映画「女番長ブルース 牝蜂の逆襲」


池玲子                           賀川雪絵

杉本美樹                        渡辺やよい

今回は鈴木則文監督1971年製作「女番長ブルース 牝蜂の逆襲」をピックアップする。
本作は、”女番長シリーズ”第1作目である。”スケバン”という言葉はこの映画から生まれ、”女番長”と書いて”すけばん(スケバン)”と読む事が最初になされた。主演の池玲子さんは、巨乳を惜しげもなく見せつけて初のトップレス番長を演じ、上半身ヌードにサテン地のパンタロン、プラットフォーム・ブーツを着こなし、アクションまで見せるカッコ良さで、人気を決定的にした。
(ウィキペディア参照)

【女番長シリーズ】
1971年「女番長ブルース 牝蜂の逆襲」監督:鈴木則文 出演:池玲子、杉本美樹
1972年「女番長ブルース 牝蜂の挑戦」監督:鈴木則文 出演:池玲子、杉本美樹
1972年「女番長ゲリラ」監督:鈴木則文 出演:杉本美樹、池玲子
1972年「女番長(スケバン)」監督:鈴木則文 出演:杉本美樹、池玲子
1973年「女番長 感化院脱走」監督:中島貞夫 出演:杉本美樹
1973年「女番長 タイマン勝負」監督:関本郁夫 出演:池玲子
1974年「女番長 玉突き遊び」監督:関本郁夫 出演:叶優子
予約投稿で表示しないページがありますが、後日表示されます。


「女番長ブルース 牝蜂の逆襲」杉本美樹

天知茂                         安部徹

【ストリー】
関西を根城にするやさぐれグループ“アテネ団”の女番長玲子(池玲子)は、真弓(杉本美樹)、サセ子(一の瀬レナ)、モコ(河崎いち子)、宏美(山田みどり)、妙子(西来路ひろみ)、宥子(渡辺やよい)、ジュン(賀川雪絵)ら団員を従えて、万引き、喧嘩、ギャンブル、自動車泥棒と非行の限りをつくしているが、そんな玲子に地元の愚連隊・北神会の巽次郎(流健二郎)はまいっていた。そして、神戸のやくざ秋本組の幹部として吸収される日を夢みて、玲子を専属の女にしようと機会をうかがっている。一方単車を駆って跳りようする学生愚連隊の杉岡英二(一ノ瀬謙)も玲子の美ぼうに目をつけ、執拗にアテネ団につきまとっている。阪神連合会長の跡目を狙う秋本組組長・秋本剛(安部徹)は勢力を拡大するための手段として、そんな北神会やアテネ団を適当に利用している。ある時、目下青春歌手No1で売出し中の篠原由紀ンマンショーが開催された。歌手を目ざして一緒に勉強したことのある妙子は、アテネ団の仲間と彼女を訪ねるが、冷たくあしらわれる。怒った妙子はトップ屋の牛島一六(山城新伍)から買った、篠原由紀(潤まり子)と代議士志水(名和宏)のスキャンダルをもとに、志水を恐喝するが、駈けつけた秋本組に袋だたきにされてしまう。怒った次郎たちは、深夜のマンションで由紀の帰りを待ち伏せし、エレベーターの中でかわるがわる凌辱してうっ噴を晴らし、赤新聞にネタを売りつけて、ひともうけした。一方、秋本組では急に三千万の金が必要となり、高利貸のご気嫌をとるため、次郎を介して、一夜玲子をその相手に当てがおうとしたが、英二たちと遊んでいた玲子は次郎との約束をすっぽかしてしまう。次郎の面目は丸つぶれだが、団の統制を乱したかどで、玲子はモーターボートにロープでつながれ水上スキーさながらのリンチを受ける。こうして高利貸からの借入れに失敗した秋本は、塩酸フェニールから1キロ2億円もする覚醒剤が作れるという事を知るや英二が秋本に盾ついたとの口実を理由に彼を人質にして父親の康平(小松方正)をゆすり、フェニールをださせようとする。トップ屋牛島からこの情報をキャッチした玲子、次郎たちは、秋本に一泡ふかせようと、現場に先廻りするが、英二を救ってフェニールの入ったカバンを奪取しようとした次郎は殺されてしまう。英二はカバンを奪い返すと玲子をオートバイに乗せ、後を追ってきた秋本の車をヘアピンカーブから崖下に落す。翌日、トップモードを身につけたアテネ団の面々は何事もなかったように町を闊歩していた。


「女番長ブルース 牝蜂の逆襲」池玲子

「女番長ブルース 牝蜂の逆襲」池玲子

池玲子                         渡辺やよい

題名:女番長ブルース 牝蜂の逆襲
監督:鈴木則文
企画:天尾完次
原案:小山裕久
脚本:皆川隆之、鈴木則文
撮影:古谷伸
照明:若木得二
録音:堀場一朗
美術:井川徳道
装置:温井弘司
装飾:宮川俊夫
美粧・結髪:東和美粧
衣装:高安彦司
擬斗:三好郁夫
記録:田中美佐江
編集:神田忠男
音楽:鏑木創 主題歌:八田富子「女番長ブルース」
フィルム:富士フィルム
現像:東映化学
製作主任:真洋士
助監督:皆川隆之
スチール:諸角義雄
出演:池玲子、賀川雪絵、杉本美樹、渡辺やよい、天知茂、弓恵子、安部徹、小松方正、一ノ瀬謙、流健二郎、一の瀬レナ、潤ますみ、西来路ひろみ、河崎いち子、山田みどり、片桐竜次、山城新伍、名和宏、左とん平、由利徹、大泉滉、ピーター、梅津栄
1971年日本・東映京都撮影所/シネスコサイズ・カラー86分35mmフィルム
女番長ブルース 牝蜂の逆襲 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


流健二郎                        弓恵子

青空はるお、杉本美樹、池玲子、青空あきお

映画「温泉スッポン芸者」


「温泉スッポン芸者」杉本美樹

杉本美樹                              三原葉子

今回は鈴木則文監督1972年製作「温泉スッポン芸者」をピックアップする。
本作は”温泉芸者シリーズ”全7作の5作目である。前作に続き東映ポルノ路線であるが、カメオ出演が凄い!団鬼六氏、笹沢左保氏、福地泡介氏と常連の田中小実昌氏が、濡れ場込みで出ている。

【東映温泉芸者シリーズ】
1968年「温泉あんま芸者」監督:石井輝男 出演:橘ますみ、三原葉子
1969年「温泉ポン引女中」監督:荒井美三雄 出演:橘ますみ、葵三津子
1970年「温泉こんにゃく芸者」監督:中島貞夫 出演:女屋実和子、松井康子
1971年「温泉みみず芸者 」監督:鈴木則文 出演:池玲子、松井康子、杉本美樹
1972年「温泉スッポン芸者」監督:鈴木則文 出演:杉本美樹、城恵美、女屋実和子
1973年「温泉おさな芸者」監督:鷹森立一 出演:田辺節子、沢リミ子、深田ミミ
1975年「東京ふんどし芸者」監督:野田幸男  出演:堀めぐみ、茜ゆう子、三井マリア
※各作品のリンクは、予約投稿で表示しないページがありますが、後日表示されます。


「温泉スッポン芸者」名和宏、三原葉子

三原葉子                             山城新伍、名和宏

【ストリー】
温泉芸者をしていた姉(松村康世)が交通事故で死んだため、浅井夏子(杉本美樹)は早速その温泉町にかけつけて来た。姉には、服部倉次郎(菅貫太郎)というスッポンの研究をしている変人の恋人がいた。偶然夏子がその町の観光ポスターのモデルになったところ、経総連理事長石橋(殿山泰司)に目をつけられ、芸者置屋の女将富子(三原葉子)の仲介で一夜を共にすることになったが、夏子の名器が、石橋のカラダを放さなくなり、病院に連れ込まれ大騒動。一躍、夏子はスッポン芸者の異名をとどろかすことになった。そんな夏子に、怪し気な研究家毛利高麿(山城新伍)と、偶然再会した昔の恋人信治(成瀬正孝)とがつきまとっていた。その頃、女体ブローカー竿師段平(名和宏)が町に現われた。段平はその精練されたセックステクニックで次々と芸者たちを、骨抜きにしていった。最後に段平は夏子にセックス勝負を挑んで来た。両者相ゆずらぬ白熱のセックス合戦が展開され、勝負はなかなかつかず、夏子は今しも悶絶せんとするが、その時現われたスッポンの幻影に勇気ずけられ、最後の気力をふりしぼった夏子が、遂に段平を倒した。翌日、賞金額を惜しげなく倉次郎に与え、いずこへともなく去って行くのだった。


「温泉スッポン芸者」田中小実昌(右)

成瀬正孝、金子信雄、大泉滉                    城恵美

題名:温泉スッポン芸者
監督:鈴木則文
企画:天尾完次
原案:掛札昌裕
脚本:関本郁夫、鈴木則文
撮影:増田敏雄
照明:金子凱美
録音:堀場一朗
美術:雨森義允
装置:稲田源兵衛
装飾:山田久司
美粧・結髪:東和美粧
衣装:岩逧保
記録:石田照
編集:神田忠男
音楽:荒木一郎 主題歌:杉本美樹「温泉スッポン芸者」
進行主任:上田正直
演技事務:伊駒実麿
助監督:関本郁夫
スチール:中山健司
出演:杉本美樹、城恵美、潤まり子、三原葉子、成瀬正孝、菅貫太郎、金子信雄、殿山泰司、大泉滉、山城新伍、名和宏、殿山泰司、女屋実和子、笹沢左保、田中小実昌、団鬼六、福地泡介、一条さゆり、川谷拓三、菅原文太、松村康世、岡八郎、月亭可朝、川谷拓三
1972年日本・東映京都撮影所/シネスコサイズ・カラー84分35mmフィルム
温泉スッポン芸者 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


「温泉スッポン芸者」杉本美樹

成瀬正孝                                                              菅貫太郎

温泉スッポン芸者

映画「温泉みみず芸者」


池玲子                             杉本美樹

今回は鈴木則文監督1971年製作「温泉みみず芸者」をピックアップする。
本作は”温泉芸者シリーズ”全7作の4作目で池玲子さんと杉本美樹さんのデビュー作であり、初めて”東映ポルノ映画”としてフィチャーされた映画である。

1971年は、撮影所システムと言われる日本映画制作各社の旧来の制作システムが急激に衰退を迎えていた時期であり、各社一本立て興行に移行、1953年から続いた五社協定が崩壊し、12月には大映が倒産した。日活では”ロマンポルノ”を11月からスタートさせ、1988年まで制作し続けた。
この”ポルノ”というフレーズは、本作で生まれた造語をパクったものであり、プロデューサーの天尾完次氏が、海外の雑誌のグラビアから”ポルノグラフィ”という言葉を見つけて、”ポルノ”という言葉を日本で初めて使い定着させた。

本作は、日活のロマンポルノ第一作「団地妻 昼下りの情事(主演:白川和子)」の11月公開より早く7月に劇場公開されている。

【東映温泉芸者シリーズ】
1968年「温泉あんま芸者」監督:石井輝男 出演:橘ますみ、三原葉子
1969年「温泉ポン引女中」監督:荒井美三雄 出演:橘ますみ、葵三津子
1970年「温泉こんにゃく芸者」監督:中島貞夫 出演:女屋実和子、松井康子
1971年「温泉みみず芸者 」監督:鈴木則文 出演:池玲子、松井康子、杉本美樹
1972年「温泉スッポン芸者」監督:鈴木則文 出演:杉本美樹、城恵美、女屋実和子
1973年「温泉おさな芸者」監督:鷹森立一 出演:田辺節子、沢リミ子、深田ミミ
1975年「東京ふんどし芸者」監督:野田幸男  出演:堀めぐみ、茜ゆう子、三井マリア
※各作品のリンクは、予約投稿で表示しないページがありますが、後日表示されます。


松井康子、山城新伍                      池玲子、小池朝雄

【ストリー】
伊勢志摩の港町で一杯飲み屋を営む多湖初栄(松井康子)と二人の娘、圭子(池玲子)、幸子(杉本美樹)の母娘は美人として評判がよかった。ところが初栄は生来の淫乱性。抵当に入っている先祖の墓を買い戻すために、100万円を目標に貯めている金まで若いつばめに持ち逃げされる始末。そこで、圭子は仕方なしに、東京のソープランドに働きに出るが、偶然、社長久兵エ(芦屋雁之助)と知り合い50万円もらう。数日後、初栄が伊豆の土肥温泉から“すぐこい”と打電してくる。駈けつけた圭子に、初栄は借金を肩代りしてくれと泣きつく。初栄は、圭子が送った50万円を手にすると性凝りもなく若い男を作り、士肥温泉に遊びにきたが、その金を持ち逃げされてしまったのだ。窮した圭子は、借金返済のために温泉芸者として働くことになり、初栄も女中に雇われることになった。ようやくここでの生活になれた頃、この静かな温泉町の静寂を破って、時ならぬ混乱がまき起こった。無限精流の性豪を名乗る竿師段平(名和宏)、師範代黒竿の段吉(岡部正純)、門弟健(大下哲夫)が、芸者の引き抜きにやってきたのだった。彼らはベットを共にした芸者を意のままに、他の土地に鞍変えさせてしまう温泉場荒しである。政界筋をバックに持つ彼らを追い出す訳にもいかず、町の役人衆も頭を痛めていたが、結局、初栄と圭子、妹の幸子の母娘が、彼らの相手をし、倒さなければならなくなる。勝てば300万円の褒賞金がもらえるとあって、初栄のいきり様は大変なもの。海岸大明神の夜祭りに湧き立つ浜辺の邸宅で、そのセックス試合は開始された。


小池朝雄、池玲子、殿山泰司              女屋実和子

題名:温泉みみず芸者
監督:鈴木則文
企画:岡田茂。天尾完次
原案:久保田正
脚本:掛札昌裕、鈴木則文
撮影:古谷伸
照明:金子凱美
録音:堀場一朗
美術:雨森義允
装置:柴田澄臣
美粧。結髪:東和美粧
衣装:岩逧保
振付:藤間勘眞次
記録:石田照
編集:神田忠男
音楽:鏑木創
フィルム:富士フィルム
現像:東映化学 (ノンクレジット)
進行主任:伊藤彰将
助監督:皆川隆之
スチール:中山健司
出演:池玲子、杉本美樹、女屋実和子、松井康子、葵三津子、小池朝雄、山城新伍、由利徹、名和宏、沢淑子、岡八郎、殿山泰司、川谷拓三、芦屋雁之助、芦屋小雁、岡部正純、大泉滉、団鬼六、田中小実昌、佐藤重臣、小松方正(ナレーション)
1971年日本・東映京都撮影所/シネスコサイズ・カラー85分35mmフィルム
温泉みみず芸者 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


「温泉みみず芸者」池玲子

杉本美樹、池玲子                        温泉みみず芸者

1 2 3 4 5