映画「社長洋行記」

社長洋行記

社長洋行記社長洋行記
森繁久彌                  加東大介、三木のり平、小林桂樹
社長洋行記社長洋行記
加東大介                                                               森繁久彌、新珠三千代

今回は杉江敏男監督1962年製作「社長洋行記」「続 社長洋行記」をピックアップした。
“社長”シリーズ第14,15作は、前編・後編に分かれており、シリーズ初の海外ロケ(香港)を行った。高度成長時代のサラリーマンのメンタルが良く出ている内容で、世相が大きく変わった事を痛感する。香港の商社の秘書を演じる尤敏(ゆうみん)は、当時香港映画界で活躍してたスター女優。ラストに三船敏郎さんがカメオ出演している。

社長洋行記社長洋行記
久慈あさみ                    中真千子、江原達怡

【ストリー】
サクランパスという貼り薬で知られる桜堂製薬は、このところ香港を中心とする東南アジアで敵会社椿パスターに押されぎみだった。これは由々しき問題と本田社長(森繁久彌)は原因究明にのりだした。営業部長東海林(加東大介)の話では、国外販売は加藤清商事にまかせきりだという。それなら加藤社長(東野英治郎)に直接談判と、本田はマダム悦子(新珠三千代)のいる香港亭へ彼を招待した。だが相手は、たかがアンマ膏と頭から相手にしない。業を煮やした本田は、自らの手で国外に売り出そうと決心した。随行員は南(小林桂樹)と中山(三木のり平)。初めての洋行に有頂天の中山は、あやしい英語で人をケムにまき、はてはお手盛の送別会を準備する図々しさ。こんな中山をさすがに本田社長ももてあましたが、そんな時、東海林の愛人あぐり(草笛光子)の義兄が、香港で商事会社にいることがわかり、中山のかわりに彼を随行員にした。送別会の当日、そのことを知った中山はションボリうなだれ、一同もホロリとする始末。いよいよ香港出発となり、ジェット機にのり込んだ本田たちは、香港亭の悦子にばったり会った。彼女も香港支店へ行くところだ。香港で、街を歩いていた南は、大学の後輩柳宗之(洪洋)に出会った。柳は妹の秀敏(尤敏)と共に香港を案内してくれたが、南は彼女の美しさに心もそぞろだった。一方、悦子を訪ねて道をまよった本田は、今南と別れたばかりの秀敏に親切に案内され、そのしなやかな柳腰に見とれるばかり。東海林までが、マーケットでみやげを買うのに言葉が通じず困っているところを、通りがかりの秀敏に助けられた。その夜、三人は同じ女性とも知らずめぐり会った香港美人の話でもちっきり。ところが夜中に本田社長は蛇の食べ過ぎでのたうって苦しんだ。明日から売り込みだというのに、肝心の社長は、逃げ出すように香港を立ち去るのだった。

社長洋行記社長洋行記
フランキー堺                   草笛光子、加東大介

題名:社長洋行記
副題:THREE GENTLEMEN FROM TOKYO
監督:杉江敏男
製作:藤本真澄
脚本:笠原良三
撮影:完倉泰一
照明:山口偉治
録音:刀根紀雄
整音:下永尚
音効:西田多門
美術:村木与四郎
記録:米山久江
編集:小畑長蔵
音楽:神津善行
現像:東洋現像所 合成:向山宏
製作担当:井上卓之
製作進行:田代秀雄
演技事務:白石剛敏
助監督:野長瀬三摩地
監督助手:藤井誠之助、松本正志
撮影助手:田島文雄、上田正治、田辺博通
照明助手:佐藤幸次郎、斉藤進
録音助手:中沢与四郎、岩波英昭、橋村栄保、浜崎望生
協力:パン・アメリカン航空
スチール:田中一清
出演:森繁久彌、小林桂樹、三木のり平、加東大介、新珠三千代、藤山陽子、草笛光子、尤敏、フランキー堺、江原達怡、中真千子、久慈あさみ、洪洋、東野英治郎、西条康彦、小沢直好、英百合子
1962年日本・東宝/東宝スコープ(シネスコサイズ)・カラー89分35mmフィルム
社長洋行記 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。
社長洋行記社長洋行記
加東大介、森繁久彌、小林桂樹         森繁久彌、加東大介、小林桂樹

続 社長洋行記

続 社長洋行記続 社長洋行記
森繁久彌                       三木のり平
続 社長洋行記続 社長洋行記
小林桂樹                         三木のり平、小林桂樹

【ストリー】
貼り薬“サクランパス”の海外進出のため、東海林営業部長(加東大介)、南秘書課長(小林桂樹)と共に香港に乗り込んだ桜堂製薬の本田社長(森繁久彌)は、商談半ばで奇病のため日本に引きあげた。残された二人は、食事代も節約して孤軍奮闘するが、仕事はいっこう進まない。業を煮やした社長は、妻の滝子か(久慈あさみ)や娘のめぐみ(中真千子)に年寄り扱いされる腹いせもあって、再び香港にやってくる。前に一度浮気しそこなった香港亭のマダム悦子(新珠三千代)のお色気にフラフラとなってナイトクラブへ行った本田社長は、そこではからずも東海林部長と南課長とハチ合せ。東海林はタカリ専門のインチキ日本人坂田(フランキー堺)にひっかかって、ある商事会社を口説きおとそうと大わらわであり、南は大学の後輩の柳(洪洋)とその妹で一流商社の社長秘書をつとめる秀敏(尤敏)と共に、柳の誕生祝いにここへきていたのである。おかげで本田社長はマダムとつき合うわけに行かず、マダムは怒って帰ってしまい、頼みの坂田はタカリ屋と判って、浮気も仕事もお手上げだ。ところが、秀敏の機転でサクランパスは彼女の動く美麗公司と契約をするチャンスがきた。宗社長(斎藤達雄)は東京で調査の上、正式に代理店契約を結ぶという。喜び勇んで三人が帰国すると、意外にも彼らが香港芸者と浮気したというデマがとんでいるのにビックリ。そのため社長は妻の滝子から、東海林は恋仲の飲み屋のあぐり(草笛光子)から南は相愛の敬子(藤山陽子)からやっつけられた。調べてみると、香港へ行きそこなった中山課長(三木のり平)の仕業らしい。さて、美麓公司から桜堂製薬の実績と経営状態調査に派遣されてきたのは秀敏で、宗社長も続いて来日、両社の提携記念パーティーが椿山荘で催された。彼女の美貌に魂を奪われていた南は、今日こそプロポーズをと思っている。だが彼の前にあらわれた秀敏は、アメリカから香港へ帰る途中の中国青年(三船敏郎)を連れていた。それは秀敏の婚約者であった。

続 社長洋行記続 社長洋行記
尤敏                          藤山陽子

題名:続 社長洋行記
副題:THREE GENTLEMEN FROM TOKYO
監督:杉江敏男
製作:藤本真澄
脚本:笠原良三
撮影:完倉泰一
照明:山口偉治
録音:刀根紀雄
整音:下永尚
音効:西田多門
美術:村木与四郎、村木忍
記録:米山久江
編集:小畑長蔵
音楽:神津善行
現像:東洋現像所 合成:向山宏
製作担当:井上卓之
製作進行:田代秀雄
演技事務:白石剛敏
助監督:野長瀬三摩地
監督助手:藤井誠之助、松本正志
撮影助手:田島文雄、上田正治、田辺博通
照明助手:佐藤幸次郎、斉藤進
録音助手:中沢与四郎、岩波英昭、橋村栄保、浜崎望生
協力:パン・アメリカン航空
スチール:田中一清
出演:森繁久彌、小林桂樹、三木のり平、加東大介、三船敏郎、新珠三千代、藤山陽子、草笛光子、尤敏、フランキー堺、江原達怡、中真千子、久慈あさみ、洪洋、河津清三郎、西条康彦、小沢直好、英百合子、塩沢とき、斎藤達雄
1962年日本・東宝/東宝スコープ(シネスコサイズ)・カラー90分35mmフィルム
続・社長洋行記 -DVD-

続 社長洋行記続 社長洋行記
新珠三千代、森繁久彌                  三船敏郎

映画「赤ひげ」


三船敏郎                        加山雄三

今回は黒澤明監督1965年製作「赤ひげ」をピックアップする。
本作の撮影は、世田谷区砧にある東宝撮影所に近い30,000平方メートルの敷地に、表門、役人詰所、病棟、賄所に至る30数棟、延べ3,000平方メートルを越す広さで「小石川養生所」のセットが建てられた。その現場に、当時アメリカからピーター・オトゥール、シドニー・ポワチエ、カーク・ダグラスなどハリウッド映画人がセットを視察に来たそうだ。黒澤明監督が「日本映画の危機が叫ばれているが、それを救うものは映画を創る人々の情熱と誠実以外にはない。私は、この『赤ひげ』という作品の中にスタッフ全員の力をギリギリまで絞り出してもらう。そして映画の可能性をギリギリまで追ってみる」という熱意を込めて、シナリオ執筆に2年、撮影に1年半もの期間をかけたのだった。

当時、若大将シリーズで人気沸騰の加山雄三さんは、「ハワイの若大将」撮影後、黒澤組に1年間拘束された。このブランクで若大将シシリーズの中止は避けられないと考えられていたが、1965年に「海の若大将」が宝塚映画で制作され、前作を上回る興業成績を収めた。


加山雄三、田中絹代                加山雄三、土屋嘉男

【ストリー】
医員見習として小石川養生所へ住み込んだ保本登(加山雄三)は、出世を夢みて、長崎に遊学したその志が、古びて、貧乏の匂いがたちこめるこの養生所で、ついえていくのを、不満やるかたない思いで、過していた。赤っぽいひげが荒々しく生えた所長新出去定(三船敏郎)が精悍で厳しい面持で、「お前は今日からここに詰める」といった一言で、登の運命が決まった。人の心を見抜くような赤ひげの目に反撥する登はこの養生所の禁をすべて破って、養生所を出されることを頼みとしていた。薬草園の中にある座敷牢にいる美しい狂女は、赤ひげのみたてで先天性狂的躰質ということであった。登は、赤ひげのみたてが誤診であることを指摘したが、禁を侵して足しげく通った結果、登は、赤ひげのみたてが正しかったことを知った。毎日、貧乏人と接し、黙々と医術をほどこす赤ひげは、和蘭陀医学を学ばなければ解る筈のない大機里爾という言葉を使って、登に目をみはらせた。赤ひげは「病気の原因は社会の貧困と無知から来るものでこれに治療法はない」といつも口にしていた。こんな中で登は、貧しく死んでゆく人々の平凡な顔の中に、人生の不幸を耐えた美しさを見るようになった。登が赤ひげに共鳴して初めてお仕着せを着た日赤ひげは登を連れて岡場所に来た。そして幼い身体で客商売を強いられるおとよ(二木てるみ)を助けた。人を信じることを知らない薄幸なおとよが登の最初の患者であった。長崎帰りをひけらかし、遊学中に裏切ったちぐさ(藤山陽子)を責めた自分に嫌悪を感じた登は、おとよの看病に必死となった。やがておとよは、登に対しても他人に対してもあふれる愛情を示し始めた。そしてふとした盗みでおとよに救け出された長次(頭師佳孝)とおとよの間に、幼い恋が芽生えた頃、登はちぐさの妹まさえ(内藤洋子)と結婚の約束を取り交した。そして、名誉にも金にも縁遠くなっても、一生この養生所で、医術にいそしむことを誓った。


二木てるみ                         香川京子

頭師佳孝

題名:赤ひげ
監督:黒澤明
製作:田中友幸、菊島隆三
原作:山本周五郎「赤ひげ診療譚」
脚本:井手雅人、小国英雄、菊島隆三、黒澤明
撮影:中井朝一、斎藤孝雄
照明:森弘充
特機:関根義雄
録音:渡会伸
音効:三縄一郎
整音:下永尚
美術:村木与四郎
小道具:野島秋雄
結髪:松本好子
技髪:山田順二郎
衣裳:鮫島喜子
記録:野上照代
編集:黒澤明
音楽:佐藤勝
現像:キヌタ・ラボラトリー
製作担当:根津博
製作進行:木島繁
助監督:森谷司郎
監督助手:出目昌伸、松江陽一、大森健次郎
撮影助手:原一民
照明助手:原文良
録音助手:指田漸
美術助手:福迫望
編集助手:兼子玲子
製作宣伝:斉藤忠夫
スチール:副田正男
出演:三船敏郎、加山雄三、山崎努、団令子、桑野みゆき、香川京子、江原達怡、土屋嘉男、二木てるみ、頭師佳孝、根岸明美、東野英治郎、志村喬、笠智衆、杉村春子、田中絹代、藤山陽子、内藤洋子、野村昭子、藤原釜足、西村晃、常田富士男、菅井きん、風見章子、富田恵子、左卜全、渡辺篤
1965年第26回ヴェネチア国際映画祭男優賞(三船敏郎)、サン・ジョルジョ賞、ヴェネチア市賞、モスクワ国際映画祭映画労働組合賞受賞
1965年日本・黒澤プロダクション+東宝/東宝スコープ(シネスコサイズ)・モノクロ185分35mmフィルム
赤ひげ -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


加山雄三、三船敏郎                                                内藤洋子、加山雄三

映画「ホラ吹き太閤記」


「ホラ吹き太閤記」浜美枝

植木等                                 浜美枝

今回は古澤憲吾監督1964年製作「ホラ吹き太閤記」をピックアップする。
本作はクレージー・キャッツの ”時代劇シリーズ” 第1弾で全4作が制作された。内容は植木等さん扮する木下藤吉郎こと後の豊臣秀吉が、要領よく立ち回り出世していくサクセスストーリーだ。エキストラの数、合戦の空撮など撮影予算は大きい作品である。撮影の一部は、姫路城で行われたそうだ。


藤山陽子                                ハナ肇

「ホラ吹き太閤記」浜美枝

谷啓                                  東野英治郎

【ストリー】
時は戦国、無責任の世。三河の国の宿場町に、陽気な風来坊が現われた。その名は日吉丸(植木等)「今においらの天下がくるぞ、ブワーッと行こうぜ、イッチョかきまわせ……!」と吹きまくる進軍ラッパがあたりにこだました。これを聞き知った野盗の大親分・蜂須賀小六(東野英治郎)は彼の将来性に舌をまき、低姿勢で主従固めのサカズキ。これにこたえようと、日吉丸は奇策縦横の奮戦ぶり。しかし、大望をいだく日吉丸は、これに満足せず、参稼報酬として親分からまき上げた名刀村正を肩に、意気揚々とおさらばした。天下をとるには、優秀な大名に仕官するのが早道。そこで名だたるワンマン織田信長(ハナ肇)のもとで雑役夫として働くことになった。名も木下藤吉郎と変えて大張切り。そんな藤吉郎に厩番頭の娘・寧子(浜美枝)は首ったけだ。これにノボセあがった藤吉郎、無責任に赤ん坊をこさえて、寧子とスピード婚約。この大活躍が総大将信長に認められて、藤吉郎は、台所役人にとりたてられた。そして、ここでも、みごとに経費を3割も節約し、大いに面目をほどこした。この頃信長の清洲城は猛台風で大損害を受け、さらに敵方今川義元(藤田進)の放った忍者部隊にひっかきまわされ遅れほうだい。これを知ってかってでたのが藤吉郎。たちまち城を三日間で修理してしまった。これを知った今川義元、遅れてはならじと、一気に織田勢めがけて猛攻撃をかけてきた。が、ここでも藤吉郎、足軽頭として出陣し、敵を蹴ちらして大暴れ。みごとに敵将義元の首を討ちとる大殊勲をあげた。かくて藤吉郎、侍大将に取りたてられ、さらに飛躍的な前進を続けていくのであった。


有島一郎                                  草笛光子、谷啓

人見明                                      藤山陽子

題名:ホラ吹き太閤記
監督:古澤憲吾
製作:渡辺晋、森田信
脚本:笠原良三
撮影:西垣六郎
照明:隠田紀一
録音:増尾鼎
整音:下永尚
美術:北猛夫
振付:竹部董
編集:黒岩義民
音楽:宮川泰、萩原哲晶 主題歌:植木等「だまって俺について来い」
現像:東洋現像所
製作主任:島田武治
監督助手:清水勝弥
協力:国宝姫路城 管理事務所
スチール:岩井隆
出演:植木等、浜美枝、ハナ肇、谷啓、藤山陽子、草笛光子、藤木悠、有島一郎、東野英治郎、人見明、大友伸、田武謙三、青島幸男、潮万太郎、北川町子、藤田進、石黒達也
1964年日本・東宝/東宝スコープ(シネスコサイズ)・カラー98分35mmフィルム
ホラ吹き太閤記 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


「ホラ吹き太閤記」植木等                         ハナ肇

1 2 3 4 9