映画「東京物語」

東京物語東京物語
笠智衆                    東山千栄子、笠智衆

今回は巨匠小津安二郎監督1953年製作「東京物語」高評価作品sをピックアップする。
本作は、日本映画を代表する傑作として世界中の映画監督からオマージュされている事で知られているが、中でもヴィム・ヴェンダース監督「東京画」は観るべき作品だ。
「東京物語」は、”小津調”と形容される独自の演出で、或る家族を通して本質を冷徹に描いている。それは62年後の現代でも通ずるテーマであり、この静かな説得力は近年の日本映画にはなく、尊敬に値する。いわゆるテレビホームドラマ等とは、“質”も”格”も違う名作である事は言うまでもない。

作品リスト

世界各国で最も高い評価を受ける日本映画の最高傑作。世界の映画監督358人が選ぶ「最も偉大な映画」1位に輝いた(英国映画協会/2012年)。
広島・尾道でロケ撮影をする為、笠智衆、原節子、香川京子ら銀幕俳優が尾道を訪れた。1953年当時に地方ロケは珍しく、また映画黄金期のスタア陣が来る ということもあり尾道は熱狂。笠智衆、香川京子が現地入りした駅はホームにまでファンが詰めかけ大混乱し、迷子が続出。翌日に遅れて原節子が現地入りした 際も入場券が飛ぶように売れ、混乱を避ける為に一つ先の糸崎駅で下車させるほどの熱狂ぶりだった。

東京物語東京物語
原節子

本作のネガフィルム原版は、1960年の現像所火災により消失し、存在しない。
白黒全盛の時代だった撮影当時でもアセテート・フィルム(不燃性)に切り替わっていたと思われるが、クレジットを見ると松竹自社現像所の様だ。そして2003年と2011年に松竹が、映写用ポジフィルムからデジタル・リマスターとして修復を行った。2011年版については、当時撮影助手を務めた川又昻氏が、製作時のタイミング(グレーディング)を知る数少ない当事者としてアドバイスし、修復作業をイマジカ(旧・東洋現像所)で行った。
通常のデジタル修復に加えて画質の明暗の再調整、手作業によるプリントやサウンドトラックのノイズ修正など、きめ細かな修復が行われたそうだ。

※アセテート・フィルムが劇場用映画に使われたのは1950年代から。
※川又昻氏の撮影作品「日本の夜と霧」「青春残酷物語」「太陽の墓場」※大島渚監督作品(松竹)
※デジタル技術の進展に伴い、デジタル素材による最終保存の可能性が取り沙汰されているが、現在もデジタル媒体がフィルムの解像度に追いついていない事、デジタル・フォーマットの世代交代の度に全映像をコンバートするのは時間面でも費用面でも非現実的な事から、オリジナル素材であるフィルムを確実に保存した上で、各時代のデジタル素材に複製して活用するべきというのが各国のフィルム・アーカイブ共通の結論である。(参照:ウィキペディア:監修筆者)

【追記・訃報】
女優の原節子(はら・せつこ、本名・会田昌江=あいだ・まさえ)さんが2015年9月5日に肺炎のため神奈川県内の病院で死去した。1935年に日活多摩川撮影所に入社し「ためらふ勿れ若人よ」でデビュー。役名「節子」をそのまま芸名にし「原節子」となったと言う。その後東宝へ移籍し、黒澤明監督の戦後初の作品「わが青春に悔なし」に出演、1947年にフリーとなる。1949年に初めて小津安二郎監督と組んだ「晩春」に出演。1961年の「小早川家の秋」まで小津作品に計6本出演した。

東京物語東京物語
東野英治郎、笠智衆                東山千栄子、原節子

【ストリー】
周吉、とみの老夫婦は住みなれた尾道から20年振りに東京にやって来た。途中大阪では三男の敬三に会えたし、東京では長男幸一の一家も長女志げの夫婦も歓待してくれて、熱海へ迄やって貰いながら、何か親身な温かさが欠けている事がやっぱりものたりなかった。それと云うのも、医学博士の肩書まである幸一も志げの美容院も、思っていた程楽でなく、それぞれの生活を守ることで精一杯にならざるを得なかったからである。周吉は同郷の老友との再会に僅かに慰められ、とみは戦死した次男昌二の未亡人紀子の昔変らざる心遣いが何よりも嬉しかった。
ハハキトク--尾道に居る末娘京子からの電報が東京のみんなを驚かしたのは、老夫婦が帰国してまもなくの事だった。脳溢血である。とみは幸一にみとられて静かにその一生を終った。駈けつけたみんなは悲嘆にくれたが、葬儀がすむとまたあわただしく帰らねばならなかった。若い京子には兄姉達の非人情がたまらなかった。紀子は京子に大人の生活の厳しさを言い聞かせながらも、自分自身何時まで今の独り身で生きていけるか不安を感じないではいられなかった。東京へ帰る日、紀子は心境の一切を周吉に打ちあけた。周吉は紀子の素直な心情に今更の如く打たれて、老妻の形見の時計を紀子に贈った。
翌日、紀子の乗った上り列車を京子は小学校の丘の上から見送った。周吉はひとり家で身ひとつの侘びしさをしみじみ感じた。

東京物語東京物語
山村聰、杉村春子                   香川京子

題名:東京物語
監督:小津安二郎
製作:山本武
脚本:野田高梧、小津安二郎
撮影:厚田雄春
照明:高下逸男
録音:妹尾芳三郎
整音:金子猛
美術:濱田辰雄
装置: 高橋利男
装飾:守谷節太郎
衣裳: 齋藤耐三
編集:濱村義康
音楽:斎藤高順
現像:林龍次
助監督:山本浩三
撮影助手:川又昂
出演:笠智衆、東山千栄子、原節子、杉村春子、山村聰、三宅邦子、香川京子、東野英治郎、中村伸郎、大坂志郎
1953年日本・松竹/スタンダードサイズ・モノクロ135分35mmフィルム
東京物語 [DVD]
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

東京物語東京物語
笠智衆 ※映画史上に残る名ラスト・シーン

映画「用心棒」

用心棒用心棒
三船敏郎

今回は日本が誇る巨匠黒澤明監督1961年製作「用心棒」高評価作品sをピックアップした。
本作はセルジオ・レオーネ監督1964年製作「荒野の用心棒」のオリジナル作品として有名だが、確かに大筋は同じだ。
本作の方が人物のディテールが描かれている。しかし三船敏郎VSクリント・イーストウッド、仲代達矢VSジャン・マリア・ボロンテは、キャラクターや演技で互角の良さがあった。むしろ日本の時代劇を西部劇にプロットだけを入れ替えて別の世界に到達させたセルジオ・レオーネ監督に軍配が上がったのではないかと思うが、本作は間違いなく高評価作品だ。

【解説】
「この映画(続編的存在の椿三十郎も)の最大の魅力は殺陣のシーンではなく、主人公の三十郎の特異なキャラクター設定にある」と黒澤本人は主張している。 それまでの時代劇の殺陣は、東映作品に象徴されるような従来の舞台殺陣の延長にあった。いわゆる「チャンバラ映画」である。
黒澤は、そうした現実の格闘ではあり得ない舞踊的表現を排除したリアルな殺陣の表現を探っていた(「羅生門」、「七人の侍」、脚本を書いた「荒木又右ヱ門 決闘鍵屋の辻」)。
それは『用心棒』でひとつの完成形を見せ、当時の人々を驚かせた。本作の殺陣の特徴は、桑畑三十郎は相手を斬る際、必ず1人につき2度斬っていることであ る。「1度斬ったぐらいでは、すぐには死なないだろう」という黒澤と三船の考えにより完成した殺陣であるとのこと。一方で、仲代達矢演じる新田の卯之助 に、スコットランド製のスカーフを巻かせるなど、時代考証よりも登場人物の造形を優先させた演出も見受けられる。本作では『七人の侍』以来多用していた望遠レンズの効果が遺憾なく発揮され、殺陣をより効果的に見せており、油の乗り切った時期の黒澤の表現技法が見事に 結実していると言える。なお、撮影については無論、宮川一夫の存在が大きいが、マルチカム方式(複数のキャメラによる同時撮影)で撮影されている本作品で はクレジットされていないものの、斉藤孝雄の貢献も無視できない(完成作品には、斉藤の撮影分の方が多く使用されている)。
本作は、ダシール・ハメットのハードボイルド・アクション小説の影響が大きいことは黒澤本人が「用心棒は血の収穫ですよね?」という問いに「血の収穫だけ じゃなくて、本当はクレジットにきちんと名前を出さないといけないぐらいハメット(のアイデア)を使っている」と認めている(「黒澤明語る」より)。なお、「ある町にふらりと現れた主人公が、そこで対立する2つの組織に近づいて双方を欺き、最後には全滅させて去っていく」という、本作のようなアウトラ インは、多少の違いはあるものの他の東宝映画にも見受けられる。例としては本作の前年に公開されたギャング・アクション映画「暗黒街の対決」(1960年 岡本喜八監督)や、本作の9年後に公開された任侠パロディ映画「日本一のヤクザ男」(1970年 古澤憲吾監督)などが挙げられる。
今ではよく見られる演出だが、侍同士の対決シーンで、すれ違いざま刀を振り下ろし、いったん静止して片方が倒れて死ぬという描写や、効果音として刀の斬殺 音を使用したのは、本作が最初である。ただ、本作では最初の試みということもあって、音量は「椿三十郎」よりは控えめである。劇中の斬り落とされた手首 は、俳優としても出演している大橋史典が造形した。あまりのリアルさに、黒澤はそばに寄ろうともしなかったという。うしおそうじによれば、大橋は本作の撮 影風景を8mmフィルムに収めており、見せてもらったことがあるという 。劇中のつむじ風は、電動の風洞で起こす大がかりなものだった。宿場町の野外セットは、撮影所そばの広大な畑をつぶして建てたもの。ちょうど農閑期だった ので、春の種付けまで借りられたのである。続編『椿三十郎』でも、再びこの畑を借りて野外セットを組んでいる。
(参照:ウィキペディア)

用心棒用心棒

【ストリー】
馬目の宿は縄張りの跡目相続をめぐって一つの宿湯に二人の親分が対立、互いに用心棒、兇状特をかき集めてにらみ合っていた。そこへ桑畑三十郎という得体の 知れない浪人者がふらりとやって来た。一方の親分馬目の清兵衛のところにやって来た三十郎は用心棒に俺を買わないかと持ちかけて、もう一方の親分丑寅の子 分五、六人をあっという間に斬り捨ててしまった。清兵衛は五十両で三十郎を傭った。しかし女房のおりんは強つくばりで、半金だけ渡して後で三十郎を殺せと 清兵衛をけしかけた。これを知った三十郎はあっさり清兵衛の用心棒を断わり、居酒屋の権爺の店に居据った。両方から、高い値で傭いにくるのを待つつもりだ。名主の多左衛門は清兵衛に肩入れ、造酒屋の徳右衛門は丑寅について次の名主を狙っていた。そんなところへ、丑寅の弟卯之助が帰って来た。短銃を持っており腕も相当だった。三十郎は丑寅方につくことになった。丑寅の金の供給源である徳右衛門は、百姓小平の女房ぬいを妾にしていた。小平から博 奕の借金のかたにして取りあげてしまったのだ。小平と息子の金助の情ない様子を知って、三十郎は亥之吉をだまして親子三人を逃がしてやるのだった。権爺は そんな三十郎をだんだん好きになっていった。しかしぬいが感謝のために三十郎に出した手紙を卯之助にみつけられたため、三十郎は捕えられて土蔵に放りこま れた。ぬいの逃げ場所をはかせようと地獄の責苦がつづいた。ぬいの居所を知っているので殺されずにすんでいるのだ。三十郎はかんぬきをだまして墓地に逃れた。丑寅は卯之助の知恵で清兵衛の家に火をかけた。清兵衛一 味は全部殺された。喧嘩は丑寅の勝利に終った。そこへ三十郎がふらりとやって来た。卯之助が銃を構えるより速く三十郎の手から出刃が飛んだ。そして丑寅達 の間を三十郎が駆け抜けると、丑寅達は倒れていた。「おい親爺、これでこの宿場も静かになるぜ」と言って三十郎は去って行った。

用心棒用心棒
三船敏郎、仲代達矢                仲代達矢

題名:用心棒
監督:黒澤明
製作:田中友幸、菊島隆三
脚本:黒澤明、菊島隆三
撮影:宮川一夫
照明:石井長四郎
特機:大隅銀造
録音:三上長七郎
整音:下永尚
音効:三縄一郎
美術:村木与四郎
小道具:浜村幸一
衣裳:加藤昌廣
結髪:松本好子
殺陣:久世竜
振付:金須宏
剣技指導:杉野嘉男
記録:野上照代
編集:黒澤明
音楽:佐藤勝
現像:キヌタ・ラボラトリー
製作担当:根津博
助監督:森谷司郎
撮影助手:斎藤孝雄、木村大作
編集助手:兼子玲子
スチール:副田正男
出演:三船敏郎、仲代達矢、司葉子、山田五十鈴、加東大介、東野英治郎
映画賞:1961年ヴェネチア国際映画祭【男優賞】三船敏郎
1961年日本・東宝/シネスコサイズ・モノクロ110分35mmフィルム
用心棒 [Blu-ray]
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

用心棒用心棒

映画「野獣死すべし」

野獣死すべし野獣死すべし
仲代達矢

今回は須川栄三監督1959年製作「野獣死すべし」高評価作品sをピックアップした。
本作は大藪春彦氏の同名原作を映画化したものだが、1974年に須川栄三監督が藤岡弘主演で「野獣死すべし(復讐のメカニック)」、1980年に村川透監督が松田優作主演でリメイク版(角川映画)を製作している。本作は1959年製作とあって劇場では観てないが、原作は愛読した。本作の仲代達矢氏の演技は鬼気迫るものがあり、黒澤明監督「用心棒(1961年)」「天国と地獄(1963年)」9年後にイタリアに渡りマカロニウエスタン「野獣暁に死す」に出演する訳だが、シャープな演技に揺るぎはない。

野獣死すべし野獣死すべし
小泉博、仲代達矢               小泉博、東野英治郎

【ストリー】
「岡田さん……」深夜の住宅街を歩く岡田刑事は車の中から呼びかける声に近づいた。と小さく鋭い銃声、岡田は歩道に倒れた。車から降りたった青年、伊達邦 彦であった。岡田のレボルバー拳銃と警察手帳をポケットにつっ込み、死体を車の後部に押しこむと、シボレーはすごいスピードで走り出した。引金を引いてか ら一分とたっていない。--伊達邦彦は大学院の学生だった。ハードボイルド文学の杉村教授のアルバイトをする傍ら、論文をアメリカのある財団の主催するコ ンクールに出して留学の機会をねらっていた。秀才、勤勉、誠実というのがもっぱらの評判だ。サッカーで鍛えた強靭な体、巧みな射撃術、冷徹無比な頭脳。そ の彼に完全犯罪の夢がくすぶり始めていた。動機はない。殺す瞬間のスリルと殺人の英雄らしさを味わいたい、それだけだった。女にしてもそうだ。彼は決して 一人の女を三度以上愛さない。妙子も例外ではなかった。--乗り捨てられたシボレーから岡田の死体が発見された。捜査網がはられた。新米刑事真杉もその一 人だ。伊達は岡田のレボルバーと警察手帳を巧みに使い、国際賭博団の根城「マンドリン」を襲っては留学資金をためていた。
数日後、伊達は血眼になって彼を捜している賭博団の用心棒、三田と安に出会った。行きずりのゲイボーイの手をつかむと、伊達は路上のキャデラックで逃げ た。場末の川端で三田に追いつめられた。一瞬ゲイの手が離された。悲鳴をあげて駈け出したゲイを追う三田は伊達の射つレボルバーに倒れた。捜査は進まな かった。当局は見当違いのやくざ関係を洗っていた。一人真杉にはこれが意外な者の犯行と思えた。新聞でみた杉村教授の現代犯罪論が真杉の気をひいた。教授 を訪れた真杉は伊達を見てあっと叫んだ。この男だ。この男こそ教授の云う「時代が創造した新しい犯罪者」に他ならない。犯人は伊達だ、真杉は信じた。留学 資金をかせぐ伊達の最後の仕事は大学の入学金を奪うことだった。伊達は手塚という男と知り合った。二人は大学を襲った。筋書通りに運んだ。
逃走する伊達には超短波でパトカーの指令が手にとるように分った。帰途、もはや不要になった手塚は車もろとも海底深くぶち込まれた。金は二千万円あった。 下宿に帰るとアメリカに出した論文がパスして、ただで留学出来る旨の通知が来ていた。警察は真杉の先導で伊達の下宿を襲ったが無駄だった。翌日、伊達は空 路アメリカに向った。茫然と見送る妙子を真杉達は追った。「完全犯罪なんて成立せんよ。電話一つであいつは死刑台さ……」真杉の先輩がつぶやいた。

野獣死すべし野獣死すべし
仲代達矢                      佐藤允

題名:野獣死すべし
監督:須川栄三
製作:藤本真澄、金子正且
原作:大藪春彦
脚本:白坂依志夫
撮影:小泉福造
照明:隠田紀一
録音:伴利也
美術:浜上兵衛
音楽:黛敏郎
出演:仲代達矢、小泉博、団令子、白川由美、東野英治郎、佐藤允、三好栄子、横山道代、白坂依志夫、中村伸郎、滝田裕介
1959年日本・東宝/シネスコサイズ・モノクロ95分35mmフィルム
野獣死すべし [DVD]
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

野獣死すべし野獣死すべし
小泉博、白川由美                   団令子

1 7 8 9