映画「修羅の群れ」


松方弘樹                       菅原文太

今回は山下耕作監督1984年製作「修羅の群れ」をピックアップする。
主演に松方弘樹さんを迎え、鶴田浩二さん、若山富三郎さん、菅原文太さん、丹波哲郎さん、北島三郎さん、北大路欣也さん等、東映の任侠映画路線を築き上げたベテラン俳優陣が重厚さを加えている。そして、東映初出演の酒井和歌子さんが華を添え元プロ野球選手の張本勲さんと小林繁さんも出演する。

【追記・訃報】
本作の主演をした松方弘樹さんが、2017年1月21日に死去した。享年74歳だった。


酒井和歌子                     北大路欣也

北島三郎                      鶴田浩二

【ストリー】
昭和8年の冬、雪の舞う横浜浅間町の柔道の吉岡道場を、横浜四親分の一人、加東伝三郎(丹波哲郎)が訪ねてきた。そこで柔道を習う稲原龍二(松方弘樹)は加東の勧めもあって、彼の若い衆になることに決めた。インテリでありながら博奕で身を滅ぼした父の仇をとるには、この道で男をあげるしかないと思ったのだ。龍二はよく働き、そんな彼に加東一家の兄貴分横山(鶴田浩二)が仁侠道のイロハを教えた。ある日、売り出し中の龍二は海岸でチンピラにからまれている娘を助ける。娘の名は中田雪子(酒井和歌子)、後の稲原夫人である。日本が太平洋戦争に突入した昭和15年、二人は結婚した。19年、勤労奉仕で御殿場の山北へ出かけた龍二は、伝三郎の兄弟分、横浜笹岡一家の桐原銀一郎とことを起こしてしまう。しかも、横浜四天王の一人、鶴岡政次郎(若山富三郎)の目前でだ。しかし、鶴岡は、弱い人間をかばって喧嘩した龍二を見込んで、身柄をあずかるといってくれた。戦後の混乱期の湯河原。賭場で無法をはたらいた海軍復員兵の長谷部(木之元亮)と森谷(清水健太郎)が龍二の貫禄に圧倒され、若い衆になった。更に、モロッコの辰、井沢輝一(菅原文太)というグレン隊あがりの暴れ者たちも次次と舎弟分となった。そして昭和24年春、熱海の山崎一家石井光之助親分の跡目を継ぎ、稲原組がうぶ声をあげた。僅か10年の間に稲原組は熱海を制覇するや、小田原、横浜、静岡へと進攻し、組員も増えた。龍二の人種差別しない心に感動した韓国人の山村修道(張本勲)、田上圭(小林繁)、五、六百人の若い衆をかかえる石河(北大路欣也)も、稲原に惚れ身内となった。組織が大きくなればなるほど上下の意志の疎通は欠けるようになり、井沢の独断専行が目にあまるようになった。横山は、彼を破門せよと迫り、龍二は断腸の思いでこれに従った。さらに不幸は襲った。龍二が親と仰いだ横山が死んだのだ。龍二は、横山のために建てた墓前で、更なる前進を誓うのだった。


若山富三郎                      丹波哲郎

題名:修羅の群れ
監督:山下耕作
製作総指揮:俊藤浩滋、高石淡
製作:佐藤雅夫、斎藤一重
原作:大下英治
脚本:村尾昭
撮影:赤塚滋
照明:海地栄
録音:平井清重
美術:井川徳道
装置:稲田源兵衛
装飾:渡辺源三
背景:西村三郎
衣装:豊中健
技斗:上野隆三
記録:石田照
編集:市田勇
音楽:木下忠司 主題歌:北島三郎「神奈川水滸伝」
製作主任:野口忠志
助監督:俵坂昭康
スチール:中山健司
主演:松方弘樹、鶴田浩二、菅原文太、北大路欣也、酒井和歌子、北島三郎、若山富三郎、丹波哲郎、小林繁、張本勲、品川隆二、小野さやか、目黒大樹、待田京介、木之元亮
1984年日本・東映/ビスタサイズ・カラー123分35mmフィルム
修羅の群れ -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


松方弘樹

映画「魚影の群れ」

魚影の群れ魚影の群れ
魚影の群れ
魚影の群れ魚影の群れ
緒形拳

今回は相米慎二監督1983年製作「魚影の群れ」をピックアップした。
本作は下北半島・大間を舞台に苛酷なマグロの一本釣りに生命を賭ける海の男と、寡黙であるが情熱的な女の世界を描いている。苛酷なのは撮影もそうであっただろう。その緊張感が芝居に反映されている。それがないと1カット長廻しなど見るに堪えない。1985年に若干27歳で惜しくも亡くなった夏目雅子さん、緒形拳さん(2008年71歳没)、レオナルド熊さん(1994年59歳没)、そして2001年に亡くなった相米慎二監督(53歳没)、皆がフィルムに生きていた。

【相米慎二監督作品】
1980年「翔んだカップル」
1981年「セーラー服と機関銃」
1983年「ションベン・ライダー」
1983年「魚影の群れ」
1985年「ラブホテル」
1985年「台風クラブ」
1985年「雪の断章 情熱」
1987年「光る女」
1990年「東京上空いらっしゃいませ」
1993年「お引越し」
1994年「夏の庭 The Friends」
1998年「あ、春」
2001年「風花」
2001年9月9日59歳没

魚影の群れ魚影の群れ
下川辰平、緒形拳                佐藤浩市、夏目雅子

【ストリー】
多くの漁師が40代で辞めてしまう中で、小浜房次郎(緒形拳)は初老を感じながらもマグロ漁を続けている。娘トキ子(夏目雅子)が結婚したいという、喫茶店をやっている依田俊一(佐藤浩市)に会う。養子になって漁師になってもいいという。漁に命を賭けてきた房次郎は簡単に漁師になると言われ、無性に腹立たしくなる。店を畳んで大間 に引越してきた俊一は房次郎の持ち船・第三登喜丸の前で待ち、漁を教えて欲しいと懇願する。10日以上も俊一を無視し続けたが、一緒に乗り込むのを許す。 エイスケ(三遊亭圓楽)の忠告で、トキ子が家出した妻アヤ(十朱幸代)のように自分を捨てるのではと怯えたのだ。不漁の日が続き、連日船酔いと闘ってきた 俊一がようやく打ち勝った日、マグロの群れに遭遇する。餌が放り込まれた瞬間、マグロが引張る釣糸が俊一の頭に巻きつき、血だらけになる。だが、房次郎は マグロとの死闘を続け、マグロを仕留めた時、俊一の眼には憎悪が浮かんでいた。数ヵ月後に退院した俊一はトキ子と町を去る。1年後、北海道の伊布港に上陸 した房次郎はアヤに再会する。壊しさと20年の歳月がわだかまりを溶かすが、ヒモの新一(矢崎滋)に絡まれ、房次郎は半殺しにし、止めに入ったアヤまで殴る。翌日、 伊布沖で房次郎は生まれて初めて釣糸を切られ、ショックを受ける。たくましくなって俊一が大間に戻って来た。ある日、俊一の第一登喜丸の無線が途絶える。 一晩経っても消息はつかめず、トキ子は房次郎に頭を下げて捜索を依頼する。長年の勘を頼りに第一登喜丸を発見。300キロものマグロと格闘中であった。重 傷を負っているのを見て房次郎が釣糸を切ろうとすると「切らねでけろ。俺も大間の漁師だから」という俊一にマグロとの闘いに加わる。2日間の死闘の末、大物は仕留められる。帰港の途中、来年の春に生まれる子が男だったら漁師にしたいと告げ、俊一は息を引き取る。

魚影の群れ魚影の群れ
夏目雅子、佐藤浩市

題名:魚影の群れ
監督:相米慎二
製作:織田明、中川完治、宮島秀司
原作:吉村昭
脚本:田中陽造
撮影:長沼六男
照明:熊谷秀夫
特機:NK特機
録音:信岡実
美術:横尾嘉良
編集:山地早智子
音楽:三枝成章 挿入歌:「Bright light, in the sea」原田芳雄、アンリ菅野「遣らずの雨」川中美幸
現像:東洋現像所
助監督:榎戸耕史
漁業技術指導:中森幸夫
スチール:星野健一
出演者:緒形拳、夏目雅子、佐藤浩市、十朱幸代、矢崎滋、下川辰平、レオナルド熊、石倉三郎、寺田農、三遊亭圓楽(5代目)、木之元亮、工藤栄一
1983年日本・松竹/ビスタサイズ・カラー141分35mmフィルム
魚影の群れ [DVD]
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

魚影の群れ魚影の群れ
石倉三郎、レオナルド熊              佐藤浩市、緒形拳