映画「暴走パニック 大激突」


渡瀬恒彦                                杉本美樹

今回は深作欣二監督1976年製作「暴走パニック 大激突」をピックアップする。
本作は「いつかギラギラする日」の原型となったと言われる”日本で最初のカーチェイス映画”であり、ドル箱シリーズ「仁義なき戦い 完結篇」の一旦終了から派生したカーチェイス要素を新機軸とした。この東映カーアクション路線は、本作と中島貞夫監督「狂った野獣」の2作だけで、共に興行は振るわずその後は続かなかった。

余談になるが、1979年10月から石原プロモーション制作による「西部警察」がテレビ映画(16mm)で始まった。パート3が1984年10月まで続くが、テレビ映画作品にもかかわらずカーチェイスの物量、破壊力、市街地ロケーションなどでの画の迫力は、本作よりかなり上回っている。これはプロデュース、企画力の違いであると思う。

※「西部警察(テレビ朝日系)」の破格の製作費は、広告代理店を通さずテレビ朝日との直接契約だった。
これは広告代理店から無条件に手数料を搾取されるリスクはなくなり、その分を制作費に回せた。
CMスポンサー獲得は、積極的に石原プロモーションが行い、取りまとめを東急エージェンシーが行ったそうだ。


小林稔侍                            室田日出男

【ストリー】
混血の元モデル・緑川ミチとバーテンの山中高志は海外への生活を夢み、仲間の関光男と組んで、銀行強盗を続けていたが、神戸の銀行を襲った時に、光男が車にはねられて死んだ。光男の兄・勝男は、浮浪者同様の生活をしていたが、山中と光男が銀行強盗をしていた事を知り、山中を追いかけ始めた。指命手配の山中を追う警官の中の一人畠野は、大学卒の上役にいびられてさっぱり仕事に熱が入らず、婦人警官の愛子と寝てばかりいる。少年院出身でガソリンスタンドで働く益夫は、客から預ったスポーツカーを持ち出したが、暴走族に傷をつけられ帰るにも帰れなくなってしまった。一方、山中とミチは銀行を襲い大金を手に入れたが非常線にひっかかり、とあるモーテルに身を隠した。その頃、畠野は愛子を他の警官に寝取られてしまい、そのうっ奮を山中へと向けた。そして、上司の指示に従がわず、山中のいるモーテルに単身乗り込み、二人を逃がしてしまった。逃げる山中とミチの車を、畠野のパトカー、その後を山中の金を横取りすべく勝男の車が追った。やがて、勝男の車は電柱に追突したために、勝男は丁度通りかかった益夫のスポーツカーに乗り込み、さらに二人を追った。しばらく三つ巴のカーチェイスが続いた後、パトカー、白バイが続々と連らなり、やがて、暴走族、ダンプカー、観光バスまでを捲き込んで、狂ったように車と車をぶつけ始めた。横転した車が炎上し、消防車、救急車、機動隊が駆けつけるが、それらも狂走集団に捲き込まれてしまう。集った野次馬は逃げまどいながら投石を始め、凄まじいパニック状態に発展していった……。


渡辺やよい、川谷拓三                            潮健児

題名:暴走パニック 大激突
監督:深作欣二
企画:本田達男、杉本直幸
脚本:神波史男、田中陽造、深作欣二
撮影:中島徹
照明:若木得二
録音:中山茂二
美術:富田治郎
装置:吉岡茂一
装飾:西田忠男
背景:西村三郎
美粧:田中利男
結髪:白鳥里子
衣装:高安彦司
擬斗:上野隆三
カー・アクション:東洋レーシングチーム
記録:田中美佐江
編集:市田勇
音楽:津島利章
製作主任:長岡功
助監督:篠塚正秀
演技事務:森村英次
スチール:中山健司
出演:渡瀬恒彦、杉本美樹、渡辺やよい、室田日出男、川谷拓三、小林稔侍、風戸佑介、三谷昇、潮健児、汐路章、片桐竜次
1976年日本・東映京都撮影所/シネスコサイズ・カラー85分35mmフィルム
暴走パニック 大激突 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


渡辺やよい、川谷拓三

暴走パニック 大激突                   杉本美樹、渡瀬恒彦

映画「前科おんな 殺し節」


「前科おんな 殺し節」池玲子

池玲子                           杉本美樹

今回は三堀篤監督1973年製作「前科おんな 殺し節」をピックアップする。
本作は「温泉みみず芸者」で同時デビューを果たした池玲子さんと杉本美樹さんが、復讐を誓うマキと、その相手の情婦に扮して東映ポルノ女王の座を競い合う共演10作目になる。小松方正さん、地井武男さんら個性派キャストが脇を固めている。


葉山良二                       地井武男

「前科おんな 殺し節」池玲子

【ストリー】
羽鳥マキ(池玲子)は、覚せい剤の売人をしていた父が、新興やくざ大場興業の手にかかり殺されたため、大場喜一(葉山良二)を仇として襲うが、失敗し、逮捕され、女子刑務所へ送られた。マキはバイク気違いの木村夏子(風間千代子)とともに雑居房へ入れられた。その中には芦田かおる(片山由美子)、中川雪江(宗田政美)、そして女博徒の谷政代(杉本美樹)らがいた。ある日、ふてぶてしいマキの態度に怒った政代は決闘を挑んだ。しかし、長時間の死闘の結果、二人の間に互いに友情が生まれた。マキの根性を見直した女囚たちは、マキの復讐の話に聞きいった。だが、政代の顔色が変った。政代は大場の情婦だったのである。数年後、出所したマキは、夏子、かおる、雪江の三人の助けをかりて、大場への復讐を始めた。ユキは、大場興業と敵対している浜安組の実子の鉄(地井武男)に近ずき、大場との喧嘩をけしかけた。一方、政代は大場の情婦におさまっており、ユキたちが大場を狙っていると知ると、マキを尋ね、復讐を断念するように頼む。しかし、マキは聞き入れようとはしなかった。そんなマキが大場興業に捕われた時、政代は友情に免じて、一度だけ脱走の手助けをした。逃げのびたマキは、大場の覚せい剤の取り引きの情報を鉄に知らせた。そして鉄は見事、横取りに成功。その頃、マキは最初の筋書き通り、鉄の居所を3,000万円で大場に教えた。やがて大場たちは、鉄の隠れ場を襲い、鉄を殺すが、その後から武装したマキたち4人が襲いかかり大場を殺した。マキは念願の復讐を終えた。しかし、マキの前に政代が現われ、再度の死闘が行われた……。


片山由美子、杉本美樹                  前科おんな 殺し節

題名:前科おんな 殺し節
監督:三堀篤
企画:吉峰甲子夫、高村賢治
脚本:松田寛夫、神波史男
撮影:飯村雅彦
照明:桑名史郎
録音:内田陽造
美術:北川弘
装置:小早川一
装飾:上原光男
美粧:住吉久良蔵
美容:石川靖江
衣装:内山三七子
擬斗:日尾孝司
記録:勝原繁子
編集:祖田富美夫
音楽:八木正生 主題歌:池玲子「ふうてんぐらし」
フィルム:富士フィルム
現像:東映化学
製作主任:入葉一男
助監督:橋本新一
演技事務:石川通生
スチール:加藤光男
出演:池玲子、杉本美樹、片山由美子、風間千代子、宗田政美、葉山良二、地井武男、小松方正、由利徹、日尾孝司、堀田真三
1973年日本・東映東京撮影所/シネスコサイズ・カラー83分35mmフィルム
前科おんな 殺し節 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


池玲子                             前科おんな 殺し節

前科おんな 殺し節

映画「女番長 感化院脱走」


杉本美樹                         渡瀬恒彦

今回は中島貞夫監督1973年製作「女番長 感化院脱走」をピックアップする。
“女番長シリーズ”第5作目の本作は、スケバン同士の抗争がなく、日活の”野良猫ロックシリーズ”に近い仕上がりでテンポの良い構成になっている。私は東映作品で、杉本美樹さんの最高傑作ではないかと思う。

【女番長シリーズ】
1971年「女番長ブルース 牝蜂の逆襲」監督:鈴木則文 出演:池玲子、杉本美樹
1972年「女番長ブルース 牝蜂の挑戦」監督:鈴木則文 出演:池玲子、杉本美樹
1972年「女番長ゲリラ」監督:鈴木則文 出演:杉本美樹、池玲子
1972年「女番長(スケバン)」監督:鈴木則文 出演:杉本美樹、池玲子
1973年「女番長 感化院脱走」監督:中島貞夫 出演:杉本美樹
1973年「女番長 タイマン勝負」監督:関本郁夫 出演:池玲子
1974年「女番長 玉突き遊び」監督:関本郁夫 出演:叶優子


叶優子                        伊佐山ひろ子

「女番長 感化院脱走」伊佐山ひろ子

【ストリー】
京都にある特別教護施設を脱走して捕まった青木るり子(杉本美樹)は、傷害事件を起して補導される松本三奈(須永かつ代)とともに、再び学院に戻された。教官の小池(今井健二)が、一人の脱走は連帯責任として、全員に懲罰を課したために、清美(太田美鈴)、勝子(早乙女りえ)たちが、マキ(須藤リカ)、ユキ(大森不二香)たちるり子一派に、露骨なイヤガラセをするのだった。ただ一人、三奈だけが、財界の大物、遠山実をパトロンにしているため、学院長・秦野(金子信雄)が特別に目をかけているので、彼女らの対決を静観していた。そんなある日、法務省の役人が視察に来た時、生徒たちが暴力をおこした。怒った秦野は、生徒全員に厳罰を下した。その夜、るり子、杏子(叶優子)、三奈、マキ、ユキの五人が脱走した。五人はそれぞれバラバラに散った。るり子はドライブインで、強盗犯人で逃走中の菊村洋一(渡瀬恒彦)と知り合い、トラックを盗み共に逃走することにした。二人はやがて、北陸の海辺にやって来た。以前、るり子が脱走する度に集めて埋めておいたダイナマイトがあるのだ。これで船を乗っ取って日本脱出を計るつもりだった。ところが、一度バラバラになった杏子たちも、この海辺に偶然集まって来た。彼女たちも、るり子の計画に乗って準備を進めたが、杏子を尾けていた小池が、警察に知らせたために、たちまち警官隊にとり囲まれてしまった。猟銃、火焔ビルの抵抗も虚しく、全員逮捕されしまった。だが、洋一だけは、トラックごと阻止線のドラムカンに激突した……。


金子信雄、室田日出男                   菅井きん

【訃報】
テレビ時代劇「必殺」シリーズの姑(しゅうとめ)役など、味のあるわき役として人気を集めた俳優の菅井きん(すがい・きん、本名佐藤キミ子<さとう・きみこ>)さんが2018年8月10日、心不全で亡くなった。92歳だった。1926年、東京生まれ。戦時中は文部省の事務職員を務めていた。戦後、東京芸術劇場の「人形の家」を見て主人公ノラの生き方に感動し、1946年に同劇場研究所に入った。その後俳優座に移り、黒澤明監督の「生きる」など映画でも活躍。30代のころからもっぱら老け役、わき役として持ち味を発揮した。1973年からテレビ時代劇「必殺」シリーズ(朝日放送)で藤田まことふんする婿・中村主水の姑役を20年間演じ、「婿どのっ」のせりふで主水に詰め寄るコミカルな婿いびりの演技で人気を集めた。1985年には映画化された「必殺」と、故伊丹十三監督の「お葬式」の2作品で日本アカデミー賞最優秀助演女優賞を受賞。1990年に紫綬褒章、1996年に勲四等宝冠章を受けた。2010年のNHK大河ドラマ「龍馬伝」が最後のドラマ出演となった。
朝日新聞デジタル2018年8月23日配信


「女番長 感化院脱走」渡瀬恒彦、杉本美樹

題名:女番長 感化院脱走
監督:中島貞夫
企画:天尾完次
脚本:鴨井達比古、中島貞夫
撮影:古谷伸
照明:金子凱美
録音:荒川輝彦
美術:井川徳道
装置:米沢勝
装飾:柴田澄臣
美粧・結髪:東和美粧
衣装:森譲
擬斗:三好郁夫
記録:石田照
編集:市田勇
音楽:荒木一郎 挿入歌:太田美鈴「好きではじめた女じゃないが」
進行主任:長岡功
助監督:牧口雄二
演技事務:西秋節生
スチール:諸角義雄
出演:杉本美樹、渡瀬恒彦、叶優子、須永かつ代、太田美鈴、伊佐山ひろ子、須藤リカ、早乙女りえ、一の瀬レナ、城恵美、金子信雄、室田日出男、今井健二、川谷拓三、菅井きん、名和宏
1973年日本・東映京都撮影所/シネスコサイズ・カラー90分35mmフィルム
女番長 感化院脱走 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


須永かつ代、渡瀬恒彦、杉本美樹              杉本美樹

女番長 感化院脱走

1 2 3 5