映画「血染の代紋」

血染の代紋血染の代紋
菅原文太、梅宮辰夫          待田京介、曽根晴美、 室田日出男、菅原文太

今回は深作欣二監督1969年製作「血染の代紋」をピックアップする。
1970年1月31日に公開された本作の舞台は横浜、厳しい警察の取り締まりにより資金源を押さえられた暴力集団が、コンビナート拡張にからむ利権をめぐって、新しい抗争を始めようとしていた。その最中、生まれ故郷の横浜に戻ってきた元ボクサーは、幼友達が浜本組の組長となったことを知る。二人は利権抗争の中で、心ならずも敵味方となるが、横浜を食い物にしようとする組織に対し、命を賭けた戦いを開始する――。

血染の代紋血染の代紋
鶴田浩二                       渡辺文雄

【ストリー】
横浜・浜安組の新組長を襲名した郡司健策(菅原文太)は、岩切組組長岩切(内田朝雄)の勧めで、倉庫業への転身を計画した。だが、この計画実行には、アンコ達の住むスラムを壊さなければならなかった。説得に当る郡司の前に幼な友だちで元ボクサーの速水(梅宮辰夫)が立ちふさがった。速水は、混血のジョージ(ケン・サンダース)に自分の夢を託して育てていたが、ジョージの怪我を治す金欲しさから大門組に買収されていた。それに大門(渡辺文雄)もまた倉庫の利権を狙っていたのだ。そんなある日、浜安組の元代貸・黒木(鶴田浩二)が刑期を終えて出所して来た。郡司と黒木の説得で、スラムの住人・大将(長門勇)やドモ竹(砂塚秀夫)も協力を約束し、立退きは軌道に乗りはじめた。一方、大門の妨害も激しさを増し、組員の風間(待田京介)が惨殺された。この間に岩切は大門と組んで倉庫の利権をわがものにしようと企んだ。ある夜、大将とジョージが殺された。大門組のしわざと知る速水は、大門への怒りに燃えたった。またこれが浜安組のしわざと思ったスラムの住民は大門組の煽動にのって暴動を起した。大門と岩切の企みを知った黒木は単身岩切組へ殴り込み、岩切と共に命を絶った。この騒ぎの間に大門はまんまと倉庫の利権を握り、新埠頭での起工式に臨んだ。式が終って会場から出る大門と組員たちの前に郡司と速水が立ちはだかった。郡司の短刀が大門の腹を刺した。が、彼の背中にも無数の白刃が襲った。大門に止めをさした速水も銃弾に倒れた。二人は血に染りながら固く手と手を握った。

血染の代紋血染の代紋
菅原文太、宮園純子                 ケン・サンダース、梅宮辰夫

題名:血染の代紋
監督:深作欣二
企画:俊藤浩滋、太田浩児
脚本:深作欣二、内藤誠
撮影:仲沢半次郎
照明:元持秀雄
録音:小松忠之
美術:北川弘
装置:松野太三郎
装飾:米沢一弘
記録:宮本依子
編集:祖田富美夫
擬斗:日尾孝司
音楽:木下忠司
フィルム:富士フィルム
現像:東映化学
進行主任:坂本年文
助監督:三堀篤
スチール:田中真紀夫
出演:梅宮辰夫、菅原文太、待田京介、宮園純子、鶴田浩二、長門勇、渡辺文雄、鈴木やすし、曽根晴美、内田朝雄、ケン・サンダース(ジョー・山中)、室田日出男、八名信夫、砂塚秀夫、木川哲也、滝島孝二、北川恵一、日尾孝司、藤山浩二、土山登士幸、南廣、久地明、河合絃司、小松方正(Na)
1969年日本・東映東京撮影所/シネスコサイズ・カラー87分35mmフィルム
血染の代紋 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

血染の代紋血染の代紋
長門勇                        血染の代紋

映画「愛欲」


三國連太郎                         三田佳子

今回は佐藤純彌監督1966年製作「愛欲」をピックアップする。
本作は、東映が”網走番外地シリーズ“を連作していた1966年に、”東映が送る女性映画”として激しい愛の葛藤を描いた作品である。三國連太郎さんの演技の幅の広さに、今更ながら驚かされる。


佐久間良子                        丹波哲郎

【ストリー】
麻生食品の宣伝課長・江崎哲也(三國連太郎)は、他の広告業界にも、その名をとどろかせる仕事の鬼だ。そんな生活力のたくましい江崎を銀座でも一流のバー“クライス”のマダム奈津子(三田佳子)は愛しぬいていた。が、ある日、江崎は京都に出張中、ふとしたことから、京都清水旅館の女王人、由喜(佐久間良子)に会った。由喜は数年前、夫と死別して以来、旅館の経営に打ちこみ、一人身のさびしさをまぎらわしていた。だから、江崎の男くささに魅かれた由喜は、恥も外聞も忘れて、江崎の胸の中にとびこんでいった。奈津子も女の本能から、由喜の存在を知ると、激しく由喜に嫉妬した。江崎の親友である麻生公輔(丹波哲郎)は、女のために、江崎の仕事が乱れるのを案じて、京都に由喜を訪ねて、江崎と別れてくれとたのんだ。しかし、すでに燃えあがった由喜の女心をしづめることはできなかった。が、このころを境に江崎の仕事ぶりは目に見えておちはじめた。そして、ある日、仕事と情事のジレンマに思い悩み、すっかりしょげかえった江崎を慰める奈津子に、江崎は突然結婚を申しこんだ。奈津子は信じられぬまま、うれし涙にくれた。が、二人の結婚話を聞いて駈けつけてきた由喜が、再び江崎の前に姿を現すと、江崎は婚約披露パーティを投げすてて、由喜と共に東京を離れた。だが、この江崎が会社を留守にした三日の間に、麻生食品のライバル会社は、江崎があたためていた、世界一周旅行の懸賞付新聞広告を出してしまった。責任を感じた江崎は会社を辞めた。むろん江崎にも、一人で十分やっていける自信もあった。が、江崎の事業は失敗した。自分の店を売ってまで、江崎を助けようとした奈津子は、江崎と由喜が愛し合っているのを知ると、服毒自殺を計った。そして、時を同じくして、由喜も江崎と共に心中を計った。だが、発見の早かった奈津子と、体力のある江崎は、命をとりとめた。由喜の墓前で再出発を誓った江崎は、奈津子のすがるような視線をあとに、いずことなく去っていった。


城野ゆき                         愛欲

題名:愛欲
監督:佐藤純彌
企画:俊藤浩滋、吉田達
脚本:森川英太郎、佐藤純彌
撮影:西川庄衛
照明:元持秀雄
録音:内田陽造
美術:北川弘
衣裳考証:上野芳生
衣裳デザイン:河野美智子
衣裳協力:外市株式会社
編集:長沢嘉樹
音楽:佐藤勝
フィルム:富士フィルム
現像:東映化学
進行主任:白浜汎城
助監督:野田幸男
スチール:藤井善男
出演:三國連太郎、佐久間良子、三田佳子、丹波哲郎、江原真二郎、城野ゆき、芦田伸介、小瀬明、岡部正純、都健二、木川哲也、沢彰謙、相馬剛三、小林稔侍
1966年日本・東映/シネスコサイズ・カラー90分35mmフィルム
愛欲 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


三國連太郎、三田佳子                  三國連太郎

映画「昭和残侠伝 死んで貰います」


「昭和残侠伝 死んで貰います」藤純子、高倉健

高倉健                                                                         藤純子

今回はマキノ雅弘監督1970年製作「昭和残侠伝 死んで貰います」をピックアップする。
本作は “昭和残侠伝”シリーズ” の第7弾で、シリーズ最高傑作と言われる作品だ。
物語の展開、構成、斬り込みシーンのラストに至るまでバランスがとても良い。
私は “緋牡丹のお竜” の藤純子さんに痺れたが、本作は藤純子さんの芸者姿は、着こなしや所作など魅力的である。


長門裕之、池部良                 池部良、加藤嘉

【ストリー】
東京下町。古い暖簾を誇る料亭「喜楽」に生まれた秀次郎(高倉健)は、父が後妻をめとり妹が生まれたとき、家を出て渡世に身を沈めた。血のにじむような苦労が続く駈け出し時代の数年。ある寒い夜、秀次郎はなけ無しの金をはたいて挑戦した勝負でイカサマとも知らず無一文になり、雨をしのいで銀杏の木の下にうずくまっていた。その時出会ったのが、芸者になったばかりの貧しい娘・幾江(藤純子)だった。それから三年、押しも押されもせぬ堂々たる渡世人になった秀次郎は、イカサマ師とのごたごたで刑を受ける身となった。時は流れ、秀次郎の服役中に関東大震災が起き、「喜楽」は一家離散の瀬戸ぎわにと追い込まれるが、これを支えていたのは板前の風間重吉(池部良)と小父の寺田(中村竹弥)だった。大震災を境いに新しい近代都市として生まれ変っていく東京。
「喜楽」もまた、苦しい内情とは裏腹に、木の香も匂う真新しい建物となった。
昭和2年、出所した秀次郎は偽名で板前として働くこととなり、その姿を寺田は涙の出る思いで見守っていた。一方、幾江は売れっ妓芸者となって秀次郎の帰りを待っていて、重吉と寺田の計いで二人は7年ぶりに再会する。そんな頃、寺田一家のシマを横取りしようとことあるごとに目を光らせていた新興博徒の駒井(諸角啓二郎)が、「喜楽」を乗っとろうとしていた。秀次郎の義弟・タケシ(松原光二)は相場に手を染め、むざむざと「喜楽」の権利書を取り上げられてしまう。それを買い戻す交渉に出かけた寺田が、帰り道で襲撃され殺される。駒井の執拗な挑発に耐えてきた秀次郎だが、かけがえのない恩人の死に、ついに怒りを爆発。重吉と共に駒井のもとに殴りこみ、駒井をたたっ斬るのだった。


高倉健                     池部良、藤純子、高倉健

題名:昭和残侠伝 死んで貰います
監督:マキノ雅弘
企画:俊藤浩滋、吉田達
脚本:大和久守正
撮影:林七郎、清水政郎
照明:川崎保之丞
録音:広上益弘
美術:藤田博
装置:吉田和喜義
装飾:上原光雄
技斗:日尾孝司
記録:高津省子
編集:田中修
音楽:菊池俊輔 主題歌:「昭和残侠伝」高倉健
フィルム:富士フィルム
現像:東映化学工業
製作主任:東一盛
助監督:澤井信一郎
スチール:遠藤努
出演:高倉健、藤純子、池部良、山本麟一、中村竹弥、長門裕之、八代万智子、三島ゆり子、永原和子、松原光二、加藤嘉、荒木道子、下沢広之、諸角啓二郎、南風夕子、高野真二、石井富子、小林稔侍、永山一夫、日尾孝司、山田甲一、小倉康子、久保一、高須準之助、赤木春恵、花田達、久地明、相馬剛三、木川哲也、佐川二郎、亀山達也、高月忠、畑中猛重、土山登志幸、五野上力、青木卓司、津川雅彦、真田広之(子役)
1970年日本・東映東京撮影所/シネスコサイズ・カラー92分35mmフィルム
昭和残侠伝 死んで貰います -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


高倉健                  「昭和残侠伝 死んで貰います」