映画「非行少女」

非行少女非行少女
和泉雅子                        浜田光夫

今回は浦山桐郎監督1963年製作「非行少女」をピックアップする。
本作は、森山啓氏の原作を映画化しヒットした作品だが、主演の和泉雅子さんが、監督のシゴキ演出に耐え切れず、「ウラ公(浦山監督)を殺して、オレも死ぬ」と、思いつめた伝説の作品でもあり和泉雅子さんが輝いている作品である。内容は石川県の内灘を舞台に、母の死と父の姦通など、絶望的な環境の中で、身も心も荒みきった15歳の少女の非行と立ち直りを描いている。ロケは石川県金沢市、加賀平野、河北潟などで行われたそうだ。

非行少女非行少女
和泉雅子、浜村純                高原駿雄、沢村貞子、和泉雅子

【ストリー】
15歳の若枝(和泉雅子)はうす汚ないバーで酔客と酒を飲み、ヤケクソのように女給のハイヒールをかっぱらってとび出した。東京で仕事に失敗して帰って来た21歳の三郎(浜田光夫)は、職安通いの空虚な毎日を送っていた。暗く陰うつな北陸の空、金沢の映画館の前で幼ななじみの二人は再会した。三郎はうらぶれた彼女に、なけなしの金からスカートを買ってやった。喜んだ若枝は、のんだくれの父親長吉(浜村純)と、いやな継母のいる家をとび出したわけを話した。若枝をこれ以上堕落させまいと決心した三郎は、翌日から少しずつおくれた勉強を教えてやった。若枝の心にやすらぎがよみがえり、三郎はうれし泣きする彼女の涙をそっとすすってやるのだった…。

非行少女非行少女
今井和子、高原駿雄                    小沢昭一

題名:非行少女
監督:浦山桐郎
企画:大塚和
原作:森山啓 「三郎と若枝」
脚本:石堂淑朗、浦山桐郎
撮影:高村倉太郎
照明:熊谷秀夫
美術:中村公彦
録音:神保小四郎
擬斗:三杉健
記録:中川初子
編集:丹治睦夫
音楽:黛敏郎
製作主任:山野井政則
助監督:大木崇史
方言指導:佐々木守(脚本家)
スチール:式田高一
出演:和泉雅子、浜田光夫、香月美奈子、杉山俊夫、高原駿雄、浜村純、小池朝雄、加原武門、河上信夫、高田敏江、佐々木すみ江、佐藤オリエ、小林昭二、野呂圭介、藤岡重慶、鈴木瑞穂、北林谷栄、小林トシ子、沢村貞子、小夜福子、小沢昭一
1963年日本・日活/シネスコサイズ・モノクロ114分35mmフィルム

非行少女非行少女
和泉雅子、浜田光夫

映画「若い港」

若い港
「若い港」和泉雅子
若い港若い港
山内賢                           和泉雅子

今回は柳瀬観監督1964年製作「若い港」をピックアップする。
本作は松浦健郎氏の原作を映画化したものだが、清く美しい倫理観のベタな青春ドラマではあるが、若い頃の作曲家平尾昌晃氏は貴重な記録である。

若い港若い港
三田明                        長谷百合、平尾昌晃

【ストリー】
南海高校の花形は音楽部のブラスバンドであった。トランペットを受け持つ山口健(山内賢)、水戸明(三田明)の二人は、商船大学への受験をひかえて、高校生活を有終の美で飾ろうとしていた。そんなある日、近くのロザリオ女子学園バトン部の三人娘、谷道子(和泉雅子)、江藤アイ子(伊藤アイ子)、毛利圭子(西尾三枝子)から、合同練習を申し込まれた。ブラスバンド部は、この申し込みに雀躍りした。健は以前から道子が好きだったが、この日道子を自宅に送る途中、健は感情を押えきれず道子にキスした。この一件以来健も道子も元気を失って練習にも身が入らなくなった。明はそんな二人を励ましていたが、いつか、道子も健も、結婚の約束をする程愛しあっていた。一方バンド部は、先輩貝塚(平尾昌晃)をコーチに招いて練習に励んでいた。貝塚はトランペットの名手で音楽大学を出ると、某フィルハーモニーに所属したが、麻薬に手を出して愚連隊と関係していた。このくされ緑を断ち切るため、貝塚は帰省したのだ。飯能市の10周年記念行事に招かれた音楽部は、貝塚のタクトで見事な演奏をみせた。帰った翌日「健は大人になっても君を好きだったら結婚しよう」と道子に告げると、朗かな健に戻っていった。やがて待望の文化祭の日、ロザリオ女子学園のバトン・ガールが女教師マヤ(長谷百合)に連れられて入場してきた。男子の素晴しい演奏で、明が歌を歌い始めると、会場にいた愚連隊二人が、指揮をする貝塚めがけて罵声を浴びせ会場は大混乱に陥ったが、正義感にあふれる生徒と、女教師マヤの応援で、貝塚を守った。商船大学に見事合格した健と明は、華やかなブラスバンドに送られて、横浜港から船に乗った。

若い港若い港
高品格                          若い港

題名:若い港
監督:柳瀬観
企画:笹井英男
原作:松浦健郎
脚本:酒井尽三、上野研一、銀座三十五
撮影:藤岡粂信
照明:三尾三郎
録音:宮永晋
美術:坂口武玄
編集:鈴木晄
音楽:河辺公一、池田正義 主題歌:三田明「若い港」
製作主任:牛山正夫
助監督:内田一作
スチール:石川久宣
出演:山内賢、和泉雅子、三田明、平尾昌章、長谷百合、伊藤アイ子、トリオ・こいさんず、杉山俊夫、西尾三枝子、高品格、郷英治、初井言栄、相馬幸子、下元勉
1964年日本・日活/シネスコサイズ・モノクロ94分35mmフィルム

若い港若い港
郷英治                       山内賢、三田明

映画「拳銃無頼帖 電光石火の男」

拳銃無頼帖 電光石火の男
「拳銃無頼帖 電光石火の男」赤木圭一郎
拳銃無頼帖 電光石火の男拳銃無頼帖 電光石火の男
赤木圭一郎                     浅丘ルリ子

今回は野口博志監督1960年製作「拳銃無頼帖 電光石火の男」をピックアップする。
本作は、赤木圭一郎さん主演の「拳銃無頼帖 抜き射ちの竜」に続く拳銃無頼帖シリーズ第二弾(全4作1960年制作)である。赤木圭一郎さんは、1959年に鈴木清順監督「素っ裸の年令」で初主演を果たし、20本以上の日活アクション映画に出演し、その風貌から”和製ジェームズ・ディーン”と呼ばれ人気を博したが、石原裕次郎さんの怪我で代役となって撮影に臨んだ「激流に生きる男(吉田憲二監督)」の日活撮影所内で撮影中、昼休憩時(1961年2月14日12時20分頃)に、ゴーカートを所内で運転中に操作を誤り、大道具倉庫の鉄扉に激突した。慈恵医大病院(狛江市)に緊急搬送されたが、1961年2月21日に21歳の若さで惜しまれて亡くなった伝説の映画俳優である。

拳銃無頼帖 電光石火の男
「拳銃無頼帖 電光石火の男」浅丘ルリ子
拳銃無頼帖 電光石火の男拳銃無頼帖 電光石火の男
二谷英明                        宍戸錠

【ストリー】
大津組の貞夫(杉山俊夫)と殺し屋の五郎(宍戸錠)が夕陽の燃える砂浜で対決した時、長身の男が現われて五郎の拳銃を吹き飛ばした。男が貞夫と共に姿を現わした時、大津組幹部の辰吉(高品格)は血相を変えた。男は3年前大津組親分仁作を闇討したハイライト興業の元幹部丈二(赤木圭一郎)だった。しかし射ったのは丈二ではなかった。仁作(菅井一郎)もそれは知っていた。丈二は足を洗うつもりで、ボス麻島(武藤章生)の身代りで刑務所に入った。だがこの町に残した恋人圭子(浅丘ルリ子)にひかれて帰って来た。丈二を愛していたが音沙汰の無いのを悲しんだ圭子は東京で警官をしている仁作の一人息子の昇(二谷英明)と婚約していた。圭子の心は乱れたが、丈二はきっぱり忘れることにした。昇が刑事部長としてこの町に赴任して来た。暴力追放を宣言した昇は早速ハイライト興業の根城を襲い、麻島を激怒させた。東京から昔五郎の情婦だった歌手のジーナ(白木マリ)が舞戻って来たが、丈二に熱を上げたジーナは別れ話をして五郎を怒らせた。麻島は五郎に丈二を消すことを命じた。圭子は昇と婚約を解消した。大津組のシマにある喫茶店「異邦人」が襲撃された。ハイライト興業の仕業とにらんだ大津組も、警察も色めき立った。昇の忠告もきかず、怒った仁作はハイライト興業と対決することを決意した。暴力団狩りが始まり、麻島の乾分が次々と検挙された。昇の暗殺を五郎に頼んだが丈二が引き受けた。丈二の真意を知る麻島は五郎に丈二と昇を両方殺すことを命じたが、丈二は昇をかばって難を逃れた。その夜の深更、大津組とハイライト興業は、第三波止場のB倉庫で決戦することになった。麻島らが奇襲を企てて待ち伏せる波止場に丈二の姿が現われた。兇弾が火を吐く。しかし丈二は子分達の手首を鮮やかに射落した。五郎が挑んだ。しかし五郎の胸を射抜いたのは丈二ではなかった。ジーナだった。ジーナも五郎の弾丸に倒れた。B号倉庫に大津組がなだれ込んだのと、昇の指揮する警官隊が突入したのは同時だった。麻島らは残らず縛についた。さん然と輝き出した海を、丈二と圭子はいつまでも見つめていた。

拳銃無頼帖 電光石火の男拳銃無頼帖 電光石火の男
白木マリ                      宍戸錠、藤村有弘

題名:拳銃無頼帖 電光石火の男
監督:野口博志
企画:浅田健三
原作:城戸禮
脚本:松浦健郎
撮影:永塚一栄
照明:河野愛三
録音:高橋三郎
美術:小池一美
特技:天羽四郎
技斗:高瀬将敏
音楽:山本直純 主題歌:赤木圭一郎「野郎泣くねえ」「夕日と拳銃」
記録:小林圭子
編集:辻井正則
現像:東洋現像所
製作主任:山野井政則
助監督:宮野高
色彩計測:上田利男
出演:赤木圭一郎、浅丘ルリ子、二谷英明、宍戸錠、白木マリ、藤村有弘、菅井一郎、吉永小百合、高品格、武藤章生、杉山俊夫、嵯峨善兵、志方稔
1960年日本・日活/シネスコサイズ・カラー86分35mmフィルム

拳銃無頼帖 電光石火の男拳銃無頼帖 電光石火の男
赤木圭一郎、吉永小百合、杉山俊夫          杉山俊夫、高品格
拳銃無頼帖 電光石火の男拳銃無頼帖 電光石火の男
赤木圭一郎、浅丘ルリ子             拳銃無頼帖 電光石火の男

1 2