映画「女衒 ZEGEN」


緒形拳                         倍賞美津子

今回は今村昌平監督1987年製作「女衒 ZEGEN」をピックアップする。
本作の構想は20年、香港、マカオ、台湾、マレーシアで大規模なロケ-ションを敢行し、明治後期から昭和初期にかけて東南アジアを舞台に活躍した女衒・村岡伊平治の半生を描いている。制作期間は2年にもわたったそうだ。1983年に東映で「楢山節考」が国際映画賞を齎した事から、本作は8億円の製作費を獲得した。撮影は1986年9月2日に香港からクランクインして1987年2月に最後の北海道ロケが行われクランクアップしたそうだ。内容は、これまでの今村監督作風と違い、大河ドラマ的冗長な展開で、面白味はなかった。興行的にも振るわなかったそうだ。


緒形拳、倍賞美津子                    小西博之

三木のり平、殿山泰司                   河原崎長一郎

【ストリー】
村岡伊平治(緒形拳)が大志を抱いて故郷・島原を捨ててから早や8年が経っていた。伊平治が長太(深水三章)、源吉(杉本哲太)と香港の港に降り立ったときの格好は髪は長くボサボサ、服はボロボロでまるでルンペン。もちろん金もなければ家もない。しかたなく大日本帝国領事館へ駆け込んだ。明治35年正月のことである。伊平治はそこで上原大尉(小西博之)から満州密偵としての役をもらい、シベリア大雪原へ向かった。やがて彼は奉天の女郎屋でトメ(池波志乃)という島原の女と出会い、幼馴染みのしほ(倍賞美津子)がシンガポールに奉公に出ていることを知った。香港へ戻った伊平治は越前屋の朝長(三木のり平)という知り合いを訪ねたが、なんと、しほは朝長の女房となっていた。朝長がシンガポールで身受けしてきたのだ。愛しいしほを買い戻した伊平治は、香港の海賊に捕まっている日本人の娘たちを助け出したのが縁で女衒を始めることになった。オナゴの貿易は国のためと張り切る伊平治は、南洋の島々に渡っては商売に励んだ。一方、しほはかつて海賊で今は英領マラヤのポートセッテンハムに力をもつ王(柯俊雄)に掛け合い、この地に女郎屋を開くことを許可させた。明治37年2月、対露宣戦布告の頃には伊平治は多くの子分を抱え、商売も繁盛、四つの娼館を経営するまでになった。明治45年、夏、伊平治は天皇の逝去に際し、切腹を試みたか失敗した。すぐに立ち直った伊平治は再び仕事に精を出すが、次第に反日感情が強くなり日本娼館も苦しい立場に立たされた。大正8年6月の廃娼制度の誕生は伊平治に決定的な打撃を与えた。世の中は大きく変わろうとしていた。多くの女たちは日本に帰ることを希望し、しほは王と愛し合うようになり伊平治の元を去った。このような時制に、王は伊平治の持つ娼館のすべてとしほを20万ドルで手に入れたのである。昭和16年12月、大平洋戦争が始まる頃、伊平治もすでに70歳に達していたが、彼の女衒根性はそう簡単に消えるものではなかった。日の丸を先頭に上陸してくる日本軍の隊列に向かって伊平治は「兵隊しゃーん、オナゴのことは俺に任しんしゃーい!」と叫んだのである。


緒形拳、寺田農                  緒形拳、倍賞美津子、柯俊雄

題名:女衒 ZEGEN
監督:今村昌平
企画:三堀篤、滝田五郎
製作:杉山義彦、武重邦夫、大庭二郎
脚本:今村昌平、岡部耕大
撮影:栃沢正夫
照明:岩木保夫
録音:紅谷愃一
音効:小島良雄 リーレコ:河野競司
美術:横尾嘉良
装飾:神田明良、沖村国男、高村裕司
造形:杉森憲之
化粧:井川成子、山崎邦夫
結髪:宮島孝子、丸山澄江
記録:石山久美子
編集:岡安肇 ネガ編集:岡安和子
音楽:池辺晋一郎
フィルム:アグファ(日本アグファ・ゲバルト)
現像:東映化学
撮影機材:三和映材社
製作担当:松田康史
製作主任:田上純司
製作補佐:室岡信明
製作進行:飯野久、椎井由紀子、今村広介
製作事務:仲主敏子
助監督:佐藤武光
監督助手:月野木隆、三池崇史
撮影助手:金沢裕、岡雅一、内田良一
照明助手:木村定広、三浦勇次郎、森下徹
録音助手:北村峰晴、塚本達朗
美術助手:稲垣尚夫、竹内公一
編集助手:小島俊彦、中葉由美子
邦楽指導:本條秀太朗
製作宣伝:滝島留一
宣伝プロデューサー:福永邦昭
スチール:加藤光男
出演:緒形拳、倍賞美津子、柯俊雄、三木のり平、小西博之、河原崎長一郎、池波志乃、風間舞子、熊谷真実、殿山泰司、寺田農、常田富士男、深水三章、杉本哲太、石井光三、柯俊雄、趙方豪、吉宮君子、神田紅、レオナルド熊
1987年日本・今村プロダクション+東映/ビスタサイズ・カラー124分35mmフィルム
女衒 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


緒形拳                                女衒 ZEGEN

映画「白蛇抄」


「白蛇抄」小柳ルミ子

小柳ルミ子                    杉本哲太、仙道敦子

今回は伊藤俊也監督1983年製作「白蛇抄」をピックアップする。
誘拐報道」「女囚さそり・シリーズ」の伊藤俊也監督と1971年「わたしの城下町」翌年「瀬戸の花嫁」などの歌謡曲でブレイクし「誘拐報道」で演技を絶賛された歌手の小柳ルミ子さんがタッグを組み、男たちの欲望のままに翻弄される哀しい過去を持つ女を描いている。展開の仕方が、すべてを台詞で説明し秘密を解き明かされるのに疑問を持ったが、小柳ルミ子さんの官能的な肢体に釘付けになり、疑問はどうでも良くなった。


小柳ルミ子、夏木勲               若山富三郎、小柳ルミ子

【ストリー】
石立うた(小柳ルミ子)は、2年前、京都で火事にあい、夫を失って絶望のあまり若狭の心中滝に身を投じた時、華蔵寺の住職懐海(若山富三郎)に助けられ、そのまま後妻として寺に住みついていた。懐海にはひとり息子昌夫(杉本哲太)がおり、彼は出家ずみの身で来年高校を卒業すると本山に行くことになっている。ある日、華蔵寺にうたの遠い親戚に当るという15歳の少女鵜藤まつの(仙道敦子)が引きとられてきた。この寺での初めての夜、まつのは異様な女の呻き声を耳にした。その声は隠寮から聞こえてきた。夜ごとうたの体に執着する懐海。それを覗き見する昌夫。彼はうたに惹かれていた。もうひとり村井警部補(夏八木勲)もうたが身を投げ救助された時に立ち会って以来、彼女に魅せられていた。投身の時、うたが抱いていた石骨の中味に疑問を抱いた村井は、石骨を取り戻そうとするうたに力づくで情交を迫った。その石骨はうたの死んだ赤ん坊であった。かけつけた昌夫は村井の後頭部に石を投げつけうたと共に逃げた。雨が降り出し、山小屋へ駆け込んだ二人はいつのまにか抱き合っていた。その日から昌夫は大胆になり、うたも日ごと昌夫の体に溺れていった。そうしたある日、懐海はうたと昌夫が密会している場所に動ける筈のない体を引きずっていって殺された。昌夫は本山に修業に出た。懐海の死に不信を抱いた村井は、まつのに死んだときの様子を問いただし、うたと昌夫が愛し合っていることを知った。うたは昌夫に会うべく京都に向ったが、昌夫もうたに会いたいために寺を飛び出していた。若狭に戻り、心中滝に立つうたの背後に村井が近づいて懐海を殺したのではないかと詰め寄った。口論のうち村井は足を滑らせて滝壷へ落ちた。華蔵寺に着いた昌夫にまつのは愛を告白するが、彼は振り切って外に飛び出した。そこにうたの姿が。本堂に走ったうたを昌夫は追うが、うたは「来たらあかん」と斧を持ちながら叫ぶ。斧を奪った昌夫が激昂してふりかざした下にうたは微笑みながら身体を入れてきた。血飛沫が舞った。昌夫も自殺し、心中を眼にしたまつのは本堂に火をつけた。


「白蛇抄」小柳ルミ子

「白蛇抄」若山富三郎、小柳ルミ子        杉本哲太、小柳ルミ子

「白蛇抄」小柳ルミ子

「白蛇抄」小柳ルミ子                                                          仙道敦子

題名:白蛇抄
監督:伊藤俊也
企画:天尾完次、松尾守、瀬戸恒雄
原作:水上勉
脚本:野上龍雄
撮影:森田富士郎
照明:山口利雄
録音:林鉱一
音効:原尚
美術:桑名忠之
装置:浜中一文
装飾:三谷巌
美粧:井上守
衣装:福崎精吉
記録:山之内康代
編集:西東清明
音楽:菊池俊輔
現像:東映化学
製作主任:小島吉弘
製作調整:山田光男
監督助手:森光正
演技事務:鎌田賢一
水中撮影:中村征夫
スチール:加藤光男
出演:小柳ルミ子、仙道敦子、杉本哲太、夏木勲(夏八木勲)、若山富三郎、鈴木光枝、宮口精二、北林谷栄、辻萬長、岡田奈々、大和田伸也
1983年日本・東映/ビスタサイズ・カラー118分35mmフィルム
白蛇抄 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


「白蛇抄」小柳ルミ子

「白蛇抄」小柳ルミ子

映画「おくりびと」


本木雅弘

本木雅弘                      広末涼子

今回は滝田洋二郎監督2008年製作「おくりびと」をピックアップする。
本作は第81回アカデミー賞外国語映画賞を受賞し、第32回モントリオール世界映画祭でグランプリを受賞した。内容は、日本人の死生観を明らかにする納棺師という仕事を通して普遍的なテーマである”死”をベーシックな演出で描き、画作りも素晴らしかった。近年では珍しく世界で通用した日本映画である。


山崎努                       余貴美子

【ストリー】
所属していたオーケストラが解散して、失業したチェロ奏者の小林大悟(本木雅弘)。やむなく彼は妻の美香(広末涼子)と二人、実家である山形へと帰った。その家は、2年前に死んだ母親が残してくれた唯一の財産だった。愛人を作った父が家を出たあと、母は女手ひとつで大悟を育ててくれたのだ。新たな職を探す大悟が行きあたったのは、佐々木(山崎努)が経営する納棺師という仕事だった。死者を彩り、最期のときを送り出すという業務の過酷さに、大悟は戸惑いを隠しきれない。しかし、佐々木と事務員の百合子(余貴美子)の持つ温もりに惹かれて、大悟は「おくりびと」となった。美香にすら、その仕事の内容を明かせないまま…。故郷に戻った大悟は、幼い頃に通っていた銭湯で同級生の母親であるツヤ子(吉行和子)との再会を果たす。銭湯を経営するツヤ子は、廃業を勧める息子たちの声も押し切って、ひたすら働き続けていた。やがて、大悟の仕事を知った美香は、我慢できずに実家へと帰る。死者を扱う夫の業務が、どうしても納得できなかったのだ。
それでも大悟は、納棺師を辞められない。唐突に倒れて、この世を去ったツヤ子の納棺も担当した。どこまでも自身の仕事に誇りを持つ大悟の気持ちを、ようやく美香も理解する。二人の関係は修復した。そんなとき、父の訃報が大悟のもとに届く。家庭を捨てた父親には深いわだかまりを抱いていた大悟だが、佐々木や百合子からの説得を受けて、死去した老人ホームへ美香と向かう。そこには、30年ぶりに対面する父(峰岸徹)の遺体があった。そして父が、決して大悟のことを忘れていなかったことを知る。堪えきれずに嗚咽する大悟の涙を、美香はハンカチで拭く。父の納棺を慎ましく行う大悟と、それを見守る美香。彼女の胎内では、大悟との間で芽生えた新たな命が動いていた。


本木雅弘                     広末涼子、吉行和子

題名:おくりびと
監督:滝田洋二郎
製作:信国一朗
脚本:小山薫堂
撮影:浜田毅
照明:高屋齋
録音:尾崎聡
整音:小野寺修
美術:小川富美夫
装飾:小池直実
衣装:北村勝彦
特殊メイク・造形:江川悦子
記録:赤澤環
編集:川島章正
音楽:久石譲
撮影機材:三和映材社
照明機材:日本照明
フィルム:イーストマン・コダック
現像:イマジカ
製作主任:砥川元宏
製作担当:田島啓次
エグゼクティブプロデューサー:間瀬泰宏
プロデューサー:中沢敏明、渡井敏久
ライン・プロデューサー:山下秀治
スタイリスト:北村彩子、塚本志穂、海老原由佳
ビューティーディレクター:柘植伊佐夫
ヘアメイク:須田理恵、古川なるみ、古谷久美子(広末涼子担当)
企画協力:小口健二
助監督:長濱英高
スチール:濱田祐史
出演:本木雅弘、広末涼子、山崎努、余貴美子、吉行和子、笹野高史、杉本哲太、峰岸徹、山田辰夫、橘ユキコ
第81回アカデミー賞外国語映画賞受賞、第32回モントリオール世界映画祭グランプリ受賞。
2008年日本/ビスタサイズ・カラー130分35mmフィルム
おくりびと -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


笹野高史、本木雅弘              広末涼子、本木雅弘、峰岸徹

1 2