映画「野獣死すべし」


野獣死すべし

松田優作                    松田優作、鹿賀丈史

今回は村川透監督1980年製作「野獣死すべし」をピックアップする。
本作は大藪春彦氏の同名ハードボイルド小説を映画化したものだが、1959年に東宝で須川栄三監督が仲代達矢さん主演で撮っている。本作の方は、原作をペースにしているものの、全く異質の作品に仕上げている。作品の良し悪しは別として、1979年に製作されたフランシス・フォード・コッポラ監督の「地獄の黙示録」に相当影響を受け、名優松田優作さんの個性が炸裂している事は確かだ。劇場で観たのが懐かしい。

※1959年須川栄三監督「野獣死すべし


「野獣死すべし」松田優作

小林麻美                       室田日出男

【ストリー】
ある夜、警視庁捜査一課の岡田警部補(青木義朗)が殺害され、拳銃が奪われた。数日後、秘密賭博場が襲われ、暴力団3人が射殺され、テラ銭3,000万円が奪われた。使われた拳銃は奪われたものだった。伊達邦彦(松田優作)は、通信社のカメラマンとして、アンゴラ、レバノン、ウガンダなど血と硝煙の戦場を渡り歩き、帰国して退社した今、翻訳の仕事をしている。戦場でめざめた野獣の血、巧みな射撃術、冷徹無比な頭脳の持ち主だ。岡田警部補の部下だった柏木(室田日出男)は、執念深く事件を追い、長身、ガッチリとし体の男という容疑者像を割り出した。そして、伊達の尾行を始める。柏木の尾行をよそに、伊達はコンサート会場で華田令子(小林麻美)に接近したり、優雅な日々を送っている。暫くして、伊達は次の行動に移った。高級宝石店の店員を支払いをするからと銀行に呼び出した。店員が預金カウンターに近づくと、伊達は係の男に、前にいる男に金を渡せと電話をした。係員の防犯の合言葉で、何も知らない宝石店の男は、組み伏せられ、1分30秒後にパトカーが到着した。これは銀行の防犯体勢を調べる伊達の実験だ。大学の同窓会に出席した伊達は、そこで、自分と同じ野獣の血を感じた真田(鹿賀丈史)と出会い、彼を仲間に入れる。伊豆山中での拳銃の練習。真田はアッという間に腕を上げた。同行した恋人、雪絵(根岸季衣)が邪魔になった真田は、伊達に促され動く標的として、彼女に銃口を向けた。銀行襲撃は決行された。巧妙に逃走する伊達と真田。追う柏木。銀行に居合わせた令子も射殺して、伊達は野獣のみちを突き進んでいく……。


野獣死すべし

「野獣死すべし」松田優作、鹿賀丈史

題名:野獣死すべし
監督:村川透
製作総指揮:角川春樹
製作:黒澤満、紫垣達郎
原作:大藪春彦
脚本:丸山昇一
撮影:仙元誠三
照明:渡辺三雄
録音:福島信雅
音効:坂井三郎
美術:今村力
擬斗:松尾悟
衣装:第一衣装
美粧:入江美粧
記録:今井治子
編集:田中修
音楽:たかしまあきひこ
現像:東映化学
色彩計測:川口徹也
助監督:小池要之助
製作担当:青木勝彦、山本勉
スチール:関谷嘉明
出演:松田優作、小林麻美、鹿賀丈史、室田日出男、根岸季衣、風間杜夫、岩城滉一、泉谷しげる、佐藤慶、青木義朗、安岡力也、トビー門口、岡本麗
1980年日本・角川春樹事務所+東映/ビスタサイズ・カラー119分35mmフィルム
野獣死すべし -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


「野獣死すべし」室田日出男               松田優作

「野獣死すべし」松田優作          日比谷公園市政會舘(ラストカット)

映画「殺人遊戯」


松田優作                       中島ゆたか

今回は村川透監督1978年製作「殺人遊戯」をピックアップする。
本作は「最も危険な遊戯」に続く遊戯シリーズ第二弾で1979年に最終作「処刑遊戯」が製作されている。


竹田かほり                      佐藤蛾次郎

【ストリー】
鳴海(松田優作)は五年前、頭山会会長(今井健二)を殺害した時、目撃者である秘書の美沙子(中島ゆたか)を殺そうとするが殺さず、日本からぷっつり姿を消す。そして再び帰ってきた鳴海を港で待っていた舎弟、文太(阿藤海)と銀座のホステスの貸し金の取り立てをやっていると、五年前の目撃者、美沙子に会った。彼女は今では一流クラブ”アラビカ”のママで、暴力団、寿会会長の愛人でもあった。鳴海は寿会をたずね、勝田(佐藤慶)に会う。寿会は元々老舗のヤクザで、弟分だった愚連隊の花井組が最近のし上がってきたから、勝田は花井組が気に入らず、抹殺したいが、花井組はバックに関西の大組織を控えているから、なかなか手を出せなかった。花井も花井で関西の大組織を使って勝田を倒したくて仕方なかった。その後、花井の雇った殺し屋が、美沙子のクラブに来ていた勝田に発砲。負傷した勝田を見て、組員の二宮(桑原大輔)が激怒して、寿会を飛び出す。抗争中の勝田は鳴海に花井を2000万円で消すように依頼した。依頼を受けた鳴海。その時花井組の事務所に寿会を飛び出した二宮が猟銃を発砲。鳴海は花井に2,000万円以上だせば勝田を殺すと持ちかけるのであった。そんな時、二宮の恋人照子(竹田かほり)は花井組の植木(山西道広)に強姦され、自殺。そして花井組の組員が勝田組の二宮を殺していた。怒った鳴海は花井組を全滅させる。その時、勝田殺しを花井と契約した鳴海は、尾行していた寿会組員から勝田の居所を聞きだした。しかし、勝田の隠れ家の晴海埠頭の倉庫には縛りあげられて苦しむ文太の姿があった。人質作戦に鳴海はマグナムを捨て、多勢の組員に袋叩きにされた。夜になって、なんとか脱出した傷だらけの二人は、美沙子のマンションに逃げた。美沙子の手当てで傷の癒えた鳴海は勝田を殺すべく、寿会の事務所に向かった。組員との凄絶な撃ち合い、そして鳴海の弾丸を浴びて、倒れる勝田。勝田の次に、カウンターに座る美沙子にくちづけをし、殺害。鳴海は手紙と現金2,000万を文太に残して、羽田空港を飛び立っていった。


佐藤慶

題名:殺人遊戯
監督:村川透
企画:黒澤満、伊藤亮爾
脚本:播磨幸治、佐治乾
撮影:仙元誠三
照明:渡辺三雄
録音:林鉱一
美術:入野達弥
美粧:入江美粧
衣装:第一衣装
技斗:グループ十二騎会(高倉英二・松尾悟)
記録:高橋たつ子
編集:田中修
音楽:大野雄二 挿入歌:松田優作「夏の流れ」
現像:東映化学
製作担当:青木勝彦
助監督:崔洋一
色彩計測:杉村博章
出演:松田優作、中島ゆたか、佐藤蛾次郎、阿藤快、草薙幸二郎、竹田かほり、桑原大輔、佐藤慶、今井健二、絵沢萠子、草野大悟
1978年日本・東映セントラルフィルム/シネスコサイズ・カラー92分35mmフィルム
殺人遊戯 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


中島ゆたか、松田優作                  佐藤慶

「殺人遊戯」松田優作

映画「最も危険な遊戯」

最も危険な遊戯
「最も危険な遊戯」松田優作
最も危険な遊戯最も危険な遊戯
松田優作

今回は村川透監督1978年製作「最も危険な遊戯」をピックアップする。
松田優作さん主演の遊戯シリーズは、本作の後に「殺人遊戯(1978年)」「処刑遊戯(1979年)」と製作されたがストーリーの繋がりはない。この頃、東映セントラルフィルム制作、松田優作さん主演で「俺達に墓はない(1979年)」「ヨコハマBJブルース(1981年)」と前後して公開された。本作のイカサマ麻雀のシーンで石橋蓮司、内田裕也、柴田恭兵の各氏が出演しているが、よく見ないと分からないトリビアシーンだった。

最も危険な遊戯最も危険な遊戯
松田優作、田坂圭子                   田坂圭子、荒木一郎

【ストリー】
日本の財界の大物達が相次いで誘拐されるという事件が起こるが、犯人が複数である事以外、手がかりは一切つかめない。東日電気社長の南条信隆(入江正徳)も強引に誘拐された。東日電気会長の小日向(内田朝雄)は鳴海昌平(松田優作)を呼び、誘拐された南条社長の救出を依頼する。南条は小日向の娘婿でもあり、謝礼は五千万円という事だった。小日向の話によれば、南条誘拐は単なる身代金めあての事件ではなく、ある巨大なプロジェクトによる東日グループ壊滅の陰謀であるという。折から、防衛庁の第五次国防計画の最新防空警戒システム導入問題で、東日グループと五洋コンツェルンが激しく競い合い、東日グループに受注を要請する事に決定したため、五洋側は政界の黒幕・足立精四郎(見明凡太郎)を抱き込んで反撃に出た。鳴海は居郷の愛人である杏子(田坂圭子)の居所をつきとめ、彼女を連れ出す。杏子から南条が監禁されている精神病院を聞き出し、完全武装して潜入した鳴海は、凄まじい銃撃戦の末、居郷を射殺し、南条を救出したが、桂木(荒木一郎)という射撃の名手に肩を射たれたうえ、南条を射ち殺された。鳴海は再び、小日向から足立精四郎を射殺するよう要請を受ける。足立追跡を始めた鳴海の前に、警視庁特捜部の桂木が立ちはだかった。鳴海は五洋側の背後に思いもよらぬ巨大な敵のいる事を知る。鳴海は高級クラブのママ・綾乃(市地洋子)から足立の潜む寺に案内され、彼を射殺する。警察に包囲されながらも、逃げ切った鳴海がマンションに戻ると、桂木が杏子を人質にして、車で逃亡する。いつしか杏子を愛し始めていた鳴海は追撃のすえ、桂木に憎しみの銃弾を浴びせ、杏子を無事に救出した。数日後、射殺したはずの足立が生存している事を知った鳴海は、再び足立の命を狙って、行動を開始する。足立は替玉を使っていたのだった。綾乃の行動を不審に思った鳴海は、彼女に銃口をつきつけ、想像を絶する敵の勢力に、狐独な挑戦を試みるのだった。

最も危険な遊戯最も危険な遊戯
内田朝雄                     松田優作、草野大悟

題名:最も危険な遊戯
監督:村川透
企画:黒澤満、伊地智啓
脚本:永原秀一
撮影:仙元誠三
照明:渡辺三雄
録音:林鉱一
音効:小島進
美術:小林正義
技斗:十二騎会(高倉英二、松尾悟)
カーアクション:フォーキッカーズS・T(松浦義則、山本由美子)
記録:高橋たつ子
編集:田中修
音楽:大野雄二
現像:東映化学
製作主任:石川好弘
製作補佐:石川好広
助監督:崔洋一
色彩計測:杉村博章
スチール:遠藤努
出演:松田優作、田坂圭子、荒木一郎、内田朝雄、草野大悟、市地洋子、見明凡太朗、名和宏、入江正徳、片桐竜次、苅谷俊介、阿藤快、岡本麗、見明凡太郎、柴田恭平、石橋蓮司、内田裕也
1978年日本・東映セントラル・フィルム+東映芸能ビデオ/シネスコサイズ・カラー89分35mmフィルム
最も危険な遊戯-DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

最も危険な遊戯最も危険な遊戯