映画「日本のいちばん長い日」

日本のいちばん長い日日本のいちばん長い日
役所広司                      本木雅弘

今回は原田眞人監督2015年製作「日本のいちばん長い日」をピックアップする。
本作は、太平洋戦争が、昭和天皇や閣僚達の御前会議において降伏を決定した1945年(昭和20年)8月14日の正午から宮城事件、そして国民に対してラジオ(日本放送協会=NHK)の玉音放送を通じてポツダム宣言の受諾を知らせる8月15日正午までの24時間を描いている。1967年に東宝で岡本喜八監督により製作された「日本のいちばん長い日」のリメイク版だ。

日本のいちばん長い日日本のいちばん長い日
山崎努                        松坂桃李

【ストリー】
1945年7月、戦局が厳しさを増す中、日本に無条件降伏を求めるポツダム宣言が発表された。連日閣議が開かれ議論に議論が重ねられるが、降伏かそれとも本土決戦か結論が出ないまま8月に突入。広島、そして長崎に原爆が投下され『一億玉砕論』の声も上がる中、日本最大の決断がくだる。しかし降伏に反対する若手将校らは玉音放送を流させまいとクーデターを企て皇居やラジオ局占拠に向け動きはじめる……。

日本のいちばん長い日日本のいちばん長い日

題名:日本のいちばん長い日
監督:原田眞人
製作総指揮:迫本淳一
製作:榎望、新垣弘隆
原作:半藤一利
脚本:原田眞人
撮影:柴主高秀
照明:宮西孝明
録音:照井康政
整音:矢野正人
音効:柴崎憲治
美術:原田哲男
美粧:吉野節子
特殊メイク:中田彰輝
衣装:宮本まさ江
配役:石垣光代
殺陣:森聖二
操演:スプリーム・エフェクト
編集:原田遊人
記録:山内薫
音楽:富貴晴美
助監督:落合俊一
SFX/VFXスーパーバイザー:小田一生
ガンエフェクト:BIGSHOT
企画協力プロデューサー:城戸史朗
エグゼクティブプロデューサー:関根真吾、豊島雅郎
ライン・プロデューサー:芳川透
出演:役所広司、本木雅弘、松坂桃李、堤真一、山崎努、松山ケンイチ、蓮佛美沙子、キムラ緑子、戸田恵梨香
2015年日本・松竹(120周年記念作品)/シネスコサイズ・カラー136分デジタルシネマ
日本のいちばん長い日 [DVD]
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

日本のいちばん長い日日本のいちばん長い日

映画「シコふんじゃった。」


本木雅弘                     本木雅弘、清水美砂

今回は周防正行監督1991年製作「シコふんじゃった。」をピックアップする。
ジャン・コクトーの相撲に対する語りから始まるオープニングの本作は、「Shall we ダンス?」の周防正行監督が5年前に撮った作品だ。映画会社(東宝・東映・日活・松竹)が映画製作を行う体制を製作委員会方式に丸投げし、配給に専念する様になってから随分時が経ち、各撮影所育ちの巨匠監督達がいなくなった現在、映画監督と呼べる人が少なくなった。そんな状況の中で、周防正行監督は、人物の描写、テーマの洞察、非冗長性、自然な展開など表現(演出)が深く、他の映画偽装作品を作っている監督達に比べて卓越している。正に 数少ない日本の映画監督 であると私は思う。


竹中直人                     本木雅弘、竹中直人

【ストリー】
キリスト教系の教立大学4年の秋平(本木雅弘)は、父親のコネで就職も決まり、残りわずかな大学生活を思いっきりエンジョイしていた。ある日、卒論指導教授の穴山(柄本明)に呼び出される秋平。授業に一度も出席したことのなかった秋平は、穴山から卒業と引き換えに、彼が顧問をしている相撲部の試合に出るよう頼まれ、仕方なく引き受けてしまう。ところがその相撲部の部員は8年生の青木(竹中直人)ひとりだけ。相撲を心から愛しているものの一度も試合に勝ったことがない。やがて秋平と同じようにデブのクリスチャン田中(田口浩正)と、秋平の弟・春雄(宝井誠明)が入部。さらに春雄に思いを寄せるデブ女の正子(梅本律子)がマネージャーとして参加。このメンバーで何とか団体戦に出場するが惨敗。秋平は思わず「今度こそ勝ってやる!」とOB達に宣言。こうして3カ月後のリーグ戦を目指すことになってしまう。そんな秋平らを見守る名誉マネージャーの夏子(清水美砂)。それにイギリスからの留学生スマイリー(ロバート・ホフマン)も加わるが、人前でお尻をさらけ出すことを拒むスマイリーは、まわしの下にタイツをはく始末。名門相撲部復活をかけて厳しい練習の毎日が続く。そして夏合宿を経て、ようやくリーグ戦出場。秋平らは何とか勝ち進んでいくがやや苦戦気味。スマイリーも彼らの奮闘する姿に圧倒され、ようやくタイツをはぎ取り試合に出場。教立大学相撲部は優勝するのだった。そして、部員はそれぞれの道を歩み、いつしか相撲を心から愛するようになった秋平は、ひとり相撲部に残る決意を固めるのだった。


ロバート・ホフマン(右)               シコふんじゃった。

シコふんじゃった。

題名:シコふんじゃった。
監督:周防正行
企画:島田開、石川勝敏
製作総指揮:桝井省志
製作:平明暘、山本洋
脚本:周防正行
撮影:栢野直樹
照明:長田達也
特機:NK特機
録音:米山靖
音効:佐々木英世
美術:部谷京子
装置:西村訓
装飾:鈴木高生、塩野喜光
小道具:中島順子
化粧:高森優子
衣装:中山邦夫
スタイリスト:小合恵美子、石原啓子
技斗:深作覚
記録:皆川悦子
編集:菊池純一
音楽:周防義和、主題歌:おおたか静流「悲しくてやりきれない」「林檎の木の下で」
撮影機材:日本映機
フィルム:富士フィルム
現像:イマジカ
製作主任:沢田勝美
助監督:高野敏幸
製作担当:佐々木芳野
製作進行:和泉吉秋、稲葉光宏、木村信也
出演:本木雅弘、清水美砂、竹中直人、柄本明、水島かおり、田口浩正、松田勝、梅本律子、室井誠明、ロバート・ホフマン、宮坂ひろし、村上冬樹、桜むつ子、六平直政、片岡五郎
1991年日本・大映+キャビン/ビスタサイズ・カラー103分35mmフィルム
シコふんじゃった。-DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


田口浩正、本木雅弘、竹中直人、ロバート・ホフマン         梅本律子

本木雅弘                      シコふんじゃった。

映画「天空の蜂」

今回は堤幸彦監督2015年製作「天空の蜂」最悪作品賞をピックアップする。
本作は至極につまらない映画である。登場人物が胸の内をベラベラと口頭で説明しているだけで緊張感が全くなく、タイムリミット・サスペンスな筈なのにつまらない人情劇が優先され、アクションドラマとしても最低だった。私は原作を読んでないが、脚色が良くないのだろうか?「真田十勇士」でも作品に落胆したので監督が悪いのか?撮影は2014年6月から二カ月を費やしたそうだ。

【ストリー】
1995年8月8日、全長34メートル・総重量25トンを誇る自衛隊用超巨大ヘリ『ビッグB』が遠隔操縦によりハイジャックされ、原子力発電所『新陽』の上空で静止。『天空の蜂』を名乗る犯人は全ての原発の破棄を要求、さもなくば爆発物を大量に積んだヘリを『新陽』に墜落させると訴える。ヘリの燃料が尽きるまではわずか8時間。『ビッグB』の機内には子供が取り残されており、その父で『ビッグB』開発に携わったヘリ設計士・湯原(江口洋介)と原子力発電所設計士・三島(本木雅弘)は子供の救出と日本が消滅しかねないこの恐るべき危機を打開するために奔走する。しかし政府は原発破棄に難色を示していた。タイムリミットが迫る中、見えざる敵との攻防が始まる――。

題名:天空の蜂
監督:堤幸彦
原作:東野圭吾
脚本:楠野一郎
撮影:唐沢悟
照明:木村匡博
録音:田中靖志
美術:相馬直樹
装飾:田中宏
衣装:宮本まさ江
VFXスーパーバイザー:野崎宏二
記録:井手希美
編集:伊藤伸行
音楽:リチャード・プリン 主題歌:秦基博
助監督:白石達也
出演:江口洋介、本木雅弘、仲間由紀恵、綾野剛、柄本明、國村隼、石橋蓮司、竹中直人、向井理、光石研
2015年日本・オフィスクレッシェンド/シネスコサイズ・カラー138分デジタルシネマ
天空の蜂 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


天空の蜂

1 2