映画「四畳半色の濡衣」

四畳半色の濡衣四畳半色の濡衣
美保純                       ひし美ゆり子

今回は向井寛監督1983年製作「四畳半色の濡衣」をピックアップする。
本作は、ピンク映画界の重鎮にして獅子プロダクションの代表であった向井寛氏が「ピンクのカーテン」で人気沸騰の美保純さんをヒロインに起用した”東映ポルノ”だったそうだが、文芸色彩が強い作品で全くいやらしさはない。ピンク映画では有り得ない美術も見事である。

四畳半色の濡衣四畳半色の濡衣

【ストリー】
昭和7年。夏のある日、遊廓の並ぶこの界隈には、ひどく不似合いな洋装の娘が、旭楼に訪ねてきた。
その娘は、朝子(美保純)といって年齢は十八。旭楼の主人夫婦、源造(永井秀明)とみね(楠田薫)は、久しぶりの上玉なので、六百円の現金を手渡した。朝子はその金をすぐに電信為替で、ある病院に送った。旭楼には年齢順に、政江、宮子、はな、たみ、久子、ふみ子、ゆきという女郎がいる。年かさの連中にいじめられながら耐えに耐え、やがて朝子は、水揚げされた。ある日、久子とケンカして階段を転げ落ちた朝子は、かつぎこまれた近くの杉山病院で、そこの跡取りの若い医師・昭彦(村嶋修)の治療を受けた。朝子が退院して間もなくのこと、病弱のゆき(伊藤公子)が喀血した。そのゆきに客を取らせようとする源造。往診にかけつけた昭彦は、怒って自分の財布を投げつけた。ゆきが息を引きとったのは、それから間もなくのことだった。女郎なんて死んでも葬式さえしてもらえない!あまりの悲しみに号泣する朝子を抱きしめる昭彦。二人は初めて激しい愛に燃えた。五日も旭楼に居つづける昭彦に、杉山夫妻は早く手を切れと怒り狂うが昭彦は耳を貸さなかった。やがて昭彦のフィアンセ美佐が、朝子のもとにやってきた。昭彦に近づくな、と迫る美佐に、女郎たちがいっせいに悪態をついた。数日後、人目を盗んで廓を抜け出した朝子は、昭彦と落ち合って、安宿に身を隠し、命のかぎり愛し合った。その足で二人は朝子の母・美代のいる精神病院を訪れた。美代は夫・篠原清治がアカの嫌疑を受けて、拷問の末、獄死して以来、気が狂っていたのだ。旭楼に帰った朝子は宮子が訪ねてきた恋人と心中事件を起こしたとき、憲兵に逆らったことから、捕えられ、父同様の責め苦を受けた。許されて旭楼に戻った朝子に、昭彦の父・杉山が多額の手切れ金を持ってきた。そこに電報--。シノハラミヨ、シス。すべては終った。朝子は女郎たちに札束を分け与えると、赤い長襦袢のまま、白一色の雪の戸外へ歩みだし、そして消えた。

四畳半色の濡衣四畳半色の濡衣
ひし美ゆり子                      美保純

題名:四畳半色の濡衣
監督:向井寛
企画:大曲暎一、佐野日出夫
原作:野坂昭如
脚本:阿部桂一、片岡修二
撮影:鈴木史郎
照明:近藤兼太郎
録音:岩田晃(映広音響)
美術:白岩重春
化粧:小堺ナナ、福島きよみ
衣装:松川好伸、福島源治(冨士衣装)
記録:美沢京子
編集:酒井正次
音楽:芥川たかし
現像:東映化学
製作主任:西田洋介
助監督:中山潔、滝田洋二郎
出演:美保純、村嶋修、ひし美ゆり子、谷川みゆき、伊藤公子、里見和香、植村由美、砂塚秀夫、山谷初男、根上淳、永井秀明、楠田薫
1983年日本・東映/ビスタサイズ・カラー83分35mmフィルム
四畳半色の濡衣 [DVD]
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

四畳半色の濡衣四畳半色の濡衣