映画「恐怖女子高校 女暴力教室」


杉本美樹                           池玲子

今回は鈴木則文監督1972年製作「恐怖女子高校 女暴力教室」をピックアップする。
本作は”恐怖女子高校 シリーズ”第1作で、私は初見であるが、凄い作品を発見してしまったと思う。
今言う”コンプライアンス”なんてものは存在せず、セクハラ・パワハラのオンパレードで時代に挑戦している作品である。
時代を体現した杉本美樹さん、池玲子さんという女優は、好きにならずにはいられない。

【恐怖女子高校シリーズ】
1972年「恐怖女子高校 女暴力教室」監督:鈴木則文 出演:杉本美樹、池玲子
1973年「恐怖女子高校 暴行リンチ教室」監督:鈴木則文 出演:杉本美樹、池玲子
1973年「恐怖女子高校 不良悶絶グループ」監督:志村正浩 出演:池玲子、叶優子
1973年「恐怖女子高校 アニマル同級生」監督:志村正浩 出演:池玲子、一の瀕レナ
予約投稿で表示しないページがありますが、後日表示されます。


成瀬正孝                         大泉滉

【ストリー】
小高い丘にそびえたつある私立女子高校。“賢き妻となり、愛しき母となろう”をモットーに創設された女子高校。だが実際には、教員は事勿れ主義、学園理事は私利私欲の徒、生徒はズべ公揃い。そして、学園で番長を張る中田迪子(杉本美樹)、彼女に従うプー子(須藤リカ)、メイ子(丘ナオミ)、初枝(碧川ジュン)たちと、澄子(衣麻遼子)をボスとする一派が事あるごとに対立していた。ある日、迪子たちのクラスに、前の高校では総番長だったという尾野崎由紀(池玲子)が転入して来た。ところが由紀は、迪子たちのリンチにもなすがままで、反抗しなかった。そして由紀は特待生の岬洋子(三浦夏子)と親しくなった。一方、澄子は理事長郡大作(金子信雄)の妾絹子の娘で、クラスメートを売春させていたが、学校側では黙認していた。洋子は絹枝(三原葉子)の経営するクラブのホステスとしてアルバイトをしていたが、大作の息子で学園理事の丈夫(名和宏)が洋子に目をつけ、妊娠させてしまった。そこで丈夫は澄子たちをけしかけて洋子に凄絶なリンチを加え、堕胎させた。ショックのあまり洋子は自殺してしまった。迪子たちは、澄子グループを徹底的に痛めつけ、強制堕胎の事実を白状させた。一方、由紀は、好色な丈夫に近づき、郡父子の数々の不正の証拠を握った。由紀には昔、高利貸としての郡の為に両親や兄弟が一家心中に追いつめられ、彼女だけが生き残ったという過去があったのだ。やがて、復讐のため由紀は、迪子たちの協力を得て郡父子を破滅させ、虚偽に満ちた学園を破壊して、自ら揃って退学していくのだった……。


由利徹                           杉本美樹

題名:恐怖女子高校 女暴力教室
監督:鈴木則文
企画:天尾完次
脚本:掛札昌裕、関本郁夫、鈴木則文
撮影:鈴木重平
照明:金子凱美
録音:溝口正義
美術:雨森義允
装置:温井弘司
装飾:山田久司
美粧・結髪:東和美粧
衣装:岩逧保
擬斗:三好郁夫
記録:梅津泰子
編集:堀池幸三
音楽:八木正生 主題歌:須藤リカ「女子高生哀歌」
進行主任:長岡功
助監督:志村正浩
演技事務:森村英次
スチール:諸角義雄
出演:杉本美樹、池玲子、三浦夏子、成瀬正孝、衣麻遼子、女屋実和子、須藤リカ、碧川ジュン、金子信雄、名和宏、三原葉子、松井康子、大泉滉、由利徹、岡八郎
1972年日本・東映京都撮影所/シネスコサイズ・カラー79分35mmフィルム
恐怖女子高校 女暴力教室 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


名和宏、三原葉子、金子信雄                杉本美樹

映画「祭りの準備」

祭りの準備祭りの準備
江藤潤                        竹下景子

今回は黒木和雄監督1975年製作「祭りの準備」をピックアップする。
本作は、昭和30年代の高知県中村市(現:四万十市)を舞台にした中島丈博氏の半自伝的脚本を基にシナリオライター志望の信用金庫に勤める青年が、地縁・血縁のしがらみの中でもがき苦しみながら旅立ちの日までを描いたものだ。劇中で引用される新藤兼人監督の「誰でも一本は傑作を書ける。自分の周囲の世界を書く事だ」をモチーフにしている。

祭りの準備祭りの準備
馬淵晴子                     桂木梨江

【ストリー】
昭和30年代初め、高知県中村市。沖楯男(江藤潤)20歳は、この町の信用金庫の外勤係であるが、毎日、東京へ出てシナリオ作家として身を立てることを夢みている。だが、母のときよ(馬渕晴子)は女狂いの夫・清馬(ハナ肇)と別居していて、一人息子の楯男を溺愛するあまり離そうとしない。楯男には心の恋人涼子(竹下景子)がいるが、彼女は政治運動に熱を上げており、シナリオを書く楯男にとっては常に片思いの存在であった。楯男の隣の中島一家は、暴れ者の利広(原田芳雄)と、兄の貞一(石山雄大)・美代子(杉本美樹)夫婦との奇妙な三角関係で成立している。利広が家にいる時は、貞一が刑務所に、貞一が家にいる時は利広が刑務所に、という次第の泥棒一家である。ある日、中島家の末娘タマミ(桂木梨江)が発狂して大阪から帰って来た。若い衆のセックスの対象となるタマミ。楯男は涼子のかなわぬ恋の失意の中でタマミと寝てしまう。数カ月後、タマミが妊娠した。彼女と同棲していた楯男の祖父茂義(浜村純)が子供の父であると名乗り出た。タマミは無事に子供を生んだが、その途端に正気に返った。だがその時からタマミは茂義を激しく嫌悪し、老人は首を吊った。オルグの男(斉藤真)に捨てられた涼子が楯男をセックスに誘った。涼子への夢が破れた楯男は、一人、東京へ旅立つことを決心した。駅の待合室で楯男は、殺人容疑で追われている利広に出会った。「バンザイ!バンザイ!」利広一人の歓声に送られて、楯男は故郷を旅立っていった。

祭りの準備祭りの準備
原田芳雄                         ハナ肇

題名:祭りの準備
監督:黒木和雄
企画:多賀祥介
製作:大塚和、三浦波夫
脚本:中島丈博
撮影:鈴木達夫
照明:伴野功
録音:久保田幸雄
美術:木村威夫、丸山裕司
記録:小林日出
編集:浅井弘
音楽:松村禎三
現像:東洋現像所
監督補佐:後藤幸一
監督助手:石山昭信
撮影機材:三和映材社
照明機材:幸和照明
スチール:三浦波夫
出演:江藤潤、馬淵晴子、桂木梨江、原田芳雄、竹下景子、ハナ肇、浜村純、原知佐子、絵沢萠子、杉本美樹、芹明香、犬塚弘、阿藤快、森本レオ
1975年日本・綜映社+映画同人社+ATG/ビスタサイズ・カラー117分35mmフィルム
祭りの準備 [DVD]
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

祭りの準備祭りの準備

1 3 4 5