京現像所
製作主任:峰順一
製作進行:玉生久宗
助監督:五十嵐敬司
アニメーション:白組
スチール:長谷川宗平
出演:渥美清、田中裕子、沢田研二、倍賞千恵子、前田吟、三崎千恵子、太宰久雄、笠智衆、佐藤蛾次郎、下條正巳、吉岡秀隆、朝丘雪路、児島美ゆき、馬渕晴子、人見明、内田朝雄、殿山泰司、桜井センリ、高城美輝、谷よしの、中本賢、光石研、笠井一彦、アパッチけん
1982年日本・松竹/シネスコサイズ・カラー106分35mmフィルム
公式サイト
男はつらいよ・花も嵐も寅次郎 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


田中裕子、沢田研二