映画「悪名太鼓」

悪名太鼓悪名太鼓
勝新太郎                        田宮二郎

今回は森一生監督1964年製作「悪名太鼓」をピックアップする。
全15作が製作された勝新太郎さんと 田宮二郎さんのコンビが冴える”悪名シリーズ”の第9作になる。
前作「悪名一番」に続いて出張篇となる本作は、清次が九州の狼王会に太鼓を貸出し、その貸し賃で、八尾の祭りを盛り上げようという事から始まる。ところが、九州から清次が死んだとの電報が届く。驚いた朝吉は九州に駆け付けるが、葬儀に行ってみると死んだのは別人。ここから密輸絡みの物語が展開するという内容だ。ゲストに歌手の田端義夫さんが出演している。

悪名シリーズ

悪名太鼓悪名太鼓
朝丘雪路                     浜田ゆう子、勝新太郎

【ストリー】
河内の夏祭りの資金を手に入れるため、清次(田宮二郎)が朝吉(勝新太郎)の大事にしていた太鼓を売ったことに気づいたのは、清次が太鼓と共に九州の狼王会のもとに出発した直後だった。すぐ後を追った朝吉がトラックの上で清次ととっ組みあいをする内に、狼王会の若者の匕首が、太鼓の皮を破ってしまった。そのうえ、朝吉はトラックから落ちて、太鼓はとうとう九州へ運ばれた。憤懣やるかたない朝吉のもとへ、「セイジコロサレタ」の電報が届くや、胸のうちは、逆上して、朝吉は関門トンネルを越えた。花輪に囲まれた清次の告別式。だが、祭壇の写真は、清次とは別人の顔。朝吉の名前を聞くなり、姿を消した喪服に真珠をつけた女。奇妙な雰囲気の葬式に、一きわ大きな花輪は、清次が太鼓を貸した相手“狼王会菊沢”の名前であった。死んだ清次という男の女房宏子(朝丘雪路)から、朝吉は、宏子の夫は密入国人で、菊沢(見明凡太朗)から清次の戸籍を買うと、香港ルートの密輸グループに誘われたが、断わったために殺されたと聞かされた。一方、清次は、太鼓の胴に5億円の密輸品をつめて、関西ルートに流すと聞かされて驚愕したものの、戸籍を失った今、菊沢の言う通り動くより仕方がなく、宏子を連れ出す手助けをする中に、朝吉と出逢った。宏子の息子で養護施設にいるタカシを、誘拐しようとした菊沢は、朝吉の出現で失敗した。朝吉は、菊沢の影の女で、告別式に居た真珠の女、紅杏子(浜田ゆう子)から、菊沢の片棒をかつぐよう誘われたが、断わった。一方、菊沢に朝吉を狙うよう命令された清次は、拳銃で殺したかのように見せかけると、朝吉を海に逃がした。丁度香港のボスを迎えて、菊沢がはる宴会の席上にかけつけた朝吉と清次の奮闘で5億円の札束は無事保護され、悪党は一人残らず逮捕された。数日後、朝吉の叩く太鼓の音が、晴ればれと響いていった。

悪名太鼓悪名太鼓
芦屋雁之助、芦屋小雁                 若松和子

題名:悪名太鼓
監督:森一生
企画:財前定生
原作:今東光
脚本:藤本義一
撮影:今井ひろし
照明:伊藤貞一
録音:林土太郎
音効:倉島暢
美術:太田誠一
装置:川口隆
擬斗:宮内昌平
編集:谷口登司夫
音楽:斎藤一郎
現像:東洋現像所
製作主任:田辺満
助監督:大洲斉
スチール:三浦康寛
出演:新太郎、田宮二郎、朝丘雪路、若松和子、浜田ゆう子、芦屋雁之助、芦屋小雁、田端義夫、島田竜三、杉田康、見明凡太朗
1964年日本・大映京都撮影所/シネスコサイズ・カラー85分35mmフィルム
悪名太鼓 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

悪名太鼓悪名太鼓
勝新太郎                      田端義夫
悪名太鼓悪名太鼓
勝新太郎、田宮二郎                  悪名太鼓

映画「座頭市あばれ凧」

座頭市あばれ凧座頭市あばれ凧
勝新太郎                         久保菜穂子

今回は池広一夫監督1964年製作「座頭市あばれ凧」をピックアップする。
本作は、“座頭市”シリーズ”第7作目になる。初めて甲州路に足を踏み入れた座頭市が、人情味のある仏の文吉と欲の深い安五郎の対立に、善悪明確なキャラクターの対立構図で物語を分かり易くしている。

座頭市シリーズ

座頭市あばれ凧座頭市あばれ凧
渚まゆみ                         遠藤辰雄
座頭市あばれ凧座頭市あばれ凧
江田島隆                        五味龍太郎

【ストリー】
甲州の宿場外れで功名心に燃えた旅のやくざ清六(江田島隆)から、鉄砲で射たれた座頭市(勝新太郎)は、彼を救い治療費までおいて行った名も知らぬ恩人を追って鰍沢へと旅発った。鰍沢は富士川を挟んで、津向の文吉(香川良介)と竹屋の安五郎(遠藤辰雄)が対立していた。文吉は、今年も河原で花火をあげて近在の人々を喜ばせようと、江戸の花火師久兵衛(左卜全)を招き、姉娘お国(久保菜穂子)を迎えにやったのだが、市を救ったのはこのお国であった。鰍沢についてこれを知った市は、お国に厚く礼を言い、自分はしがない按摩として文吉の家に厄介になった。吃安と仇名さる安五郎は、妹お仙(毛利郁子)が代官の妻、という立場を利用して、文吉の縄張りを狙い、ことある毎に文吉に因縁をつけていた。だが、柔和な文吉は取り合わず、血気にはやる乾分をなだめていた。そんなところに清六が文吉の家に帰って来た。清六は文吉の息子で、親姉妹にさんざんの迷惑をかけて出奔していたのだった、清六は市をみてびっくりした。彼は渡世人の中で名高い座頭市を討って、男をあげようとしたのだ。だが、盲目の市は清六と会っても己を射った人間だとは、知る由もなかった。この清六が、吃安の罠にかかって捕えられた。縄張りをよこすか、清六の命かというかけあいに、市は密かに吃安宅に侵入し無事清六を救出した。吃安は、風のごとく清六を擢っていった按摩が、兇状持で有名な座頭市と知って、代官所に座頭市召捕りの願いを出した。それを知った文吉は、市の身辺を慮って、事情を明かさず早立ちさせた。邪魔者の市が去ったとみるや、吃安一家は、用心棒の天玄(五味龍太郎)を先頭に、文吉宅に殴り込みをかけた。不意討ちをうけた清六、文吉はてもなく倒された。だが、戦勝に酔う吃安宅に疾風のごとく現われたのは、怒りに身をふるわせた座頭市の姿であった。

座頭市あばれ凧座頭市あばれ凧
毛利郁子、勝新太郎                勝新太郎、左卜全
座頭市あばれ凧座頭市あばれ凧
勝新太郎                      座頭市あばれ凧

題名:座頭市あばれ凧
監督:池広一夫
企画:久保寺生郎
原作:子母沢寛
脚本:犬塚稔
撮影:竹村康和
照明:加藤博也
録音:大角正夫
音効:倉島暢
美術:西岡善信
装置:木村重雄
擬斗:宮内昌平
編集:谷口孝司
音楽:池野茂
現像:東洋現像所
製作主任:小沢宏
助監督:小沢宏
色彩技術:野本一雄
スチール:藤岡輝夫
出演:勝新太郎、久保菜穂子、渚まゆみ、五味龍太郎、香川良介、遠藤辰雄、杉田康、毛利郁子、中村豊、左卜全、香川良介、江田島隆、水原浩一
1964年日本・大映京都撮影所/シネスコサイズ・カラー82分35mmフィルム
座頭市あばれ凧 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

映画「続・新悪名」

続・新悪名続・新悪名
勝新太郎                       田宮二郎

今回は田中徳三監督1962年製作「続・新悪名」をピックアップする。
全15作が製作された勝新太郎さんと 田宮二郎さんのコンビが冴える”悪名シリーズ”の第4作になる。
秀逸なプロットとベテラン俳優陣の演技、その中に子役の赤城まりさんが、重要な役どころをこなしているのに、全体の演技レベルの高さが伺える。朝吉と清次のキャラクターも一作毎に熟成されて行く。

悪名シリーズ

続・新悪名続・新悪名
水谷良重、勝新太郎                 赤城まり、近藤美恵子、勝新太郎

【ストリー】
戦後の闇市を追放された村上朝吉(勝新太郎)は故郷の河内へ帰ったが田舎が嫌になり大阪へ出て、靴磨きの少女ひろみ(赤城まり)を拾った。そして宿へ帰ると、昔の知人おぎん(茶川一郎)にバッタリ会った。今はおかまの特技を生かし女剣劇一座にいるが、演芸館主、玉島(遠藤辰雄)の横槍で興行が出来ないでいた。朝吉は女座頭五月淳子(近藤美恵子)に会い尽力を約束し、早速玉島の事務所を訪れ偶然用心棒に雇われている清次(田宮二郎)に会った。興行は無事終ったが、一座のギャラを前借した大磯(杉田康)が姿を消していた。困った朝吉は自分の体を手形に借金し金は因島の麻生親分に借りて払うと言った。ひろみを清次に託した朝吉は玉島と共に因島へ渡ったがそこで親分の死を知り万策つきた朝吉は、玉島にシルクハット親分(永田靖)の許へつれ込まれた。が、シルクハットの連絡で琴糸(水谷良重)が訪ねてきた。彼女は以前遊廓から朝吉に救われ、その時の恩返しのため金を持って来たのだ。一方、清次はひろみの歌の素質を見抜き、彼女をのど自慢に出させ入賞確実とみられたとき、愚連隊が乱入し邪魔をした。怒った清次は連中を蹴散らしたが、脚をピストルで射たれた。その騒動の中でひろみは、大磯が因島へ行くことを聞いた。ひろみ、お政(ミヤコ蝶々)、負傷の清次らも因島へ向った。ひろみから大磯のことを知った朝吉は彼を探したが分らない。が、夜、大磯が現われ、いきなり短刀で突っかかって来たが所詮朝吉の敵ではない。彼の自供によると、黒幕はなんと玉島だったのだ。急遽朝吉は大阪へ帰った。玉島は新しい演芸館の棟上げ祝い中だったが、大磯と現われた朝吉を見ると、祝場はたちまち修羅場と化した。朝吉の頭突きと清次の松葉杖が冴えて、玉島は組み敷かれた。無事、玉島から金を取り戻した朝吉は、お政とひろみを楽団の一行に預け、金を女剣劇一座へ郵送すると、清次と共に肩を列べて去って行くのだった。

続・新悪名続・新悪名
ミヤコ蝶々                       茶川一郎
続・新悪名続・新悪名
遠藤辰雄、勝新太郎、永田靖           近藤美恵子、赤城まり、勝新太郎

続・新悪名続・新悪名
近藤美恵子                                                                   藤原礼子

題名:続・新悪名
監督:田中徳三
企画:財前定生
原作:今東光
脚本:依田義賢
撮影:武田千吉郎
照明:岡本健一
録音:海原幸夫
音効:倉島暢
美術:西岡善信
装置:高地繁
擬斗:宮内昌平
衣裳考証:上野芳生
編集:菅沼完二
音楽:鏑木創
現像:東洋現像所
製作主任:村上忠男
助監督:土井茂
スチール:三浦康寛
出演:勝新太郎、田宮二郎、水谷良重(水谷八重子)、近藤美恵子、ミヤコ蝶々、茶川一郎、遠藤辰雄、赤城まり、藤原礼子、永田靖、阿井美千子、浜村淳、杉田康
1962年大映京都撮影所/シネスコサイズ・カラー99分35mmフィルム
続・新悪名 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

続・新悪名続・新悪名
田宮二郎、勝新太郎                  続・新悪名

1 2