映画「野良犬」

野良犬野良犬
三船敏郎、志村喬

今回は黒澤明監督1949年製作「野良犬」をピックアップした。
本作は東宝争議の影響で東宝での製作を断念した山本嘉次郎氏、本木荘二郎氏らの映画芸術協会に参加した黒澤明監督が、大映で製作した「静かなる決闘」に次ぎ、新東宝で製作した作品だ。戦後の街並みや風俗が生き生きと描写されている。闇市を歩く村上のシークエンスでは、助監督の本多猪四郎氏がカメラマンと2人で本物の闇市を隠し撮りしたそうだ。闇市を知らない世代の私だが、緊張感は画から伝わって来た。

野良犬野良犬

【ストリー】
射撃練習を終えた村上刑事はコルト式けん銃に弾を装てんして無雑作に私腹の上着のポケットにねぢこんだ。彼は連日の活躍に大分疲労を感じながらバスに乗り帰途についたが、途中のバスの中で一大事が起った。それは彼のピストルが盗まれたのである。ポケットに手をやった時はすでに遅く、周囲の怪しい奴が降りたのですかさず後を追ったが残念ながら姿を見失ってしまった。真夏の午下がりの出来事であった。彼は早速警視庁捜査第一課の中島警部に事情を訴え出たが、そのピストルの中には七発の実弾が入っており、事の重大さに今更ながら若い村上刑事は当惑するのであった。何分の処分がきまるまででも、じっとしているわけにもいかないので、中島係長の暗示でスリ係の老刑事市川に相談する。すると鑑識課の手口カードを調べて当時の様子を分析したところ、市川刑事の知っているスリのお銀が捜査線にあがった。気のはやる村上刑事は、市川刑事とお銀の巣へ乗り込んだ。お銀は最初しらばくれていたが、強引な村上刑事の食い下がりにしびれを切らして、場末の盛り場の貸ピストル屋をばく然としらせてくれた。それからというものは村上刑事はボロボロ服に変相して毎日探し歩いた。その甲斐あってか村上刑事は遂につきとめたが責任を感ずる余り失策してしまった。それから村上刑事は淀橋の事件担当刑事の佐藤と一緒に仕事をすることになった。佐藤は熟練者だけあって仲々手際よく事件にあたった、そして貸ピストル屋から端緒を得た彼等は、本多という男に目星をつけた、すぐ手配して本多の逮捕にとりかかったが、彼は後楽園の球場にいるという聞き込みに、五万人という数の中から彼をおびき出し、ピストルに対する警戒をしながら、彼の写真を内外に配布して難なく捕いた。しかしそれで解決したわけではなかった。村上のピストルは本多の背後にいる遊佐新二郎の手もとにあって彼が主役を演じていることがわかってきたからである。村上と佐藤両刑事は次々と捜査網を縮めて行った。そして遊佐の情婦のハルミをつきとめているうちにピストル強盗事件は、村上刑事がピストルを紛失してから三件あったが、彼等は遊佐の所在をつきとめることにすでに成功していた。佐藤刑事は単身遊佐の後を追った、村上刑事はハルミの白状を彼女のアパートで待っていたが、不覚にも佐藤は村上に電話する時に遊佐の弾に倒れてしまった、驚いた村上は急拠かけつけて自分の血によって、佐藤の一命を食い止めた、純情な村上はざんきに耐えなかったが、遊佐が高とびしようとする一瞬ハルミの必死の密告によって、遊佐を引きとめることが出来た。遊佐の手には村上のコルトが握られていた、村上はピストルを佐藤に貸したため持っていなかったが、一発は村上の腕に、あと二発は樹木に流れた。これで七つの弾は全部弾かれた。数日後村上と佐藤は警察病院から街の屋根々々をうれしそうにながめていた。

野良犬野良犬

題名:野良犬
監督:黒澤明
製作:本木莊二郎
原作:黒澤明
脚本:菊島隆三
撮影:中井朝一
照明:石井長四郎
録音:矢野口文雄
美術:松山崇
振付:縣洋二(S.K.D)
編集:後藤敏男
音楽:早坂文雄
現像:新東宝現像所
製作主任:平木政之助
B班撮影:山田一夫
助監督:本多猪四郎
監督助手:今泉善珠
出演:三船敏郎、志村喬、千石規子、淡路恵子、本間文子、木村功、河村黎吉、三好栄子、飯田蝶子
1949年日本・新東宝/スタンダードサイズ・モノクロ122分35mmフィルム
野良犬 [DVD]
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

野良犬野良犬

1 2